広島でリフォームを通じて日々感じる事を綴ります

2011年05月

2011年05月30日

桜下亭 見学会

昨日は、台風が近づいている中、桜下亭現場見学会を開催しました。5月に台風が来るなんて私の記憶では過去なかったんですが、それにしても風が強かったですね。沖縄では瞬間風速55mを超えたとか。

季節はずれとは言え、びっくりした1日でした。

そんな中にも関わらず多くの方にお越しいただきました、ありがとうございます。特にランチは満席で盛り上がりました。

house29-1



オーナーと話していましたが、今度からブライダルもやるようですね。
プロデュースはこちら、ラ・マリアージュ

これからも新たな展開が起こりそうで楽しみです。

maedahsg at 21:07|この記事のURLComments(0)

会社の価値について

月に一回理念の勉強会を開催しています。
社員さんみんなでそれぞれの設問にディスカッションしながら健全な価値観を学んでいく会社にとっても重要な勉強会です。

今回の設問、「私達の会社の価値について」。

いろいろな意見が出てきました。

「お客様のありがとうの言葉が働く意欲となる」
「人と人とのつながりを大切にしている」
「お客様に認めてもらえる事が嬉しい」
「いいものを作ろうとスタッフや職人さんが一所懸命頑張っている」
「スタッフの言い易さ」
「小工事や中古購入+全面リノベーションなど家に関する事トータルに提案できる」
「素直でアットホームな社風」・・・・


「あなたの価値は何ですか?」と言われてもなかなかすぐには答えられないかもしれません。しかし、会社が存在していると言う事は必ずそこに価値があるからです。ただ、なかなかその価値に気付いていません。だからこそこのように「会社の価値は何か?」「自分の価値は何か?」考えてみるのもいい機会です。

私達は、住宅事業を通して、快適な住空間を創造し、お客様に満足していただき、社会にも還元し、そして関わる人たちに幸せを感じてもらう事に存在意義を感じています。

仕事の喜びはやはりお客様からの「ありがとう」です。
面接の時に必ず聞く「あなたの価値観は?」という質問。人それぞれ価値観は違いますが、 お客様からの「ありがとう」や「うれしい」という言葉をいっぱい集めることが会社の最優先価値観になっています。

どんなにつらいことがあっても、お客様から「ありがとう」と言ってもらえることで「また頑張ろう!」と思えます。
これからも人に喜ばれるような仕事、ありがとうと言ってもらえる仕事をしていきたいと思います。



maedahsg at 10:00|この記事のURLComments(0)

2011年05月28日

5月29日 桜下亭 現場見学会開催

「世界へ発信する伝統とモダンのクロスカルチャー」


先日、フリーペーパー「CHIC」の取材を安佐南区長束西の「桜下亭」が受けました。

20110527202616


20110527202720



「CHIC」は「50代から愉しむこだわりライフマガジン」として、グルメや旅などを良く特集していますが、今回は「古民家」を特集しています。

私も取材を受けましたが、古民家再生にあたり難しかった点として、耐震補強やコスト内での「こだわり」の要望に近づけることでした。古民家再生は木の持つ良さを最大限に活かす一つの方法です。

古材は入手するのが難しく、また職人の技も失われつつあります。だからこそ絶やすことなく、古民家の活用法を模索しながらこれからも広島の古民家を再生していきたいですね。

5月29日に現場見学会を開催します。



●5月29日 桜下亭見学会開催

築100年の古民家を改装した「桜下亭」の現場見学会を開催します。
「桜下亭」は広島のテレビや雑誌などのメディアに数多く取り上げられた今話題の古民家フレンチレストランです。
空家で傷んでいた古民家をオーナーの「人が集まる場所にしたい」という想いからスタートした古民家改装です。当日は見学来場者のみランチ500円割引も行っています。ぜひこの機会にお越しください。

日時:5月29日(日) 10:00〜15:30
場所:広島市安佐南区長束西3丁目9-17
連絡先:082−876−0496
駐車場:横に20台あり
見どころ:築100年の家を支えた大梁が見せる天井
     癒しの時を刻むなごみの囲炉裏
     名作庭家 重森三玲作の見ごたえある庭
     古材とアンティーク材を組み合わせた和モダン空間
     漆喰や土壁をふんだんに使った自然素材あふれる心地よい空間

maedahsg at 09:00|この記事のURLComments(0)

2011年05月27日

広がる太陽光発電

ソフトバンクは全国にメガソーラーを建設することを発表しました。「自然エネルギー協議会」を設立し26道府県が参加の意向を示しています。

太陽光発電の普及がまた弾みがついてきました。
09年度の国内住宅用太陽電池の出荷量は前年の3倍近い54.4万kwに急増しています。10年度は9ヶ月間で既に63万kwを超えています。

システムを導入する際の国の補助金に加え、自治体やメーカー独自の補助金制度や余剰電力の買い取りが太陽光発電の普及を促しています。

4月に受付が始まった補助金は1kwあたり48000円と前年度の70000円から下がりました。電力会社の電力買い取り制度も昨年の48円から42円と6円下がりました。

しかし、初期費用も下がっており工事費込の販売価格は3kwで200万円を切るところまで下がりました。中には150万円前後の商品も出てきています。

住宅メーカーも太陽光発電と蓄電池のセットを組み込んだ戸建て住宅を販売し始め、今後の普及が一層広がるでしょう。

広島県内の各地方公共団体でもそれぞれ補助金を出しています。

●広島市 「平成23年度 広島市住宅環境性能向上補助金」

 受けられる補助金:1件あたり5万円
 申請期間:2011年4月 1日〜2011年2月24日

●府中町 「平成23年度府中町住宅用太陽光発電システム等普及促進事業補助金」

 受けられる補助金:1件につき7万円
 申請期間:2011年4月 1日〜

●海田町 「海田町住宅用太陽光発電システム等普及促進事業補助金(平成23年度)」

 補助件数:40件。
 受けられる補助金:1件あたり7万円
 申請期間:2011年4月 1日〜2012年3月31日

●熊野町 「平成23年度 住宅用太陽光発電システム等設置費補助金」

 受けられる補助金:1件につき10万円。
 申請期間:2011年4月 1日〜2012年4月15日

その他の地域でもあるのでぜひ一度調べてみてください



maedahsg at 21:22|この記事のURLComments(0)

2011年05月26日

2030年 全戸に太陽光発電

管首相は、フランスで行われているG8首脳会議で2030年にすべてのビル、住宅に太陽光発電を設置する「サンライズ計画」を発表しました。

福島の原発事故を踏まえ、太陽光や風力、バイオマスなどの再生可能なエネルギーを重視する姿勢です。

計画の中には太陽光発電のコストを2020年には現在の1/3に、2030年には1/6まで引き下げる方針。

実現可能かどうかはともかく、浜岡原発の停止と太陽光発電の全戸設置という思い切った自然力エネルギーへの転換の方針を明確に出しました。

そんな中、ソフトバンクの孫社長が大規模太陽光発電所「メガソーラー」の普及を図るために19道県の知事らと建設の発表を行いました。

休耕田など用地の提供を受けるなどして進め、1施設で一般家庭5000世帯分の電力をまかなえるメガソーラーを全国で10カ所程度の建設を予定しています。

原発事故以降日増しに増える太陽光発電への期待、私どももお客様からお問い合わせをいただきます。今後自然エネルギーとして大いに期待できる太陽光発電、この機会に検討してみてください。


maedahsg at 22:54|この記事のURLComments(0)

2011年05月24日

悪質業者にお気を付け下さい

先日、一般社団法人 日本増改築産業協会(ジェルコ)の会議で東北支部の支部長らが震災後元気な顔で出席してくれました。

仙台市の中でも被害の大きかった地区だったので震災の時は本当に心配しましたが、何とか今は動けるようになったということだったので一安心です。

現在は、ブルーシートを持って、お客様の家の屋根にかけているようですが、なかなか職人さんがいないと言う事で大変という事でした。

また、他県からやってきてブルーシートをかけて20万円の法外な請求をしてくる業者がいるらしく、この大変な時にやはりというか悪質な業者も出てきているようです。ぜひ気を付けてもらいたいものです。

過去の震災を見ても儲かるとみると、他県から入ってきてぱっと荒稼ぎして出ていく会社もいます。私も芸予地震の時にお客様から相談を受けたのが、「鳥取から来た業者なんだけどどう?」と言われて調べてみたら、どうも阪神大震災〜鳥取地震〜芸予地震と震災があるたびに回っており広島に仮事務所を借りている業者でした。

リフォームは、500万以内なら建設業の許可もいらず、明日からでも始められる参入障壁の低い業界で、リフォーム会社や建築会社に勤めていた社員が辞めて、ある日名刺を持って営業を始めると言う事も可能です。お客様はよくわからないので面識があったり、人がよさそうだったりするとつい頼んでしまう人もいるでしょう。

しかし、何かあった時の保険や10年後不具合が出た時の対応などどうなるかわかりません。大きな確率でその時はあきらめるようになるかもしれません。

これは、建設業の許可や資格が無くてもできるリフォーム業界特有の問題かもしれませんが、、先日「マイベストプロ広島」のコラムを読んでいると、弁護士の世界にも「悪質な弁護士」がどうもいるようです。

司法試験は難しいし、弁護士は社会的地位もありますからそんな人はいないと思っていましたが、今問題になっている消費者ローンの過払い金の案件ではいろいろとトラブルもあるようです。県外から来て無料相談会を開催し、そのような客を集めては報酬をとるようですが、儲かりそうにない案件は受けないようです。

そういえば、先日のジェルコの会議で、お客様が安心してリフォーム相談できるような業界にしていこうと、リフォームに特化した新しい資格制度を国交省に提案しましたが、国としてはあまり新たな制度を作る考えが無いようです。

何故なら、国家試験である一級建築士の資格を持った人でさえ、問題を起こしたからです。記憶に新しい「耐震偽装事件」です。国のお墨付きの資格で問題を起こされたら頭が痛いところです。こうなってくると、資格や許可証の問題だけでなく、その人の資質の問題になってくるでしょう。

確かに、警察や教師でさえ全国的に見れば毎日のように問題が起きています。ただ、その資質がわかりにくいから、資格や制度に頼るのでしょうけどね。

先日、弊社の社員の親御さんからスタッフに電話がかかってきました。

「お父さんが、太陽光発電をつけようとしているんだけど・・・」

聞いてみると、飛び込みで来た業者さんに上手に進められて、太陽光発電を契約するところまで行っていたようです。お母さんが、心配になってその場で息子に電話をかけたということです。

何故契約しようと思ったのかと聞くと、

「いい人だから・・・」

まだまだ、このような理由で決めるケースは多いです。ただ、訪問販売の場合は、安いとその場で感じてもよく良く考えると安くなかったり、何年か後に電話をしてみたら繋がらなかったりという事がありますので慎重に考えなければなりません。

やはり、地元で安心できる企業でかつ人間性がしっかりしている人に頼むほうが間違いないでしょうね。

maedahsg at 16:11|この記事のURLComments(0)

2011年05月23日

広島県 リフォーム 補助金 

先日、広島県では子どもや高齢者,障害者がいる家庭での事故防止や生活環境の向上を図る目的として,リフォームに要する費用の一部(最大10万円)を県が補助する「子育て・高齢者あんしん住宅リフォーム普及促進事業」を発表しました。

募集は来週5月23日より1ヶ月間です。子供さんや高齢者がいる家庭で、手すりの取り付けやクロスの張り替え、キッチンの取り換えなどのリフォームをお考えの家に10万円補助してくれます。

国の「フローからストックへ」の政策の元、各地方公共団体でさまざまなリフォームへの補助金が出されています。昨年度スタートした秋田県ではリフォームの助成金の申し込みも多く活性化しており、今期は12,000戸の募集をかけています。

今後も、このような制度が普及してリフォーム業界が活性化する事を願います。
この補助金を使いたいと言う方は、0120−164908までご連絡ください。


1 募集期間

平成23年5月23日(月)から6月24日(金)

2 応募者の要件

県内に居住している,又は改修工事後に速やかに県内に居住する予定の次のいずれかに該当する世帯主で,持ち家住宅(自己の所有及び居住する一戸建ての住宅,又はマンション等共同住宅)を改修する人です。

子育て世帯・・・同居者に18歳未満(平成23年4月1日時点)の者がいる世帯
高齢者世帯・・・居住者に60歳以上(平成23年4月1日時点)の者がいる世帯
障害者世帯・・・居住者に身体障害者手帳,精神障害者保健福祉手帳,又は療育手帳の交付を受けたものがいる世帯

3 補助対象となる工事の要件

次の全ての要件に該当する工事を対象とします。

○ 工事の内容
・子ども部屋,高齢者等の寝室の模様替え,居間,食堂,台所の位置の変更
・段差の解消,手すり設置,通路・出入口の拡張
・浴室,便所の改修
・【共同住宅のみ】下階への騒音を軽減するための床仕上げ材の取替え
・【一戸建て住宅のみ】ホームエレベーターの設置 など

○ 施工者
県内に本店を有する建設業者等が施工するものであること

○ 工事期間
補助金の交付の決定通知の日以後に工事を着手し,平成24年2月29日までに工事を完了するもの

○ 工事に要する最低費用
工事に要する費用が30万円を超えるもの

4 補助率など

○ 補助率・限度額
補助対象費用の1/10以内 補助限度額 10万円

○ 予算額
3,000万円(300戸程度)



maedahsg at 10:24|この記事のURLComments(0)

2011年05月21日

「安芸区民リフォーム祭」「佐伯区民リフォーム祭り」同時開催!

明日、明後日は、安芸区民文化センターと佐伯区民文化センターにてイベントを開催しています。

将来的にリフォームをお考えの方はぜひお越しください。

●5月21日、22日 広島の安心安全リフォーム祭in安芸区民文化センター開催!

20110515105652


TOTO,INAX、サンウェーブ、YAMAHAなど一流メーカーの最新設備商品がズラリと展示。
また、「自然素材リフォーム」「マンションリフォーム」「二世帯リフォーム」「中古住宅購入+リフォーム」などそれぞれの施工事例も豊富に用意しています。

日時:5月21日(土)、22日(日) 10:00〜17:00

場所:安芸区民文化センター 安芸区船越南3−2−16 駐車場有

●5月21日、22日 広島の安心安全リフォーム祭in佐伯区民文化センター開催!

日時:5月21日(土)、22日(日) 10:00〜17:00

場所:佐伯区民文化センター 佐伯区五日市中央6−1−10 駐車場有



このような方はぜひお越しください

・キッチンやお風呂の設備も古くなり、使いづらくなってきた方
・建替えにするかリフォームにするか迷っている方
・中古物件を購入し、リフォームをお考えの方
・外装メンテナンスが気になってはいるけれど、キッカケが無かった方
・住宅エコポイントについて相談したい方
・リフォームイベントには行ったことがあるけど、もっと詳しい
 アドバイスがほしい方
・珪藻土や無垢フローリングなど、自然素材を体感したい方
・耐震リフォームをお考えの方
・他社で見積を取ったけれど、適正価格なのかどうか知りたい方

会場には、当社の施工実例集をたくさんご用意しておりますので、ご覧頂ければイメージがより具体的になります。また、間取り図面をお持ちいただけると、より具体的な相談ができます。



maedahsg at 00:00|この記事のURLComments(0)

2011年05月20日

広島 賃貸 リフォーム

昨日は、お客様がお持ちのアパートの退去後のリフォームの現場調査に行っていました。

IMG_8981


最近では、入れ替りの時に畳からフローリングにしたり、ブロックの流し台からシステムキッチンに替えたりと単に襖畳の張替やクロスの張替だけでなく入居者に選んでもらえるような部屋づくりを提案しています。


5月18日の中国新聞に「賃貸改装 入居率アップ」の記事が出ていました。

BlogPaint


広島市内で築20年以上の古い賃貸リフォームし入居率を高めようとする動きが広がっています。

先日中国新聞の記者さんが取材にこられたのでインタビューを受け、弊社のコメントも掲載されていました。

国交省によると広島県の賃貸住宅の昨年の新設着工戸数5,505戸で5年前の約半分に減ったようです。景気が伸びない中、コストを掛けて新築するオーナーが減っています。

全国的にみると4,999万世帯に5,759万戸の家があり、760万戸が空室です。
空き家率は過去最高の13.1%で、賃貸住宅だけに限れば20%を超えています。30年後には、空き家率は40%を超えるというデータもあります。

人口減少は避けられない中、入居者から選ばれるような賃貸リフォームが今後必要になってくるでしょう。



maedahsg at 10:00|この記事のURLComments(0)

2011年05月19日

リフォーム評価ナビ

昨日、東京でジェルコの支部長会議が行われました。

CIMG3185


その中で、出たのが「リフォーム評価ナビ」。
「リフォーム評価ナビ」とは、リフォーム評価ナビとは国土交通省が実施する『消費者が安心してリフォームができる市場環境の整備』の一環として、リフォーム事業者と消費者をマッチングするサイトです。

国は、H18年に「住生活基本法案」で「フローからストックへ」の方針をだし、ストック住宅へのリフォームを推進していますが、一番難しいのが「業者選び」です。なかなか明確な基準が無い中、一番多いネットを利用したサービスを始めました。

特長は3つ。1つ目は「国土交通省採択サイト」ということです。一般社団法人による公正な目で業者基準も選ばれます。

2つ目は「リアルな口コミ評価」。実際にリフォームを体験したお客様による率直な採点と口コミです。リフォームした方の生の声としてそのまま掲載されます。リアルな評価が、消費者のリフォーム検討のための判断材料となります。

そして、3つ目は「リフォーム瑕疵保険加入」。

100万以上の工事にリフォーム瑕疵保険が義務付けられています。第3者の目での検査や最長5年の保険等も付加されます。

リフォームのポータルサイトというものは実は世の中に数多くあります。業者選びが難しいため、リフォームを考えている生活者が簡単に情報入手できるインターネットを使いマッチングさせることによりビジネスチャンスが発生します。もちろん、事業者も商売なのでそこには必ずフィーが発生してきます。

しかし、このサイトはそれがありません。何故なら「リフォーム瑕疵保険」を普及させる事が国の目的だからです。

これからは「工事保険」だけでなく「瑕疵保険」や「検査」もセットになって、安心してリフォームを選ぶ事ができるようになってくるのではないでしょうか。

maedahsg at 12:19|この記事のURLComments(0)