こんにちは、北沢です。

今回からは当ブログの本題ともいうべき「ICLの失敗」について書きます。
今日はレンズ選択と手術当日についての回顧録です。

レンズ選択

都内にあるKKアイクリニックに行きました。
国内で最もICLの実績があるクリニックらしいです。

適応検査は問題なし。

次に診察とレンズの選択です。
そのときの医師はクリニックの理事長。
医師「視力は2.0診えた方がいい?」
 私「そうですね」
そりゃあ視力は良い方がいいですよね。
医師「わかりました。これなら乱視なしのレンズでよさそうです」
乱視なしなら在庫次第で1週間後とかに手術可能とのこと。


それから数日後、クリニックから電話がかかってきました。
クリニックのマネージャーだという女性職員がレンズの件でお話したいことがあるらしい。
職員「執刀医のKがあなたのカルテを見たところ、乱視入りのレンズがいいのでは?と言っています」
 私「いや普通のでいいです」
職員「それだと見え方に不具合が生じるかもしれませんが、ご了承頂けるということでよろしいでしょうか?」
 私「・・・」
こんな言い方されると事実上拒否できないじゃん。
 私「では乱視入りでお願いします」
職員「費用は10万円アップで手術日は3カ月後です」

10万円も値上がりして3カ月も待たされることに。
これは痛いです。

ICL手術開始

3カ月後。
レンズが入荷したと連絡があり、ようやく手術日を迎えました。
執刀医は世界的に実績のあるK先生。

あらかじめ点眼で瞳孔を開き麻酔がかかっている状態。
いざ診察台へ。

眼はテープや器具で固定されていく。

それから消毒液らしきものを目の周りに塗られ、視界が黄色くなる。

(う、ぐああああああっ!)
ライトで照らされ眩しすぎてすげー苦しい。

切開が始まったらしいけど無痛。

適度に液体を眼にかけられる。

視界が揺れる。レンズが入ったらしい。

畳まれたレンズが自然に展開されていく。
これが超痛い!!!眼の中がパンパンになって吐き気がする。

痛みで動揺して眼球があっちこっちに動いてしまうが、
医師「眼をグリグリしない」
と怒られた。
なんとか冷静になったところで眼の中でレンズが固定される。

最後に切開した傷のなかに液体を注入。
これも超痛い!!!パンパンになる!

左右の手術終了。合計15分くらい。

直後の30分休憩

薄暗い場所にソファがあり30分の休憩タイム。
その間、5分(だったか10分)おきに3種類の目薬を点眼します。抗菌剤と感染症予防の目薬です。

座っている間、心臓バクバク。
あんなに痛いとは思わなかった。

変わった視界

手術直後の視界はというと、裸眼で見えるけど微妙。
・右目の視界が白み掛かっている
・滲む
・リング発生
・視力:左右1.2

術後の診察でK先生に聞きましたが、手術直後なのでそういうものだということ、そして散瞳薬(瞳孔を開く目薬)の効き目が切れるのが左右で異なることもあるので、左右の見え方が違うそうです。

リングは事前に調べたので納得してはいましたが、ここまではっきりと視界に表れるとは思いませんでした。照明を見たら間違いなく視界に浮かび上がります。
↓こんな感じです
201303052257405e2

takuroh47さんブログから拝借 ー アメリカ飛蚊症レーザー治療 


まとめ

以上、想像以上に痛かった手術の回顧録でした。

こうやって振り返ってみると、
事前に副作用やリスクについての説明は皆無でした。

なんでその時点でおかしいと思わなかったのか。
自分に腹が立ちます。

こんな思いをするのは私だけで十分です。
ICLを検討されている方は当ブログをお読みになってよく考えてください。

次回は副作用の始まりについてお届けします。

ここまでご覧いただき、ありがとうございます。