September 20, 2008

バスの乗り方@Berkeley

Berkeleyとその周辺地域を万遍なく押さえている路線バスといえば、『AC Transit』。Berkeley周辺だけではなくサンフランシスコへも行ける、優れものです。母上とマドはBerkeleyに来てすぐのNorth Shattuck住まいの頃は65番や18番などをかなり活用させて貰ったし、アルバニー山のふもとに住む今でもほぼ毎日52Lなどのバスに乗っています。

その乗り方は…

バスの上部で路線番号と行き先を確認。
AC_TRANSIT@Berkeley 2
乗客の自転車は、前に2台だけ載せられます。車内に自転車の持ち込みは出来ません。車椅子での乗り降りは真ん中の出口に自動でスロープが出てくるようになっていて、一応運転手が席を固定してくれたりします。子連れでバギーで乗ろうとしていると、車体を傾けてくれて乗り降りが楽なようにしてくれ(る運転手も居)ます。(画像は借り物です

AC_TRANSIT@Berkeley 1
運賃は前払い一律1ドル75セント(2008年9月現在)。UC Berkeleyの学生は学生証を提示すれば無料です。学生証ができるまではお金を払う必要がありますが…。支払いは、手前の料金箱に入れます。一番左がコイン、真ん中がお札。おつりは出ません(現金を扱えない、というのは、BART同様に社員の安全確保のためです)。バスの乗換えをしたい場合は、1ドル75セントの料金にあらかじめ25セント足した2ドルを払えば、一番右奥から乗換券が出てきます。それを次のバスに持ち込めば、一からフルチャージ払う必要がないんですの!(画像は借り物です

他にも運賃の支払い方法があります。
AC_Transit バスカード
左は「Trans Link」というチャージできる方式のICカード。乗るときは、現金のBOXではなく乗ってすぐ左手の手すりの機械(写真のパンフの一番上部分に写っている)にカードをかざします。右は10回券17ドル50セント。

同様に使えるカードに、子供・お年寄り・障がい者券や31日間有効の何回でも乗れる券というのもあります。これらは、先の現金Boxの右手前側に挿すところがありますので、矢印の方向に挿し引き抜くことで計算されて運賃が引かれます。(画像は借り物です
AC_Transit@Berkeley4

乗った後は、自分でStreet名を確認しつつ降りるStreetの近くでボタンを押し(または古い車体の場合は、窓枠に沿って張り巡らされている紐を引き)、Stop Requestedサインが点灯するのを確認してください。日本のような車内放送はなく、運転手の案内は期待できないと思ったほうがいいです。たまに親切な運転手さんも居ますけれど…。道を聞いても乗換えを聞いても“I don't know.”の一言で、終了する事も少なくありません。ホームページまたはルートマップ(Berkeley Visitor Information Centerなどで配布)で、前もってルートの確認を!停車したら自分で手近な「ドアを開けるボタン」を押して開けるか、または、一番前の乗り口から降りてください。

ところで、皆様はこんな場面に出くわした事はありますか?
主語は「バスの運転手が」です。
・運行中のバスを7−11前で止め、乗客放置で飲物を買いに行く。
・2両連結型の大型バスのくせに肝心のルートを間違え、
 曲がれなくなり、元の道にも戻れなくなり立ち往生。
・彼女を途中のバス停で拾いチュッチュしながら運転する。
・「ちょっとトイレ」と言って乗客放置してバスを降りていく。
・停車ボタン点灯なのに歌って気づかずバス停をスルー。
・耳につけるタイプの携帯電話で運転中ずっと電話。
・交差点などで隣の車線に並んだバスの運転手同士、運転席の窓
 と隣接するドアを開けて大声でおしゃべり。

日本であればアンビリバボー。
でもこれがアメリカとなると…。
ま、ありがちよね。に、なる訳で…。

環境に対応したカッチョイーバスの運行とか
AC_TRANSIT@Berkeley 3
すごくいい事だと思うし、

マドが乗り降りする時は必ず気を配ってくれて、車高を下げてくれたり、Take your time焦らなくていいよー、なんて言ってくれたり、他の乗客には無愛想なのにマドには「ハロー、スイーティー!」なんて挨拶をしてくれたり、とってもフレンドリーなのも嬉しい事なんだけれど、

それ以前に基本的モラルを…

いや、毎日のように利用してるし、学生さんたち同様に降りるときはちゃんと「さんきゅー」って言うようにしているぐらい、マドも感謝してるんだけど…。運転が荒すぎて車酔いするほどのバス、そして不安になる運転手の大らかさ。

やっぱり基本的モラルを…(以下略

madoatberkeley at 00:52│Comments(0)TrackBack(1)生活情報@Bay Area 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

September 04, 2008 (Thursday)?? ?? この日の夕方5時過ぎだったと思うが、買物に出たモーリちゃんの母の帰りをモーリちゃんとふたりで待ちながらモーリちゃんの宿題の算数を見ながら料理をしながらレインのカエル祭のことを考えていたところへ、玄関でチャイムの音がする。...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
窓 profile
窓とあわせて
あわせて読みたいブログパーツ