広島でリフォームを通じて日々感じる事を綴ります

2011年05月

2011年05月17日

「ありがとう」を組織の力に

昨日、LIXIL(リクシル)のショールームが安佐南区にオープンしました。

LIXILはINAX、サンウェーブ、新日経、トステム、TOEXが経営統合して住=LIVING、生活=LIFEを掛け合わせ住生活そのものとして、それぞれの強みを発揮していく新たなグループです。


LIXILが業者向けに発行している「住まいのホットライン」という専門誌がありますが、LIXILに統合して初めての今月号に弊社の記事が掲載されていました。

20110515120808


20110515105704


「小工事の専門部署を創設。お客様からの「ありがとう」の言葉を組織の力に」

弊社では、小工事の担当と大型工事の担当は分けています。何故ならば、求められる事が大きく違うからです。

小工事に求められていることは、修理がほとんどなので「何かあった時にすぐに対応できる」という事。そして、出来るだけ安くしてあげる事。

大型工事は、お客様の夢を形にしたり、家族が安心で安全に暮らせるような提案をしていく事。

多くのリフォーム会社が同じ担当が両方やっていましたが、これを明確に分け特に小工事のほうに力を入れてきました。

網戸の張り替えや水漏れの修理、ドアの建てつけ調整などを数千円でできるようにスタッフも配置してきました。

また、書かれている中にもありますが、

『社員がモチベーションにしているのは、仕事から得る充実感であり、やりがい、成長の実感です。その意味でもお客様からの「ありがとう」の言葉が大きな支えになります』

良かれと思ってした事も、お客様にとっては気に入らなくてクレームになる事もあります。その時に心の支えになるのが「ありがとう」の言葉です。

特にお客様から頂く「ありがとう」の重みは大きく、もちろん、お叱りの言葉を頂くからこそ、その大切さがわかります。

これからもお客様からたくさんの「ありがとう」を頂けるような組織にしていきたいと思っています。




maedahsg at 09:00|この記事のURLComments(0)

2011年05月16日

住宅エコポイント対象が5ヶ月間短縮されました

住宅エコポイントの工事対象期間が5ヶ月間短縮されました。

先日発表された、国交省のホームページです

http://jutaku.eco-points.jp/newsrelease/period.html

「重要なお知らせ

 住宅エコポイントは制度開始以来、当初の想定を大きく上回るたくさんの申請をいただき、
 「環境対応住宅の普及」という制度の目的が早期に達成される状況となってきています。

 このため、ポイントが発行される工事の対象期間を5ヶ月間短縮することとなりました。
 皆様におかれましてはご理解をいただきますようお願いいたします。

 万が一、ポイント申請期限までに申請額が予算額に達した場合は、その時点でポイント発行を終了することとなります」

変更前は平成23年12月31日着工分まででしたが、これが5ヶ月間短縮され平成23年7月31日着工分までになりました。

想定を上回る申し込みや震災の影響から今年いっぱいの予算が早まるのではないかと噂されていましたが、5か月も早まりました。

また、予算が申請額に達した場合は7月31日までの着工分でも終了するようです。先日のエコカー減税のように突然終了という事も考えら、1日違いで減税対象から外れたかたもおられますのでお考えの方はぜひお急ぎください。

対象工事

・窓の断熱改修
 ペアガラス交換、二重窓の設置、サッシ交換

・外壁、屋根、天井又は床の断熱改修

・バリアフリー改修

 手すりの設置、段差解消、廊下幅・出入り口巾の拡張

・太陽熱利用システムの設置

・節水トイレの設置

・高断熱浴槽の設置

※バリアフリー、太陽熱、トイレ、浴槽工事に関しては窓の改修又は外壁・屋根の断熱改修と同時の場合対象

maedahsg at 09:00|この記事のURLComments(0)

2011年05月13日

幟町 中古マンション リノベーション オープンハウス

幟町の中古マンションリノベーション工事が終わりました。

ティアドロップ型のキッチン照明。

CIMG3155



スイス漆喰で仕上げた廊下のニッチ。

CIMG3170



ウィリアムモリスの壁紙を張った和室。

CIMG3160


ポールセンの照明の後ろにブックワームが少し見えます。

CIMG3161


今週土日に現場見学会を行います。

「築28年の中古マンションを購入し全面リノベーション。都心に住む夫婦二人のゆったりとした空間に変身。自然素材&デザインの新しいマンションリノベーションスタイル」

日時:5月14日(土)、15日(日)13:00〜17:00

連絡先:0120−164908

場所:中区鉄砲町4−7 シティーコープ幟町

maedahsg at 09:00|この記事のURLComments(0)

2011年05月12日

桜下亭(おうかてい) エアコン工事

昨日は、桜下亭のエアコン工事を行っていました。

まずは綺麗に養生をして、

CIMG3137


和室の天井に穴を開けて、築100年の埃がすごかったです・・・

CIMG3146


そして、天井カセットを取り付けて完成です。

CIMG3148




築100年の古民家の趣を大切にするため、木製建具でどうしても夏場が暑かったのですがこれで快適です。

次回、5月29日(日)に現場見学会を開催予定です。ぜひお越しください。

maedahsg at 11:20|この記事のURLComments(0)

2011年05月08日

八丁堀 リノベーションマンション オープンハウス

昨日は、八丁堀 リノベーションマンションオープンハウスにたくさんの方にお越しいただきました。どうもありがとうございました。

CIMG3129


多くの方から、「築38年のマンションがこんなに変わるなんて・・・」と驚きのコメントを頂きました。

LDK
ナラの無垢フローリングが暖かみがありながらも、斜めにすることによりシャープさを醸し出しています。

ハイネスKDK3


玄関
間接照明と使った玄関ホールスペースは贅沢な空間に仕上がっています。また、シューズクローゼットにゴルフバッグやスノーボードなどを収納できます

ハイネス玄関


バス
1418と一回り大きくなったシステムバスはゆったりと入浴できます

ハイネス バス


サンルーム
元々無いベランダを作ることにより、洗濯物を干したり、夜景を見ながらお酒を飲んだりもできます

ハイネスサンルーム


全体はシンプルモダンなテイストで仕上がっています。特に大胆な斜めのLDKから見えるロケーションが好評でした。

本日も13時よりオープンハウスを開催しています。次回は6月4日(土)、5日(日)13:00〜17:00予定です。

maedahsg at 11:21|この記事のURLComments(0)

2011年05月06日

八丁堀 中古マンションリノベーション オープンハウス

「中古マンションを購入してリノベーション」

最近、若い方を中心に第3の住宅取得方法として注目されている方法です。

新築の注文一戸建てを建てようと思っても予算的には厳しい・・・・。
新築マンションではたとえ新しくとも自分の思い描いていた夢の住まいにはなかなかならない・・・。
そんな中、中古住宅を購入してリノベーションしようと言う方たちがこの広島でも増えています。特にマンションの場合、ニーズが一番高いのが「立地」。

今回、行うオープンハウスは「中区八丁堀」という、街中に住みたい方には最高の立地です。古いマンションがいったいどのように変わったのかぜひご自分の目で確かめてください。


「スタイリッシュな夫婦にピッタリの眺望絶景の全面リノベーション」

20110429193817


築38年のマンションが全面リノベーションで見事によみがえりました。眺望を活かすための大胆な斜めのLDKがスタイリッシュなご夫婦にピッタリです。


日時:5月7日(土)、8日(日) 13:00〜17:00

連絡先:0120−164908

内容:部屋を斜めに横断する大胆なLDK
       天井にフローリングを貼って落ち着いた空間に
       ゆったりとした玄関廊下&シューズクローゼット
       都心を見下ろせる眺望など

場所:中区八丁堀3−8 ハイネス白峯804号室 YMCA斜め前ポプラの上です
       (駐車場は目の前にコインパーキングがあります)




maedahsg at 10:00|この記事のURLComments(0)

2011年05月05日

GWの過ごし方

GW皆様は何をして過ごしましたでしょうか?

私は、今年は直前まで自宅をリフォームをしていたせいもあってか、部屋の中が大変な事になっていて、部屋の片づけが中心で、遠出をせずに近場で過ごしていました。妻と一緒に、大好きな映画を見たり、本を読んだり、インテリア雑貨を見に行ったりとたまにはこんなGWもいいものです。

最近見た映画は「英国王のスピーチ」と「八日目の蝉」。

「英国王のスピーチ」はアカデミー賞効果とロイヤルウェディング効果で今なお満員ですね。「八日目の蝉」は原作がよかったのとテレビの「壇れい」があまりにも印象的だったので、つい比較してしまいますがそれでも泣けた映画です。

本も色々と読みましたが、最近のお気に入りは東レ経営研究所顧問の佐々木常夫さんの著書「働く君に贈る25の言葉」。

奥さんが肝臓病を患い、うつ病を併発し、計43回の入退院を繰り返し、自閉症の長男を含む、3人の子供の世話をしなければいけない中、会社は容赦なく転勤を6度命じます。そんな中で、家族の時間を捻出するため、部下と共に成果を作り出すため、業務の効率化を極限まで高めたそうです。

奥さんが自殺未遂を起こした時は絶望を感じたようですが「運命を引き受けよう」「いつか良い日が来る」そう家族と仕事に立ち向かっていきました。

本の中で、これから人生と仕事に立ち向かっていく若い人に伝えたい事として印象的な言葉を書いています。

「人生と仕事に積極的に挑んでほしい。そして本物の幸せをつかんでほしい。そのために大切な事は自分を磨く事です。仕事こそ私たちを磨きあげてくれるものなのです」

「あのときの一冊の本が・・・」「あの時の経験が・・・」「あの人と会ったことが・・・」私も今思い返せば自分にとっての分岐点がいくつもありました。すべてが自分を磨くことに置いてはいい経験でした。これからもいろいろな面から自分を磨く事をしていきたいと思います。

※GW最後に自転車を買いました。
学生以来、25年ぶりの自転車です。うまく乗れるかなあ・・・。

働く君に贈る25の言葉
働く君に贈る25の言葉
クチコミを見る

maedahsg at 11:23|この記事のURLComments(0)