絶対可憐チルドレンの第九話の感想メモのコーナー。詳しいあらすじは他のブログに書かれていると思うので省略。ただ、思ったところを書き綴っているだけである。

絶対可憐チルドレン 第9話

というわけで、視聴メモスタート
いつか出てくるだろうと思っていた、隠れキャラとしてのハヤテとナギの登場。まあ、ギャラは同じだからね。

兵部おじいちゃんが皆本さんに催眠をかけた意図は、おそらく次回あたりで明らかになると思うので置いておくとして、お子ちゃまが聞いても別にたいしたことがない台詞でも、大人が聞くとアレな台詞群を、見事に組み合わせていたのが素敵やん。

序盤に出てきた、パロディのハヒル人形=おもちゃすら、そのエロ演出のための伏線になっていたというところが、非常にスマートで素敵だなと思ったのだった。いや、お見事。


ただ、しっくりこないのは何でスクール水着で出動したのかという点。普段は例の衣装で出動しているわけで、その理由が語られていないのは、少々ひっかかる部分ではある。

いや、ファンサービス+後の展開のためだろうとはわかるけど、それならそれで、いつもの衣装じゃないことに対する皆本さんのひとツッコミが欲しかったなあと思う。