2006年05月

2006年05月26日

Patch 1.11.0

http://www.worldofwarcraft.com/patchnotes/test-realm-patchnotes.html
World of Warcraft Client Patch 1.11.0
Special Thx Tissue:D

Shadow of the Necropolis
Naxxramasは40-man raid dungeonでエロい装備が出る

General
unlearn talentsの料金を1月当たり5G減るようにする(最少10Gまで)
鯖から切断された直後にログインしようとしたら "A character with that name already exists."て表示されてたけど、すぐ戻れるようにした
Chain系のSpell(e.g. Multi-shot, Cleave, Chain Lightning)はstealthedなキャラには跳ねない
Fear: Fearが破壊される計算が変更で、DoTでは壊れる確立がかなり減少。だけど、PCについたFearはNPCとくらべて3倍ぐらい壊れやすい
Periodic Healing: HoTは詠唱完了時に回復する量が固定されて詠唱後に装備を変更してもHoT部分の回復量は増える事は無くなる
Reflection: reflectionの原因となるEffectは個別にトリガーとはならない(eg. Impact, Improved Shadow Bolt, Aftermath, etc.)
"M2Faster"はデフォで有効にしといた

Battlegrounds
Alterac Valley
NPC guard unitsを多数削除、残ったCreaturesのHPも減らした

Druids
Innervate: Lv40ででふぉで取れるようにした
Nature's Grace: Nature's Swiftnessで使うと効果無し
Swiftmend: RestTreeのnew talentでRejuvenationかRegrowth auraをinstant heal化
Enrage: Tooltipを明確にした

Hunters
Counterattack (Survival Talent) - 全rankでCD共有
Scorpid Poison: ちょっぴり効果時間延ばした
hunter pet family armor bonuses and penaltiesを修正したので、多くのpetのaromorがちょっと減っちゃった(3%未満)
Improved Scorpid Sting: 他のSting auraに上書き

Mages
色々変更したのでRebuildせれ
http://feenal.exblog.jp/3052389/

Paladins
Benediction: This talent will no longer incorrectly provide a double discount to Seal of Justice.
Blessing of Light: It is no longer possible for a target to appear to have multiple ranks of Blessing of Light. These multiple auras had no beneficial effect, merely causing confusion. Problems with targeting the spell when the caster has Blessing of Light effect on them have also been fixed.
Divine Favor: It is no longer possible to cast this immediately after a healing spell and "retroactively" make it a critical hit.
Illumination: When several critical effect healing spells are cast very quickly, you will now receive the correct mana refund for each one.
Judgement of Command: Now consumes a charge of the Zandalarian Hero Charm. In addition, when this spell is resisted it will no longer erroneously still do damage.
Judgement of Righteousness: Now consumes a charge of the Zandalarian Hero Charm.
Seal of Command: Clarified tooltip.
Vengeance: Seal of Command critical hits can now trigger this ability.
Vindication: This effect will no longer be absorbed by Grounding Totem.

Priests
Lightwell - 詠唱時間が短く、Lightwellの器がでかくなってクリックしやすく。でもクリックできるようになる範囲はちょっと小さく。
Mind Control - もしPower Word: ShieldをMCしたターゲットにかけたら、Recently Shieldedオーラは自分にではなくちゃんとターゲットに付くように。
Shadowguard - トロル/プリのこのスペルはVampiric Embrace , Blackout , そしてShadow Weavingの効果を発揮するように。さらに、ShadowguardのダメージがZandalarian Hero CharmのUnstable Powerオーラを消費するように。
Spirit of Redemption - このスペルは大量に修正されました。
 プリがこのオーラを持った状態でBGを抜けたら、ちゃんとDeserter debuffを設計通りにちゃんと受けるようにした。
 プリがSpirit of Redemptionの状態でBGを抜けたら、オーラはちゃんと取り除かれて死ぬ事は無くなる。
 Darkmoon Card Twisting Netherはちゃんと動くように。Spirit of Redemptionが消えたら仕様通りに発動する。
 もし、水中で死んでSpirit of Redemptionになっても呼吸バーは出ないようにした。
 WarlockのDrain SoulスペルはプリがSpirit of Redemptionに変身した時にSSを1個作って終了される。
 あなたはもう、最初の死でSpirit of Redemptionを使った時、墓場で30秒待たされる事はない。
Vampiric Embrace - もうこの能力はライフの残っていないターゲットにダメージを与えてもヒールされない。

Rogues
Detect Trapsをpassive skillにした
Pick Pocket: 攻撃扱いにはならない?
Slice and Dice: sound effectを被らなくした
Vanish: VanishでStealthになった時にStealthをキャンセルすると、Vanishの効果も同時に消える

Warlocks
Shadow Ward に新たにランク5追加、ダンジョンで拾えるように。あと、全ランクで吸収できる量が実質的に増加。
Curse of Agony - このスペルのダメージはキャスターが死ぬかエリアを離れても効果を発揮し続ける。
Emberstorm - このタレントはろっきーが Hellfire で食らうダメージも増える。
Hellfire - このスペルで Aftermath が発動するように。
Improved Shadowbolt - 時間ごとダメージスペルとダメージ無しスペルはShadow Vulnerabilityのチャージを消費しない。
Shadowburn - もし、このオーラ付きの対象にDrain Soulを詠唱して、対象が死んでもSSは2個作られない。
Soul Link - もしあなたのペットがバニシュされたら、Soul Linkは途切れてしまう。Soul Linkの説明もImp,Voidwalker,SuccubusかFelhunterにしか効果が無い事を明記する。

Shaman
色々変更したのでRebuildせれ
http://blog.livedoor.jp/madoq/archives/50535691.html

Warriors
Improved Revenge - 対象をスタンする確立が 15/30/45% に変更。
Bloodrage - BloodrageでHealthが二倍消費されているのを修正。
Sweeping Strikes - このスペルは大量に修正されました。
 Executeと連携して使われた時、二番目のターゲットが20%以下のHealthなら全Execteダメージが入る。もし、二番目のターゲットが20%以下でなければ、普通の一振りのダメージを受ける。
 もし、能力を使ってダメージを与えなかった場合、Sweeping Strikesのチャージを消費しない。
 Whirlwindを使って発生した追加攻撃は正常なダメージ範囲を持つように。
 この能力で発生した追加攻撃は、次のターゲットのアーマーを考慮される。
Whirlwind - この能力をSweeping Strikesと一緒に使っても、Sweeping Strikesのチャージは1だけ消費し、追加攻撃も1回だけ発生する。
Retaliation - この能力は全ての接近攻撃が出来る範囲で発動する。
Intimidating Shout - このFear効果の脅し効果は、対象が叫びをレジストしたら効果が発生しない。
Shield Slam - この能力のコストは20RageになりAttackPower(2.2スピード計算)で強化されます。しかし、基本ダメージは減少しました。これはRageごとにより多くのThreatを生成し、さらにRageごとにより多くのダメージを与える事が出来るようになります。
Flurry - これは普通の接近攻撃の振りでしか発動しないと説明を調整。そして、ランク1から4が再び正常に動作するように。あなたが次に3振りするまで持続します。
続きを読む

madoq at 15:54コメント(0)トラックバック(0)patch info 

2006年05月24日

Naxx Attunement

http://www.wowwiki.com/Naxxramas

http://www.whataboutpp.com/nax-key.php

http://www.curse-gaming.com/en/wow/news-57-1-naxxramas-map.html

Exalted   free
Revered 2 Nexus Crystals, 1 Arcane Crystal, 30 Gold
Honored 5 Arcane Crystals, 2 Nexus Crystals, 1 Righteous Orb, 60 Gold

貧乏人はADのRepをExにしろってことですね('A`)
続きを読む

madoq at 18:59コメント(2)トラックバック(0)World of Warcraftpatch info 

2006年05月19日

World of Warcraft: The Burning Crusade Q&A

World of Warcraft: The Burning Crusade Q&A
鰤のリードデザイナーJeff KaplanさんにE3で突撃しますた

続きを読む

madoq at 12:46コメント(1)トラックバック(0)World of Warcraft 

2006年05月16日

映画「日本以外全部沈没」

この秋、日本以外全て消える…『日本沈没』の傑作パロディ『日本以外全部沈没』ミニ記者会見!

日本以外全部沈没?

語呂の悪さも魅力的ぃ lol

筒井康隆といえば、高校時代に図書館で借りまくってなぁ
でも記憶に残ってるのは、七瀬シリーズと文房具の戦争の奴ぐらいだ('A`)
ホチキスの攻撃には度肝を抜かれた
続きを読む

madoq at 14:48コメント(1)トラックバック(0)雑記 

2006年05月09日

PS3安すぎたかも -久夛良木氏

itmedia

また、気になる価格について久夛良木氏は、「安すぎたかも」とそれぞれ内包する技術や原価を考慮した発言をする。久夛良木氏はプレイステーション 2(PS2)の発売時を振り返り、「これはPS3の価格です。高いとか安いとか、“ゲーム機として”というくくりでは考えてほしくないんです。PS3というものは他にはないわけですから。例えば、高級なレストランで食事をした時の代金と、社員食堂での食事の代金を比べるのはナンセンスですよね? これは極端な例ですが、まさにそういうことなのです。そのゲーム機で何ができるか、というのが問題なのです。すばらしい体験ができるのなら、価格は問題じゃないと考えています。プレイステーション(PS)の価格を発表した時も高いと言われました。プレイステーション 2(PS2)のときもそう。しかし、いざ発売されると、どちらもそれまでのゲーム機では考えられないような売れ行きを示しました。それは、どちらもそれ以前のゲーム機では味わえない体験ができたからです。PS3でも、次世代のグラフィックや、ネットワークを介したさまざまなサービスなど、これまでには体験できなかった次世代のゲーム体験ができるようになっています。そして、PSやPS2のように、ゲームの好きの人なら間違いなく買ってくれると思っています」と、価値観をどこに見いだしてくれるかによるのだと言う。

(一部抜粋)

続きを読む

madoq at 19:43コメント(2)トラックバック(0)雑記 

次世代機「プレイステーション 3」を11月11日に62,790円 (20GB) で発売

impress

62,790円 ですってよ続きを読む

madoq at 13:09コメント(3)トラックバック(0) 

Shaman Review Information

Shaman Review Information

ひゃっほううう
Eyonixは本当にShm大好きっ娘ですね
続きを読む

madoq at 12:38コメント(0)トラックバック(1) 

2006年05月05日

2006.5.5牛日記

GWも終盤にさしかかりましたね
皆さん如何お過ごしでしょうか
牛は仕事です('A`)

激しく鯖オチしまくってるみたいで、IRCは阿鼻叫喚です
その流れで、我がSGでは、Nathrezimとかゆー鯖でAllyでPlayしつつ黒岩復帰を待つのが流行となっております
Nathrezim鯖は過疎鯖難攻不落らしく、他鯖が陥落しても大丈夫らしいです

Tukaima> Nathrezim Ally に2キャラ作った
Ryuji> 2もかよw
Tukaima> Lv7 palと Lv10 Dru
Ryuji> おれもなんかつくるかなw
Guren> ato
Guren> Lv3痴女
Ryuji> 痴女かよw
an__> ただいま。
an__> まだあがらないのかなー。。
Guren> あ 痴女キタ━━(゜∀゜)━━ヨー
z_dance> ハァハァ
an__> あれ
an__> わたし?
Z_Joe> NE♂作成
Z_Joe> 4キャラ目・・・w
an__> わたしも
an__> ノームかわいくないから
an__> 作り直します!!!
Tukaima> はやw
Guren> Pal飽きたしRogでも作るかな・・・

えーと、みんなNathrezim鯖を満喫してらっしゃるみたいです
この落ち着きの無さ好奇心旺盛な行動は、まさにこどもの日ならではですね
さぁ、そこの君も童心に帰って
Let's create new Ally character in Nathrezim鯖 |A`)9m

まぁ、そんなこんなで、World of Warcraft Battleplan Vol. 3が告知されてますね
続きを読む

madoq at 12:41コメント(1)トラックバック(0)World of Warcraft 

2006年05月04日

Naxxramas: Road to Damnation

Naxxramas: Road to Damnation

*かなり早い段階で面倒になってエキサイト98%な感じです
-1.11で導入される空中都市だ
-今度はShadow+Frostレジだ
-Bossは16だ
-('A`)

----------
「この頻繁な嫌がらせにはもう飽きたよ。私は数週間の準備と儀式を要する繊細な魔法の重要な研究の真っ最中だったんだ。」
Kel'Thuzadは、彼の直談判が受諾される前に、数時間待つことを強いられていた。その集団のうわべの発言者であるDrendenとModeraは彼にずけずけ言ってくる批評家であった
それにもかかわらず、彼らはAntonidasからサポートなしでこの最新の尋問に着手していないでしょう。(まだ、Antonidasは自分を見せていませんでした)。 老人は何をしていましたか?

Drendenは鼻を鳴らしました。 「繊細と呼ばれる魔法があるなんて初耳だ」

「無知な男からの無知な意見だな」と、Kel'Thuzadは冷静かつ正確に言いました。

友人のかすかな声が聞こえた。最近、ことばがとてもなじみ深くなったので、それらは彼自身の考えであるかの様に感じている。 彼らは、あなたを恐れて、ねたみます。 結局、この新学習指導要領おかげで、あなたは、知識と権力を獲得し続けています。

突然、光が瞬き、そして、しかめつらの白髪のarchmageはホールに現れました。 小さい木製の箱は小脇に抱えて押し込まれました。
「私が自分でそれを見なかったなら、それを信じていなかったでしょうに。」
「Kel'Thuzad、あなたは最後に私たちの忍耐を悪用しました。」

「偉大なるAntonidasはついに彼の存在で私たちの栄誉を与えます。」
「私は、あなたが病気になったと思い始めました。」

「老いがあなたを怯えさせるんでしょう?」 Antonidasは折りました。
「あなたは、唯一の代替手段しかないと認識してますね。」

それで納得するなら、彼にそのように思わせよう。

いくらか静まって、「私の健康に関して、あなたはタッチする必要はありませんでした。」と、Antonidasは言いました。
「私はほかの場所で単に忙しかったです。」

「禁制の魔法に関する証拠のために私の部屋を調べてるのか?もっと分別を持った方が良いぞ」

「本当に、あなたの部屋はどんなそのような痕跡も有りませんでした。あなたがnorthlandに所有してる倉庫には…」
Antonidasはうんざりしている視線を彼に向けました。

独善的な詮索は忌々しい。 「お前にそんな権利があるのか・・」

Antonidasは床を杖で打ち、彼を黙らせて、他の魔法使いに振り返った。
「彼は一連の不正な実験のために建物を実験室に変えました。自分の目で確かめてください。彼の努力の成果をとくとご覧ください。」
彼は、すべてが見られることができるように、箱を開いて、それを傾けました。

数匹の腐ったネズミが生き残っていた。 2匹は箱の側面に逃げる無駄な試みでまだ不器用にもがいていた。 数名の魔法使いが後ずさり、そして、驚愕した。 部屋の後部に座り続けていた金色の髪の高いElfさえ、驚かされるように思えました、Kael'thas王子は時代がその功績をほとんど不可能にした男性でしたが。

とりこになっているネズミに変わって、Kel'Thuzadは、それらが、崩れて、動くのを止めたのを見ました。 明らかにもう1セットは失敗だった。 無問題、いつか、彼は安定した「Undead」標本を作成するでしょう。 彼のきつい仕事は正しいと立証されるでしょう。 それは時間の問題にすぎませんでした。

あなたを黙らせるスペルにはゆるい糸があります。 どのようにそれを解くかをあなたに示しましょうか?


時間、および彼の未知の同盟国。その不思議な声は、時折彼が彼の目標の1ステップより近くに移るのを助けました。彼の考えたことを私に見せてください。


若い女性は光に関する別のフラッシュに到着しました。 彼女がAntonidasのそばに立ちに行ったとき、高い小妖精の凝視は困った繁殖用強度で彼女に続きました。 しかし、Jaina Proudmooreは注意しませんでした; 彼女は全く彼女の義務に焦点を合わせられました。 素敵な王子は機会がありませんでした。

彼女の生き生きとした青い目は好奇心の強い一目をKel'Thuzadに割きました。 彼女はAntonidasから箱を取りました。(Antonidasは「私の見習いは、胸とそのコンテンツが焼却されるように気をつけるでしょう。」と説明しました)。

部屋から首をかしげて、瞬間移動した女性。 部屋の向こう側に、高い小妖精は彼女が空けたスポットに向かってまゆをひそめました。 他の状況で、Kel'Thuzadは、無言劇がおもしろいのがわかったかもしれません。 しかしながら、左では、論争されなくて、Antonidasは彼の激論を続けていました。 無言で憤慨して、Kel'Thuzadは自分を解放するための彼の努力を再開しました。

「私たちは十分長いこの形勢を可能にしました。」 時折彼の、より疑わしい追跡のための彼の指関節を叩きました。 彼を誘導しようとしました。 今、私たちは、彼が不吉な魔法を練習しているのがわかります。 「Kirin Torという名前は地元の村人の唇で速く呪いになっています。」

「あなたは横たわります!」 Kel'Thuzadは外ではち切れました、そして、彼が説明を提供するのを待っていて、博士のいくつかは再び彼のものでした。 「農民は私たちがよく覚えているようにただSecond戦争を覚えています。」 あなたがorcsに関して好きであることを言ってください; 彼らの魔法使いは大国を振るいました。 私たちがほとんど貴重なディフェンスを持っていなかったパワー。 私たちには、義務があります: 「私たちは、自分達でこれらの魔法を振るって、対抗するのを学ばなければなりません。」

「死んでいるネズミの大群を形成するために、それらの不自然な存在は何時間も測定しましたか?」 Antonidasは無味乾燥に尋ねました。 「はい、坊や、また、私はあなたのジャーナルを見つけました。」 あなたはこの大嫌いな企業に関するかなり詳細な記録をつけました。 あなたは、orcsに対してこれらの哀れな生物を使用するのを意図することができません。 「もちろんorcsがそれらの現在の虚脱感から現れるはずであると仮定して、捕虜収容所から逃げてください、そして、どうにかもう一度脅威になってください。」

Kel'Thuzadは、「あなたより若いのは少年時代の間、辛くも私に資格を与えます。」と反論しました。 「ネズミに関して、それらは私が進歩を測定するゲージです。」 「それは標準の実験テクニックです。」

ため息。 「私はあなたが最近北であなたの時間の大部分を過ごすのを意識しています。」 あなたのますます長い不在は第一に私の留意を捕らえたことでした。 しかし、あなたさえ、王の新しい税金が市民の不安をもたらしたと聞いたに違いありません。 あなたのパワーの利己的な追求は反乱に小作人を扇動するかもしれません。 「Lordaeronは内戦で巻き込まれるでしょう。」

彼は税金に関して知っていませんでした。 Antonidasは誇張しなければなりません。 そのうえ、本当の博士は、より大きい物質の問題に焦点を合わせるでしょう。 彼は、提供して、歯をきしませます「私は、より慎重になる」。

「思慮深さのどんな量もこの大きさの秘密を隠すことができませんでした。」と、Drendenは言いまし
た。

「あなたは、私たちが私たちの同胞自身を危険にならないで保護するためにいつも細い線を歩いたのを知っています。」と、Moderaは言い足しました。 外観と、確かにない、私たちは実はない人間性を犠牲にする勇気がありません。 「せいぜい、あなたの方法は、私たちが異端者として非難されるのを見るでしょう。」

それはあまりに多くでした。 「私たちは何世紀もの間、異端者と呼ばれています。」 教会は私たちの方法が一度も好きであったことがありません。 「そのような感情にもかかわらず、私たちはまだここにいます。」

彼女は首を縦に振りました。 「私たちが不正とカタストロフィーにつながる暗い魔法を避けるので。」


「私たちが必要であるので!」

「十分。」 Antonidasは疲れきるように聞こえました。 ModeraとDrendenに、「単語だけが彼に届いたかもしれないなら、現在以前、そうしたでしょう。」と、彼は言い足しました。


「私はあなたの言葉を聞きました。」と、Kel'Thuzadはかんしゃくを起こして言いました。 「慈悲深い神、私は彼らにはうんざりするまで彼らを聞きました!」 「それは私のものを聞いて、古めかしいfeaをわきへやらないあなたです」

Antonidasは、「あなたは今日、ここで私たちの目的を間違います。」と中断しました。 「これは討論ではありません。」 この瞬間、あなたの所有地は徹底的に捜されています。 「いったん私たちの満足に特定されると、暗い魔法で汚れたすべての項目が、押収されて破壊するようになるでしょう。」

彼の無名の同盟国は、これが起こるかもしれないと彼に警告しましたが、Kel'Thuzadは信じていませんでした。 奇妙。 出来事がこのパスに来たのにほとんど安心していると彼は感じました。 秘密主義の必要性は、彼の仕事の範囲を制限して、彼の前進を妨げました。

「証拠の観点から、Terenas王は私たちの判断に同意しました。」と、Antonidasは大いに言いました。 「あなたがこの狂気を捨てないなら、あなたのランクと持ち株はあなたから奪い取られるでしょう、そして、本当に、あなたはDalaranから国外に追放されるでしょう、Lordaeronのすべてから。」

彼の心が競走をして、Kel'Thuzadはホールを曲げて、出ました。 彼の動作が世間一般に知れ渡るなら跳ね返りを恐れて、確かに、Kirin Torは彼のいわゆる不名誉を静かにさせていました。 一度だけ、彼らの臆病は彼の好意で働いているでしょう。 彼の富は王の金庫を決して裏打ちしません。

* * * * *
遅れる前にオオカミの群れはまさしくスペル範囲からKel'Thuzadに何マイルも忍び寄りました。 用心して振り向きざまにちらりと見て、彼は、彼らが怒鳴って、駆け去る前に耳を平らにするのを見ました。 また、幸い、北極風は死に絶えていました。 遠くに、彼はサミット、荒涼な山頂を理解することができました。その光景は勝利と不吉な予感の感覚を彼に与えました。 Icecrownのまさしくそのピーク。 わずかな探検家は、氷河に冒険して、物語を言うために生き残ってさえいませんでした。 しかし、彼(Kel'Thuzad)は、単独で高さをスケーリングして、他の国々を軽蔑するでしょう。

残念ながらほとんどどんな地図もNorthrendの極寒の大陸を存在させませんでした、そして、彼はそれらが悲惨に不十分であることがわかりました、彼が誇らしげにそうする供給がこの旅行のために荷造りしたように。 先の経路と彼の最終仕向地で不確実であることで、彼は瞬間移動することができました。瞬間移動しません。 のんきに構えないで、彼は前方へよろめきました。 彼は彼がどれくらい長い間歩き続けていたかに関する道をなくしました。 彼の毛皮で裏打ちされた外套にもかかわらず、彼は手に負えなく身震いしていました。 彼の脚は石の柱のような気分でした: 無器用であって、無感覚です。 彼の身体は停止し始めていました。 すぐ避難しなかったなら、彼はここで死ぬつもりでした。

結局、光の閃光は彼の凝視を引き起こしました: 石のオベリスクは不思議なシンボル、要塞でそれを超えて彫刻されました。 ついに! 彼は、オベリスクの先で急いで、純粋なエネルギーに似ていたものに関する橋を越えました。 要塞のドアは彼のアプローチで開きましたが、彼はぱったり止まりました。


入口通路はウエストからの類似の巨大なクモが倒す2つのグロテスクな生物によって警備されました。 6本の狭い脚が各生物の重さを支えました; 他の2つの手足がばく然とヒト類似の胴への兵器のように付けられました。 もっとも、生物自体より魅惑的であるのは、彼らの現状でした。 彼らのボディーは開いている傷の分類を示しました。その最悪はおよそ包帯されました。 1つの警備の腕はありそうもない角度で曲げられました。 膿漿はもう片方の牙がある胃袋から浸出しましたが、護衛はそれをふき取るための努力を全くしませんでした。

ネズミを捕る「非-死」、番人の悪臭が、Kel'Thuzadのものと異なった混乱のどんなサインにも示さなかったなじみ深さにもかかわらず。 また、クモのような生物は彼らの元の強さとコーディネートの大部分を保有したに違いありません。 さもなければ、彼らは不十分な番人を作ったでしょう。 彼らの創造者は明確に熟練した魔術師でした。

彼が驚いたことに、彼を通らせるように、彼らは脇へ退きました。 彼の幸運に質問するために不本意であることで、彼は喜んで要塞に入りました。(それは、かなり暖かかったです)。 先の廊下に、半分クモの生物の1つの強打された像がありました。 ビル自体は最近の建築のものでしたが、像はかなり古かったです。 考えてみると、彼は彼が北を途中に通り抜けた古代遺跡の同様の像を見ました。 寒さは彼の機知を遅くしていました。

推測のときに、魔術師は、これらのクモのような存在の王国を征服して、首尾よくそれらを「非-死」に変換して、戦利品としてそれらの宝物をみなしました。 喜びは彼をいっぱいにしました。 彼は確実にここですばらしいことを学ぶでしょう。

ホールの端では、巨大な生物は視点へ重々しく動きました: 甲虫とクモのグロテスクな混合物。 それはゆっくりとしたペースで彼に近づきました、そして、Kel'Thuzadは高くそびえているボディーがさらに大きい数の傷と包帯を見せびらかしたのを観察しました。 番人のように、それは「非-死者」でしたが、大量が全くであったので、彼は感銘を与えられるより怯えていると感じました。 彼は、そのような怪物を負かすか、またはまして、死者からそれを上げることができるくらいの技能があったと疑いました。

生物は重々しいボディーの中で響きわたった深いバスの声に彼に挨拶しました。 完全に理解できるCommonを話しましたが、音は彼が寒かったです。 奇妙な騒音とクリックは単語をunderlaidします。 「マスターはあなたを予想するarchmageです。」 「私はAnub'arakです。」

それには、知性とスピーチのための運動神経の能力の両方がありました--驚かせます! 「はい。」 「彼の見習いになりたいと思います。」

巨大な生物は彼で単に下を見ました。 ことによるとそれは、彼がおいしい軽食を作るかどうかを討論していました。

彼は神経質に咳しました。 「私は彼を見てもよいですか?」

「やがて」、Anub'arakは鳴動しました。 「これまでのところ、あなたは知識の追求に人生をささげました。」 賞賛に値する目標。 「それでも、mageとしてのあなたの経験はマスターに役立つようにあなたに準備させたはずがありません。」

何がそのようなスピーチを奮い立たせることができましたか? 家令は、Kel'Thuzadがライバルであると考えましたか? それはできるだけ早く晴らす誤解でした。 「Kirin Torの元メンバーとして、私には、私のコマンドにおけるあなたがたぶん想像することができたより多くの魔法があります。」 「私はマスターが私に与えるどんなタスクのためにも準備されるより多いです。」

「私たちは見るでしょう。」

Anub'arakは地球の下で遠くにそれらを取った多くのトンネルを通って彼を導きました。 ついに、Kel'Thuzadと彼のガイドはしたがって、Anub'arak前述の名前がNaxxramasであった巨大なジッグラトに現れました。 構造から、ビルは半分クモの生物の別の製品でした。 本当に、居住されたAnub'arakが迅速にそれらの目新しさを失った「非-死者」もので彼に示した最初の判事室。 また、「非-死者」の中をあちらこちら軽快に進んだ実際のクモ、クモの巣と俗人を忙しく回転させるのは卵を採集します。

Kel'Thuzadは彼の嫌悪を隠しました。 彼は満足を巨大な家令に与えないでしょう。 「非-死者」クモものの1つを示して、「あなたはそれらとして何らかの類似を持っています。」と、彼は言いました。 「同じレースからあなた達を皆、得ますか?」

「nerubianレース、はい。」 そして、マスターは来ました。 彼の影響が広まったとき、私たちは機会があったと愚かに信じていて、私たちが彼で戦いました。 私たちの多くが、「非-死」に殺されて、育てられました。 人生では、私は王でした。 「今日、私は地下室支配者です。」

Kel'Thuzadは、「不死のお返しに、あなたは、彼に役立つのに同意しました。」と声を出して黙念しま
した。 顕著。

「'同意'は選択を含意します。」

魔術師が「非-死者」から服従を強要することができるのを意味しました。 Kel'Thuzadは1番目が彼自身の自由選択がここに来ることであるならそうします。 かすかに平静を乱されて、彼は話が変わりました。 「この場所はあなたの親族でいっぱいです。」 私はそれで取ります。「あなたがここで判決を下すか、」

「私の死の後に、私は私たちの新しい主人のためにこのジッグラトを征服しながら、同胞を始めました。」 また、私は彼のデザインに役立つようにそれを変更する過程を監督しました。 しかしながら、Naxxramasは私の権威の下で落ちません。 また、私の同胞はその唯一の占有者ではありません。 「これは4つの翼のうちの1であるだけです。」

「その場合、進行中の地下室支配者を導いてください。」 「残りを私に示してください。」


* * * * *続きを読む

madoq at 17:47コメント(2)トラックバック(0)World of Warcraft 
Blog Search

Google MMO徒然内
Recent Comments
  • ライブドアブログ