2017年06月18日

富士見町の個人のバラ園  西島さん

DSC_2342畑にバラの花がいっぱい。

DSC_2340
南に甲斐の南アルプス
北に八ケ岳 遠くに富士山という絶好のロケーション

DSC_2339
若い女性一人で頑張って作っているバラの園
DSC_2337
様々なバラが咲きほこっています。
DSC_2331

DSC_2336

DSC_2332

DSC_2338

DSC_2330
こんな香りのブーケも天日で育てられたバラだからこそ、香りも強く、ハーブたちと合いますね。
DSC_2301

  

Posted by mafdamino at 16:47Comments(0)

八ヶ岳の花 6

アカザ これも食用になります。中心がちょっと赤い。少しぬるっとしていてそのぬめりがおいしそう。
ギシギシ、あるいはスイバ、イタドリなどと同じように食べても大丈夫、おいしいです。

DSC_2345

エルダー(ニワトコ)の花が咲いています。
ドイツではホールンダーと言って、どこの庭にも、あるいは街路樹として,有名です。
いざとなったら食用、滋養強壮剤として使われていたので、必ず戦争のたびに植えられていたようです。

DSC_2343
  

Posted by mafdamino at 16:40Comments(0)

八ヶ岳の花 5

DSC_2302
大量に山荘の庭にあります。イブキジャコウソウ、タイムの一種です。本当に香りがよい。
山荘を作ったときにジャコウソウの群生地でびっくりいたしました。それがいまだに残っています。
DSC_2303
これはイングリッシュベリー、なかなか甘酸っぱいイチゴが成ります
DSC_2306
ナルコユリ、どうしてもアマドコロとの区別がつきません。どなたか教えて。
DSC_2308
イカリソウ

DSC_2304

この可愛い花はベニバナイチヤクソウ、うちの山荘はこの群生地です。もう少しで一面ピンクになります。
八ヶ岳にも、なかなかないのに、どういうわけかうちの庭には群生します。
この花と、まだ早くて咲いていませんが、このベニバナイチヤクソウが終わると咲き出すヤナギランが群生していることが自慢の庭です。

DSC_2307
今年はマムシグサが別のところから生えてきていました。いつものところは赤紫なのに、このまむしぐさはグリーンです。この後奇妙に赤い実ができるのでしょうか?もしかして実もグリーンだったりして、目が離せません。
  

Posted by mafdamino at 01:28Comments(0)