2017年09月07日

更新予定など(2017/9/6書き込み)

【お知らせなど】
 2〜3日に1回程度更新しています。。

《今後の更新予定記事》
 信州DC関連ほか。

《最近更新した内容》
 小湊鉄道 夜桜トロッコ

 JR東海 飯田線秘境駅号
 JR東海 飯田線80周年秘境駅号
 JR東海 飯田線リレー号
 JR東海 飯田線80周年アルプス号
 JR東海 木曽あずさ号

 道の駅 こぶちさわ
 ジェイアール東日本レンタリース 上諏訪営業所
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
※このブログは路線毎のコレクションの整理、(私自身に必要があれば)収集経緯の記録を目的としており、1路線1記事(乗り入れ関連等については路線とは別の単独記事。また、リバイバル列車で過去に他社線に乗り入れていたもの等についても単独記事にする場合がございます)にしているため、新たにその路線のネタを仕入れた(または整理が出来てきた)ら書き足す様にしています。1つの記事に切符、駅弁、グッズ、写真などがごちゃごちゃに混在していますが、極力見やすい様に改善していくつもりではあります。

※基本的に管理人の鉄道趣味の嗜好が一セク、三セク、元国鉄であるJRなど国都道府県市町村関連の鉄道、それらと相互乗り入れ・片乗り入れ運転している列車で、それらが中心の内容になっています。民営鉄道でも鉄道公団P線(例・京王相模原線の一部)、元県営(例・東武野田線の一部)、上下分離方式で所有が一セク(南海和歌山港線の一部)、三セク(例・東急こどもの国線、大井川鐵道井川線)、元三セク(例・秩父鉄道パレオエクスプレス)、国(京急空港線の一部)であるものが中心で、それら以外はさらっとした記事になっていると思います。

※上記の理由などから同一路線でも記事を細分化している路線もあります。
 (例、秩父鉄道→蒸気機関車関連・電気機関車関連(客車列車)・貨物列車・その他
    伊豆急行→JRからの乗り入れ・JRへの乗り入れ・その他
    いすみ鉄道→観光急行列車、キハレストラン号はリバイバル)

※掲載する順番は基本的に年代の古い順で掲載。一部の記事については年代の新しい順にしていますが更新時に改めます。

※ほとんどが鉄道事業者から直接収集したものを掲載。それ以外は、鉄道事業者のイベントで放出された他社の古いきっぷ、鉄道会社系列百貨店で購入した古いきっぷ、非売品など一部のきっぷ・グッズ等については関係者経由で収集したものを掲載しています。

madoguchi13ban at 08:30|PermalinkComments(0)

JR東日本 リゾートしらかみ

※駅弁・あわび五能線弁当を追加しました。

【指定券】
《八戸駅MEM(2005年12月31日発行)》
リゾートしらかみ指定券171231八戸駅MEM 3号車に乗車。







《青森駅MV(2009年9月21日発行)》
リゾートしらかみ指定券2109211青森駅MV 1号車に乗車。







――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【リゾートしらかみ車内配布の乗車証明書等】
《2005年12月31日収集》
〔【リゾートしらかみ「乗車証明書」】(2005.12.03〜)〕
リゾートしらかみ20051203乗車証明書






〔【板柳町ふるさとセンター「無料送迎タクシー」】申込書(2005.03.19〜)〕
リゾートしらかみ20050319無料送迎タクシー申込書






〔晩酌セット予約券(2005.12.10〜)〕
リゾートしらかみ20051210晩酌セット予約券




〔リゾートしらかみ記念スタンプ台紙(ブナ編成)〕
リゾートしらかみブナ編成記念スタンプ台紙表リゾートしらかみブナ編成記念スタンプ台紙裏 この日はブナ編成に乗車しましたが、ブナ編成デザインの台紙が用意されていましたので、当時は編成毎にデザインの異なる台紙が用意されていたと思われます。








《2009年9月21日収集》
〔【リゾートしらかみ「乗車証明書」】〕
リゾートしらかみ乗車証明書 前回収集分にくまげら編成が加わっています。






〔【板柳町ふるさとセンター「無料送迎タクシー」】申込書(2007.04.01〜)〕
リゾートしらかみ20070401無料送迎タクシー申込書






〔リゾートしらかみ乗車記念台紙〕
リゾートしらかみ乗車記念台紙表リゾートしらかみ乗車記念台紙裏 スタンプは編成毎専用のもので変わりないようですが、台紙は共通になったようです。











――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【記念オレンジカード】
《リゾートしらかみ青池 オレンジカード》
リゾートしらかみ青池オレカ







――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【リゾートしらかみ関連の駅弁】
《秋田駅弁 関根屋 白神浪漫(2007年4月29日購入)》
秋田駅弁白神浪漫蓋秋田駅弁白神浪漫中身20070429 リゾートしらかみくまげら編成の運行開始記念駅弁です。角館駅のNEWDAYSで購入。とんぶり、ブナシメジ、いくら、帆立などを載せ、リゾートしらかみの運行されている秋田と青森両方の名物をイメージしています。







《リゾートしらかみ車内・秋田駅弁 関根屋 白神鶏わっぱ(2009年1月16日購入)》
五能線白神鶏わっぱ外箱おもて五能線白神鶏わっぱ外箱うら 京王百貨店『第44回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会』の『頑張れローカル線企画』駅弁。比内地鶏煮だけでなく、御飯の中に燻製らしきものも入っています。その他にしじみ佃煮、ハタハタうま煮、まい茸等の煮物もあり、海の幸・山の幸満載の駅弁です。

五能線白神鶏わっぱ中身 JR東日本やJR西日本が2008年に発表した経営計画では、ローカル線の輸送モード転換を示唆する内容も記載されています。五能線などのようにリゾート向けの列車が登場した路線では当分存続すると思いますが、京王大会などで人気の高い宮古駅弁のある山田線などは本数が非常に少なく、(個人的に)JRとしての存続は厳しいのではないかと思います。
 本来、この企画名にもある『頑張れ!ローカル線』に相応しい路線として、利用者が少なく減便や存廃問題が具体化している路線を取り上げた方が路線活性化のために良いと思います。2008年の同企画で取り上げられた肥薩おれんじ鉄道の時には、会場で同鉄道のパンフレット配布も行われており、一般人に注目される取り組みには好感が持てました(但し、駅弁自体は肥薩おれんじ鉄道のもの、というよりは九州新幹線の駅弁といえるものであり、無理やりローカル線企画に入れた感じがしました。駅弁大会における路線表記は、客の弁当に対して持つイメージにも影響する重要なポイントだと思います)。今後はJRの経営計画で輸送モード転換の対象と思われそうな路線(たとえば北陸新幹線で切り離される並行在来線区間やその周辺のローカル線)、第3セクターの駅弁を積極的に取り上げて欲しいものです。

《秋田駅弁 関根屋 海三昧(2012年8月30日購入)》
五能線リゾートしらかみ駅弁海三昧表五能線リゾートしらかみ駅弁海三昧裏 新宿駅構内の駅弁屋新宿店にて購入。調整元ホームページの情報ではリゾートしらかみ開業15周年記念弁当として2012年5月10日までの期間限定商品として登場した様ですが、その期間を過ぎても発売されていることからレギュラーメニュー化されたのかもしれません。




五能線リゾートしらかみ駅弁海三昧中身 帆立のバター焼きがメイン。これは軽く焼いた感じで生に近い食感が味わえました。一方で味付きタコはパサパサした感じ。帆立の様な調理法だったら良かったと思います。






《秋田駅弁 関根屋 白神浪漫(掛紙リニューアル・2013年2月14日購入)》
リゾートしらかみ駅弁白神浪漫RN掛紙表リゾートしらかみ駅弁白神浪漫RN掛紙裏 先述のリゾートしらかみくまげら編成運行開始記念駅弁の掛紙がリニューアルされた現行品。新宿駅の駅弁屋で購入。税込850円。
 掛紙は5年前の蓋タイプからスリーブタイプに変わり、側面や裏面にも写真・イラストを使っています。記念駅弁の表示は5年前がシール貼り付けでしたが、現行品は掛紙に印刷されています。

リゾートしらかみ駅弁白神浪漫RN 中身については5年前のものと変わっていません。








《秋田駅弁 関根屋 白神そだち あわび五能線弁当(2017年7月19日購入)》
リゾートしらかみあわび五能線弁当掛紙表リゾートしらかみあわび五能線弁当掛紙裏 リゾートしらかみ関連では最新と思われる秋田駅弁。税込1,300円と高めの価格ですが、秋田県八峰町で養殖したあわびをたくさん使用しています。東京駅の駅弁屋祭で購入。なお、リゾートしらかみ運転日には車内販売で取り扱っている場合があります。
 写真左は掛紙の表面。写真右は掛紙の裏面でおしながきとなっています。

リゾートしらかみあわび五能線弁当ラベルリゾートしらかみあわび五能線弁当中身 あわびは濃いめの味付け。更にとびうお卵、みずの醤油漬も入っており、あわびの食感を楽しめれば良かったのですが、濃い味付けの印象が強く残ってしまいました。。








======================================
【写真】
《2005年12月31日撮影》
20051231五能線キハ40系五所川原20051231五能線橅編成五所川原 写真左はキハ40系の普通列車。右はリゾートしらかみブナ編成。ともに五所川原駅にて撮影。





20051231五能線深浦駅付近 五所川原から秋田までリゾートしらかみブナ編成に乗車。写真は深浦駅到着直前の車窓。







20051231五能線深浦駅舎20051231五能線深浦駅ホーム看板 深浦駅舎とホームの観光案内看板。







《2009年9月21日撮影》
20090921奥羽本線青森駅青池編成 奥羽本線青森駅にて撮影。今回は青森から弘前までの奥羽本線区間のみ乗車。車両は青池編成。現在ではクルージングトレインとなり、青池編成はHB-E300系が使用されています。






※2009年1月17日掲載(駅弁白神鶏わっぱ)
※2012年2月 9日更新(指定券、乗車証明書等、駅弁白神浪漫2007、写真)
※2012年9月 5日更新(駅弁海三昧)
※2013年2月15日更新(駅弁白神浪漫2013)
※2017年9月 7日更新(駅弁白神浪漫2013)

madoguchi13ban at 08:05|PermalinkComments(0)鉄道(JR) | 切符・乗車証等

2017年09月05日

小湊鉄道 夜桜トロッコ

 小湊鉄道では2017年3月30・31日、4月1・2・3・6・7・8日に里山トロッコ車両を使用した『夜桜トロッコ』を運行しました。平日は上総牛久〜月崎間、土休日は上総牛久〜養老渓谷間の運行です。平日運行時の月崎駅折り返しとなっている点に加え、復路の上総牛久行きについては平日・土休日とも、同駅到着後にそのまま臨時普通列車・五井行きとなる点が珍しいです。

 2017年4月7日(平日)に、里見→上総牛久→五井間を乗車しましたが、上総牛久までは5割程度で、地元の方を中心とした利用。臨時普通列車区間は2割程度の乗車率で、一般の方と鉄道マニアが半々くらいでした。

【時刻表】
《平日》
・下り81号:上総牛久19:06発→里見19:37発→月崎19:50着
・上り82号:月崎20:10発→里見20:33発→上総牛久20:59着
・臨時普通列車五井行:上総牛久21:04発→馬立2114着・発→光風台2119着・発
           →上総山田2125着/2128発→上総三又2131着/2132発
           →海士有木2137着・発→上総村上2144着/2145発→五井21:51着
 ※起終点・里見駅の時刻は小湊鉄道駅ポスター掲載の時刻。 
 ※臨時普通列車の途中駅時刻は2017年4月7日における実際の到着・発車時刻を記載。

《土休日》
・下り81号:上総牛久18:03発→里見18:44発→養老渓谷19:14着
・上り82号:養老渓谷19:27発→里見20:02発→上総牛久20:29着
・臨時普通列車五井行:上総牛久20:42発→五井21:32着
 ※起終点・里見駅の時刻は小湊鉄道駅ポスター掲載の時刻。

【予約制弁当(上総牛久駅弁)】
 トロッコ整理券は、通常の里山トロッコと同じものを使用。平日の月崎駅発着分の整理券は、養老渓谷駅の部分に丸付けで対応。車内販売は、里山トロッコと同じ商品を夜桜トロッコ区間で販売。夜桜トロッコ独自の商品はこの弁当だけです。

《里山農産物加工所(里山ファーム) 夜桜トロッコ弁当(2017年4月7日)》
夜桜トロッコ弁当外観夜桜トロッコ弁当お品書き 里山ファームの弁当を夜桜トロッコ仕様で各運行日50個限定で発売。税込1,000円。事前予約制で、引換場所は上総牛久駅となるため、上総牛久駅弁といえます。写真左は商品の外観。掛紙代わりに白い水玉柄のビニール風呂敷で包んでいます。写真右はお品書き。

夜桜トロッコ弁当中身 市原市産の食材を使用。メニュー全てのものの生産者が分かる駅弁は日本全国みてもなかなか無いと思います。







======================================
【乗車記・写真(2017年4月7日)】
《里見駅》
夜桜トロッコ里見駅夜桜トロッコ里見駅 本来であれば月崎駅折り返しを体験したかったのですが、下り81号の1本後の列車に五井駅から乗車。里見駅で交換する上り82号に乗り換えます。

 上総牛久行きの上り82号は、客車が先頭です。ヘッドマークは通常の里山トロッコと同じ。





《上総牛久駅に掲示された夜桜トロッコの案内》
夜桜トロッコ上総牛久駅














《車内》
夜桜トロッコ車内夜桜トロッコ車内 上総牛久駅からは臨時普通列車・五井行きとして運転。通常であれば回送とする列車を営業運転させて利便性を高めています。鉄道マニア的には普段、トロッコ列車が営業運転されない区間が注目されると思っていましたが、普通列車区間は意外と空いていました。





《上総山田駅》
夜桜トロッコ上総山田駅 デビュー当時はレトロな機関車と、キハ200形の様な塗装の客車の組み合わせに慣れなかったのですが、夜の運行だとホーム停車時に暖かみのある色が合っているように思えました。





《五井駅》
夜桜トロッコ五井駅 上手く撮れていませんが、五井駅到着直後です。桜の開花が遅かったこと、五井寄りの区間しか乗車しなかったことから、あまり桜は見られませんでしたが、風にあたり、弁当を食べ、普段とは違う景色を眺めながらの旅は貴重な体験となりました。

madoguchi13ban at 20:35|PermalinkComments(0)鉄道(2セク/その他) | 駅弁・菓子・食品

2017年09月04日

道の駅 こぶちさわ

所在地:山梨県北杜市
道路名:県道11号線

【道の駅きっぷ】
《2008年10月26日収集分》
道の駅きっぷこぶちさわ表道の駅きっぷこぶちさわ裏




《2017年8月28日収集分》
道の駅こぶちさわ記念きっぷ20170828表道の駅こぶちさわ記念きっぷ20170828裏




――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【記念スタンプ】
《2008年10月26日収集分》
道の駅こぶちさわ記念スタンプ










《2017年8月28日収集分》
道の駅こぶちさわ記念スタンプ20170828 2008年収集分から、文字の大きさ、英語の表記に変化があります。









======================================
【写真(2008年10月26日撮影)】
道の駅こぶちさわ駅名標 鉄道の駅名標をイメージしたようです。








※2008年10月30日掲載(道の駅きっぷ2008、スタンプ2008、写真)
※2017年 9月 4日更新(道の駅きっぷ2017、スタンプ2017)

【関連記事】
《訪問時に使用した駅レンタカー》
 ジェイアール東日本レンタリース 上諏訪営業所

madoguchi13ban at 21:55|PermalinkComments(0)道の駅 | 切符・乗車証等

2017年09月03日

ジェイアール東日本レンタリース 上諏訪営業所

【駅レンタカー券(レール&レンタカー)】
《新宿駅@17発行 上諏訪→小淵沢(2017年8月27日乗車分)》
駅レンタカー券上諏訪発・新宿駅発行 上諏訪営業所から中央高速経由で甲斐大泉付近の宿泊先に一泊。翌日、道の駅こぶちさわを経由し、小淵沢営業所にて返却の行程で使用。車種はトヨタ・ピクシスジョイ。
 往路は上諏訪までの乗車券(特急木曽あずさ号を利用するが、上諏訪駅で下車しないため適用外)。復路は小淵沢から東京都区内までの乗車券(小海線・北陸新幹線経由)・新幹線特急券(佐久平から大宮まで利用)が割引となりました。免責補償料も込みでお得です。

【上諏訪営業所 名刺(2017年8月27日収集)】
ジェイアール東日本レンタリース上諏訪営業所名刺表ジェイアール東日本レンタリース上諏訪営業所名刺裏






======================================
【写真(2017年8月28日撮影)】
駅レンタカー上諏訪道の駅こぶちさわ駅レンタカー上諏訪小淵沢駅返却時 写真左は道の駅こぶちさわ。写真右は小淵沢営業所(小淵沢駅)返却時に撮影。

madoguchi13ban at 22:35|PermalinkComments(0)駅レンタカー | 切符・乗車証等

JR東海 木曽あずさ号

【特急券】
《JR東海品川駅MR924発行 木曽あずさ号特急券(2017年8月26日乗車分)》
JR東海品川駅発行木曽あずさ号特急券 乗車区間はJR東日本の立川→辰野間。5号車に乗車。JR東日本189系(グレードアップあずさ塗装)によ運転。検札印はJR東日本松本運輸区のもの。





【関連記事】
《その他の信州DC関連列車》
 JR東海 飯田線秘境駅号
 JR東海 飯田線80周年秘境駅号
 JR東海 飯田線リレー号
 JR東海 飯田線80周年アルプス号
 JR東海 諏訪しなの号
 JR東日本 諏訪しなの号
 JR東日本 HIGH RAIL 1375
 しなの鉄道 観光列車「ろくもん」信州DCワインバレー号



madoguchi13ban at 20:35|PermalinkComments(0)鉄道(JR←JR他社乗入・借入) | 切符・乗車証等

2017年09月02日

JR東海 飯田線リレー号

 飯田線リレー号(辰野〜伊那市〜駒ヶ根間)は、信州デスティネーションキャンペーン関連の臨時快速列車で、新宿〜辰野〜塩尻〜南木曽間に運行される臨時特急列車・木曽あずさ号と辰野駅で接続しています。車両は313系8000番台(元セントラルライナー用)3両編成を使用。2017年8月26日に乗車しましたが、ヘッドマークは付きません。JR東日本とJR東海の臨時列車同士がリレー方式で運行される珍しいケースです。

 また、本列車、木曽あずさ号、諏訪しなの号など、信州デスティネーションキャンペーンで初設定の臨時列車は、以前から運転されている飯田線秘境駅号とともに、JR東海としては『観光列車』という位置づけがされており、停車駅でのおもてなしもあります。現在、同社は観光列車専用車両を保有していませんが、飯田線の観光列車においては停車駅での歓迎やおもてなしの頻度を高くし、途中駅の停車時間を長めに設定しています。車両側の観光客受け入れ態勢は、売店や供食サービスに関する設備が無くても、乗車時間に見あった快適な座席、案内放送、徐行運転や観光停車があれば、満足度の高い観光列車になることを示しています。派手さやおしゃれな感じではありませんが、地域の素朴なおもてなしが楽しい列車でした。今後の運転継続を期待しています。

【時刻】
・上り9432M:辰野12:30発→伊那市12:51着/13:06発→駒ヶ根13:21着
  (上り運転日:2017年7月1日、8月26日、9月9日)
・下り9431M:駒ヶ根16:35発→伊那市16:53着/17:01発→辰野17:34着
  (下り運転日:2017年7月2日、8月27日、9月10日)

【指定席券】
《JR東海品川駅MR924発行(2017年8月26日運行分)》
飯田線リレー号指定席券JR東海品川駅発行 JR東海の品川駅で購入。指定席は簡単に取れました。当日の乗車率は8割程度でした。駒ヶ根側が3号車、辰野側が1号車となります。





《駒ヶ根駅MR発行(2017年8月27日運行分)》
飯田線リレー号指定席券駒ヶ根駅発行 飯田線リレー号の終点・駒ヶ根駅は、2013年に簡易委託化されましたが、端末により指定席券の発券ができます。






――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【記念券(2017年8月26日収集)】
《伊那市駅 飯田線リレー号乗車記念切符》
飯田線リレー号乗車記念伊那市切符表飯田線リレー号乗車記念伊那市切符裏 駒ヶ根行・飯田線リレー号は、伊那市駅で約15分の停車時間が設けられており、一旦、改札外の駅イベント会場に出ることが出来ました。改札外に出る際に配布されていた乗車記念のカードですが、裏面には『切符』と記されています。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【車内・伊那市駅配布品、駒ヶ根駅特産品販売(2017年8月26日収集・購入)】
《車内配布 長野県上伊那地域振興局
 飯田線各駅停車の旅・上伊那版パンフレット&飯田線リレー号イベントメニュー》
飯田線リレー号車内配布パンフ飯田線リレー号イベントメニュー 辰野→伊那市間で配布された長野県上伊那地域振興局発行の飯田線パンフレットと乗車当日の飯田線リレー号イベントメニューです。

 その他に沿線自治体とその地域の観光協会が発行する観光パンフレットが配布されましたが、その自治体までのアクセスに関する記載は、所要時間で鉄道が優位である駒ヶ根市、辰野町を除く町村については、中央高速バス(東京・新宿や名古屋から)をメインとした記載になっています。一部の自治体は大阪や豊橋からの鉄道によるアクセス方法も記載。

《伊那市駅のふるまい(そば、ビーツと野菜のスムージー他)》
飯田線リレー号伊那市駅ふるまい飯田線リレー号伊那市駅ふるまい 日本酒、そば(写真左)、ビーツと野菜のスムージー(写真右の左側)、茄子の辛子漬(写真右の右側)などのふるまいがありました。


《車内試食・駒ヶ根駅特産品販売 長野県上伊那農業高校畜産班
 新山産鹿肉加工食品 でぃあでぃあ 〜Dear Deer〜》
 でぃあでぃあ(〜Dear Deer〜)は、飯田線リレー号車内でアテンダントを務めた長野県上伊那農業高校生が、製造〜包装まで自身で行ったジャーキータイプの鹿肉加工食品。飯田線リレー号車内では試食、駒ヶ根駅前の特産品販売にて本商品の販売(1袋50gで税込500円)を実施しました。大好評で、飯田線リレー号到着後の約10分で完売しました。
飯田線リレー号ディアディア説明書外飯田線リレー号ディアディア説明書内 車内試食品・駒ヶ根駅販売品の商品説明書です(写真左は外側、右は内側)。






飯田線リレー号でぃあでぃあ車内試食 車内で配布された試食用です。脂が少ないそうで、ジャーキーにして大正解。よく考えたと思います。






飯田線リレー号でぃあでぃあ表飯田線リレー号でぃあでぃあ裏 写真左は商品のラベル(駒ヶ根駅前の販売ブースに掲示されていたものを撮影)。写真右は商品の裏側。飯田線リレー号乗車後は、南箕輪村の大芝高原まつりで親戚一同と合流してお酒を飲みながら花火観賞。土産に2袋買って行きましたが大好評。『じょうのう(上伊那農業高校の略)は凄いものを作っている』と皆、感心していました。


《駒ヶ根駅のふるまい(搗きたてのきなこもち)》
飯田線リレー号駒ヶ根駅ふるまい 箕輪町のキャラクター『地域戦隊餅レンジャー』(後述)による搗きたてのおもち。軟らかくて美味しいです。おかわり可能でした。








======================================
【乗車記・写真(2017年8月26日)】
《辰野駅》
飯田線リレー号辰野駅飯田線リレー号辰野駅 駒ヶ根行きは0番線から発車します。特急木曽あずさ号とは停止位置がずれているので、並びは撮り難くなっていました。




飯田線リレー号方向幕 方向幕は『臨時』の表示です。






《車内》
飯田線リレー号車内記念ボード飯田線リレー号車内記念ボード 車内での記念撮影ボードは4種類も用意されていました。






飯田線リレー号車内記念ボード飯田線リレー号車内記念ボード 写真右の特急木曽あずさと一緒のデザインはリレー感があって良いです。






飯田線リレー号車内ポスター飯田線リレー号車内ポスター ドア前の仕切り部分には特産品のポスターを掲示していました。先述の『でぃあでぃあ』以外に、上伊那農業高校環境班による『風の村 米だより』のPR。高校生の取り組みがよく分かります。







《北殿駅》
飯田線リレー号北殿駅飯田線リレー号北殿駅 上りは北殿駅では運転停車します。ホーム上には沿線のキャラクター(辰野町:ぴっかりちゃん、箕輪町:もみじちゃん、南箕輪村:まっくん)が登場。



飯田線リレー号北殿駅







《伊那市駅》
飯田線リレー号伊那市駅 上りは15分停車しました。








《大田切川鉄橋》
飯田線リレー号大田切川鉄橋東飯田線リレー号大田切川鉄橋西 鉄橋上で観光停車を実施しました。







《駒ヶ根駅》
飯田線リレー号駒ヶ根駅








飯田線リレー号駒ヶ根駅飯田線リレー号駒ヶ根駅








飯田線リレー号駒ヶ根駅 天井の高い駅舎内には、信州デスティネーションキャンペーンオープニングイベントのじゃじゃ馬が展示されていました。飯田線リレー号運行初日の写真もあります。






飯田線リレー号駒ヶ根駅もちレンジャー飯田線リレー号駒ヶ根駅もちレンジャー 駅前では地域戦隊餅レンジャーによる餅つきを開催。写真左端の方が司会(兼司令官?)。駅到着時のホーム上から激しい司会で笑わせてくれます(ゆるキャラに触りまくる子供達に『子供達!触〜れ〜る〜な‼』と言って、更に子供達を煽って盛り上げる等)。隊員もEXILEを披露したり、子供達に適度にいじられながら進行するという乗客やスタッフを巻き込んだ普通の観光列車では見られない演出が新鮮でした。

【関連記事】
《その他の信州DC関連列車》
 JR東海 飯田線秘境駅号
 JR東海 飯田線80周年秘境駅号
 JR東海 飯田線80周年アルプス号
 JR東海 諏訪しなの号
 JR東日本 諏訪しなの号
 JR東海 木曽あずさ号
 JR東日本 HIGH RAIL 1375
 しなの鉄道 観光列車「ろくもん」信州DCワインバレー号

madoguchi13ban at 15:05|PermalinkComments(0)切符・乗車証等 

2017年09月01日

レーティッシュ鉄道 ベルニナ線

 レーティッシュ鉄道ベルニナ線(サン・モリッツ~ティラーノ)は箱根登山鉄道建設時のモデルとされた路線であり、その縁で昭和54年に箱根登山鉄道と姉妹鉄道提携しています。2008年7月7日には同じレーティッシュ鉄道のアルブラ線と共に世界遺産登録されています。

【切手】
《ベルニナ線開業100周年記念切手(マキシマムカード)(2010年6月5日発行)》
レーティッシュ鉄道ベルニナ線100周年記念切手 ベルニナ線の開業100周年を記念して発行されたもの。ニーセン鉄道(ケーブルカー)開業100周年記念切手と同時発売のようで、記念の消印は両方がデザインされています。カードの図柄はブルージオの360°ループ橋。




――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【ポストカード】
《スイス政府観光局 スイス春旅キャンペーンポストカード
 レーティッシュ鉄道ベルニナ線(2017年4月1日〜6月30日)》
スイス政府観光局春旅キャンペーンベルニナ線PC スイス政府観光局がキャンペーンにあわせて発行した複数のポストカードのうち、鉄道の図柄がこれ。ベルニナ特急の写真とレーティッシュ鉄道のロゴを使用しています。





※2011年1月30日掲載(マキシマムカード)
※2017年9月 1日更新(ポストカード)

【関連記事】
《関連路線》
 スイス郵政省 ポストバス(郵便バス)
 箱根登山鉄道 レーティッシュ鉄道姉妹鉄道提携

madoguchi13ban at 00:35|PermalinkComments(0)鉄道・バス(海外) | 記念切手・カバー

2017年08月31日

JR東日本 黒磯駅〜那須塩原駅間バス代行輸送

 JR東日本は、黒磯駅構内の直流化工事実施に伴い、2015年5月11日〜2017年12月頃まで、毎週月曜日の黒磯駅5:27発・東北本線(宇都宮線)列車のバス代行輸送を実施しています。代行輸送にはJRバス関東のバスが使用されます。

【チラシ】
《黒磯駅 列車運休及びバス代行輸送のお知らせ》
JR東日本黒磯駅〜那須塩原駅間バス代行輸送チラシ

madoguchi13ban at 00:35|PermalinkComments(0)鉄道(JR/振替輸送・バス代行) | 記念誌・パンフ・葉書・しおり・シール・DVD

2017年08月30日

秩父鉄道 SL大樹

 本記事には秩父鉄道が検修および乗務要員養成協力をした東武鉄道SL大樹関連の記念品等のうち、秩父鉄道及び秩鉄商事発行のものを掲載します。

【SL&鉄道の博物館スタンプラリー(2017年5月15日〜9月10日開催)】
 東武鉄道のSL大樹運転開始を記念して、東武鉄道と関東の検修および乗務要員養成協力をした鉄道各社(JR東日本、秩父鉄道、真岡鐵道)で開催されるスタンプラリー。秩父鉄道は長瀞駅前の長瀞町観光案内所にスタンプが設置されており、同所でSLカードが貰えます。

《長瀞町観光案内所 スタンプ》
SL大樹運転開始記念スタンプラリー秩父鉄道長瀞駅スタンプ デザインはどこも同じで、色と真ん中のアルファベットが異なるくらい。









《長瀞町観光案内所 SLカード》
SL大樹運転開始記念スタンプラリー秩父鉄道長瀞駅カード 表面はパレオエクスプレスの図柄です。















――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【東武鉄道×秩父鉄道コラボ商品】
《秩鉄商事 東武鉄道×秩父鉄道コラボメモ帳》
秩鉄商事SL大樹東武鉄道×秩父鉄道コラボメモ帳表秩鉄商事SL大樹東武鉄道×秩父鉄道コラボメモ帳裏 SL大樹の運行開始にあわせて発売開始された商品のひとつ。税込300円。写真はメモ帳の表面と裏面。この他にA4サイズのクリアファイルが税込300円で発売されています。







【関連記事】
《関連列車》
 一般財団法人東武博物館 SL「大樹」

madoguchi13ban at 06:35|PermalinkComments(0)鉄道(2セク/その他) | 記念グッズ(ストラップ・模型等)

JR東海 飯田線80周年秘境駅号

【急行券・指定席券】
《JR東日本 新宿駅@17発行(2017年8月19日乗車分)》
飯田線80周年秘境駅号急行券指定席券 同日の快速飯田線80周年アルプス号と共に空き状況を毎日確認。通路側ですが無事に確保できました。






――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【飯田線80周年秘境駅号の乗車記念品】
《JR東海豊橋運輸区
 飯田線80周年秘境駅号★ご乗車記念★マグネット(2017年8月19日収集)》
飯田線80周年秘境駅号乗車記念マグネット台紙飯田線80周年秘境駅号乗車記念マグネット伊那路 平岡駅到着前に車内で開催されたクイズの参加賞で乗客全員に配付されました。。乗車証明書とMAPは、通常の飯田線秘境駅号と同じものが配布されましが、為栗駅到着時、号車毎に乗務員が配付した列車名の台紙(写真左)付きマグネットを配付しました。台紙には『19,20日』と日付が記載されていますので、両運転日共通デザインのようです。
 マグネットのデザインは号車毎に異なるようで、私が乗車した3号車は写真右の特急伊那路のものでした(1・2号車のどちらかは飯田線秘境駅号ヘッドマークデザインのマグネット)。

飯田線80周年秘境駅号クイズ用紙 クイズの解答用紙です。抽選でJR東海グッズが当たります。













――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【パンフレット】
《祝!飯田線全通80周年パンフレット(2017年7月19日収集)》
祝!飯田線全通80周年記念パンフ秘境駅号 東海通新幹線東京駅で収集。
 A4サイズ・折り畳み式で6頁分あるパンフレット。主に飯田線観光列車(臨時列車)について掲載されていますが、急行飯田線秘境駅号以外に、信州DCや飯田線全通80周年を記念した急行飯田線80周年秘境駅号、快速飯田線80周年アルプス号、快速飯田線リレー号と、それに接続するJR東日本の特急木曽あずさ号まで掲載されています。








――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【車内販売の記念品】
《飯田線マップ手ぬぐい製作実行委員会
 飯田線全通80周年記念「飯田線マップ手ぬぐい」》
飯田線80周年秘境駅号車内販売手ぬぐい台紙 飯田線80周年秘境駅号車内で販売された飯田線80周年記念グッズの手ぬぐいです。写真はその台紙。台紙左下に描かれているマップが手ぬぐいのデザインです。税込1,080円。
 国鉄時代に使用されていた旧型国電をイメージして青白のデザインにしたそうですが、製作後に描かれている車両が現在の車両であることを指摘されたそうな。


















――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【車内外のふるまい、車内販売(記念グッズ除く)、駅での特産品販売】
 飯田線80周年秘境駅号では、特産品の販売(車内、新城駅、平岡駅)やふるまい(車内、平岡駅)がありました。

《新城駅の特産品販売 三河猪家 奥三河バーガー》
飯田線80周年秘境駅号新城駅三河猪家奥三河バーガー飯田線80周年秘境駅号新城駅 新城駅舎内では地元特産品の販売を実施。三河猪家(ししや)が販売した、ししミンチカツを挟んだ『奥三河バーガー』(税込400円)。スティック状に揚げられたゴボウが沢山トッピングされています。
 写真右は新城駅特産品販売コーナーのうち、三河猪家の販売品。からあげが大人気でした。

《天龍村集落支援員・車内のふるまい もんちゃ 中井侍茶》
飯田線80周年秘境駅号中井侍茶 天龍村中井侍地区で生産されたお茶は、浅蒸しという製法で、色が薄く甘みがあるのが特徴。東栄→平岡間の車内では冷たいお茶がふるまわれました(茶葉の車内販売もあり)。











《天龍村集落支援員・車内販売 サン天龍 玄米パン》
飯田線80周年秘境駅号車内販売玄米パン飯田線80周年秘境駅号車内販売玄米パン 東栄→平岡間の車内販売にて購入。2個入りで税込200円。軽く食べられるので、車内販売品の中で特に人気がありました。










飯田線80周年秘境駅号天龍村車内販売 天龍村集落支援員の方による車内販売品。昔ながらの立ち売りスタイルです。







《平岡駅の特産品販売 軟骨唐揚げ&天龍村のふるまい 栃のそば》
飯田線80周年秘境駅号平岡駅軟骨唐揚げ&栃のそば 軟骨唐揚げは税込300円。意外とおつまみになるものの販売が多いです。






======================================
【乗車記・写真(2017年8月19日)】
《豊橋駅》
飯田線80周年秘境駅号豊橋駅飯田線80周年秘境駅号豊橋駅 改札内の案内表示。







飯田線80周年秘境駅号豊橋駅 ホーム上では記念式典が行われており、撮影者で大混雑でした。







《車内・車外》
飯田線80周年秘境駅号ヘッドマーク飯田線80周年秘境駅号方向幕 方向幕の表示は『臨時』でしたが、立派なヘッドマークが用意されていました。






飯田線80周年秘境駅号車内展示写真飯田線80周年秘境駅号車内展示写真 車内には飯田線で使用された車両の写真が展示されていました。






《新城駅》
飯田線80周年秘境駅号新城駅 駅舎内には歓迎のポスターが掲示されていました。








《板敷川(いたじきがわ)》
飯田線80周年秘境駅号いたじきがわ 11時3〜5分の間、板敷川沿いをゆっくり走行します。













《東栄駅》
飯田線80周年秘境駅号東栄駅飯田線80周年秘境駅号東栄駅 ホーム上で、ご当地キャラクターや地元の方々がお見送り。






《第6水窪川橋梁》
飯田線80周年秘境駅号第6水窪川橋梁飯田線80周年秘境駅号第6水窪川橋梁 S字鉄橋(渡らずの鉄橋)として有名。ここもゆっくり走行。






《大嵐駅》
飯田線80周年秘境駅号大嵐駅飯田線80周年秘境駅号大嵐駅








飯田線80周年秘境駅号大嵐駅 長めに停車する駅では、乗務員の方がホーム上に乗車記念ボードを設置し、記念撮影のサービスを行っていました。






《小和田駅》
飯田線80周年秘境駅号小和田駅飯田線80周年秘境駅号小和田駅








飯田線80周年秘境駅号小和田駅 小和田駅から見た景色。








《中井侍駅》
飯田線80周年秘境駅号中井侍駅飯田線80周年秘境駅号中井侍駅









《伊那小沢駅》
飯田線80周年秘境駅号伊那小沢駅飯田線80周年秘境駅号伊那小沢駅 2017年から飯田線秘境駅号の停車駅に追加された伊那小沢駅です。






飯田線80周年秘境駅号伊那小沢駅 伊那小沢駅から見た景色。








《平岡駅》
飯田線80周年秘境駅号平岡駅飯田線80周年秘境駅号平岡駅 現在は無人駅となっていますが、駅舎は天龍村の温泉宿泊施設『ふれあいステーション龍泉閣』を併設しており、改札前に同施設の売店や飯田線関連商品を扱うカウンター(龍泉閣の受付)があり、賑わっています。飯田線80周年秘境駅号は、入れ換え作業のためこの駅に長時間停車するため、龍泉閣の日帰り入浴(税込300円。タオルは別)を利用しました。途中で温泉に入浴できる珍しい観光列車です。周りに高い建物がないので見晴らしが良いです。
飯田線80周年秘境駅号平岡駅飯田線80周年秘境駅号平岡駅 平岡駅前では、秘境駅号で最大の特産品販売が行われていました。












《為栗駅》
飯田線80周年秘境駅号為栗駅飯田線80周年秘境駅号為栗駅













飯田線80周年秘境駅号為栗駅飯田線80周年秘境駅号為栗駅 為栗駅から見た景色。








《田本駅》
飯田線80周年秘境駅号田本駅飯田線80周年秘境駅号田本駅













飯田線80周年秘境駅号田本駅








《金野駅》
飯田線80周年秘境駅号金野駅 『駅名標に触れると金運がアップする』との車内放送があり、撮影するのにかなりの順番待ち。オバサン方がいつまでも触れているので大変。2〜3秒ぐらいにして欲しいものです。





《千代駅》
飯田線80周年秘境駅号千代駅 こちらの駅名標は触れると長生きするそうで、やはり撮影するのにかなりの順番待ちでした。






《飯田駅》
飯田線80周年秘境駅号飯田駅パネル 飯田駅前に設置された373系風のイラストが描かれた飯田線80周年記念パネル。











※2017年7月20日掲載(パンフレット)
※2017年8月23日更新(写真車内・豊橋〜新城間)
※2017年8月29日更新(急行指定券、マグネット、車内販売振舞い、写真板敷川〜飯田駅)

【関連記事】
《その他の信州DC関連列車》
 JR東海 飯田線秘境駅号
 JR東海 飯田線リレー号
 JR東海 飯田線80周年アルプス号
 JR東海 諏訪しなの号
 JR東日本 諏訪しなの号
 JR東海 木曽あずさ号
 JR東日本 HIGH RAIL 1375
 しなの鉄道 観光列車「ろくもん」信州DCワインバレー号

madoguchi13ban at 00:35|PermalinkComments(0)鉄道(JR) | 切符・乗車証等

2017年08月27日

JR東海 ムーンライトながら(373系)

【記念グッズ】
《交通新聞社オリジナルフォトフレーム付きヘッドマークマグネット
 はつかり・ムーンライトながら(2017年8月収集)》
交通新聞社HMマグネットムーンライトながら交通新聞社HMマグネットムーンライトながら説明書 JR東日本駅構内の書店『BOOK EXPRESS』(JR東日本リテールネットが運営)で、JR発足30周年企画として、交通新聞社が発行する特定の書籍の購入者にプレゼントされたヘッドマークマグネットで、はつかりと373系時代のムーンライトながらのヘッドマークがデザインされています。JR東日本商品化許諾済・JR東海承諾済。
 はつかりについては時々グッズ化されているものを見かけますが、ムーンライトながらグッズとしては非常に珍しいです。


【関連記事】
《関連列車》
 JR東日本 ムーンライトながら(185系)

madoguchi13ban at 13:55|PermalinkComments(0)鉄道(JR→JR他社乗入・貸出) | 記念グッズ(ストラップ・模型等)

2017年08月26日

東武バス日光 日光鬼怒川線

 東武バス日光・日光鬼怒川線(東照宮・大猷院・二荒山神社前〜東武日光駅〜鬼怒川温泉駅)は、2017年8月10日の東武鉄道鬼怒川線下今市〜鬼怒川温泉間で運行開始したSL大樹の二次交通として開業しました。SL大樹運転日のみの運転となります。使用車両は基本的に、本路線の開業にあわせて登場した日光軌道タイプ特別車両(廃止された東武鉄道日光軌道線の車両を模した車両)が使用されます。

 東武グループでは、2006年3月のJR東日本・東武鉄道直通特急(日光号・きぬがわ号)運行開始時から、その二次交通として日光・鬼怒川エクスプレス号の運行(下記リンク記事参照。東武ダイヤルバス→日光交通が運行)を開始しています。日光市内でタクシーに乗車した際に運転手の方から聞いたのですが、日光・鬼怒川エクスプレス号の開業により、元々、日光東照宮→鬼怒川温泉間に存在していたタクシー需要を奪うほどの影響があったそうです。東武バス日光が日光鬼怒川線の運行を開始することによって日光・鬼怒川エクスプレス号が廃止されるものと思っていましたが、2017年8月10日以降も運行は継続されます。
 最近では東武鉄道が東武日光〜鬼怒川温泉間を直通する普通列車・快速列車の運転本数を増やしています。更にこの路線バスが開業することにより、東武グループ間でも競合関係が生じることになりますか、特にSL大樹の補完的な役割(SL大樹が満席時の同方向への需要、SL大樹および日光鬼怒川線の片道ずつ利用)を期待されていると思います。

【乗車券】
《東武日光駅ツーリストセンター 東武バス補充乗車券(2017年8月12日収集)》
東武バス日光鬼怒川線他補充乗車券東武日光ツーリスト 同所で購入した日光鬼怒川線で最安のもの。





《"大判"世界遺産めぐり手形(新型特別車両・2017年8月10日発売開始)》
世界遺産めぐり記念乗車券・日光軌道仕様表世界遺産めぐり記念乗車券・日光軌道仕様裏 商品名は東武バス株式会社のリリース通り。日光軌道タイプ特別車両デザインのペーパークラフト記念乗車券。同様の大判・ペーパークラフトタイプの記念乗車券は、世界遺産めぐり循環バスへの特殊車両導入記念時にも販売されています(下記リンク記事『東武バス日光 世界遺産めぐり循環バス』に掲載しています。実際に使用するきっぷとしては大きく使いづらいのですが、記念品としては面白いです。
 発売箇所は東武日光駅ツーリストセンター。なお、リリースでは大人用500円券が限定1,000枚発売となっていましたが、小児の判子を押して250円でも販売されていました。また、この記念乗車券では世界遺産めぐり循環バス以外に、東武日光駅〜鬼怒川温泉駅間を除く日光鬼怒川線の乗車が可能です。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【パンフレット等】
《東武バス日光 日光鬼怒川線&日光軌道タイプ特別車両(運行開始PRパンフレット)》
東武バス日光鬼怒川線日光軌道パンフ表東武バス日光鬼怒川線日光軌道パンフ裏 運行開始PRパンフレットで、写真左が表面、右は裏面。鬼怒川温泉駅で配布されていました。










《東武バス日光 2017年度春〜秋時刻表》
東武バス日光鬼怒川線日光軌道2017年度春〜秋時刻表 日光軌道タイプ特別車両が表紙の時刻表。



















――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【写真・乗車記(2017年8月12日)】
《東照宮・大猷院・二荒山神社前停留所》
東武バス日光鬼怒川線東武バス日光鬼怒川線 世界遺産めぐり循環バスと同じ停留所です。












東武バス日光鬼怒川線 16時40発・鬼怒川温泉行きの最終便を利用しました。同停留所から鬼怒川温泉駅まで乗り通した人数は私を含めて2名のみ。他の方もマニアのようでした。






《車内》
東武バス日光鬼怒川線東武バス日光鬼怒川線 座席の色や、床面のデザインは極力、軌道車両に近づけています。前方に設置された停留所案内モニターには、この車両のイラストが登場します。








東武バス日光鬼怒川線東武バス日光鬼怒川線 窓面には日光軌道線やSL大樹の写真が展示されています。






東武バス日光鬼怒川線東武バス日光鬼怒川線








東武バス日光鬼怒川線








《鬼怒川温泉駅》
東武バス日光鬼怒川線東武バス日光鬼怒川線 13:50着の便です。5名ほどの乗客が下車しました。面白い車両ですが、運行開始3日目にしては利用者が少ないと思います。ただ、SL大樹の運行時刻とほぼ同時刻・同方向に運行されているため、現時点ではSL見物に人が集中し過ぎているだけかも知れません。

【関連記事】
《接続するSL大樹》
 一般財団法人東武博物館 SL「大樹」

《その他東武グループの二次交通》
 東武バス日光 世界遺産めぐり循環バス
 東武商事 日光・鬼怒川エクスプレス号(東武ダイヤルバス運行)
 東武ステーションサービス 日光・鬼怒川エクスプレス号(日光交通運行)

madoguchi13ban at 02:05|PermalinkComments(0)バス(2セク/二次交通等) | 切符・乗車証等