京王電鉄 高尾山冬そば号(8000系8713編成・高尾山トレイン)斜里バス 知床線

2018年02月14日

雄別鉄道 雄別本線

 雄別鉄道は、釧路〜雄別炭山間の雄別本線を中心に、複数の路線を運営していた鉄道事業者です。親会社が雄別炭礦という会社でしたが、最終的には親会社に合併→雄別炭礦の倒産により埠頭線(新富士〜雄別埠頭)を除く鉄道各線が1970年(昭和45年)に廃止。埠頭線は第三セクターの臨海鉄道『釧路開発埠頭』に譲渡され、同社の埠頭線となりました(雄別埠頭駅は北埠頭駅に改称)が、1984年(昭和59年)に廃止されています。雄別本線については貨物列車だけでなく旅客輸送も行っていました。同線の代替交通機関は阿寒バス阿寒線、阿寒本町線、リフレ線となっています。
 また、雄別炭礦はバス事業も行っていましたが、こちらも1970年(昭和45年)に廃止され、一部路線が阿寒バスと東邦交通(現・くしろバス)に譲渡されています。
 なお、雄別炭礦倒産後の同グループの優良企業は、いくつかが存続し、後述の釧路製作所の様に現存している企業もあります。

【釧路製作所作成の雄別鉄道グッズ】
《台紙付き記念きっぷ 新釧路駅 D型硬券》
釧路製作所雄別鉄道新釧路駅普通入場券台紙釧路製作所雄別鉄道新釧路駅普通入場券表 写真左の新釧路駅舎写真を使用した台紙とD型硬券で1セット170円。釧路製作所来場者限定品。

釧路製作所雄別鉄道新釧路駅普通入場券裏 硬券の表面は写真右上、裏面は写真右で、券番は8722号車に因んで『8722』となっています。
 雄別炭礦の会社自体が無くなってしまっても、グッズ販売が行われていたケースは、トミーテックの鉄道コレクション第13弾・留萌鉄道キハ1001がありました(当ブログ留萠鉄道 炭砿線を御参照下さい)が、そちらは元関連会社の商品化許諾済商品。元関連会社自らが多くのグッズを販売しているケースは珍しく、本商品以外にも多数の8722号車関連や簡易軌道グッズがありました(同社のSLグッズ一覧のページを御参照下さい)。
======================================
【写真】
《釧路製作所に展示されている雄別鉄道・蒸気機関車8722号車》
雄別鉄道8722号車1雄別鉄道8722号車2 (おそらく復元された)新釧路駅の駅名標もありますが、新釧路駅跡地にあるわけではありません。その近くに釧路製作所があり、雄別鉄道が存在していた時には引き込み線があった様です。


雄別鉄道8722号車3

madoguchi13ban at 16:32│Comments(0) 鉄道(2セク/補助・支援) | 切符・乗車証等

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
京王電鉄 高尾山冬そば号(8000系8713編成・高尾山トレイン)斜里バス 知床線