2006年09月27日

尺足りないのでは?説明不足していないか?等、書いてきましたが
うたわれるものも、ついに最終回を迎えました。
思っていた以上に、良く纏まった最終話だったと思います。
これは見せ場無く散ったヒエンのおかげかな(笑)



最終話の今回もかなりネタバレを含みますので、ご注意ください。
特にゲームをこれからプレイする人はご注意ください。




出だしは正体を現したハクオロとディーの戦いですがそこはスルー。
別に悪くはないのですが、今まで共に戦ってきた仲間達が、
ギャラリーと化してただ見ていることしかできないと言うのが寂しい。
ゲームではディーと1つになったハクオロ(ウィツァルネミテア)とも、
全員一丸となって戦うこととなります(当然ハクオロは抜きですが)
ゲームでは28戦目大封印・最終戦うたわれるものにあたる最終話。
うたわれるもの261

「私は寝てばかりではないです」
少々感情に乏しいミコトですが、その辺もまた可愛いかも!
赤ちゃんの首に書けた飾りこそがエルルゥの髪飾りであり、
ミズシマが脱出の際に渡した研究所のマスターキーです。
赤ちゃんが産まれていると言うことは幸せな時間が、
それなりに長くは続いたのでしょうね・・・。
ただし産まれたあの子がエルルゥではなく、その子孫だと思われます。
何代後の子孫かは良く解りませんけどもね。
先祖から伝えられてきたからこそ、あのドアは開いたのです。
だが当時の人間達は、貴重な研究材料を見逃してはくれなかった。
再びアイスマンは捕らわれ、ミコトは解剖されてしまう。
仮面のレプリカ(当時の技術でも仮面の全てを解き明かすことはできず)
を付け、脆弱になってしまった人間が再び地上に君臨するとほざく男に、
アイスマンは正体を現し不老不死の肉体を与える。
この赤いスライムがオンヴィタイカヤン、シャクコポル族が崇める神です。
その当時の人間がなぜシャクコポル族を愛したかは不明ですが、
(クーヤやサクヤを見たら、私も愛したくなりますが!)
その状況から実験体を解放したウィツァルネミテアも解放の神として
崇められる事となる。
その後ハクオロの願いに、ムツミはアマテラス(衛星軌道上の兵器)で、
滅ぼそうとするものの叶わず、ウィツァルネミテアを封印するといった流れ、
だったと思うけど、間違っていないかちょっと不安・・・
アイスマンを元に作られたムツミですからお父様と呼ぶのは、
おかしくないのですが、もう少し2人のやり取りが欲しかったです。
せめて63=ムツミって名前を付けるシーンが欲しかったな・・・。
うたわれるもの262

原作ではハクオロが人間の姿では登場しなかったと思いますが、
これはこれで良いシーンです。人じゃないとキスできないしね(笑)
アニメでも原作と同じようなことを言い残し、消えようとするハクオロに
自分の想いをぶつけ、唇を重ねるエルルゥ。
最終話のED曲と共に泣けてきましたよ、ここ!
ゲームでは全てを託した後、エルルゥとアルルゥの
ユウカラ(子守歌)でゆっくりと眠りにつくハクオロ。
しかし大封印が完成するその直前に、エルルゥが封印に突っ込み、
あわや一緒に封印かと思われましたが、彼女に残されたのは、
今まで外れることの無かったハクオロの仮面だけであった。
今回のEDも良かったですが、柚木涼香さんと沢城みゆきさんの
子守歌も聞いてみたかったな〜と思うのは私だけですか?
うたわれるもの263

ベナウィ達を残し旅立つオボロにちょっと成長を感じたシーン。
やはりユズハは亡くなったのか。しかも生きた証を残すことなく・・・。
原作ではユズハとハクオロの子供を抱いて、旅立つオボロ。
当然ですがユズハとのえちぃシーンもあるのですよ。18禁ですし(笑)
ただハクオロの名誉のために言っておきますが、別に好色皇の
本領を発揮したわけではなく、ユズハの願いを聞き入れただけです。
自分が精一杯生きた証として、ハクオロとの子供が産みたいと。
他にもエルルゥ、カミュ、ウルトリィ、カルラ、トウカとも・・・しますが、
ハクオロが求めたのはエルルゥだけです・・・だったはず。
これも当然ですが、アルルゥとはしませんからね!(笑)
うたわれるもの264

騙す女に騙される女。アニメでもその関係は変わらず。
原作のラストでは、ハクオロに捨てられたとの噂が流れていたらしく、
その事を口にした敵の隊長をぶちのめす2人。口は災いの元ですね・・・
うたわれるもの265

カミュの術法の腕前も上がっているようです。
ムントとウルトリィについては・・・最後までムントはムントらしかった!
うたわれるもの266

アニメのサクヤは歩けるので安心してクーヤを託せますね。
そしてクーヤが感じ取ったものは、花びらだけではない・・・
うたわれるもの267

ハクオロが居なくなった上に、ユズハの死。
それでもハチミツについて自慢げに語るアルルゥとそれに笑顔を返すカミュ
原作でもカミュがアルちゃんが居てくれたので大丈夫だったと
言っていましたし、この2人なら大丈夫でしょう。
ユズハの生きた証も、きっとこの2人の心に刻まれているはず。
しかしアルルゥだけでなく、ムックルもガチャタラも気づいた気配は・・・
うたわれるもの268

ヤマユラの村に戻ったエルルゥですが、そこにはハクオロも
お婆ちゃんもテオロさん、ソポクさん、ウーターヤーも居ません。
でもかなり忙しく薬師の仕事をこなしているようですし、
何よりもハクオロと交わした約束があるかぎり待ち続けるでしょう。
そしてもしもハクオロが帰ってきたら、
最高の笑顔で迎えてくれるはずです。
一番最後に見せてくれたあの笑顔で・・・


非常によかったですよ。端折られている部分もありますし、
原作やっていない方がどの程度理解できる内容かは解りませんが、
あの長いゲームを良くここまで纏めたと思う。
ほのぼのとした日常パートは各キャラの魅力十分でしたし、
かと思うと戦闘パートの部分は非常に迫力の描写でした。
正直最初だけで、徐々に悪くなっていくと思えたのですけどね。
後半急展開しすぎの印象は皆様お持ちでしょうが、
原作もある程度そうですし、尺の関係があるので仕方ないところでしょう。
今期に終わるアニメの中では、間違いなく一番面白いアニメでした。

このブログにとっても、初めて書いた記事がこのアニメの6話でした。
ドリィ・グラァの見分け方なんて書いていましたね〜。
その後下手くそな地図を何度も書きましたが、意味あったのかどうか・・・。
とりあえず、うたわれるものじゃ無かったら、
ブログなんて書こうとは思わなかったはずです。
制作スタッフ、声優の皆様ご苦労様でした。
またPS2版のゲームを作成されている皆様、大変かと思いますが
期待している人が多いと思いますので、頑張ってください。
PS2版の情報についてはうたわれFan様が詳しいので、
そちらを参考になさってみては如何でしょうか?
その際、人気投票ではぜひサクヤに一票を(笑)
(このままだとクーヤに追いつかれる!)
又TBを付けて頂いたり、コメントを書いてくださった皆様、
私のくだらない記事を読んでくださった皆様に心から感謝いたします。
1クール半にわたってお付き合いいただき、ありがとうございました!


※今週のドリィ&グラァ
ドリィ&グラァ、若様とゆく!

オボロよ!ドリィ&グラァから逃げられると思うなよ!
原作は18禁ですが、ドリィ&グラァのえちぃシーンは無いので、
DVD版のご購入を検討されている方はご注意ください(笑)

(00:00)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. うたわれるもの 第26話「うたわれるもの」  [ おもちやさん ]   2006年09月26日 22:55
ハクオロとディーの最終決戦。 アバンから動きまくりで思わず正座して見たくなっちゃったよ。 夢想歌OPをリアル視聴出来るのも今日で最後かぁ。 そう考えると悲しくなってきた。 ディーがハクオロに殴られて「それ??
2. ■うたわれるもの 第26話「うたわれるもの」  [ ゆかねカムパニー2 ]   2006年09月26日 23:06
 もう一人のお父さんって、カミュじゃ無くて、ムツミの言葉だったのですね。  ちっとも気付いていませんでした…。  そして、まだ何か役割があるのかなと思っていたユ
3. うたわれるもの 第26話「うたわれるもの」  [ Hiroy's Blog ]   2006年09月26日 23:19
つ、ついに自分の一番好きなアニメが最終回に(つд・) ハクオロVSディー 最終回だけに見所はたくさんありましたよ!!! しかし来週から見れなくなってしまうと悲しいです・・・ 今回もかなーーーーり長くなりま?? p>ĉ!
4. うたわれるもの 第26話「うたわれるもの」(最終話)  [ アニヲタキング ]   2006年09月26日 23:21
うたわれるもの 第26話 うたわれるもの  ついに終わってしまいました。原作を知らない人でもきちんと楽しめる作品でおもしろかったです。
5. うたわれるもの 第26話 「うたわれるもの」 キャプ感想 投稿者:satosi  [ 萌えと燃えの日記。 ]   2006年09月26日 23:25
ディーと戦うハクオロ。 その戦いの最中。 思い出される出来事。 それは研究者たちがミコトにした許されないこと。 そして自分が研究者に子らにしたこと……
6. うたわれるもの 第26話 「うたわれるもの」  [ びすけ。日記 ]   2006年09月26日 23:27
うたわれるもの 第26話 最終回でした。 書くの遅れてすみませんw 今日疲れて家帰って寝てたらこんな時間でしたわw まぁ、そういうのはどうでもいいんですが、最終話のうたわれは、俺にとってはもう悲しい??
7. [アニメ] うたわれるもの 第26話 「うたわれるもの」  [ 我が人生に燃えて、そして萌える ]   2006年09月26日 23:40
うたわれるもの最終話。 壮大な物語、決着! この最終話、食い入るように見てしまうほど、面白かったですw あまりにもこの最終回が凄すぎて、いつもより沢山の記事量でお送りします(´▽`) では、物語の決着の続きを…
8. うたわれるもの 第26話 「うたわれるもの(最終話)」  [ 神速の錬金術師の更なる練成〜三位合体〜 ]   2006年09月27日 00:17
あぁ、これで最後か…
9. うたわれるもの 最終話 「うたわれるもの」  [ アニメ…とか? ]   2006年09月27日 00:41
いよいよ「うたわれるもの」も最終回 その結末は… (「続きを読む」にキャプ付き感想?)
10. うたわれるもの 26話 「うたわれるもの(最終回)」  [ 猫耳と少女とメイド服。 ]   2006年09月27日 01:50
不覚にも感動してしまった・・・(泣) 一応結末は知っているはずなのに、今回の話を見て思わず感動・・・やっぱりこれが「うたわれるもの」の良さ、雑然と何かをぼかした感じでの終わり方だけど何故かこう上手く纏まっていて感動的な演出をしているのはやっぱり凄い。2クー...
11. うたわれるもの 第26話 「うたわれるもの」 (最終回)  [ アニメって本当に面白いですね。 ]   2006年09月27日 05:21
3 うたわれるもの   評価:3.5   [PCゲーム]   ちばテレビ : 04/03 26:40   ABC朝日放送 : 26:56〜   テレビ愛知 : 04/05 27:58〜   テレビ埼玉 : 04/08 26:00〜   テレビ神奈川 : 04/09 26:15〜   全26話 / 原作 : アクアプラス   http://ww...
12. うたわれるもの #26  [ 徒然日記 ]   2006年09月27日 06:52
「うたわれるもの」良い最終回でした。とにかくそれにつきる。確かに駆け足だったけれ
13. うたわれるもの #26 [最終回] 「うたわれるもの」  [ マンガに恋する女の ゆるゆるライフ ]   2006年09月27日 08:13
オンカミ ウィツァルネミテアの決闘は・・・  ↓  ↓
14. うたわれるもの 最終 第26話 『うたわれるもの』 感想とか  [ りせっとはかく語りき ]   2006年09月27日 14:21
止め処ない願いから、一つだけ叶うのなら、、、
15. うたわれるもの 第26話 うたわれるもの  [ SOBUCCOLI ]   2006年09月28日 21:10
2クールに渡って描き続けられた物語もいよいよ最終回。 ハクオロとディーの戦いの末、訪れる別れの時 その時エルルゥは・・・。
16. うたわれるもの@ようつべ(第14〜26話)  [ Moon of Samurai ]   2006年09月29日 00:58
 とうとう終わってしまった『うたわれるもの』。おおむねクオリティは高かったのですが、原作の消化不良的な部分のあるシナリオとかは変更してくれても良かった気がします。いや、全年齢対象になったせいでなんのために登場??
17. うたわれるもの 第26話「うたわれるもの」  [ のほほんホビー ]   2006年09月29日 20:00
ついに『うたわれ』も最終回。 エルルゥの必死の叫びも虚しく、ハクオロは自らの意思で眠りにつく事を選択するのであった・・・。 真の姿となった魔獣同士が闘う中、ハクオロの脳裏に浮かぶ過去の回想。 木漏れ日の中、幸せ??
18. うたわれるもの 26話 『うたわれるもの』  [ 欲望の赴くままに…。 ]   2006年09月29日 20:50
 アルルゥ…。・゚・(ノД`)ヽ(;Д; )モライナキシチャターヨ  ついに最終回を迎えてしまったうたわれるもの。終盤に入って何度アルルゥの言葉に泣かされた事やら…。大人の嘘が全く通用しない真っ直ぐな子ですよね…v  count' ??
19. うたわれるもの #26 (最終回)  [ 夢の跡 ]   2006年09月29日 23:12
 <あらすじ> ハクオロとディーは元は一つのウィツァルネミテアだった。二人は決して相容れぬ存在で片方が滅するまで戦いを止める事は無い。 ここで二人の最終決戦の幕が開かれるっ!!
20. うたわれるもの 最終話(第26話) 「うたわれるもの」  [ ミスター馬鹿侍の戯言 ]   2006年09月30日 19:44
よくありそうな逃避劇、そしてコレまたよくありそうな忘れた頃に、平穏なときにやってくる心ない追跡者・・・。 個人的に、こういう展開は苦手です。 なんかミコトの方は文字通り解体されるという事に・・・。 この調子
21. うたわれるもの 第26話(最終回)「うたわれるもの」  [ 恋華(れんか) ]   2006年10月01日 15:44
うたわれるもの 第26話(最終回)「うたわれるもの」最終回です。面白かった番組が終わっていくのは、本当に悲しい。
22. アニメ「うたわれるもの」第26話(最終話)「うたわれるもの」  [ 夜空を仰ぐ森のクマ ]   2006年10月02日 04:42
このブログを立ち上げてから何となく始めたアニメレビューも、ついにこのうたわれでラストを飾ります。 とはいえうたわれに関しては原作プレイ済みなので結末の感想は書きやすい…なんて事は有り得ません(ぇ だってもう
23. うたわれるもの 「うたわれるもの」  [ ゼロから ]   2006年10月02日 06:06
日曜日に「うたわれるもの らじお」を聞こうとしたけど接続が出来ません。私だけでしょうか?
24. うたわれるもの 第22~26話  [ Todasoft Blog ]   2006年10月02日 16:51
第26話「うたわれるもの」 久方ぶりのうたわれのレビューです。一応、視聴は継続し...
25. うたわれるもの  [ まるとんとんの部屋 ]   2006年10月03日 18:18
 第26話(最終回)「うたわれるもの」  いゃぁぁぁ〜良かったですよっ、大満足の作品です、今回で最終回なんてとても残念です。 始まりで「エルルゥ」に心をつかまれ中盤に「アルルゥ」にやられ最後は「ハクオロ」に感勀Ы @
26. (アニメ感想) うたわれるもの 第26話 「うたわれるもの」  [ ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 ]   2006年10月03日 20:47
うたわれるもの 第四巻 神と神の壮絶なる戦い・・・ハクオロによってこの地へと導かれた仲間達は、今はただその戦いを見守ることしか出来ません。元凶なるもの達の滅ぼしあい・・・そして、その壮絶なる戦いの末に待っていたものとは・・・。
27. うたわれるもの 第26話(最終回)  [ パズライズ日記 ]   2006年10月06日 07:10
最終回はハクオロとディーとの戦いに決着が付くお話でした。 ハクオロは過去のことを全て思い出して、再び自らを封印してもらうことに。 後日談もあって、いい最終回でした。 激しい戦いを繰り広げるハクオロとディー。 自分達こそが災いだという、元凶なるものたちの....
28. うたわれるもの 第26話 「うたわれるもの」  [ はーくるのアニメな日々 ]   2006年10月06日 21:17
マグカップか…悪くはないが、使う勇気がないw トートバッグ これを持ち歩けるのは秋葉ぐらいなもんだろう カードダスみたいなもんかな?ちょっと懐かしい 「うたわれるもの」関連アイテムを見る>> う
29. うたわれるもの 第26話(最終話)「うたわれるもの」  [ 移り気な実況民の日々 ]   2006年10月06日 22:33
 激しくぶつかるハクオロとディー。
30. うたわれるもの  [ まるとんとんの部屋 ]   2006年10月07日 15:26
 第26話(最終回)「うたわれるもの」  いゃぁぁぁ〜良かったですよっ、大満足の作品です、今回で最終回なんてとても残念です。 始まりで「エルルゥ」に心をつかまれ中盤に「アルルゥ」にやられ最後は「ハクオロ」に感勀
31. うたわれるもの  [ まるとんとんの部屋 ]   2006年10月07日 22:07
 第26話(最終回)「うたわれるもの」  いゃぁぁぁ〜良かったですよっ、大満足の作品です、今回で最終回なんてとても残念です。 始まりで「エルルゥ」に心をつかまれ中盤に「アルルゥ」にやられ最後は「ハクオロ」に感勀?? м!
32. うたわれるもの 最終話 『うたわれるもの』  [ よせあつめ離島 ]   2006年10月09日 18:21
かなり遅くなりましたが、うたわれるものの最終回です。 とりあえず、今年1の作品に大決定です! よくもまぁ見事に纏め上げてくれたよ。 心配してたのは全部杞憂に終わったな。 ガンダムとかでお馴染みの、己の主張を叫びながらのラストバトル! 戦闘規模...
33. うたわれるもの 最終回  [ JUNKS ]   2006年10月14日 02:58
随分と遅くなってしまいました・・・・(汗) あ〜〜〜〜!!!!もうついに最終回になってしまったかと思うととても残念です。大好きなアニメだったのに! 最終回はですね・・・・、感動!!!!もう最初らへんから最??
34. 『うたわれるもの』 オボロ  [ ゆったりイラスト空間 ]   2006年10月14日 16:52
『うたわれるもの』のオボロです。 彼の衣装デザインは一見すると、全てブラウン系統で、かなり地味ぃ〜な感じに見えたのですが、それでも使用するカラー数は多くて、描いてみて初めてその凝ったデザインに驚かされました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔