ピックの握り方とグリップについて・・・はじめに


こんにちは。
今回は、教室の生徒さんやライブなどに来られるお客様からも質問の多い、ピックの持ち方について書いてみますね。

ご存知の通り、色々な持ち方があるので、一概には言えませんが、私自身の例を挙げながら、フォームのご参考になればと思います。

 ピッキングの基本のフォーム

持ち方自体は教科書通り、一般的なフォームかなと思っています。

基本まずは手を軽くグーで握って、親指のラインに対してまっすぐにピックを入れます。

ちなみに、下の写真のように、ティアドロップ・タイプの丸い方の部分で弾いています。

20191108_163153
ロゴの向きで位置関係が見えるかと思います。ピックのラインと親指はそろえるように真っ直ぐ。この写真では指の向きなどが分かりやすくするため、浅く握っています。

このピックの向きである理由は3つ、

\菽爾妨かう長い部分の面積を広く取ってピックそのものを安定固定させるため
∪菽爾丸い方がソフトな音が得られる
女性サイズで手が小さいので、トライアングル型だと大きすぎて手に余る


のフィジカルな部分以外は、好みの問題ですから、ご自身の表現したい音楽に合わせて、ということで良いとおもいます。

20191108_163257
横からの写真です。

ちなみにピックの先端が鋭い方で弾くと、エッジの利いた、トレブル強めなサウンドが得られます。いわゆるトラッド系のサウンドを表現するときは、こちらの方がそれらしい音に近づけるかもしれません。

持っている時の力加減は、うちわを振るくらいの力と同じ程度です。ピックが飛んでいかず、クルクル回ることもない程度の力加減です。グリップ時に力を入れすぎない、抜きすぎないことです。


 グリップの深浅によるそれぞれの特性


20191108_163443
上から見た写真。ロゴも隠れ、先端が少し出る程度に深めに握っています。

グリップ(握り方)もそれぞれかと思いますが、違いを整理しておくと、

深く握る
弦に当たる時の抵抗が少なく、ソロ弾きがしやすいといえます。ピックのしなりの影響を受けにくい分、弾きやすくなります。ただ、深く短く握っている分、弦にも当たりにくく、きれいな音もなかなか出にくいです。弦とピックの距離感をつかみ、理想の音に達するまで練習が必要です。

浅く握る
弦に当たる面積が広く取れる分、ストロークはしやすいですが、弦に当たる時の抵抗も大きいです。抵抗が大きいので、ピックが動いたり回転しないようにピッキングすることが求められます。ピックの硬さによってはしなりの影響も受けることになります。

 いかがだったでしょうか


親指、人差し指、中指の3本でつまむように持ちながら弾く名手もいらっしゃいますように、マンドリンのピックの持ち方、人によってそれぞれに違いがあるもの。

基本フォームを軸にグリップやピッキングの参考になればと思います。さらに、これを土台に、ご自身の音楽スタイルなどに合わせて、グリップの仕方など、試行錯誤してみてください。

次回はピッキングそのものについてフォーカスしてみたいと思います。



参考記事



直接習ってみたい!音楽教室のページはこちらから!


マンドリンのレッスンやコラムなど!maEdolin sectionへ!