maedolin的 - 瀬戸内のんびり音楽生活

瀬戸内海の見える街でフルタイムのミュージシャンとして音楽生活中。 アメリカの音楽ジャンル「ブルーグラス」、「フラット・マンドリン」というワードを中心に、マイナーな音楽でも、フルタイム・ミュージシャンを目指したい方たちにも役立つかもしれない音楽生活情報、ライブ情報、レコーディング、教室運営に関することなど、皆さまにお届けします。

maedolin的 - 瀬戸内のんびり音楽生活 イメージ画像

音楽系書籍(和書)

最強の教則本『ブルーグラス・マンドリン』個人的には、最強じゃないかと思っている超おすすめのマンドリン教則本、『ブルーグラス・マンドリン』(ジャック・タトル著)。トラッドのブルーグラスを基礎からしっかりと学びたい方には最良の書でしょう。40年以上も前の書籍な
『最強のブルーグラス・マンドリン教則本が、電子化でお求め安い価格に!Amazonでは高すぎると話題のあのテキストです』の画像

 「(楽器)マガジン」シリーズでお馴染みのリットーミュージックインプレスといえば、音楽好きならおなじみのリットー・ミュージックさんの系列グループ会社にあたる存在なんですね。「ギターマガジン」「アコースティックギターマガジン」などのシリーズや教則本、音楽関
『アコースティックギター・マガジンなどでお馴染みインプレスグループの電子書籍がKindleストアで「【40%OFF以上】Kindleストア7周年記念キャンペーン」実施中!』の画像

弦やピックはいろんなメーカーがいろんな種類のものを出して、また年とともに製品としての進化にしていくもの。どこかで「この弦がいい!」「このピックが!」と感じるタイミングがありますよ。もちろん、ご自身の上達するプロセス、演奏する音楽、加齢も含めたその時々のフ
『ピックに悩む人は「自分にぴったりのピックが見つかる本」を読んでみるよう、これからはおすすめすることにしました』の画像

ブルーグラスやカントリーで使われることの多いフラットマンドリン。ロック、ポップス、フォークソングやスタンダード曲などに焦点を当てたテキスト『ロック&ポップスのためのフラットマンドリン教本(ドレミ楽譜出版)』が復刻されました。 ロック&ポップスのためのフラ
『ブルーグラスじゃない弾き方だってある。「ロック&ポップスのためのフラットマンドリン教本」が復刻されました。』の画像

 木曜島の夜会とテッド・イーガン『Sayonara Nakamura』『木曜島の夜会』(司馬遼太郎著)を読みました。明治から太平洋戦争ごろにオーストラリアへ白蝶貝、真珠などを求めたダイバーたちやその島、海などについて描かれています。これがなぜ、音楽と関係するかと思われるか
『『木曜島の夜会』(司馬遼太郎著)を通じて、気になっていたテッド・イーガンのあの曲に思いをはせる』の画像

手帳をやっと入れ替えました。スケジュール管理はアナログ派なのです。ここ2年はシステム手帳を復活させて使っています。仕事で使うものですから、使いやすいブランドにこだわります。ダイソーです(笑)。激安ですが、使い方次第で、ホント、必要十分です。10月にはだいたい
『ミュージシャンなスケジュール管理!?私の手帳の使い方』の画像

ニュースなどでご存知の方も多いかと思いますが、ノーベル文学賞にボブ・ディランさんが選ばれましたね。(ソース元記事はこちら)詩の表現が高く評価されたとのことですが、彼の本が拙宅にあったのを思い出しました。それも絵本です。音楽をモチーフにした内容で、その音楽
『音楽好きのお父さん、お母さん必見!ノーベル文学賞ミュージシャン、ボブ・ディランさん作の絵本「はじまりの日」が自宅にあったのでご紹介です。』の画像

↑このページのトップヘ