March 24, 2008

子連れ留学が決まったら

それは、突然やってきました。
上海から戻って、1年がかりでゆっくり過ごせる家を建て、5月に引っ越して、ようやく落ち着き始めた、2007年6月のこと。

父上「あのー…、異動辞令が出まして」
母上「へ?引っ越したばっかりなのに!?」
父上「それが…、米国に留学の辞令で」
母上「アメリカ…。なーんーでー、今なのよっ!」
父上「ごめんよ」
母上「あ、いやいや、おめでとうございます。」
父上「みんな一緒に行くでしょう?」
母上「もちろん、一緒に行きますよ。」
父上「それにしても、新築1年しか住めないとはなー」

父上は、留学辞令が出てから、仕事と平行して受験勉強の日々。もともと日付が変わってからしか帰らないほど仕事ばかりだったのに、帰宅後さらに勉強しているから慢性的な睡眠不足で見ていられないほど。ようやく希望のLLMに合格が決まったときは本当に本当に喜んだものです。

母上は、新しい家を整えるためのお買物計画が全て崩れ去り、しばらくは呆然としていましたが…合格が決まったら、考えなくちゃいけないことは沢山あるから、リストアップしましょう。何しろ、家持ち、子連れですからね!と張り切りだしました。現状では解決策はまだ見出せていないものも、とにかく何でも、リストアップしてみましょ。


【配偶者・子供の英語】
留学する本人はもちろん、家族も英語がある程度必要に。外国人になじみのない小さな子供の場合は、外国人と多少触れ合う必要も?しかし行ってしまえば、地域のコミュニティが無料の英語レッスンクラスを準備している場合も多いのも、アメリカ。あまり気負う必要はないかな?
→関連記事 「家族の英語力」 へ
→関連記事「家族の英語力(その2)」へ


【持ち家・マンションの管理】
持ち家を人に貸すのか、それとも貸さずに手入れだけ誰かに委託するのか?そして、ローンの支払いはどうするのか??何しろ家は使ってやらねば荒廃します。人に貸して壁紙など汚れる事を心配するよりも、何も手入れせずに放置して目に見えない配管などが痛む方が恐いし…。また、権利証その他、留学に持っていけない重要物管理の為に銀行の貸し金庫を借りてもいいかもしれない。
→関連記事「持ち家を人に貸す」へ


【銀行口座】
渡米後、すぐに使える銀行口座はありますか?米国で銀行口座を開設するには社会保障番号が必要になったりするので、意外と面倒。また、日本の銀行口座は「海外居住者」の扱いの場合は入出金が面倒になるので手続きを聞かないと。Citiバンク銀行なら、日本で開設した外貨口座に入金しておけば、外貨キャッシュカードで出金可能だそうなので、まずはそれを準備。
→関連記事「銀行の口座(日本で準備編)」へ


【保険】
現在かけている保険と、海外で必要になる保険の見直しをしましょう。海外でも適用されるもの、国内に限るもの、生命保険と損害保険、良く見直しを。留学生用の保険もありますし、JALなどの提携している海外駐在向けの保険なども良く聞く手段です。
→関連記事「保険(日本で準備編)」へ


【クレジットカード】
持って居ない人はいないでしょうが、アメリカはカード社会。何かの時には絶対役立つし、向こうで作ろうとするとまた身分証明から面倒ですから、日本で作って1枚は持っていったほうが良い。


【本】
住む場所にも寄りますが、日本の本は大都市ならある程度入手は可能。でも高い。1.3倍から2倍近くに。子供の絵本や、料理の本などは持参した方がよさそうです。また、勉強しに行く人は海外の良書の和訳本は持っていくと役立つ事が多いそう。


【衣服】
最低限を持っていけば良し。買えるから。ただし、子供の服は西洋人と日本人の体格差からか、サイズが合わないものもよくある。例えば日本人の方が頭が大きいので、年齢に応じて買っても襟を頭が通過しない、とか…腕の長さが違う、とか…肌着は日本製が一番との情報もあり。母上は子供のお洋服は向こうで買うつもりみたいだけどね。何しろデザインが可愛いものが多い!


【食料】
住む場所に寄りますが、アジア系住民が多いところなら、醤油・米・納豆は手に入りやすいそう。また、豆腐なども普通のスーパーでも売っているとの事。ただし、ダシの素類や、乾物は探すのが難しい事も。離乳食は日本のように美味しく手軽なものはまずないので、日本から持ってこられるほうが良いそう。マドの大好きな「がごめ昆布」なんかはなさそうだものね…。


【病気・予防接種】
現在持っている病気はありますか?あれば、かかりつけ医と相談して、今までの治療と今後の治療方針について、英語で書いてもらっておいたほうが良いでしょう。特に子供の投薬量については、米国と日本では大きな差があります。 予防接種についても、スケジュールが日本とは全く違うので、要確認。幼稚園などによっては、決められた予防接種が済んでいないと受け入れ不可のところもあるので、可能な限り日本で受けて、さらに日本で認可が出ていない予防接種は、アメリカに行き次第受ける必要があります。 つまり…前もって、住む場所の病院も探しておく方が、betterと言う事!
 →関連記事「子供の予防接種」へ


【携帯電話】
日本で使っている携帯電話、どうしますか?留学期間が2年程度、すぐに帰国できる、普段携帯はあまり使わない…ならば無理に解約してアメリカの携帯にしなくてもいいのかも?docomoのFOMAなど、海外使用可のものも多数ありますし、何より、携帯メールが日本語でできると言うのは大きな利点であるように…。
→関連記事「携帯電話(日本で準備編)」へ


【ロケーションフリーシステム】
アメリカで日本の番組を見たいならば、LocationFreeシステムを親族の家などに設置させてもらうのも、手。パソコンがあれば、見る事が可能になるし…。特に子供番組、子供のためにもどうでしょ?マドはNHKの教育番組が見られないのは困るのよね。


今のところ、思いつくのはこのぐらい?
これからちゃんと整理して、解決策を考えなくては。

…って、母上、眉間に皺がよっていますよ!
relax!頑張りましょ!(マドちゃんは気楽でいいわねー)


madoatberkeley at 10:09│Comments(4)TrackBack(0)渡航準備@日本 

トラックバックURL

この記事へのコメント

4. Posted by マド@Berkeley   April 04, 2008 18:06
>miffyさん
こんにちは!この前は色々お話を伺えてよかった、と母上が申しております。色々と不安も疑問も心配もありますが、これからいろいろ教えてくださいね
3. Posted by miffy   April 04, 2008 12:47
窓ちゃん、ようこそ西海岸へ実はひそかに窓ちゃんファミリーが渡米する日をいまかいまかとお待ちしていましたといっても、私はお隣の国、Canada在住なのですが・・・。でも日本よりは近い!!!今から行く気マンマンですです。

家族揃ってとなるとやること盛りだくさんで大変なことも多いとは思いますが、まだ時間もあるので焦らずにと母上様にお伝えください。微力ながら、何かお手伝いできることがあれば言ってくださいね。
2. Posted by マド@Berkeley   March 28, 2008 19:56
>Pさん
こんにちは。見つかっちゃった?
携帯、本当に要確認なんですの。
向こうでいい携帯がみつかるといいんだけど…
SIMロック外して…げふんげふん。
1. Posted by P   March 28, 2008 19:24
携帯電話はどうなのかなぁ?
メールにしても海外発信だとバカ高いっていうし。要確認ですねぇ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
窓 profile
窓とあわせて
あわせて読みたいブログパーツ