秩父鉄道 SLあの花10th Anniversary FINAL Express道の駅 たばやま

2022年01月09日

秩父鉄道 SLベジタブルテーマパークエクスプレス

 本年最初の駅弁系ネタはJRではなく珍しい私鉄の弁当から。秩父鉄道は2021(令和3)年11月28日に沿線の深谷市と共催で、深谷市産野菜『ふかやさい』の魅力を伝えることを目的としてSLパレオエクスプレスを『SLベジタブルテーマパークエクスプレス』として運行しました。長瀞駅前でのマルシェ開催など各種イベントを開催しましたが、同列車内で同日のみ限定販売された運行記念SL弁当と運行記念スイーツパンについては『SLパレオエクスプレス2021-2022冬季特別運行』時に再発売されました(2022年1月1〜3日除く)。

【SLベジタブルテーマパークエクスプレス運行記念食品】
《埼玉グランドホテル深谷 運行記念SL弁当・ベジ玉てばこ(2022(令和4)年1月8日購入)》
秩父鉄道SL弁当ベジ玉てばこ掛紙表秩父鉄道SL弁当ベジ玉てばこ掛紙裏 写真左は掛紙表面でSL乗務員風のふっかちゃんとパレオくん、SL、野菜のデザイン。右は掛紙裏面(一部折り畳んでいます)。税込1,200円。 
秩父鉄道SL弁当ベジ玉てばこ箸袋 写真は埼玉グランドホテルの箸袋。




秩父鉄道SL弁当ベジ玉てばこ中身秩父鉄道SL秩父麦酒号車内写真ベジ玉てばこ 写真左は中身。写真右は2022年1月8日のSL秩父麦酒号車内4号車ワゴン基地付近に貼られていた商品写真。埼玉グランドホテルのおしぼりは近鉄のしまかぜやJR東日本のサフィール踊り子など他社の観光特急列車のおしぼりよりも厚手で良いです。

 基本は豚そぼろご飯の弁当ですが、野菜の量がとにかく凄い。黒いものはSL型の黒ゴマをまぶした大根煮物。他に煮卵、深谷ねぎ、ミニトマト、小松菜、ブロッコリー、もやし、ごぼうで埋め尽くされており、弁当1つあたりの重量も相当あって、通常の駅弁(例えば東京周辺で販売されている深川めしとかシウマイ弁当1箱あたりに対して)の1.5倍くらいの重さだと思います。

 最初はどの様な味がするのか全く想像できませんでしたが、塩や味噌、カレーなど野菜を色々な味付けをしており、楽しみながら食べられます。そして、全然前面に出ていないのですが、豚そぼろご飯がもの凄く美味しいです。SL秩父麦酒号の復路・熊谷行において寄居駅到着時に未だ2個残っていたところを購入できました。味が想像できなさ過ぎて売れ残りが出てしまうというマイナス部分があると思います。『基本は豚そぼろご飯の弁当である』ことをもう少し分かるようにした方が良いです。

《T’z Bakery KOHSHI 運行記念SLスイーツパン・ベジトッツオ》
秩父鉄道SL秩父麦酒号車内写真ベジトッツオ 写真は2022年1月8日のSL秩父麦酒号車内4号車ワゴン基地付近に貼られていた商品写真。税込750円。この日は当日販売が無かった様で、事前予約者のみ購入できた様です。










【関連記事】
 秩父鉄道 パレオエクスプレス号(自主運行)
 秩父鉄道 SLパレオエクスプレス2021-2022冬季特別運行

madoguchi13ban at 22:35│Comments(0) 鉄道(2セク/補助・支援) | 駅弁・菓子・食品

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
秩父鉄道 SLあの花10th Anniversary FINAL Express道の駅 たばやま