backum

最強の教則本『ブルーグラス・マンドリン』


個人的には、最強じゃないかと思っている超おすすめのマンドリン教則本、『ブルーグラス・マンドリン』(ジャック・タトル著)。トラッドのブルーグラスを基礎からしっかりと学びたい方には最良の書でしょう。

40年以上も前の書籍ながら、
隅々までちゃんとやれれば、ビギナーさんでスタートしても、これ一冊で上級者テクニックまで身についてしまう上に、音楽理論の基礎などもしっかり学べる最強の一冊なんですね。

普通に流通しているならば、教室のレギュラー・テキストにしたいくらいの充実の内容です。

ただ、マイナー音楽の宿命か、長く重版もなく、稀少本として、日本語訳版はAmazonではかなりの高値になっています。

ブルーグラス・マンドリン
ジャック・タトル
シンコーミュージック
1998-12-10



現値での最安値、14,800円でも買うのをためらいますが、最高値は29,518円で送料別とか、ちょっと高すぎですね・・・。

大都市圏の専門店などに直接問い合わせれば多少はあるのかもしれませんが、どちらにせよタマは少なそうです。

英語のKindle版なら超お手ごろ価格


英語で書かれた原書版で、3,000円程度から古書があるようですが、時代は進化しました。この最強テキスト、電子書籍化されています。日本語版はなく、英語版のみですが、それでも現時点では1,623円という価格ですから、かなりお得に見えます。

ダウンロードをしてしまえば、スマホでもタブレットでもKindleでも閲覧が可能。英語が苦手でも、Kindleなら辞書機能もあり、タブ譜は世界共通なので、それだけでも十分すぎるくらい価値はあるかなと思います。

Bluegrass Mandolin (English Edition)
Jack Tottle
Oak Publications
2014-09-19


ビル・モンローはもとより、個性派のフランク・ウェイクフィールド、ジェシー・マックレイノルズのクロスピッキング、ボビー・オズボーンのマンドリンチューンなど、今やレジェンドと言われるマンドリン・プレイヤーたちの奏法が、コピーを通して俯瞰でき、彼らのフレーズも広く学べる一冊です。

何年かかかってでも、この一冊をみっちりやりこんでしまえば、ブルーグラス・マンドリンの主要なエッセンスは見えてくるのではないかと思います。

いつになく先生的立場でずいぶん強くプッシュしていますが、それくらいの良書です。

色んなミュージシャンの写真が本の中で登場しますが、みなさんお若い!

個人的には、こうしたところもお楽しみポイントだったりします。