2011年03月16日

未来は?

未来はすでに始まっている。

(ロベルト・ユンク)



NLPトレーナーの前田忠志です。

こんにちは。



東京に住んでいる私の実感です。


まだ余震が続いています。

まわりは地震情報であふれています。

非日常が続いています。


脳は、非日常モードが苦手です。

非日常モードは、ストレスになります。疲れます。



そんな今だからこそ、「普段通り」も大切です。

本を読んだり、人と話したり、この状況でできる「普段通り」が、脳を癒します


少しでも、意識的に、「普段通り」を増やすのがいいです。



脳は、異常事態を察知するのが得意です。

ほっておくと、異常事態ばかりの情報を集めようとします。


必要な情報は必要ですが、不要な情報は不要です



「普段通り」は悪いことではありません。

いつか、「普段通り」になるのです。


未来はすでにはじまっています。





maedatadashi at 11:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月17日

私に出来たらみんなに出来る

NLPトレーナーの前田忠志です。

こんにちは。


「私にだって出来たんだから、あなたにも出来るよ」

「あなたも、この方法をやるといいよ。私はこの方法でうまくいったんだから」


よく耳にするこういう言葉。


「自分型」と言います。


自分型:自分のルール=他人のルール



他に、無関心型、迎合型、寛容型があります。


無関心型:自分のルールあり。他人には無関心。

迎合型:自分のルールなし。与えられたものを自分にも他人にも適用する。

寛容型:自分には自分のルール。他人には他人のルール。



よくよく考えてみれば、


「私に出来たからといって、あなたに出来るとは限らない」

「私はうまくいったからといって、あなたもうまくいくとは限らない」


のですが、自分型の場合は、自分と他人を同じように考えます。



「(仕事などで)私がうまくいくにはどうしたらいいだろう?」

「(仕事などで)他人がうまくいくにはどうしたらいいだろう?」


という質問を自分にしてみたとき、同じ答えであれば、自分型です。



自分型は、自分のルール、他人のルールがはっきりしているので、リーダーシップを発揮しやすいです。

一方、コミュニケーションでトラブルが起きやすいのも、自分型と自分型がぶつかるときです。



「私にだって出来たんだから、あなたにも出来るよ」

「あなたも、この方法をやるといいよ。私はこの方法でうまくいったんだから」


という、相手のためを思っての言葉。


それが、もし、相手の反発を買ってしまったら、自分型と自分型がぶつかったのかもしれません。


自分型、無関心型、迎合型、寛容型は、NLPでメタプログラムのルールとよばれるものです。

メタプログラムは、人を分類してレッテルを張るためのものではありません。


自分のメタプログラムに気づき、状況に応じて使い分けることができるようになると、コミュニケーションがスムーズになります。




maedatadashi at 21:14|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2010年02月10日

プロビジネス選手とは?

昨日、「何が得意か」よりも、「何が好きか」のほうが、はるかに重要 ということを書いて思い出した言葉です。

野球選手が野球を好きなように、

プロビジネス選手は

ビジネスが好きでないといけない。

(楽天・三木谷浩)



maedatadashi at 02:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)言葉