09


ぐるぐるぐるぐる 

と編まれているのではなく
巻かれている紅籐。

この巻かれ方、ケーキのあれのようです。。

ファーがのって、ぐるぐるの籐
職人泣かせの素材

出来上がったバッグはとっても印象的。


一本手のバッグがお店に届き
同じシリーズで二本手のバッグもこれから入荷するのですが

一足先にebagos通信vol.5でご紹介しています。
ぜひのぞいてみてくださいね。



(井口)

 



紅籐(べにとう)がたっぷり使われたカゴバッグは

いつも仕事で真面目なバッグを持っていたら

今日の休日は気分をかえたいな〜とか

そんなふうに思う日に持ってお出かけしたら

きっとなんでもない休日も楽しい一日だったなと

そう思えそうです。

17454-m-01-dl

ぷらぷらとカゴをお供にお出かけした日は

普段は買わないお花やちょっといいワインやパン

そんなものに誘われて気がつけばゆるりといい気分。


お花を飾り、まだ明るい夕方からワインをあけて

一人ゆ〜ったり時間を過ごす。


あっと言う間に過ぎ去ってしまう毎日で

そんな日がけっこう特別だったりします。



(井口)














FullSizeRender (74)


この素材は職人泣かせ
なのだそうです。

4.5mmのストロー素材のブレード。
この素材をここまで細かく縫うのは難しいそうです。

ハンドミシンで仕上げられているのですが
縫い上げれる職人さんはとっても少ないと
おっしゃっていました。


細かいピッチで綺麗に縫い上げられているので
とっても上品な雰囲気で

あの黒の持つと不思議といい感じになるバッグ

素材のこういう秘密があったから...

そう思いました。

この春夏も4.5mmストローブレードのバッグが
1本手2本手と作られていて
また秋冬にも
1本手、2本手が作られます。

秋冬のファーと、ちょっと新鮮な紅籐使いで。

明日のebagos通信vol.5でご紹介いたしますね。
是非ご覧になってくださいね。


(井口)


 



ebagos通信vol.3でもご紹介のレッキスファーのシリーズが今日届きました。

カラフルな色、ツヤのある手触りの良いレッキスファーに
目が行ってしまいます。。

が、しかし、カゴの部分に「白籐」という素材が使われていて
この素材の特徴は

“白から飴色に変化する”

だそうです。


何にも染まっていないピュアなイメージ。

いったいどのくらいの年月で飴色になるのでしょう。


FullSizeRender (77)

革や天然素材の色の変化は使い手の人、それぞれ十人十色
なんだそう。

だからご自分のペースで
自分なりに育てていく。

それもこのカゴを持つ楽しみの一つになりそうです。


(井口)




 暑さも一瞬吹き飛んだ...

うきうきする

秋冬のはじまり。


FullSizeRender (80)


デンマークのアンティークのリボンをカゴにまとって。

とても愛おしく感じるのは
アンティークと現代のものが出会って
人の手によって新しいものとして生まれて
今ここにある。

そしてまだどなたかの手の中で大切にされていくんだな
と思うと、ただかわいいだけじゃなく

とても優しい気持ちになります。


デンマークのアンティークリボンのカゴバッグ>>>



(井口)



A4ノートを入れて
パソコンを入れて

が何より大事な必需品のお客様のお仕事バッグは

想像するに
布かレザーか丈夫なもので肩にかかる実用的なもの

という感じでしたが

お店にその日もお持ちだったebagosの定番トートの
カゴバッグでした。


IMG_2336

このカゴバッグに必要なものは入れて仕事でもお使いだそう。

がんがんと毎日使っているので、特別にカゴをもっている
という感覚よりは今では仕事の相棒のように
馴染んでいるそうです。


IMG_2366

ただ打ち合わせで会った人には
カゴからパソコンがでてくるから
ちょっとびっくりされることもたま〜にあるそうで

それもコミュニケーションにつながったり
自分の事を覚えてもらえたりと
そんな役割りもしてくれているそうです。 

すっかりお客様の個性の一部になっているんだなぁと
とっても素敵でかっこいいなと思いました。


ebagosの定番トート


2017AWebagos通信>>>

(ebagosの最新情報、綴っております)

2017AWebagosご予約ページ>>>


NEWS 本日はebagos2017AWシーズンの初発売日です>>>


(井口) 

 

運命かも...

なんてお話をする事があります。

お店で荷解きをしているタイミングでご来店のお客様が
「出会ってしまった...」と。

梱包から出てきたebagosのバッグが
もしも自分の目の中に飛び込んできたら
それは出会い、かも知れません。

普通は目に入っても通り過ぎるものが多い中
もしも目の中にとどまってしまったり
心がぎゅーんと鳴ったりしたら...


・2017AW新型
キャンバスと紅籐のたっぷり荷物の入るバッグ

・マグ
・どんぐり
・バーキン
・肩かけフォーマル

・2017AW新型
プリントスカーフのトート型

・2017AW新型
デンマークのアンティークテープ(1点ものシリーズ)

・2017AW新型
スマイリーバッグ



明日はebagos2017AW 秋冬ものの 初・発売日。 
マドリガル北店に届きます。
マドリガル南堀江店、ムジークは明日は定休日のため
明後日13日木曜日に届きます。

一部のバッグは撮影後に店頭に並ぶものもございます。

ぜひお立ち寄りくださいね。


ebagos 2017AWのこと、こちらのページでも綴っています。
2017AWebagos通信>>>


(井口)

 



ebagosの展示会で目に入ったのは
綺麗な発色のファーでした。

触れてみると
とってもきめ細やかで滑らか。

いろんな素材と組み合わされて
いろなデザインがありました。

秋冬のオシャレ心がくすぐられはじめる......


51


夏本番はこれからですが
想像、妄想は今からでもしちゃえます......!

ちょっとづつ
秋冬のイメージを>>> 

ebagos通信vol.3 がアップされました。
是非ご覧になってくださいね。

ebagos通信

(井口)
 

↑このページのトップヘ