サンフランシスコ


■カテゴリー記事一覧■
フェリービルディングと、熟成肉・エイジドビーフ
飲茶:Yank-Sing@Rincon Center, San Francisco
ツインピークス Twin Peaks@San Francisco, CA
飲茶:Yank-Sing@49 Stevenson, San Francisco
Coit Tower@ San Francisco, CA
トランスベイ・バスと、カープール、サンフランシスコ散策
カフェ:Cafe Trieste@ North Beach, San Francisco
ボタニカル・ガーデンと、ファーマーズマーケット@San Francisco
ヘイト・アシュベリー Height-Ashbury へ
オークランド動物園 Oakland Zoo @Oakland
ペルー料理:Fina Estampa@San Francisco
アジア美術館 Asian Art Museum(つづき)
アジア美術館 Asian Art Museum @ San Francisco
Cafe Asia@Asian Art Museum San Francisco
【公園】Portsmouth Square@SFチャイナタウン
【公園】BBQ@Fort Point (Golden Gate National Recreation Area)
桜祭り@SFジャパンタウン
サンフランシスコぶらぶら食べたもの記
デ・ヤング美術館@サンフランシスコ
リージョン・オブ・オーナー美術館@サンフランシスコ


August 17, 2009

フェリービルディングと、熟成肉・エイジドビーフ

Yank-SingのRincon Centerで飲茶食べたあと、父上と母上が向かったのはフェリービルディング。以前の記事「December 05, 2008 / フェリービルディング@エンバーカデロ」にも書いたように、ここには、SF – Bay Areaのうまかもんの沢山集まっとるとたい!!《何故唐突に博多弁になるの、マドちゃん…》

【San Francisco Ferry Building】
住所:1 Ferry Building, San Francisco
HP :http://www.ferrybuildingmarketplace.com/

大きな地図で見る

フェリービルディング@サンフランシスコ
今日もいい天気!

まずは、父上がNYでお世話になる法律事務所さんへのお土産にシャッフェンバーガーのチョコレートを買い込みます。それから、ビル内をぶらぶら。

Point Reyes近くの牡蠣養殖場のお店。
【Hog Island Oyster Company】
エンバーカデロ・フェリービルディング
ポイント・レイズは綺麗な場所で(関連記事「週末旅行:灯台 Lighthouse@ポイント・レイズ Point Reyes」)、あの辺りで楽しむ牡蠣BBQもそれはそれは美味しい(関連記事「週末旅行:牡蠣BBQ in Alan Sieroty Beach@Tomales Bay」)けれど、そこまで行く事が難しい場合には手軽でいいですわね。


【Blue Bottle Coffee】
Blue Bottle Coffee@フェリービルディング, SF
Berkeleyのファーマーズマーケットにも出店している人気のお店(関連記事「ファーマーズ・マーケット@Berkeley」)。Berkeleyの4thストリートtacubaya辺りでも飲むことができます。それにしても、フェリービルディング店はかなり混雑してました。


【Stone House Olive Oil】
HP:http://www.stonehouseoliveoil.com/
エンバーカデロ・フェリービルディング
同様に、Berkeleyのファーマーズマーケットに出店しているお店。ここのオリーブオイルやバルサミコ酢はかなり!!かなり美味しいです!!これと塩と胡椒があれば、そこらのドレッシングは要らんとですよ。


【Peet’s Coffee】
ピーツコーヒー
やっぱり、Berkeleyといえば、Peet’sのコーヒーでしょ!という方も少なくない、地元老舗チェーン店。スターバックスの祖ともなったとも言われてます(関連記事「ラーメンとPeet'sCoffeeとFarmer'sMarket@North Shattuck」)。Blue Bottle Coffeeが混んでいたので、久々にPeet’sを飲むことに。

その他、カップケーキ屋さん「Miette」や、カジュアルなフォーなどが食べられる「OUT THE DOOR」《サンフランシスコ・パウエル駅直結のWestfield地下にもあり》、キッチン洋品店などなど沢山のお店を冷やかして回り…。


最後に、本来の目的のお店へ!
【Golden Gate Meat Company】
エンバーカデロ・フェリービルディング
ここは、ソノマにワイナリーツアーに連れて行ってくださった、Nちゃんの食通父上さま&母上さまMさんがご贔屓のお店。所謂普通のお肉屋さんというだけではなく、とってもグルメな「熟成肉 Aged Beef」を販売しているお店なんですの。

いつもCostcoで1ポンド(約500グラム)あたり7ドルから10ドル程度の肉を買っているマド家にとっては、この価格帯は驚異(この世界もあるのね)であり脅威(家計に)でしたが、たまには贅沢もいいでしょう。
エイジドビーフたち
お肉を手に入れたら、もうこれでフェリービルディングとはお別れ。次に来るのはいつになるやら…また会う日まで!

さて、帰宅後。
やる気マンマンで夕飯にお肉を食べましてよ!

買ってきたのは1ポンドあたり25ドル95セントの
「USDA PRIME Organic RIBEYE」。
エイジドビーフ販売の店@フェリービルディング, SF
お店で塩コショウニンニクなどのシーズニングをしてもらい別途、調味料としても小さいパックを貰って帰りましたの《Nちゃん家のアドバイスどおりです!》。

見て、この色み。
エイジドビーフ@フェリービルディング購入
美味しそうな干し肉に見えてきますが、焼かなくちゃ。

こういうときには「Lodge」のスキレットが活躍です。
エイジドビーフをLodgeのスキレットで焼く
《買ってて良かった!餃子を焼くのも美味しいし!》

少し強めの中火ぐらいでじゅーっと焼いて、
いい焼き色がついたら、一旦ホイルで包んで予熱で調理。
ステーキは焼いてすぐにホイルで巻き予熱を利用する

3センチはあろうかという厚みがいいねー。
エイジドビーフステーキ

さっそく頂きます!
エイジドビーフ
うーん、ちょっとレアすぎた?もう一回焼きなおしたりして。
《でも2回目軽く火を通した後の写真がない…何故なら》

あっという間に頂きました。噛むとねぇ、ジンワリ味が染み出てくるんですの。普段Costcoで買っているフィレ肉と比較すると、獣くささが減って、より滋味が増える感じ。大人のお肉です。

あぁ、何てグルメなビルだろう、フェリービルディングって!
ここもどこでもドアがあればいいのになぁー。
去りがたき、去りがたきBay Area!!

madoatberkeley at 00:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 16, 2009

飲茶:Yank-Sing@Rincon Center, San Francisco

卒業試験以来、毎日バタバタ忙しく過ごしている父上。マドと母上は出来る限り父上のお邪魔をしないように過ごしてきましたの。父上、ずっとお勉強と試験漬けで本当に大変だったと思います。

で、試験が終わった父上がサンフランシスコで何を最後に食べときたい?と聞かれて「飲茶…小籠包…Yank-Sing、おいしかったんでしょ?」と母上に《あぁー、何だか後ろめたい》。と言うわけで、マドが幼稚園へ行っている間にサクッと行って来たんですって。む!結局マドはおいてけぼりですわね!《マドちゃんごめんね》

【Yank Sing @Rincon Center】
HP:http://www.yanksing.com/
住所:101 Spear St. San Francisco

大きな地図で見る

前回は49Stevenson St.のお店に行きましたが、
今回はRincon Centerへ。
Yank-Sing@Rincon Center, SF
この辺りは、立派にオフィス街ですから、建物も都会ですわー。で、一階だけど地下?みたいな、フードコート風の場所の奥にお店はありますの。

手前にあるのは、Yank-Sing2と言ってTo Goのお店。
Yank-Sing@Rincon Center, SF
リーズナブルなので、周りの自由にどうぞテーブルで
食べている人も多いです。
Yank-Sing@Rincon Center, SF
雰囲気もいいし、これもまたいい手かもね!

さて奥が、飲茶屋さんYank-Singです。予約はしていませんが、当然必ず席を作ってくれます。席に着くなりワゴンが来ました。

勧められるままにサラダを受け取る父上。
Yank-Sing@Rincon Center, SF
「ほら、野菜、野菜を食べたかったんだよー」
ここは飲茶屋さんですわよ、父上!

こ、このままでは、ワゴンのシャオチェに勧められるままに何でもかんでも頼んでしまう!と焦った母上が「ちょっと待ってよー、まず小籠包からだよ!」と日本語で言ったら、その単語を聞き取ったシャオチェが「ショウロンポー、OKOK」って。

もってきた。
Yank-Sing@Rincon Center, SF
シャオチェ、恐るべし…。そして当然、小籠包は美味しい訳です。「おー、ここは美味いな!」とすっかり上海気分の父上。本来は黒酢の方が好きですけれど、コレはこれでいいねと紅酢を喜んでるぐらい。で、エスカレート。「ここ、何を頼んでも美味しいんじゃないの?」

気づいたら、海老シュウマイ頼んでる。
Yank-Sing@Rincon Center, SF
《しかも、私が何とかフラッシュを焚かずにピントを合わせて写真を撮ろうと苦労している隙に、さっさと1個「んまー」と言いながら食べてる!こりゃー!》

海老すり身フワフワ揚げ
Yank-Sing@Rincon Center, SF
《名前を控える間もなく、ガシガシ食べる。このすり身の下のカリッとした部分とフワフワすり身部分とがなんともいいハーモニー。》

「スペアリブ?排骨?OKOK」
Yank-Sing@Rincon Center, SF
《これも味わい深くてよかった。脂っこくなくて》

テーブル上にある調味料。
キッコーマン強い!そしてYank-Sing特製辣椒醤。
Yank-Sing@Rincon Center, SF
「いくら?」と聞いたら5ドル弱でした。そしてシャオチェは速攻で「How many?」て。そんなに何個も買いませんから!!しかし凄いセールス力です。父上、ちょっと雰囲気に飲まれ気味ですわね?

《そうでもないのよね、コレが。こんなステキなワゴンが来ても見向きもしなかったし、春巻きや餃子、スイーツにも手を出さなかったわ。完全に上海の某店と比較しているって感じでした。》
Yank-Sing@Rincon Center, SF
《あっ、青菜の炒め物、食べるの忘れちゃったなー》
腹6部目ぐらいで切り上げるのが父上の飲茶です。
《ここは麺類とかごはん類無いからね》

「じゃ、フェリービルディングでお茶でもしてく?」
と言うわけで、この後は、フェリービルディングへ行ったんですって。
む、マドが幼稚園でお絵かきしてる間に!ずっこいです!!


ちなみに、Rincon Centerには辺りから発掘された(って言うほど時間経ってませんけれど)、1800年代後半の子どものおもちゃやらなにやらも展示されていますの。
Rincon Center@San Francisco
こういうのも、また面白いですね。

madoatberkeley at 00:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 06, 2009

ツインピークス Twin Peaks@San Francisco, CA

母上が高校生の頃だったか、「ツイン・ピークス」というドラマが流行ったそうですけれど《カイル・マクラクランかっこよかったねぇ》、あれじゃありません、別物です、な、ツインピークスへ行ってきましたの。連れて行ってくださったのは三団子のK家。もう、すっかりK家の子どもになってしまっているマドと母上。その当時父上はNY Bar直前で完全討ち死に状態でしたから、おうちでお勉強。

【Twin Peaks】

大きな地図で見る

この日は、サンフランシスコ市内でマラソンが行われていた関係でか、やたらと報道関係のバンやら中継車が止まっていました。お天気が悪いと何も見えないのですが、市街地のほうは綺麗に見えて、ラッキー!
ツインピークスからの眺め

うす曇、それでも良い眺め!
ツインピークスからの眺め
夜景もきれいだそうですの。

目抜き通りがMarket Street。
ツインピークスからの眺め
マラソン、見えるかなぁ…?

湾の中に入ってきたタンカー。
ツインピークスからの眺め
どれだけ大きいか、よくわかりますわね!

頑張って拡大してみたアルカトラズ島。
ツインピークスからの眺め
もうあの監獄ツアーは御免ですの。
《まぁ、幼児にはキツかったかもしれないわね》

市街地方面は晴れているけれど、
ツインピークスからの眺め

ゴールデンゲートブリッジは完全に霧の中ね。
ツインピークスからの眺め

ここで。
「思ったよりも綺麗に見えたことだし、幸先もいいから、思い切ってカリフォルニア・アカデミー行ってみようか!」と言うことになりましたの。あぁ、諦めていたところにいつも連れて行ってくださってありがとう!三団子K家!!明日はカリフォルニア・アカデミーについて書きたいと思います!

madoatberkeley at 00:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 03, 2009

飲茶:Yank-Sing@49 Stevenson, San Francisco

サンフランシスコ散策をし、コイトタワーに登った日、母上ったらお友達と、優雅なマダムの飲茶ランチなんぞ楽しんでらしたそうですわよ!奥様!んま゛!

【Yank-Sing】
HP:http://www.yanksing.com/
住所:49 Stevenson St. San Francisco
(2店舗あり、もう一つはRincon Center内にあり)

大きな地図で見る

オフィス街の中にありますの。
飲茶@yank-sing, SF
中にはスーツ姿の人が多いですわね…。予約もしていなかったので、ちょっと入り口で待たされましたが、マド家の大好きなサンフランシスコ中華街の「Oriental Pearl」さんち同様に、お客さんを逃さぬように決して断りはしません。そして席を何とか作り出してくれる。

席に着いたら、こうしてやってくるワゴンから
飲茶@yank-sing, SF
食べたいものをお願いしてズンドン食べていく形式。注文して出来上がるのを待つのではなく、出来上がったヤツラが押し寄せてくる、しかもワゴンのお兄さんお姉さんも「これどうですか?何?何なら食べる訳?」ぐらいの勢いでどんどん持ってくるから、断る勇気も必要―。

まずはお目当ての小籠包!!と横に来たシュウマイも。
飲茶@yank-sing, SF
母上の小籠包狂っぷりについては、「窓@上海」時代からお読みくださっている方はご存知かと思いますが、だからもう、そりゃぁもう、ぜったいもう、小籠包を食べようと狙い定めてのランチだった故に、スープが出てくる瞬間の写真なぞ撮ることもせずあっという間に平らげたようで。

「おいしいー!」「あらー、本当においしいねぇー」「でしょ?あぁ、おいしいー」とマダム2人が言い合いながら、酢とショウガを少しレンゲに乗せて小籠包も一緒に口の中に放り込み続け。あっという間に無くなったんですって。シュウマイは、どうした、シュウマイは!!《あ、シュウマイも美味しかったよ!ギッシリ詰まってる感じで、食べ応えあって》

それから、お茶もらって、通りがかった餃子貰い。
飲茶@yank-sing, SF
日本の餃子の方が良かったかしら。

北京ダック、キタ!
飲茶@yank-sing, SF
この一皿が6ドル弱だったかな。皮もパリッとしてましたし、肉もジューシーで、パオズも美味しかったけれど、このちんまり量に…上海で行った鴨王が懐かしい…《それはまた別の話ですから。今日は軽く飲茶な日だから》。

で、最後に。

また小籠包頼みました、母上。
飲茶@yank-sing, SF
奥様2人でこうしてちょっとだけ軽く頼んで、1名あたりチップ込み25ドルというのは、飲茶にしては、やっぱり高級店だわー、と母上《中華街の安い店なら10ドルも出せばランチはおつりが来ますから》。

でも。それを補ってありあまる、小籠包などの美味しさ。それが人をひきつけるんでしょうねぇ。《お勧めです。美味しかった。満足。うむー》

madoatberkeley at 00:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 02, 2009

Coit Tower@ San Francisco, CA

今日も母上のサンフランシスコ散策の続きです。昨日の記事「 」の最後に出てきた、サンフランシスコ名物・直角駐車の坂をテクテク登った先にあるのが、コイト・タワー。サンフランシスコ湾もシティサイドも一望に見渡せるので人気の場所ですが、いかんせん坂の上、駐車場は狭いし、バスを捕まえるのは面倒だし、意外と訪れていない人もいらっしゃるのじゃないかしら。

【Coit Tower】
住所:1 Telegraph Hill Blvd, San Francisco

大きな地図で見る

コイトタワーの土台下あたりからFilbert Stの坂を見る。
コイトタワー2009年7月

いろんな人の名前が刻んである階段を登り
コイトタワー2009年7月

塔の入り口階段から、アルカトラズ島を見る。
コイトタワー2009年7月

塔を見上げる。
コイトタワー2009年7月
曇っているから、何も見えないかもしれないなー。

中のフレスコ画をチラ見しながら、売店奥のレジのところでチケット(と呼ぶにはあまりにも…な紙切れ)を買う。大人5ドル。ここも中国人の経営。そして、エレベーター(と呼ぶにはあまりにも前近代的貨物運搬手動箱)に詰め込まれ、中国なまりの英語の女性がコイトタワーの高さとかアナウンスしてくれるのを聞く。

最後に階段をえっちらおっちら登る。
コイトタワー2009年7月
あれ、青空が少し見えた!ってことは…

上からでも、アルカトラズが見える!
コイトタワー2009年7月
《霧が垂れ込めると高い所からは何も見えないのよね》

ベイブリッジもそこそこ見える。
コイトタワー2009年7月

これまたSFを代表するトランスアメリカビルも
コイトタワー2009年7月
全貌が見えるのは嬉しい。

ゴールデンゲートパーク方面はやっぱり霧。
コイトタワー2009年7月

それにしても、建物がビッシリですねぇ。
コイトタワー2009年7月

10倍ズームすると、ロンバート・ストリートも見えます。
コイトタワー2009年7月
《丁度のタイミングで、くねくね坂道の上にはケーブルカーが走ってるし、坂道の下のほうにはくねくね挑戦している車たちが見えるし、面白い写真が撮れたね》

塔のてっぺんの展望台部分にはアクリルだかなんだかで、窓代わりに仕切りがしてあるので、強い海風がババンと吹いてきても平気で居られますが、この日はとにかく寒い寒い冬日でしたので、ひとしきり眺めたらとっとと下におりちゃった母上とお友達だったのでありました。

冷えた体を、North BeachのCafé Triesteで暖めて、ぶらぶら。
《下界は暖かかった》
サンフランシスコ散策2009年7月


madoatberkeley at 00:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 01, 2009

トランスベイ・バスと、カープール、サンフランシスコ散策

さて、先日Café Triesteへ行った日、母上は初の《そして多分最後の》AC Transitが誇るトランスベイのバス「L」ラインを利用をしたのでした。これが便利!2009年7月現在で4ドル。マドの住むコンドミニアムの目の前《OR 99ランチマーケットの前》からサンフランシスコへ20分ほどで到着しますの。地下鉄のBARTはEl Cerrito PLAZAからPowellまで3ドル90セント(+駐車場代1ドル)で、30分かかりますから、それと比較しても早い!さらにハイウエイの通勤時間帯に普通の車が渋滞に巻き込まれると40分以上かかりますから、やっぱりバスは早い!

その秘訣は…
ハイウエイ内の、カープールCarpoolレーン。菱形のマークが路面に書いてあるレーンがあるのですが、それがカープール・レーンで、「一台に複数人数(最低2名以上)乗っていないと通れない」レーン(バスもOK)なのです。おかげで台数も少なくスイスイ。さらに、カープール専用のルートもあって、それを使うとあっという間に到着。とても良いシステムだと思います。

このカープールを使いたくて、まったくの赤の他人を乗せるのを厭わない人も少なくありません。また行政でもエコだからと推進しています。http://rideshare.511.org/carpooling/こんなサイトもありますし、なんと、99ランチマーケット前、バス停横には「サンフランシスコまで、カープール一緒に乗りたい人待ってるよ!」な車の列が並んでいたりするのです。お値段は無料から数ドル(少なくともバス代より安い)らしいです。《でもまったくの赤の他人の車に乗り込む勇気がなくて、結局利用した事はありませんけれど》

そんなわけで、あっという間にサンフランシスコ到着。
ただし、運行されているのは通勤時間帯だけですから、朝は8時40分発が最終で到着は9時。お店はまったくと言っていいほど開いていないのです…。で、母上、歩く事にしました。「サンフランシスコを気ままに散策」なんて、ガイドブックみたいですけれど!

トランスベイのバスターミナル。
サンフランシスコのトランスベイ・バスターミナル
(ターミナルの場所地図は こちら→★

バス停の表示
サンフランシスコ散策2009年7月

帰りの時間をチェックしておきましょう
サンフランシスコ散策2009年7月
お迎えの時間を考えると3時10分が最終か…。

とりあえず、マーケットストリートへ
サンフランシスコ散策2009年7月

なんだか写真が暗いと思った?
サンフランシスコ散策2009年7月

だってこの日は、7月下旬なのに、真冬日だったから!
サンフランシスコ散策2009年7月
アメリカ人がこの格好ですから!冬のコートですから!
ま、こんな寒い日が普通にあるのが、サンフランシスコとBerkeley。
母上も想定済みで温かい格好をして行っていました。

ユニオンスクエア前で会った観光客のオバちゃんは「寒くって寒くって、さっき土産物屋でダサいフリース買っちゃったわよ!!」と言っていました。
サンフランシスコ散策2009年7月
そうです、サンフランシスコでは真夏でも地名入りフリースの上着などを土産物屋で売っています。売れるから。

その寒さの元凶は、霧。
サンフランシスコ散策2009年7月
真ん中のビルは霧の勢いのよさに消えたように見えますね。

Powell通り。
ケーブルカーの線路からフィッシャーマンズワーフ方面を
サンフランシスコ散策2009年7月
このすぐ近くにあるディスカウント靴屋さんは、母上の22.5センチサイズの靴も売っているので時々寄り道《地下の更にディスカウントなコーナーであやうくイメルダ買いしそうになりましたけど、何とか思いとどまって脱出》。

寒くてもケーブルカーは人気
サンフランシスコ散策2009年7月

MuniのFライン。
サンフランシスコ散策2009年7月

METREONの庭から、SF MOMAを望む
サンフランシスコ散策2009年7月
お隣のYaba Buena Centerは午後からだったからパス。

公園があれば、必ず太極拳をやっている。
サンフランシスコ散策2009年7月
上海を思い出します…。

ドラッグストアのWalgreensで、カルビーのポテチ発見。
サンフランシスコ散策2009年7月
あまりにも普通に陳列されてて違和感なかった。
1ドル70セント弱。

古いオフィスビルの下には、古い個人商店が
サンフランシスコ散策2009年7月

古いビルの下に投資信託会社のビルが
サンフランシスコ散策2009年7月
《Fedility、もうちょっと頑張れ!私の個人資産が!!》

そろそろお店も開き始めたので、中に入ったり
サンフランシスコ散策2009年7月

子連れでは入りたくないGump’sにも
サンフランシスコ散策2009年7月
《池袋東武のGump’sはまだ無事なんだろうか》

Gump’sのサンフランシスコ土産スカーフ。
サンフランシスコ散策2009年7月
ちょっと迷ったけどお値段が180ドルほどと知り、却下。
《上海で買ったウエッジウッドの飾り皿みたいなのがあればいいのに》

この奥は中華街
サンフランシスコ散策2009年7月

時々ナイスミドルなボーン・トゥ・ビー・ワーイルドな集団が。
サンフランシスコ散策2009年7月

中華街も通ってみる事に。
サンフランシスコ散策2009年7月

天仁銘茶って、上海にもあるよね?
サンフランシスコ散策2009年7月

一本道が違うと、別の世界ですねぇ。
サンフランシスコ散策2009年7月

サンフランシスコ名物「直角駐車」。
コイトタワー2009年7月
傾斜角度が25度ぐらいになってくると、こうやって止めないと危なくって。ていうか、それでも路上駐車するか!!って突っ込みたいですけれども。普通(サンフランシスコ基準、普通の町では急坂扱い)な坂道でも路肩に駐車する場合は前輪を傾けて、万一に備える必要があります。

《この後、コイトタワーにも登ったのですが、長くなりすぎなので、明日。》


madoatberkeley at 02:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

July 30, 2009

カフェ:Cafe Trieste@ North Beach, San Francisco

先週もまたサンフランシスコ観光に出かけた母上。
目的地はいくつかあったのですが、今日はカフェの事だけ。

【Café Trieste@ North Beach】
HP:http://www.caffetrieste.com/
住所:601 Vallejo St, San Francisco, CA
営業時間:Fri-Sat 6:30am-12:00am
      /Sun-Thu 6:30am-11:00pm


View Larger Map

旧イタリア人街のNorth Beachにお店はあります。
Cafe Trieste@North Beach, San Francisco
イタリアンカラーなのが目印。

お店の中もいっぱい、外にも人が沢山。
Cafe Trieste@North Beach, San Francisco
この日は冬の装いでも足りないくらい寒かった筈なのだけど。

セルフですから、カウンターに沿って並んで
Cafe Trieste@North Beach, San Francisco
注文をして、自分で席に持っていきます。
基本、キャッシュオンリーです!カード不可。

壁一面にゆかりのある人たちの写真やら
Cafe Trieste@North Beach, San Francisco
切抜きやら何やらがビッシリ貼ってあります。

この雰囲気の中、生演奏をしている時間帯もあるそうで
Cafe Trieste@North Beach, San Francisco
結構人気のミュージシャンが来たりもするそうです。

カフェラテとカフェオレの違いについて語りながら
Cafe Trieste@North Beach, San Francisco
ボンヤリお茶する時間もまた愉し。《すみません、飲みかけで。何故アメリカでは淵ギリギリまで飲み物を入れるのか、一度考察してみたいと思いつつそのままになっちゃってますわー》

ここは、映画「ゴッドファーザー」のフランシス・コッポラ監督が執筆をしていたという場所でもあるそうで、他のお客さんもおしゃべりしている観光客以外に、やたら映像を熱心に撮っている人とか、パソコンを広げて何か作業している人、手紙ではないものを一生懸命書き付けている人など、色んな人が居るんですって。

すぐ隣にアネックスがあります。
コーヒー豆の販売所なんですけれども。
Cafe Trieste@North Beach, San Francisco
入り口すぐ横に立っている警察官は、なじみらしく、アネックス側から、カフェのカウンター裏に顔を出し「よ!」みたいな感じで挨拶をして、飲み物を貰って、外でこうやって談笑しているという…。

これがイタリアですのね!《いや、アメリカです》

madoatberkeley at 00:02|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

July 25, 2009

ボタニカル・ガーデンと、ファーマーズマーケット@San Francisco

Japanese Tea Gardenの中を散策後は、お隣のデ・ヤング美術館 De Young Museumのタワーに登った母上。もうこの公園へ来る事も無さそうですから、ステキなサンフランシスコの眺めを見納めておこうと…。

タワーへは、チケットナシで登れます。
デ・ヤング美術館からの眺望

残念ながらこの日は見事に霧の日。
デ・ヤング美術館からの眺望

サンフランシスコは霧の街ですから…
デ・ヤング美術館からの眺望
どっちを向いても何がなにやら。

そんな、霧で寒い日でもカリフォルニア・アカデミーは長蛇の列。
デ・ヤング美術館からの眺望
《特にこの日は無料Dayだったので3時間待ち当たり前》

デ・ヤング美術館も入場に列が出来てました。
デ・ヤング美術館からの眺望
《多分、ツタンカーメン展を見に来た親子連れで混雑》

あぁ、それにしても残念な眺めでした…。
デ・ヤング美術館からの眺望
真夏でも冬のコートが要るほど寒くなる街だから仕方なし。

と言う訳で、眺望も望めませんし、ツタンカーメン展も並んでるし、長蛇の列のカリフォルニア・アカデミーはパスして、斜め向かいのボタニカル・ガーデンへお散歩しに行きました。

【San Francisco Botanical Garden】
HP:http://www.sfbotanicalgarden.org/

大きな地図で見る

ゴールデンゲートパーク・ボタニカルガーデン
あららーん。ここも工事中だったりなんかして。

まぁ、歩道が整備されてないのは小石川植物園で慣れてるし。
ゴールデンゲートパーク・ボタニカルガーデン
これはこれで好きよ、と思う母上。

しばし、お花撮影タイム。
ゴールデンゲートパーク・ボタニカルガーデン

渡米以来、チマチマとお花を撮りましたが
ゴールデンゲートパーク・ボタニカルガーデン
やっぱり「ガーデン」と名のつくところは楽しいや!

もっとお天気が良ければなぁ。
ゴールデンゲートパーク・ボタニカルガーデン

可愛いちょうちんみたいなお花。
ゴールデンゲートパーク・ボタニカルガーデン

このステキな一角の向こうは…
ゴールデンゲートパーク・ボタニカルガーデン
工事のおっちゃん達が昼寝してました。。。

寄せ植えも可愛らしいし
ゴールデンゲートパーク・ボタニカルガーデン

日本ではあまり見かけない花々に夢中。
ゴールデンゲートパーク・ボタニカルガーデン

Japanese Gardenはここにもありました。
ゴールデンゲートパーク・ボタニカルガーデン

藤の花の季節に来て見たいな…。
ゴールデンゲートパーク・ボタニカルガーデン

みみずをついばむ鳥を見たり
ゴールデンゲートパーク・ボタニカルガーデン

ちょっと可愛い鳥を見たり
ゴールデンゲートパーク・ボタニカルガーデン
ベンチに座ってボーっと見てたら、リスが来たり。

お花だけじゃなく、足元の植物も面白く
ゴールデンゲートパーク・ボタニカルガーデン

ふわふわあちこち歩き回る母上。
ゴールデンゲートパーク・ボタニカルガーデン

あまり目にした事のないお花も多く
ゴールデンゲートパーク・ボタニカルガーデン

すれ違う人のカメラがみんなとてもいいものばかりで
ゴールデンゲートパーク・ボタニカルガーデン
肩身が狭いなぁなんて思ったりしながら、

それでも写真を撮って撮って
ゴールデンゲートパーク・ボタニカルガーデン

あっという間の1年を振り返ったりして。
ゴールデンゲートパーク・ボタニカルガーデン
《1年前のこのブログの記事を読むとすべてが新鮮!》

しゃがんで花を覗き込んだり
ゴールデンゲートパーク・ボタニカルガーデン

この造形美にしばし見とれたり。
ゴールデンゲートパーク・ボタニカルガーデン

でも、そろそろ帰ろうかな、と言う訳でmuniバスの71番で
ゴールデンゲートパーク・ボタニカルガーデン

シビックセンターまで戻りました。
シビックセンター・ファーマーズマーケット
戻ったらいきなり晴れてるし!
さすが霧の街、天気が全然読めません…。

丁度この日はファーマーズマーケットの日。
シビックセンター・ファーマーズマーケット

色んなお店を冷やかして回って
シビックセンター・ファーマーズマーケット

味見で満腹になってしまう母上ってばどうなのよ。
シビックセンター・ファーマーズマーケット

《このロティサリーチキン、美味しそうだった》
シビックセンター・ファーマーズマーケット

食い気だけじゃなく、お花も売ってました。
シビックセンター・ファーマーズマーケット
胡蝶蘭はこちらでも人気です。

たっぷりサンフランシスコをお散歩、何だか満たされてBARTで帰る母上。もうこんな風にサンフランシスコをお散歩する時間は取れないだろうな…と寂しい気持ちと、だからこそ、今日、来て良かったわ!と思う気持ちと。

1年前、アメリカに来たばかりの頃は「あれもない!これもない!アメリカって何もない!!」と文句を心の中でタレてた母上が、今では「あぁ、ベイエリアから引っ越したくないなぁ…」と思うようになった、この1年。お世話になったみなさまに、感謝!でございます!ありがとうございます!

madoatberkeley at 00:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 23, 2009

ヘイト・アシュベリー Height-Ashbury へ

さて、Bay Area滞在もあと半月あまりになってまいりました。母上は思い残した所が沢山あって、マドが幼稚園に行っている間にちょっとブラッと一人お散歩に行ったりしているようですの。今日は、そんな母上のお散歩記録。

【ヘイトアシュベリー Height-Ashbuly】

大きな地図で見る
サンフランシスコの中でも、ヒッピー文化が花開いた場所として有名な地域です。Google Mapでも、色々説明が書いてあったりして。

BARTのPowell駅からmuniバスの71番に乗って、Haightストリートと、Masonicのクロスする角で下車。
ヘイトアシュベリー
ちょっと朝早かったかしら…静かな街角です。

でもやっぱりこの店構えはヒッピー文化風。
ヘイトアシュベリー
高校・大学時代には1960年代後半から1970年代の音楽が大好きだった母上的にはある意味聖地とも言えるこの地域ですが…。

朝早すぎて、お店はあまり開いてません。
ヘイトアシュベリー

《Janis Joplinの”try”じゃないけど、少し努力してー》


とか言いながら、開いてたらすかさず入って
ヘイトアシュベリー
ブラブラ中を覗いてみたり。

《小学生の頃はマイケル大好きだったなぁ》
ヘイトアシュベリー

ここは八百屋さんまで雰囲気があります。
ヘイトアシュベリー
違う草…売ってないよね…?なんて。

一歩入れば普通の住宅地のはずなんですが、壁画。
ヘイトアシュベリー

これが自分の家だったら…
ヘイトアシュベリー
落ち着かないだろうなぁ。《辺りを歩いている人も、ヒッピー風。というか家がない人も多い。小銭をねだって歩き、タバコの吸殻を拾って吸っている…これはちょっと子どもが住む地域じゃないよね》

古きよきサンフランシスコの雰囲気もあるし、
ヘイトアシュベリー

同性愛を堂々と言える現代的雰囲気も。
ヘイトアシュベリー

店内はグレイトフルデッドのTシャツがある
ヒッピー風味満載なお店もあるし、
ヘイトアシュベリー

オシャレーな入れ墨をするお店もある。
ヘイトアシュベリー

ブラブラと歩いて4−5ブロックぐらいでしょうか。
あっという間にゴールデンゲートパークの入り口に到着。
ついでにそのままお散歩を続ける事に。

【Golden Gate Park】
ggPark

何となく咲いてる花を撮りながら
GGpark

家のない人とすれ違いながら
GGpark

子どもの遊び場を横目に
GGPark

…明日に続く。

madoatberkeley at 00:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 01, 2009

オークランド動物園 Oakland Zoo @Oakland

ディズニー・クリスマス・キャロル電車を見に行った日曜日。その足で、次にオークランド動物園へ行ってきましたの。《引き続き三団子さんのK家の車に乗せていただいて…ホントにありがとうございました!》

【OAKLAND ZOO】
HP :http://www.oaklandzoo.org/
住所:9777 Golf Links Rd, Oakland, CA

大きな地図で見る

oaklandzoo
入り口で、年パスの王者K家(ありとあらゆる施設の年パスをお持ちです…)の父上さまが、「サンフランシスコZooの年パスあるんだけど、割り引きあります?」と聞いてくれたら「半額になるよ!」と言われ、半額で入場ー!《なんじゃそりゃー。と思ったら、結構相互割引とか色々あるんですね、それぞれに》ありがたいことで御座います。

入り口を入ってすぐ右手に、動物園ショップがあり、
その横にはペニー記念メダルSouvenir coin製造機が!
もちろんマドも作りましてよ!ライオン!
2009 19870
(ペニー記念メダルSouvenir coin製造機については、関連記事:「May 22, 2009 / 収集癖があるならば!ペニーで記念メダル作成を!」をご参照ください)

そうそう、この動物園ではベビーカーを借りる事も出来ます。
料金4ドルぐらいで、ふるーい感じなの…ですけど。

さてテクテク歩いていくとロープウエイみたいなの。
oaklandzoo2
このロープウエイからじゃないと見られない風景も。
とは言え1歳台の乳児幼児連れだったのでパス。

キリンさん。結構たくさん居ました。
oaklandzoo3
6頭ぐらい。みんな日陰にいるかご飯食べてた。

暑いよー暑いよー、氷食べたいよー
oaklandzoo4
《って、キリンは暑い所の動物ですから!》

ライオン。
oaklandzoo5
当然木陰に居ます。暑いもんねぇ。

シマウマ…
oaklandzoo6
お尻ばっかり見せちゃって!
ちょっとはこっち向いてくださってもいいんじゃなくて?

象さん
oaklandzoo7
象の柵内には、七面鳥もたくさん居ました。

とにかく日差しの強い日だったので、涼しい所を求めてさまようマド達。動物を見てるんだか日陰を探してるんだか…な状態になってきてましたけど。

アリさんが歩道に埋め込まれていたり
oaklandzoo8

子どもの遊び場もちゃんとあったりして
oaklandzoo9
キッズフレンドリーなのはとてもいいね!

あ!あそこ、建物がある!涼しいに違いない!!
oaklandzoo10

と思ったらその前にワニー。
oaklandzoo11
ピクリとも動きませんでした、このワニ。

滑り台があるー!
oaklandzoo12
《こうやって彼方此方フラフラするから、いつまでも涼しい所にたどり着けない…うぅー子どもはいいねぇ、元気でさぁ》

たどり着いた爬虫類館の入り口は子供用ドアあり。
oaklandzoo13

こんなカメの展示ケースの横には
oaklandzoo16

お絵かきコーナーあり。
oaklandzoo14
ヘタも上手いもカメ描いてました。

良く見たら、こっち見てた蛇。
oaklandzoo15
何か鹿みたいな顔してますけど。

コウモリも見たし・・・
oaklandzoo17
《コウモリ本体にピントが上手く合わなくて、写真が変なので、コウモリの種類の展示をUPします》

そうそう、子ども牧場みたいなのもある!
oaklandzoo18
中に入ると、ヤギの類がウロウロしています。

追いかけて毛を梳いてやるも良し
oaklandzoo19

ダラーっとしてるのを見るも良し。
oaklandzoo20
出口近くにサニタライザーがあるので、手を綺麗に。

大体ザクザクーっと回ったところで、また動物園ショップへ。まぁ、どこの動物園もある意味同じような商品ラインナップなのだと思いますけれど、ここも可愛いのから気持ち悪いのまで色々ありました。

陶器の小さな置物16ドル
oaklandzoo23

動物のABC電車おもちゃ。連結できますの。
oaklandzoo21
「I」はイグアナー!

で、「U」は…
oaklandzoo22
ウアカリUakariて・・・怖い、ちょっと、子どものおもちゃにはどうなの?売れ残ってるのも分かる気がする・・・。

もうちょっと気候のいい時ならばゆっくりできるのでしょうけれど、この日はとにかく暑くて暑くて、サラッと回って終了にしました。それでもちんまりしてて丁度いいサイズなのかな、マドもキーキー言わずに居られて良かったです。動物園内には一人2ドルで乗れる電車もあります。(ちょっと並んでたしベビーカーを置いていくのがイヤで乗りませんでした…でも評判はいいですね!)

帰りに、動物園のすぐ横には小さな遊園地もあるんですの。
マドは遊園地で一番好きなメリーゴーランドに乗りました。
oaklandzoo24
1人1ドル。チケットを買います。横に立つ付添い人は無料。

あぁ、盛りだくさんでございました!

madoatberkeley at 02:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

June 19, 2009

ペルー料理:Fina Estampa@San Francisco

昨日の母上は、ESLですっかり仲良しになったお友達2名と一緒にEl Cerrito PLAZAから地下鉄BARTでサンフランシスコへ。一人はペルー人のAさん20代女性、一人はメキシコ人のRさん40代女性。年齢も国境も越えた3人のマシンガントークはBARTの中でも止まる所を知らず、ひたすらおしゃべり。

そもそもの事の起こりは「メキシコ料理やブラジル料理は食べた事があるけれど、考えてみたら、ペルー料理と言うものを食べた事がない。」と母上がペルー人宅でのパーティーで言ったから。じゃぁ、いつか一緒に行こうといい続けて、ようやく実現と相成った訳でございますの。

ペルー人が「これが美味しいペルー料理!」と、
太鼓判を押すのはこのお店。

【Fina Estampa】
HP :http://www.finaestampasf.com/
住所:1100 Van Ness Ave. San Francisco

大きな地図で見る

サンフランシスコのCivic Center駅から、徒歩10分ぐらい。"Peruvian and Spanish Cuisine"と銘打ってあるだけあって、お店の感じも何かもうその辺のペルーの街角にありそうな??一緒に行ったメキシコ人のRさんは「これはあんまり期待できない店構えじゃない?」とか辛口ですなぁ。いや、インターネット上の口コミはなかなかいいですよ?

確かに知らなきゃ入りづらい構造かも。
2009 19645
(母上がお店の写真を撮ろうと構えたら、当然のように二人がそこに立っていました…そりゃそうですね。)

中に入るとごつい神様に迎えられます
Fina Estampa@San Francisco 4
インカ帝国の神様?

クスコにやって来たスペイン人の神様?
Fina Estampa@San Francisco 2
Aさんに聞いたけど「なんだろねぇ」て。

パッと見はメキシコにもありそうな民芸品だけれど、
Fina Estampa@San Francisco 13
メキシコ人のRさんに言わせると「こんな暑そうなのはメキシコじゃ用はないのよね。やっぱりペルーの気候に合わせたやつだなぁと思う」だそうです。
Fina Estampa@San Francisco 12

ランチメニューを持ってきてくれたのは、日系3世だという男性。簡単な日本語の挨拶、簡単な単語は日本語が分かりますが、基本的には英語かスペイン語での会話でした。
Fina Estampa@San Francisco 9

そして、「ディナーメニューから注文しても大丈夫よー」と日本語でお話くださったのは、その昔、沖縄からペルーへ移民した日本人の3世だと言う女性。この方は日本語での会話もスペイン語も英語も問題なし!凄いですの…。
Fina Estampa@San Francisco 5
しかしなんだか落語みたいな話です。
ペルー人が日本人を連れて日本人が経営するペルー料理屋に行く。
(正しくは日系人ですけど)
世界は広いけど、世界はとっても狭いのです。

さて、何飲む?と言われて、母上はインカ・コーラを。
Fina Estampa@San Francisco 7
《Berkeleyの南米系スーパーで見かけ、いつもAさんが学校に持ってきて飲んでるのを見て気になってはいたものの、飲むチャンスが無かったので。味は、甘くて、何となくメロンソーダみたいな懐かしい感じのもの》

二人は、何かアルコール飲んでますけど!
Fina Estampa@San Francisco 3
ペルーの食前酒カクテルだそうで。

この日、Aさんが話したい事がたくさんたくさんありすぎて、ずーっとマシンガントーク。ま、母上とRさんも、大人しく聞いてるタイプじゃありませんから、日本語なまりの英語で突っ込み、メキシコなまりの英語で解説され、ペルーなまりの英語でさらに話が展開、メキシコとペルー間で日本人にどう説明するかスペイン語で相談が始まったり。さらに皆でなかなか激しい議論をしたり、しんみり語ったり…って

まだ飲むか!
Fina Estampa@San Francisco 6
メキシコ人にとって麦酒は酔わない酒なの!
とか言ってましたけど本当でしょうか。

辛いの(赤)、辛くないの(緑)、コーン、バター。
Fina Estampa@San Francisco 8
とりあえずパンと一緒に出てきます。

セビッチェ。
Fina Estampa@San Francisco 16
これが美味しかった!
メキシコ人も認めるペルー的セビッチェ。

ペルー料理の盛り合わせ
Fina Estampa@San Francisco 1
手前にあるのは、野菜と、揚げたコーン粒と、レモン汁

で、良く見ると肉肉しいですけど何ですかコレは?
Fina Estampa@San Francisco 17
牛の心臓(アンティクーチョ。美味しかったので名前を覚えてきた)、胃袋、チキン、ジャガイモなど。内臓食べるんですね、ペルーの人!胃袋も結構はっきりスパイシーで美味しかったです。今すぐ有楽町のガード下辺りに行きたくなるような感じだったそうですけど。

みんな、相変わらず、おしゃべりに夢中です。
ESLのクラスで培った英語力で、これだけ意思疎通が出来て、少しだけれど人生の話も出来て、とっても嬉しかった母上。アメリカに来る前、こんな風に気軽に外国の人と友達になれるなんて、ビビリの母上は思ってもみなかったものだけれど!

正直、かなりのボリュームでお腹一杯になりかけたときに、更に出てきたのがこれ。あぁぁそう言えば、初めてだし、色々食べるよね?って言ってたよね…。

Pollo A La Fina Estampa
Fina Estampa@San Francisco 15
この一皿で一人分15ドル。っていうか、これ一皿で充分じゃない?ランチの量としては?と母上が言ったら「色々食べないと!楽しくないじゃない?」とメキシコ人。「日本もご飯のときにメイン以外に野菜のお皿とかたくさん並ぶんでしょ?」とペルー人。うむ、間違ってない。君たち、言ってる事は正しいけれど、量が間違ってるんだよ!…とはさすがに言えなかった母上。

しかしこのチキンが美味しかった。
しっかりスパイシーで。
食べきれない分は持ち帰りにしてもらいました。

って、チョットマテ!

まだ、喰うか!!
Fina Estampa@San Francisco 14
「このフラン美味しいわねー」「家で作るのと違うわねー」「どうしたらいいのかしら」「ミルクが違うんじゃない?」とか言ってるのは可愛いけれど…なんでしょう、この、食べる量の違い。段違い平行棒です。

お会計をして、昼なのにチップコミ一人40ドルて(笑)。明らかに、頼みすぎ&食べすぎ&飲みすぎですから!でもまぁ、楽しかったから良かったとしましょう。それに、ランチプレートは10ドル前後であります。あれ、とてもコストパフォーマンス良さそうでした!

帰りは、Civic Centerではなく、Powell駅までノンビリ20分ぐらいの散歩。パンッパンだったお腹がこなれたところでBARTに乗ってまた戻ったのでございました。Aさんと母上は子どものピックアップがあるからね。あっという間の3時間半。また、こういう機会を持ちたいものです。


おまけ。
レジのところで売ってたペルーのお菓子。
Fina Estampa@San Francisco 11
って、ドラゴンボールZですよ!
「このキャラクター、日本語でなんて呼ぶの?」って
聞いてどうするんですか、Aさん…。

裏を返すと、やっぱりペルー製だけど
Fina Estampa@San Francisco 10
日本のアニメはホントに人気があるんですね。
そりゃ、ペルー人が日本語でキャンディ・キャンディを歌えるわけです。

中には、得体の知れない何かが入ってました。
ペルーのドラゴンボールZお菓子juguete
このキャラクターは何て言うのかしら。
お菓子の味は、準チョコレート駄菓子そのものです。
幼少に覚えのあるような、何となく不思議なお菓子でした。

madoatberkeley at 00:09|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

June 06, 2009

アジア美術館 Asian Art Museum(つづき)

昨日のアジア美術館@サンフランシスコ記事の続きでございます。

【アジア美術館 Asian Art Museum @ San Francisco】
HP :http://www.asianart.org/index.html
住所:200Larkin St. San Francisco

中央アジアやチベットの収蔵品を見終え中国の収蔵品を見て回りだした頃に、お年を召した美術館員さんが母上に近づき、お話をし始めました。「日本のどこから来たのですか?(最初から日本人とバレバレ)」「中国の工芸品の何がアナタの興味をひきましたか?(中国工芸品好きとバレバレ)」「良かったら写真を撮ってあげましょう」…と言うわけで、工芸品と一緒に写真を撮ってもらったり。

清時代の象牙細工「joyful Life Of Fisherman」
1800-1900
Asian Art Museum San Francisco 3  18

「この時代は漁師の生活も平和だったでしょうね」
Asian Art Museum San Francisco 3  17
「今の中国の水質汚染はひどいと聞きます」
ってそんな解説されましても。

中国煙壷コレクション
Asian Art Museum San Francisco 3  16
大変美しかったので母上が丹念に見ていたら、「下のショップで模造品も買えますが、これには到底及びませんね…」って。勧めてるのか、それとも勧めてないのか、どっち!?

ここの前でも写真を撮ってもらいました。
Asian Art Museum San Francisco 3  15
母上が冗談で「アナタの写真も撮りましょうか」と聞いたら、「僕が日本へ行った時に是非に」と笑顔でかわされました。これは…サボってるのか、それともサボってないのか、どっち!?

朝鮮白磁コレクション
Asian Art Museum San Francisco 3  14
この美術館には某韓国の最大財閥Sの名前を冠したホールがあるのですが、収蔵品は近現代のものが多かった。「もう少し、いいものが集まるといいのですが」

日本の収蔵品
埴輪「武人」古墳時代300-552
Asian Art Museum San Francisco 3  13
すごい!こんな古いものがここに!と感動していたら、「日本から調査団が来て、日本にないものがこの美術館のベースメントで発見された事もありますよ」と事も無げに言われました。

鎌倉時代の仏像1300-1333
Asian Art Museum San Francisco 3  11

本当に何でもアリの収蔵振り。
Asian Art Museum San Francisco 3  12

仏像でも兜刀鎧でも何でもござれ。
Asian Art Museum San Francisco 3  10
奥に映っている輿は、他の文化文明だとインドのものぐらいしか収蔵されてませんでしたけども、やっぱり「美術的」なものを収集する人と言うのが常にどの時代にも居るからこうやって残る訳で、綺麗なものは善だわ!とかマド思ったり。

「今月6月12日から、“SAMURAI”と銘打って日本の古くからある武家細川家の秘蔵品を公開するエキシビジョンをやりますから、是非また来てください。」と仰るおじいちゃま美術館員。
Asian Art Museum San Francisco 3  7

“SAMURAI”人気ありますもんねー。
Asian Art Museum San Francisco 3  6
Ninjyaも人気があると思うけど。

根付コレクション
Asian Art Museum San Francisco 3  9
ロンドンの大英博物館にも相当数収蔵されていた記憶が。

印籠と一緒に
Asian Art Museum San Francisco 3  8
右上の根付に、デジカメの顔認識システムが反応しちゃって
上手くピントが合わないったら!

日本地図の大皿
Asian Art Museum San Francisco 3  5
当時のお土産品っぽいですわね…(笑)。

初代田邊竹雲斎1877‐1937
「柳里恭吊花藍」
Asian Art Museum San Francisco 3  4
まさかの竹工芸がここに!ステキな花器です。

棟方志功、柳仰板画「普賢」
1951
Asian Art Museum San Francisco 3  3
棟方先生の版画はUC Berkeleyの美術館も所蔵あり。

その隣は

平塚運一「斑鳩寺初秋」
1942
Asian Art Museum San Francisco 3  2
棟方先生を版画に転じさせた日本版画界を代表する人。
知らなきゃこの配置はない訳で。ちゃんとしてるのね。

屏風もたくさんありました。
伝雪舟筆
Asian Art Museum San Francisco 3  1

雪舟…か?
Asian Art Museum San Francisco 3  20

こうした美術品を見て回りながら、美術館員さんと色んな話をしたのは本当にとても良い時間だったようです。「あなたの国が、SAMURAIの国なら、私の祖国はドラキュラの国です」って、ルーマニア出身!?「そうです、30年前に移民してきました」とか、「今度のSAMURAIのエキシビジョンでは、武士がただ戦争をするだけではなく、文化や教育の継承者であり、求道者であり、そういった違う面をも含めて、より理解を深められるものにする事になっています」とか。…彼に時間があったのか、母上が挙動不審だったからマークされたのかは最後まで不明でしたが。

最後に美術館のSHOPへ。
来週12日からのSAMURAI展に合わせて、色々入れ替えしてらっしゃいました。兜や刀の模造品、能面や日本式の茶器なども販売するようです。そして、母上が思わず凝視してしまったのが、フィギュア!

新撰組の主な人物が…
Asian Art Museum SAMURAI San Francisco 1
5センチ掛ける5センチぐらいの大きさ。
1体15ドルです。

他にも、源平合戦モノや那須与一とか、戦国時代の武将たちとかかなり精巧かつエピソードに基づいたマニアなものが多数。それを全部知り尽くしている人が居るとも思えないけれど《私も含め》、見た目がカッコイイので意外と売れたり…して?“SAMURAI"エキシビジョンも行ってみたいな、と思います。6月12日から9月20日まで。

美術館員さんも優しく親切だったし、
かなり満足のアジア美術館なのでございます!
Asian Art Museum @ San Francisco 19
《あとは焼きうどんさえ焼いてくれたなら!》

madoatberkeley at 00:02|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

June 05, 2009

アジア美術館 Asian Art Museum @ San Francisco

これまでにお出かけした美術館は、
デ・ヤング美術館@サンフランシスコ
リージョン・オブ・オーナー美術館@サンフランシスコ
SF MOMAとユダヤ美術館@サンフランシスコ
UC Berkeley Art Museum@UC Berkeley
ゲティセンター@ロサンゼルス

といったところですけども、まだまだ行った事がない美術館や博物館がたくさんありますの。あぁ、時間が欲しいー。で、母上がようやく行けた、アジア美術館のお話をUPしておきたいと思います。

【アジア美術館 Asian Art Museum @ San Francisco】
HP :http://www.asianart.org/index.html
住所:200Larkin St. San Francisco


大きな地図で見る

昨日の「カフェ・アジア」の記事にも書きましたけれど、現在、無料日は毎月最初の日曜日となっておりますでございます《今後変更もありえますので必ずHPなどチェックしてくださいませ》。

Asian Art Museum @ San Francisco 18

入り口で、セキュリティの方にカバンの中を見られます。「携帯は音が鳴らないように切って、カメラはフラッシュを焚かなければ撮影OK」といわれます。チケットを買ったら、シール式になっているので分かりやすい位置に貼りましょう。

そして、3階から見るのが順路のようです。
South Asia, Eastern India, Central and Western India, Southern India, The Sikh Kingdoms, The Persian World and West Asia, The Himalayas and the Tibetan Buddist World, China...と、見どころ満載です。

The Bodhisatta Mitera, 100-300
Pakistan
Asian Art Museum @ San Francisco 16

なんだか気分が落ち着いちゃう母上
Asian Art Museum @ San Francisco 15

The Buddha Triumphing over Mara,900-1000
India
Asian Art Museum @ San Francisco 14

The Hindu deity Vishnu in the form of a boar
approx.1000 India
Asian Art Museum @ San Francisco 13

後姿を拝見できるのも美術館ならでは。
Asian Art Museum @ San Francisco 12

Dagger and sheah 1675-1720
India
Asian Art Museum @ San Francisco 11

standing BUDDAH 750-850
Thailand
Asian Art Museum @ San Francisco 10
「そなたが探しているのはこの銀の斧か、それとも金の斧か、それとも…」に見えてしまうんだけど、気のせいですね、そうですね。すみません。

素晴らしいペルジャン陶器たち。
Asian Art Museum @ San Francisco 9

あっ、ここに日出処の天子さまが!
Asian Art Museum @ San Francisco 8
山岸涼子先生がこんな所でお仕事をされてるとは…(違う!

ブロンズ…何かを語りかけてくる。
Asian Art Museum @ San Francisco 7

宝飾もいろいろあって、お目目キラキラ。
Asian Art Museum @ San Francisco 6

The HINDU Deities Shiva and Parvati 1000-1100
Cambodia former Kingdom of Angkor
Asian Art Museum @ San Francisco 5
なんだか親しみのある感じ、と思ったらアンコール王朝の。
アンコールワットに行った事がある方なら、分かってくださる。

Planquin Fittings 1200-1250
Cambodia
Asian Art Museum @ San Francisco 4
ハンモック吊るすのにこんな優雅な金具。
ステキです。

この腰巻模様まで素晴らしい彫刻でした
Asian Art Museum @ San Francisco 3

タイで見た巨大涅槃像を思い出します
Asian Art Museum @ San Francisco 2

アユタヤ王朝時代の仏陀頭部1350-1400
Thailand
Asian Art Museum @ San Francisco 1

スコタイ王朝時代の仏陀頭部
Asian Art Museum @ San Francisco 20
同じような時代でも少しずつ違うカルチャー。

武器類はどの時代にもある
Asian Art Museum@San Francisco 2  19

この頭部飾りの絢爛なこと!
Asian Art Museum@San Francisco 2  18
動物が神様に近いってアジアの共通認識?

throne and buddah1850-1900
Burma
Asian Art Museum@San Francisco 2  17

地域によって本当にお顔が違う
Asian Art Museum@San Francisco 2  16
お雛様もそうですけれど。

The Buddhist diety Dimhavaktra Dakini
1736-1795 China
Asian Art Museum@San Francisco 2  15
見よ、この絶妙のバランス!
背中は穴があいてるんですけどもね…。

The Buddhist Deity Guhyasamaja(Sandui)
明朝 China
Sparshavajra being embaraced by Guhyasamaja
Asian Art Museum@San Francisco 2  14

角度を変えると。
Asian Art Museum@San Francisco 2  13
神様が神様をおひざに抱っこしています…。

一神教の人からすれば受け入れ難いであろう
Asian Art Museum@San Francisco 2  12
でも八百万の日本には負けてるな、フッ…

チベット仏教の曼荼羅
1700-1800
Tibet
Asian Art Museum@San Francisco 2  11
曼荼羅は他にもあって、どれもとても綺麗だった。
これまで保存されてきた事に感謝。

中国の翡翠コレクション
Asian Art Museum@San Francisco 2  10
中国人の翡翠好きはすごいですよー。
確かに美しいですしね。

小学生の一人が熱心にこの模様と形を書き取ってたけど
Asian Art Museum@San Francisco 2  9
ノートに残るその姿は異様なクリーチャーに成り果ててた。
さすがにちょっと…でも突っ込めなかった。

唐三彩「Pair Of Tomb Guardians」
Asian Art Museum@San Francisco 2  8
大きかった!
上海博物館にもこのサイズはほとんどなかったかも。

そして一番見てみたかった、中国最古の仏像
338年に作られたものなのだそう。
Asian Art Museum@San Francisco 2  7

角度を変えると
Asian Art Museum@San Francisco 2  6
なんだか寂しげなお姿です…。

「Buddhist Sites in Asia」という地図がありました。
Asian Art Museum@San Francisco 2  5

日本は、京都、奈良、長野がポイントだそうです。
Asian Art Museum@San Francisco 2  4
長野は、殊に善光寺…?

清朝「The First Seven Steps of the BUDDAH-to-be」
Asian Art Museum@San Francisco 2  3
どうみても金太郎ちゃんです。

母上の好きな柄。
清時代の八桃五蝠(八仙五福)皿 1736-1795
Asian Art Museum@San Francisco 2  2
この手の柄が気に入って小さな茶器買い込んだよね。
東京においてきましたけれども…。
Asian Art Museum San Francisco 3  19


清朝の女性の刺繍服
Asian Art Museum@San Francisco 2  1

刺繍、本当に綺麗だったー。
Asian Art Museum@San Francisco 2  20
いまや機械で刺繍ですけれど、この工芸の素晴らしさを
失ってはいけないと思うんですのよ…。

無料日ではなかったこの日、小学生が集団で見学に来ていた以外はほとんど見学者が居らず。3階から順にゆっくり見て回っていると何度も美術館員さんに会うので、挙動不審になる母上。何も悪い事してないよ!してないってば!笑顔でハーイ!とご挨拶するものの、目が泳いでしまう。

何度か繰り返し、丁度この中国コレクションのあたりから、何人か会った美術館員さんのなかで最年長のおじ様が(ヒマだったのか?)ずっとついて来てお話してくださったんですって。よっぽど熱心な美術ファンと思われたのか…不審者と思われたのか…。

長くなりすぎたので、続きは明日!

madoatberkeley at 01:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 04, 2009

Cafe Asia@Asian Art Museum San Francisco

昨日の母上。朝、マドを幼稚園に送り届けた後、BARTで独りサンフランシスコに向かいます。「毎月最初の火曜日は美術館はタダよねー」とか言いながら、シビックセンター駅で降り、徒歩3分のアジア美術館 Asian Art Museumへ。

【アジア美術館 Asian Art Museum @ San Francisco】
HP :http://www.asianart.org/index.html
住所:200Larkin St. San Francisco


大きな地図で見る

そしたら、無料じゃなかった!
アジア美術館の無料日はとっくの昔に変更になっていて、今は小売店のTargetの協賛で、毎月最初の日曜日なのだそうです!(今後変更もありえますので、HPなどでチェックを!)まったく、チェックせずにとっとと出かけちゃう母上ってば…。

というのはさておき。館内ではたくさんの仏像やら銅像やら屏風やら曼荼羅やらを見て周り、たくさん写真も撮って…撮りすぎてて、整理がつかないので…今日はランチのことだけ記しておこうと思いますの。

【Cafe Asia】
アジア美術館の1階右奥にひっそり位置しています。
メニューはこんな感じで。
Cafe Asia
ランチメニューをオーダーできるのは11時半から。
(それまでは、飲み物とサンドイッチ類のみ販売)

「焼きうどん」があります!焼きうどん!!
yakiudon
喜び勇んで、5分待って頼んだ母上。

そのー、作る過程がアレでして。
ここのキッチンは丸見えなんですけどもね、メキシコ人の気のいいおっちゃんが早茹でうどんを茹で、そこに醤油とか塩とか何か得体の知れない調味料とか振りかけて混ぜ、上から炒めた野菜をガツーンと乗せて出来上がり。うっ…、焼いてないやん!

ラムネもあったから買ってみました。
yakiudonandramune
学食みたいに、オーダーしてその場でお金を払って、
自分で席に持っていってすきに座って食べるスタイル。

雰囲気はなかなかで
cafeasia2

飲み物もこんな感じで(水がFree)
cafeasia3

何とか全部母上は食べたのでした。
yakiudon2
ボリュームあるけど…よく混ぜれば、何とかイケる。

テーブルの上に、醤油とか塩とか置いてあり、
他のメニューもアジアっぽいものがありました。
とフォローすれども…焼きうどんは焼いてないのですけども。
許容範囲が広がってる母上的にはOKだったそうです…。

ちなみに、アジア美術館のお向かいは、市庁舎 City Hallでなかなか荘厳な感じ。昨日の朝はBerkeley近辺も霧が出てて、更にサンフランシスコは風も強くて、とても寒かったんですって。
civiccernter
このはす向かいはオペラハウスで、サンフランシスコ講和条約調印したところ。さらにその隣の退役軍人ビルは1945年各国代表が集まって国連憲章にサインしたところ。なんだそうです。なかなか雰囲気あるんです。(でも治安があまり良くなくて、浮浪者とかたくさん歩いてるのが困りものですが…)

母上がアジア美術に浸り、焼いてない焼きうどんでお腹パンパンになって出てきたら、お天気になっていい感じになってたんですって。
civiccenter2
そしてBerkeleyに戻ったら…暑いやん!!
いやー、本当に天気の変わりやすい地域です。
お出かけの際は、脱ぎ着できる格好で!

あぁもう!いつも通りにマトマリマセンけども!
美術館についてはまた改めて。

madoatberkeley at 00:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 26, 2009

【公園】Portsmouth Square@SFチャイナタウン

アメリカは、メモリアル・デーで月曜日は(大抵)お休みとなるこの3連休。皆様いかがお過ごしでしょうか。マド家は金曜日にBBQして、土曜日は母上のお友達、ラスベガスにお住まいのしゃんりーさんご一家と一緒に観光などしてましたの。

前日にすでにポイントを押さえた観光をされていたので、マドたちはBerkeleyへ遊びに来ていただき、大学を案内。4thストリートでランチをして、ジャパンタウンへ。紀伊国屋で子どもの本を大人買いしたりしてから、チャイナタウンへ。途中、カーナビどおりに動いたらケーブルカーの真横を運転する事になったりしてなかなかスリリングでした。

そしてたどり着いたのが。
【Portsmouth Square@Chinatown San Francisco】
住所:住所:700 Clay Street San Francisco

大きな地図で見る
この広場の地下は、立体駐車場になってますの。

そして、広場は、まさに中華人民憩いの場。
Portsmouth Square@chinatown San Francisco 4
え?普通の公園じゃないかって??

周りの建物はすべて中華風です。
Portsmouth Square@chinatown San Francisco 3
中華料理屋、おみやげ物屋、なんだかよくわからない屋。

遊び場も2つあるのだけどこれがまた
Portsmouth Square@chinatown San Francisco 2
中華なの。え?よくわからない??

これでどうでしょう。
2009 19108
このセンスが中華です。

マドたち、公園を好き放題に駆け回って遊びました。朝は太極拳、昼は暇そうな中華老人たちが中国将棋をしていたり、子どもたちが遊んでいたりするの。まったく「かりふぉーるにぁ」な雰囲気ではないのが凄いです。上海を彷彿とさせます。鳩が多くて糞が至る所にあるのが困りものですけれど、観光の途中、子どもを思い切り遊ばせてご飯を食べに行くには丁度いいかな。

もちろん、マドたちも夜ご飯は、この公園(駐車場)からすぐの中華料理店「明珠酒楼 Oriental Pearl」へ行きました。今までに何度行ったかしら。気に入ると何度も同じ店に行ってしまって、全然新規開拓をしないマド家なのです…。

最初に頼んだ揚げ物盛り合わせ。
この、左端の丸いヤツ!これが美味しい!
明珠酒楼 Oriental Pearl@chinatown San Francisco 1
(この鳥は食べられません)
でも、今ではすっかり裏メニューも頼めるようになり、
なんだか居心地もいいしつい行ってしまう…。
このお店は土日祝日夜は来店客のアジア人率が低いです。
どこかで紹介でもされてるんだろうか。

しゃんりーさんご一家様、お目にかかれて嬉しかったです!
また、マド家がアメリカに居るうちに遊びましょ!!

madoatberkeley at 02:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 23, 2009

【公園】BBQ@Fort Point (Golden Gate National Recreation Area)

今日は、父上が去年UC Davisのサマースクールでご一緒させていただいた、他の大学のLL.M.へ行かれた方とそのご家族と一緒に、朝からBBQをしに、Fort Pointへ行ってきました。

【Fort Point】
HP:http://www.nps.gov/fopo/
住所:Marine Dr, San Francisco CA

大きな地図で見る

4月に来たときはとってもいい天気だったのだけど、今日は朝から結構な霧。サンフランシスコは本当に霧の街ですわね。午後遅くには晴れる事が多いとは言え、やっぱりちょっと寒かった。
BBQ@FortPoint San Francisco 5
桟橋では釣り人が寒そうに糸を垂れ。

マドたちは、じゅーじゅー。
BBQ@FortPoint San Francisco 1
こちらに来て、すっかりBBQが楽しくなりました。
特にこの公園は、BBQする場所から綺麗にゴールデンゲートブリッジが見えるし、ビーチもすぐ目の前だし、駐車場もトイレもそれなりに整備されてるし、使いやすいよね。

海面から橋まで、約60メートルあるそうですが、
今日の橋の上は相当寒そう!
BBQ@FortPoint San Francisco 4
それでも公園のビーチでは子連れのママたちが思い思いに、子を遊ばせ、自分もビーチに寝そべったり、ヨガをやっていたり、犬連れで散歩をしている人もたくさん、ジョギングする人、サイクリングの観光客…人は常に絶えません。

ボールを海に投げ込む飼い主、
喜んで海に突進して、泳いでとりに行く犬
BBQ@FortPoint San Francisco 2
アナタ、寒くないの?
と思ったら、海から上がってきたら、周りの人にお構いナシに
思いっきり身震いしてましたけど。ひぃ。

人間が残した食べ物を狙うカモメ。
BBQ@FortPoint San Francisco 3
人馴れしていて、すぐ近くまで来るからちょっと怖い。
大きいんだものー。

こちらの児童公園で、砂場があるところは少ないので
砂遊びが出来る貴重な機会。
2009 033
マド、お友達とフルに楽しみましてよ!!

寒かったので早めに切り上げた所、帰りに晴れてきたのはちょっと悔しかったけれど。でもとっても楽しかった一日でした。

madoatberkeley at 13:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 17, 2009

桜祭り@SFジャパンタウン

日曜日、お勉強でお部屋に閉じこもる父上を放り出して、マドたちがお出かけしたのは、サンフランシスコのジャパンタウンでした。何故って「桜祭り」というお祭りが開催されていたから!

BARTのMontgomery駅で下車、muniバスの2番に乗ろうとするも目前で発車されてしまい、誰も居ない通りでバスを待つのはイヤだと言う事でタクシー捕まえて行きましたの《チップ含まないメーター価格で7ドル50セントぐらいでした》。何故アレほど人が居なかったのかと言うと…イースターだったから!みんな今頃アメリカンスイーツな卵お菓子食べてるのかしらねぇ…と母上。(参考記事:「★アメリカン・スイーツ21 (パステル復活祭) / February 23, 2009」をご覧ください)

さて、到着したジャパンタウンでは、
沢山のお客さんがやってきていました。
桜祭り@サンフランシスコジャパンタウン2009 7
お天気だったしね!

さっそく美人コンテストみたいなのを見て
桜祭り@サンフランシスコジャパンタウン2009 9
《純日本人に限らぬ人選の模様でした》

母上の陰謀により「なんちゃって日本食っぽいけど
アジア食」という脅威のお店で軽く昼ご飯を食べ
桜祭り@サンフランシスコジャパンタウン2009 12

得体の知れないスープです…
桜祭り@サンフランシスコジャパンタウン2009 11

チキンカツがご飯の上に載っているだけです…
桜祭り@サンフランシスコジャパンタウン2009 10
こんなものを食べさせられ、さすがに呆然自失のうーたん。
「ごめんねー」と言いながら謝る雰囲気がない母上が
次に向かったのは

刺繍の実演コーナーとか
桜祭り@サンフランシスコジャパンタウン2009 8

出店ブラブラとか
桜祭り@サンフランシスコジャパンタウン2009 6
その間に、金髪のアメリカ人なお姉さんが自作であろうと思われる若干変てこなKIMONOを着て、御箸で髪を結っているのに遭遇したり、控えめなゴスロリ風味の服装で闊歩する台湾人の女子2名組みを見たり、紀伊国屋や漫画&フィギュアショップで両手いっぱいの買い物をしてホクホク顔でいそいそと歩いているOTAKU風のアメリカン若者を見たり…。人物ウォッチングもなかなか楽しかったですの。

その後も
桜祭り@サンフランシスコジャパンタウン2009 5
サンフランシスコ市警の出店で、ルーレットして
シールやらペン貰ったり

HepBの予防接種をしよう!という出店で
桜祭り@サンフランシスコジャパンタウン2009 4
メディカルスクールの学生であると言う人と話しをして
車に貼るステッカーを貰ったりして
結構満喫。

最後に勇壮な和太鼓の演奏を聞きましたの。
桜祭り@サンフランシスコジャパンタウン2009 3
掲げられる旗は、米国旗、日本国旗、そして
サンフランシスコ市の旗。

太鼓実演が沢山の各国からの観光客に拍手喝采を浴びているのを見て嬉しい気持ちでジャパンタウンを後にしました。帰りはmuniバスに乗れてよかった…。まっすぐ家に帰ってバタンキューだったのでした《お祭り子連れはなかなかハードです…来週末にはパレードもあるそうで、とてもみたいけれどパスだな…》。

madoatberkeley at 00:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 15, 2009

サンフランシスコぶらぶら食べたもの記

母上の妹うーたんが遊びに来ている間、色々
食べに行きましたの。今日は、その記録です。

●美術館を2つはしごした日。疲れてはいるし、おなかはすいたけど、マドのお迎えに急いで戻らなくっちゃいけない。雨の中の移動だったから、暖かいものが食べたい…と言うわけで向かったのが、いつものWestfield地下のフードコートにある

【OUT THE DOOR】
ここは、店内でも食べられるし、ToGoにもできるし。
outthedoor
フォーが意外に美味しいんですの。
各10ドルぐらい。
エンバーカデロのフェリービルディングにもあります。


●うーたん嬢がアルカトラズ島行きのクルーズから帰ってきた時。開口一番「何か…すごく鬱々としてるから…どこかで一休みしたい…」。そりゃそうです、あのアルカトラズ(参考記事「アルカトラズ刑務所 / August 11, 2008」をご覧ください)に行ってきたのですもの。

が、その帰りを待っていた母上はその間、Market Streetに面したVirginの閉店セール(全品40%オフ)に狂喜乱舞してウッキウキで色々漁っていた、そのテンションですから…。二人の気分の落としどころって…。
virgin
《セール終了日不明。善は急げでございます!》

という訳で、行ったのが
【フェリービルディング内のシーフード店】
フェリービルディング@San Francisco 13
エンバーカデロのフェリービルディング内には、本当に色んなお店が入っていてとってもステキなんです。どんな気分で行っても、いい感じ!そこで一通りウインドウショッピングの後に、軽くお茶…とも思ったけど、やっぱり、ここは港町らしいものを食べることにしましょうと食べたのがこちら。

フィッシュアンドチップス10ドル弱?
フェリービルディング内フィッシュ&チップス@San Francisco 12
衣がサクッとしてて食べやすい。レモンとチリトマトソースとトマトケチャップとタルタルソースをつけてくれました。

クラムチャウダーMサイズ6ドルぐらい?
フェリービルディング内クラムチャウダー@San Francisco 11
クラッカーとパン、どちらもなかなかGood.
To Goにして港を見ながら、ベンチに座り、潮風にあたりながらノンビリ食べたおかげで、うーたんのアルカトラズ帰り雰囲気は消えて、穏やか気分になれたんですって。お味も良かったし、お勧めです。


●厳密にはサンフランシスコではなく、Berkeleyの4thストリートにあるお店で。4thストリートでブラブラお買い物をして疲れたのでお茶をしただけなんですけども、お店の写真を記録にUPしておきたいと思いますの。

【Peet's Coffee】
Peet'sといえば、スタバとの因縁。なんともドラマチカルでございますわね。スターバックスさんは高級イメージを払拭したいみたいですけど(不況で「高級品のコーヒーを外で飲むのを控える層」がいるからとか?)、そもそも地域密着のPeet'sはどうなのかしら。
Peet's Coffee@Berkeley
あと、ここんちのTeaは未だに飲んだことがないんだけど
どうなのかなぁー。


●そして、前回、母上のもう一人の妹きんぎょ嬢が遊びに来た時にも行ったお店、サンフランシスコらしい、ダンジネスクラブ(蟹)を食べさせてくれるお店と言えば、ここ。(参考記事:「シーフード:CRUSTACEAN@San Franciscoと、ケーブルカー / December 02, 2008」をご参照ください)

【CRUSTACEAN】
Civic Center駅から、muniバスの19番に乗り、Pork通りとCalifornia通りのクロスする所で降りればすぐです。(または、エンバーカデロから、ケーブルカーのCalifornia線に乗り終点まで行っちまえばすぐ)

前菜たちもシーフードてんこ盛り。
このイカフライ!胡椒がスパイシー。
CRUSTACEAN@San Francisco 9
サクッと食べてしまえますの。マド、大好き。

マヨネーズ和えもなかなか。
CRUSTACEAN@San Francisco 3
海老にムール貝に野菜に…

揚げ春巻きはベトナムの味。
CRUSTACEAN@San Francisco 2
いや、アメリカンに改良はされてますけど。

そして、ヤツが来る!
CRUSTACEAN@San Francisco 8
手がベタベタになりますけど、ワシワシ食べて、
ガーリックヌードルも一緒に食べて、おなかいっぱい!
いつもデザートなんてとても頼めない・・・。


●そして、うーたんが帰る前日、最後のお買い物ラストスパートに全力でサンフランシスコのパウエル駅近辺をウロウロした時、疲れ果てて、もう時間もなく、とりあえずで行ったのが…またもやウエストフィールドの地下のフードコートでした。で、デリで買ってガツンと食べた食事。

ビーフステーキ照り焼き丼。7ドル弱。
ビーフステーキ丼@サンフランシスコ・ウエストフィールド地下2
ビーフが思った以上に厚切りで美味しかった。

シカゴピッツァ、4分の1切り?6ドル弱
シカゴピザ@サンフランシスコ・ウエストフィールド地下
うーたん食べきれず、ギブアップ…そりゃそうだ。

そして、ビアードパパのシュークリームと
ビアードパパ@サンフランシスコ・ウエストフィールド地下3
ビアードパパのチーズケーキ!
《どちらも、疲れた二人を癒してくれました…》

うーん、母上ったら食べすぎ!
横幅注意!!

《いやいや、健康の為に家で食べた回数の方が
 多いですから!さすがに、うーたんを道連れに
 体重倍増する訳には行かないわ!!》

madoatberkeley at 00:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 14, 2009

デ・ヤング美術館@サンフランシスコ

リジョン・オブ・オーナー美術館をザクザクッと見た後は、
デ・ヤング美術館へ。第一火曜日は無料の日!
《そうでなくとも、片方に行けば、もう片方は無料らしい…》

【De Young Musium】
HP :http://www.famsf.org/deyoung/
住所:50 Hagiwara Tea Garden Drive San Francisco

公共交通機関での行き方;
●Powell隣駅のCivic Center近くのMarket Streetから出発するmuniバスの5番でひたすらずんどこ30分ぐらいで到着します。muniとケーブルカーの乗り放題パスポートを買っておけば、muniメトロ(路上電車)のFラインで簡単にパウエルからも移動できますの。

リージョン・オブ・オーナー美術館からの公共交通機関での行き方は、muniバスに乗って移動です。18番で33rd通りに出て、1番に乗り換え、California通りと6th通りが交差する所で降りて44番に乗り換える。と、デ・ヤングのまん前までスルーっと到着。大体30分ぐらいかなー。
De Young Museum 14
こんな道のなかを通って行きます。
De Young Museum 13

こちらは、リージョン・オブ・オーナーとはまた趣のまったく違う美術館です。SF MOMAに近いのかな、特別展はアンディ・ウォーホールだったり、次はイヴ・サンローランだったりするみたいです《けど無料分しか今回は見てません》。

外観
De Young Museum 15

中庭
De Young Museum 7

す、炭が沢山つるされてる…現代美術。
De Young Museum 12

本当にアートな雰囲気ぷんぷん
De Young Museum 1

スーパーマン…哀愁が漂ってます
De Young Museum 11

ガムボールマシンの絵
De Young Museum 10

玉石混交風味。
De Young Museum 4

マドさんに似てる…と母上が思った絵
De Young Museum 6

これでも100年近く前の絵?
De Young Museum 5

日本人画家「小圃 千浦(Chiura Obata) 」さんの
De Young Museum 9

使っておられた道具も展示されていました
De Young Museum 8

アフリカの芸術
De Young Museum 2

太平洋の芸術
De Young Museum 3

母上、ここでも大興奮で色々見て回り、とっても満喫。
帰りはmuniバスの5番でCivic Center駅まで戻って、そこからmuniメトロのFラインに乗り、Westfieldの地下で一休みしてから、BARTにて帰宅。イヤハヤ、一日で2つの大きな美術館を回った(しかもかなり雨が降っていた中)のは、ちょっと無謀でしたけど、交通費と食費少々(食事を相当おろそかにしてしまいました)で済んだのは良かったわん!

madoatberkeley at 00:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 13, 2009

リージョン・オブ・オーナー美術館@サンフランシスコ

毎月第1火曜日は、美術館無料の日!

と言うわけで、4月はリジョン・オブ・オーナー美術館 Palace of the Legion of Honorと、デ・ヤング美術館 De Young Museumを駆け足で両方回ってみましたの!…といっても、マドはプリスクールで、母上と母上妹のうーたんが、ですけども。

【Palace of Legion of Honor】
HP :http://www.famsf.org/legion/index.asp
住所:100 Legion of Honor Dr, San Francisco

公共交通機関での行きかた;
母上たちは、BARTでPowell駅まで出て、そこから少し歩き、ユニオンスクエアの近くのSutter通りとStockton通りがクロスするところのバス停からmuniバスの2番にてずんどこずんどこ《Montgomery駅で降りて、始発のMarket通りから乗ってもいいと思います》。33th通りまで来たら、そこでmuniバスの18番に乗り換え、大体50分近くかかって到着でした。

こんな綺麗な高台の上に
リジョン・オブ・オーナー美術館@サンフランシスコ 12

雨降る中、えっちらおっちらバスでたどり着いたその先には、ステキな建物が。入り口にいきなり野ざらしのロダンの考えてる人が鎮座ましまし。
リジョン・オブ・オーナー美術館@サンフランシスコ 11

中に入ると当然混み合ってますが(無料Dayですから)、意に介さずぐいぐい見て回ったんですって。ぐいぐい見すぎて、気に入った絵の画家名や題名を控えてくるのを見事に忘れた母上。ほんの一部を載せます。まったく参考にならないけれど、お許しくださいまし。

ロダンまみれ。
リジョン・オブ・オーナー美術館@サンフランシスコ 7

ロダンロダン。
リジョン・オブ・オーナー美術館@サンフランシスコ 8


宗教画も沢山。
リジョン・オブ・オーナー美術館@サンフランシスコ 10

「聖☆お兄さん」愛読者の母上はどうしても
リジョン・オブ・オーナー美術館@サンフランシスコ 9
仏陀を探しちゃったりなんかして。
《一部の人にしかわからないことを書かない!》

ロシアの結婚式の絵とか
リジョン・オブ・オーナー美術館@サンフランシスコ 6

荒ぶる海の絵とか
リジョン・オブ・オーナー美術館@サンフランシスコ 5

喫茶店チェーンの人の絵とか
リジョン・オブ・オーナー美術館@サンフランシスコ 4
《こら!ルノアールさんとお呼び!》

目を凝らせば仏陀がいる…?かもの絵とか
リジョン・オブ・オーナー美術館@サンフランシスコ 3
《モネ睡蓮ですから!蓮華じゃないから!》

あ、居た!…て、アナタ誰ですか?
リジョン・オブ・オーナー美術館@サンフランシスコ 2
《陶磁器もなかなか揃ってて素敵でしたの》

色んなコレクションが揃ってました。
リジョン・オブ・オーナー美術館@サンフランシスコ 1
《寄贈した人の名前がちゃんとついてるのよね》

あぁ、これが無料なんて!
本当に嬉しいったら!母上大興奮。でも、ぐるーっと見て回ったのはたった1時間足らず。なぜそんなにぐいぐい見て回ったかって?次の美術館へ行くつもりだったからです。VIVA美術館はしご!

続きは、明日!

madoatberkeley at 00:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
窓 profile

マド@Berkeley

こんにちは、マドです。
2005年10月生まれ。
今度はUSA上陸です。

窓とあわせて
あわせて読みたいブログパーツ