2009年03月11日

ニコる。 601 Blue Label Maduro Torpedo review

601BlueMaduro-1

601 Blue Label Maduro Torpedo
handmade in Esteli, Nicarguaga
Wrapper : Nicaraguan Maduro
Binder : Nicaragua
Filler : Nicaragua
Size : 6 1/8x52
Price : $40.00/5stick
Purchase : Leaf&Ale, Atlantic
HumidorTime : 2week
My Rating Sheet : 83/100
Flavors:
1st Third: mellow spicy/coffee/nutty/creamy
2nd Third: cocoa/earthy
last Third: earthy/bit bitter/harsh

601 by EOは、PepinGarciaとUnited Tobacco社のErik EspinosaとEddie Ortegaによってそのブレンド決定され、ニカラグアEsteliのTabacalera Cubana factory(TACUBA)で生産されている
ブランドの設立は2006年である
2007年3月からリリースが開始された601 Blue Label Maduroシリーズは、Pepinの手がけたシガーの中で初のBox-pressedのMaduro cigarとなった
フルボディで、filler/binderに熟成を経たニカラグア葉を使用し、wrapperはNicaraguan Maduroとなっている




601BlueMaduro-2
やや厚めのラッパーではあるが、葉脈は殆ど目立たず、長方形にBox-pressされている
巻きは若干緩めでドローは良好

601BlueMaduro-3
序盤、かなり柔らかい印象のスパイシーさに始まり、酸味を持ったコーヒーの香りとnuttyさで楽しませてくれる

601BlueMaduro-4
中盤に入ると、ココアの風味とearthyへと変化するが、次第にコクが薄くなっていく

601BlueMaduro-5
終盤に差し掛かると、苦味が目立ち始め、コクの薄まりと相まってharshさが強まっていく

序盤はミディアムフルで、中盤以降はミディアムとなり、同時にコクの薄まりに飽きを感じた


madoq at 00:52コメント(0)トラックバック(0)ニコる。 シガーレビュー/cigar review | 601 by EO 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Blog Search

Google MMO徒然内
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ