2010年10月28日

DELL 30インチハイエンドモニタ U3011を見てきた

IMG_1598[1]

DELLの新型ハイエンドモニタの最高峰である、U3011を見てきました。

このモニタは、DELLのモニタラインナップ3段階の最上位ラインナップの中でも頂点に立つモニタで、価格も15万円位するモニタ。

ちなみに、DELLはモニタ市場ではかなりの数を売っている会社で、各種媒体での評価も高評価を得るモニタを多く排出しています。PCメーカーだけあってセットで買う方が多いのと、普通にセットモニタ以上のクォリティで製品を出しているので単体での購入も多いようです。

自分は自宅でこのモデルの最初の機種WFP3007を使用しています。

IMG_1601[1]

マルチで。

この機種も、登場当時は価格破壊的な金額で登場しIPSで高画質かつ2560*1600という高解像度でそこそこ売れたようです。
ただ、入力端子がDualLINKDVIが1つだけで、スケーリングの回路も積んでいなかったのでPS3やXBOX360などを接続できないorしても中央にチョコンと表示されるというもので、完全にPC専用のモニタでした。

その後、ユーザから入力端子の要望が強かったこともあり、WFP3008では入力端子も増え、今回のU3011ではHDMIや色差信号に加えてDisplayPortも搭載し、ほぼ死角なしのモニタとなりました。

IMG_1598[1]

また、3007と比べると排熱量が減り厚さが薄くなりました。
3007は使用していれば部屋は暖房要らずで、昔のGateway2000みたいな感じでしたが、今回のU3011はWFP3008と比較して2-3割の消費電力の削減を行い、使っていても熱くならなくなりました。
ここは、現在3007をマルチモニタで使用している身としては非常に羨ましいところですが、これから寒くなってくるので3007の方が有利だと思うことにしますw

U3011は大型なので消費電力の削減ならバックライトのLED化が有効なのではないかと思うのですが、まだLEDでの色域に問題があるので採用していないとのことです。
また、同ライナップでも他のサイズではモニタが縦横に回転するのにU3011をはじめ30インチ機種では回転しないのはなんで?って聞いたところ、やはりバランスが悪くなってしまい転倒の危険性があるからとのことでした。
ちなみに、背面でスタンドを固定してるところは100mmVESAなので、ネジを外して横に付け直せば付くよ!!との事。w  3007でも爪を折れば可能!!とのことでしたが、いやー重いしでかいしちょっとその作業はなぁ。

同ラインナップで出ている27インチは5万円台で買えて人気機種となっていますが、その3倍の金額をだしてこの機種を買う意味は十分にあると思います。
15万円とちょっと高いのですが、3年間無料保障がついているので3年4年と使うものと考えれば、昔NANAOの20インチモニタを買った時より安い買い物なのではないでしょうか。
そういえば、うちの3007ももう4年経つんだな〜

<■>


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mae_kawa/52084208
この記事へのコメント
U3011は大型なので消費電力の削減ならバックライトのLED化が有効なのではないかと思うのですが、まだLEDでの色域に問題があるので採用していないとのことです。
また、同ライナップでも他のサイズではモニタが縦横に回転するのにU3011をはじめ30インチ機種では回転しないのはなんで?って聞いたところ、やはりバランスが悪くなってしまい転倒の危険性があるからとのことでした。
ちなみに、背面でスタンドを固定してるところは100mmVESAなので、ネジを外して横に付け直せば付くよ!!との事。w  3007でも爪を折れば可能!!とのことでしたが、いやー重いしでかいしちょっとその作業はなぁ。
Posted by スーパーコピーバッグ専門 at 2013年03月18日 12:06