2006年12月22日

超展開いたしました。誰がこんなラストを予想した?

うーん、何と言っていいか分かりませんよ・・・。
最終話は作画は多少マシでしたが、誰がこんなお話にしたんだ?
と言いたくなる程のシナリオは良くなかったです。
ラストで達哉があのままだったら、もう少しは評価したのですけどね。
どう書いても愚痴にしかなりませんので、
この先は読まない方がよろしいかと思います。



出だしの国王説得シーンは省きます。
今回はフィーナ+達哉の二人で説得するわけですが、
何となく毎回似たような話をしているような気がしますね。
ライオネスが結局二人を認めたのはセフィリアの遺言の為なのかな?
そしてカメラマン&助手ですが、
ユルゲンの陰謀を暴く為に重要な役割を果たしましたね〜。
ただ別にカメラマンじゃなくとも、カレンやリースの役目にしても、
別に悪くなかったと思うのだけども。

八百屋
夜明け前より瑠璃色な122

マスターや仁さんを差し置いて中央に陣取る八百屋の親父。
登場シーンは非常に少ないながらも、
インパクトに関しては誰にも負けていないキャラでした。
ただ確かに原作にも八百屋の親父が声のみながら登場するのですが、
絶対にこんな濃いキャラでは無いと思うな(笑)

メテオホール
夜明け前より瑠璃色な121

ユルゲンの切り札、メテオホール。
アニメでは前大戦の際に使用され両国に多大な損害を与えた兵器らしいが、
これってロストテクノロジーでは無くて、今でも建造できるのか?
そして再びの戦争を回避すべく動いていたフィアッカは、
フィーナに対して触手プレイしている暇があったら、
これを破壊すべきだったのでは・・・
とりあえず今回のリース&フィアッカ様はただ見ているだけでした。
それはあんまりだろうよ。

と思ったが気が変わった。皆殺しだー
夜明け前より瑠璃色な124

他でも語られているところを見ましたが、やはりこれを思い出しますね。
ユルゲンって結局、何故そこまで地球を憎悪していたのでしょうか?
自分では経験しようもない遠い過去の戦争が原因というのだろうか、
それとも反地球感情を利用して支配者になろうと目論んだだけか?
とりあえず、やる気はまんまんです。

ユルゲン捕縛
夜明け前より瑠璃色な125

カメラマンによって全宇宙に放送されていたユルゲンのクーデター事件。
カレンに指揮された部隊に鎮圧されるわけですが、
全く同じタイミングで窓ガラスを蹴破り突入してくる、
お姉さん達を見ていたら何故か笑ってしまった。
もう少し自然に突入して欲しいし、何故全員女性なのだろうか・・・

若林君横っ飛びー
夜明け前より瑠璃色な126

銃を奪い、最後の足搔きを見せるユルゲン。
フィーナを守った達哉は満足げに微笑みながら、眠りにつくのであった。
突然挿入歌が流れるこのシーンですが、
単純な私は毎度のことながらホロッとしちゃいましたよ。
この時点での私の予想としては、達哉を失ったフィーナは
月王国の女王となり、力を貸してくれる人達と共に
亡き達哉と共に目指したもの、月と地球の友好を実現させる。
そんな風に予想しておりました。
原作とは違いハッピーエンドじゃなくても、これはこれで良いか。
そう感じていたのですよ。

奇跡ってね、そう簡単に起こるものじゃないのよ。
夜明け前より瑠璃色な127

謎の宇宙人の登場により、突然生き返った達哉と、
そしてその宇宙人達と共に現れた達也の親父・・・。
ここで突然、宇宙人を登場させた意味があるというのか?
宇宙人によって生き返るなら、最初から胸にお守りでも、
何で良いから入ってて、それで無事だった方がまだマシじゃないのかな?
又はここでリースを登場させて、ロストテクノロジーじゃないのか?
最後まで街頭の画面で見ているだけなんてリースが可哀想だろう!
もう親父については何も言うこと無い。八百屋の親父の方がまだマシだ!

セフィリア
夜明け前より瑠璃色な128

セフィリア、声若いね、と言うかフィーナにそっくり(笑)
結局、セフィリアの形見は二人の後を押し、
ライオネスを説得する材料でしかなかったのね。
地球と月の交流を望んだ彼女の形見もまた変わってしまったようです。

フィアッカとの別れ
夜明け前より瑠璃色な129

最後まで見せ場の無かったフィアッカ様+リースは、
本当にフィーナと達哉に託して、見守ることにしちゃったのね・・・
結局思念体のまま、成仏することとなったフィアッカ様ですが、
リース共々、フィーナ以上に可愛く描かれることが多く、
1話あたりが長く感じるこのアニメの中では、救いと言える存在でしたね。
去り際にちょっとでもパンツを見せてくれたら言うこと無いのに・・・

結婚式
夜明け前より瑠璃色な130

最終話で一番原作に準じていると思えたのが、
嫌がるリースを捕獲して離さない、さやか姉さんですよ。
よかったですね、ここが私の中では一番の見所(笑)
あと菜月のドレスが、ちょっと色気を感じさせます。
原作では登場しなかった菜月の母親はともかく、
将棋をしているライオネスと千春、参列している宇宙人や、
地球と月の間に浮かぶこの式場をどうにかしてくれ!
アニメでは結婚式の締めはキスシーンなのですが、
当ブログではこの二人らしく鼻つまみで締めさせていただきます。


始まる前はkanon程では無かったと思われますが、エロゲ原作のアニメでは
それなりに期待されていたはずの「夜明け前より瑠璃色な」
1話の時点ではそんなに悪くはなかったのですが、
2話、そして3話を経て伝説に残るほどのアニメになってしまいました。
とにかく作画が悪すぎるでしょう。後半はそれなりに持ち直してきて、
最終話までくるとかなり改善されましたが、既に遅し。
あのキャベツを見せてしまった為に、原作ファンはかなり離れ、
その後改善してきたためにキャベツを期待した人も離れる感じでした。
それでもお話が面白ければ良かったのですが、
意味の感じられない原作の改悪と、シリアスなのかギャグなのか、
ハッキリとしないちぐはぐに感じる展開が残念でなりません。
キャラクターも設定が一部変更された上に、
あの作画では原作にあった魅力も半減しちゃいますよね。
まぁこの孤立無援と言える状況の中、
声優の皆様は頑張って演技していらっしゃったと思います。
そして制作スタッフの皆様一人一人は、
良い物にしようと頑張ってくださったのだと信じております。
でも、そうはならなかった。ならなかったのです。
それは何故なのか?声優の皆様が、制作に携わる皆様が、
頑張れば頑張っただけ良い作品が作れる、
そんな現場環境が整う事を祈りつつ、感想を終えたいと思います。
愚痴ばかりで大変申し訳ありませんでしたが、
このような感想にお付き合いいただき、まことにありがとうございました。



キャベツ


やはり触れておきましょう(笑)EDでは修正されておりました。
DVD版のキャベツはかなりリアルになっておりますよ!

(00:00)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 夜明け前より瑠璃色な 第12話「お姫様と…」(最終話)  [ アニヲタキング ]   2006年12月21日 19:04
夜明け前より瑠璃色な 第12話(最終話) お姫様と…  つらく長い道のりだった…。(フィーナたちではなく、視聴者が)
2. (アニメ感想) 夜明け前より瑠璃色な 第12話 「お姫様と・・・」  [ ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 ]   2006年12月21日 19:28
夜明け前より瑠璃色な Crescent Love VOL.1 ついに繰り出された地球と月の艦隊。両国間の緊張が高まる中、達哉とフィーナが再会を果たす。果たして地球と月の運命は!?そして、達哉とフィーナは愛を勝ち取ることが出来るのか!?運命の時は刻一刻と近づいていた・・・。
3. 夜明け前より瑠璃色な 第12話「お姫様と・・・」(最終話)  [ Cross Channel ]   2006年12月21日 20:34
今までの出来栄えから、最終回は好き勝手にやってくれ!とも思っていたが、本当にこんな得体の知れない終わらせ方をするとは想像もしなかった。 ギャグで締めるかと思えばそうではなく、シリアスでもドラマティックでもない
4. 夜明け前より瑠璃色な Crescent Love 第12話(最終回)  [ パズライズ日記 ]   2006年12月21日 21:04
ユルゲンが暴走して達哉が撃たれる話。 一体どういう展開になるのかと思ったらさらに宇宙人登場とは、あまりの超展開に驚きです。 何はともあれ最後はハッピーエンド、リースも可愛かったので良しですけどね(笑)。 ライオネス国王の前に立つフィーナと達哉。 2人で....
5. 夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- 第12話  [ 孤狼Nachtwanderung ]   2006年12月21日 22:40
第12話「お姫様と…」(最終話) 手を取り合い王と向き合った達哉とフィーナ。 王は二人の固い絆と決意を受け入れ、地球との和解を決断した。 ・・・が!!! お邪魔虫ユルゲンが黙ってるはずもなく、「今こそ地球を滅ぼし、我らが真の平和を手に入れる時!」...
6. アニメ「夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love-」最終話 感想。  [ 夢の日々。 ]   2006年12月22日 00:15
最終話「お姫様と…」 遂に最終回がやって来ました。どれだけこの日を待ちわびたか……悪い意味で。 最初に言ってしまえば、つまらなかったです。激しく。 月と地球の艦隊は膠着状態。それを誰もが見守っている。 国王ライオネスの元へ赴いた達哉とフィーナ。 フィ...
7. 夜明け前より瑠璃色な 第12話  [ Pinkの悪魔 ]   2006年12月22日 01:07
「お姫様と…」 ああやっと終わった。長かった。修正画像で流されたEDに哀れを誘われるばかりでした。 シナリオも最後まで予想の斜め上を行く超展開・・、といってもこれほど嬉しくない超展開もありません。「達
ついに王との謁見をする達哉×フィーナ。 驚きの展開が待っていたwwww ツッコミどころ満載でした・・・
9. 夜明け前より瑠璃色な Crescent Love 第12話 「お姫様と…」(最終回)  [ アニメって本当に面白いですね。 ]   2006年12月22日 07:30
1 夜明け前より瑠璃色な Crescent Love   現時点での評価:1.0   [ギャルゲー]   BS-i : 10/04 26:30   テレビ愛知 : 10/05 25:58〜   テレビ埼玉 : 10/06 25:30〜   チバテレビ : 10/08 24:30〜   KBS京都 : 10/08 25:15〜   テレビ神奈川 : 10/...
10. [夜明け前より瑠璃色な]第12話 お姫様と…  [ もえろぐ ]   2006年12月22日 09:02
「夜明け前より瑠璃色な」第12話です。 月と地球が睨みあうさなか 達哉とフィーナ姫はライオネス王のもとへ。 その映像は全世界へ生中継w 無条件で両国の国交正常化を提案する二人。 過去の戦争の記憶が残っているため 今まで幾度も挑戦してきた正常化への道は失
11. 夜明け前より瑠璃色な Crescent Love 第12話 お姫様と・・・  [ SOBUCCOLI ]   2006年12月22日 15:29
せっかくこれからKanonを見ようとワクテカしてたのに兄貴が 帰ってきてブルードラゴンをやると言い始めた為に見ることができず ふてくされながらキャベツの感想を書いてます。 そんなわけでついに伝説を作ったアニメも終わりの時を迎えました。 なんつーか、無難に終わってい...
地球と月間に 両国の宇宙艦隊が対峙、即座に全面戦争もおかしくない状態だというのに 地球政府も 月政府も 国民への非難勧告も 発しない。 月の王宮では スッタモンダの取り込み中でも 地球政府くらいは 危機管理マニュアルに従った 行動がとれそうなものだが。。。。 と、...
13. 夜明け前より瑠璃色な Clescent Love 第12話 「お姫様と…」  [ ただひたすらに、まっすぐに。 ]   2006年12月22日 20:43
第12話 「お姫様と…」 とうとうこのアニメも最終回を迎えました。最後まで作画・シナリオは低レベルでしたが…。このアニメだけを見た人には、是非原作ゲームをやってもらいたいの一言に尽きます(笑) 本編ですが、所ST
さて、キャベツもいよいよ最終回。 ちまちまアニメ感想書いたのが今年の初め、本格的にアニメ感想書き始めたのは今期からなので、全話通しての感想ってのはこれが初めてですかね。 さて、いつものように他所のブダ
15. 【終】夜明け前より瑠璃色な Clescent Love 第12話 「お姫様と…」  [ ブログ 壁 ]   2006年12月23日 02:39
インディパパを出してくれるのはいいんだけど、だからって宇宙人を出す意見はあったのか! ていうか、いくらなんでもデカすぎだろw どこまでギャグ色を高めれば気が済むのだよwww
夜明け前より瑠璃色な第12話(最終話)「お姫様と・・・」感想 超展開もありましたw二人の運命は―――
17. 夜明け前より瑠璃色な Crescent Love 第12話 「お姫様と…」  [ 伏雛的BLOG ]   2006年12月23日 20:11
夜明け前より瑠璃色な Crescent Love 第12話 「お姫様と…」 最終回のキャベツ 生ぬるい国王に代わり国の指揮をとろうとするユルゲン様。 そこに痺れる憧れるぅ! オレ、ユルゲン様に一生ついていきます!
18. 夜明け前より瑠璃色な  [ まるとんとんの部屋 ]   2006年12月24日 18:52
「お姫様と…」  まぁいろいろと物議のあったこの作品も 今回で最終回でした、さて販促品であるDVDとゲームは この作品の出現によってどの程度販売にプラスになることやら・・・。  って話はさておき・・・、 今回は普退
19. 夜明け前より瑠璃色な-Crescent Love- 第12話「お姫様と・・・」  [ のほほんホビー ]   2006年12月24日 19:27
ついに最終回となってしまいました。 ラストは、フィーナと達哉のウェディングシーンで終了。 まぁ、バッドエンドになる事は最初から考えにくく、在り来たりな最終話ではあったものの、これはこれで良かったと思??
20. 夜明け前より瑠璃色な Crescent Love 第12話「お姫様と・・・」  [ おもちやさん ]   2006年12月25日 01:14
ユルゲンがついに本性を現した(笑) けどこれ月にも地球にも流されてるんだよなぁ・・・。 ユルゲンの一族だけ追放すれば全て丸く収まるんじゃないか? っていうかフィーナに銃を向けて射殺しようとするとは・ダ
21. 「夜明け前より瑠璃色な」#12(最終回)お姫様と…  [ ラピスラズリに願いを ]   2006年12月25日 03:39
え〜と、感想放棄させてください! ・・・ダメですかorz だってさ! これより「爆チュー問題」のほうが楽しみだったからww では仕方ないから(ぇ よあけな最終回感想です。 夜明け前より瑠璃色な -Brighter tha
22. 夜明け前より瑠璃色な-第12話「お姫様と…」  [ 趣味(アニメ・ライトノベル関係)のブログ ]   2006年12月25日 12:38
一発大逆転〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!てことで、フィーナと共に乗り込んだ達哉は高野さんや助手の活躍で、ユルゲンの悪行を全宇宙にTV中継して、身動き取れないように現場を抑えつつ、カレンさんが水戸黄門宜しく目が逝っちゃってるユルゲンに取り押さえるように部下に...
23. 夜明け前より瑠璃色な Crescent Love 第12話(最終回)「お姫様と…」  [ 恋華(れんか) ]   2006年12月25日 15:35
夜明け前より瑠璃色な Crescent Love 第12話(最終回)「お姫様と…」
24. 夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- 第12話(最終回) 「お姫様と…」  [ SERA@らくblog ]   2006年12月25日 21:33
悲劇のキャベツ伝説――。 ここに完結です……以上(ぇ) さぁ、どこから突っこめばいいか頭を抱える最終回。 ご都合主義は世界を救い、原作のゲーム会社を怒らせたに違いない(ぉ) ちょっと?辛口めなレビューで行きます(^^;
25. 夜明け前より瑠璃色な #12  [ 妄想閉鎖空間 ]   2006年12月25日 23:18
この、作画ギャグ系キャベツアニメも今週で最終回。
26. 夜明け前より瑠璃色な 第12話 お姫様と…  [ 礎 -ishizue- ]   2006年12月27日 04:32
フィーナ・ファム・アーシュライト 私のパートナーです。 朝霧 達也 生涯、全力で君を支えるよ。フィーナ。 お終いか… 大体先
27. 夜明け前より瑠璃色な 第12話【最終話】「お姫様と……」  [ 移り気な実況民の日々 ]   2006年12月28日 18:48
 ついにフィーナは達哉と一緒に国王ライオネスの前に現れた。
28. 『夜明け前より瑠璃色な』 第12話 観ました  [ 「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋 ]   2006年12月28日 21:03
ついに、月と地球連邦の国交正常化を掲げてフィーナと達哉くんは月の王宮で演説を開始。そして高野さんとその助手はその様子を勝手に衛星生中継、しかも大体的に電波ジャックをして地球にも中継してしまう。 単純に、フィーナと達哉くんとの関係を云々するだけではなく、対地...
29. 夜明け前より瑠璃色な 第12話「お姫様と…」  [ ねこにこばん ]   2006年12月29日 02:24
第3話で伝説をつくったアニメも最終回を迎えました.八百屋,もっと最終回出て欲しかったな.
30. 夜明け前より瑠璃色な 第12話「お姫様と…」見ました  [ studio WATERCASTLE blog ]   2006年12月29日 23:54
遅くなったけど「夜明け前より瑠璃色な 第12話「お姫様と…」(最終回)」見ましたー。 達也フィーナ守って銃に撃たれて死んじゃったよ…。 って謎の宇宙人の力で生き返ったよ。なんだよ。結構感動して涙腺緩みそうだったのに…。 達也のお父さんが、ライオネスとセフィ...
31. 夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- 第12話 (最終回) お姫様と・・・  [ なななな駄文 ]   2006年12月30日 01:23
内密裏につくるのならば外見くらい少しは変えた方が良いと思うんだけどね。 スパイとかそういうものに対する考えとか無いんだろうか。 王様が一目見ただけで分かるとかダメダメ過ぎる。 そして内容も最後の最後までダメダメに終わってしまった。 一話目のときにはまだ少....
博士「最後まで…」 助手「酷い作品…」
33. 『夜明け前より瑠璃色な-Crescent Love-』 フィーナ・ファム・アーシュライト  [ ゆったりイラスト空間 ]   2007年01月27日 17:44
『夜明け前より瑠璃色な−Crescent Love−』のフィーナです。 ブルー&パープルを基調としたドレスが、とても素敵なフィーナ様。 デザインが凝ってる分、描くのは大変ですが、個人的にはスマッシュヒット感の値 у

この記事へのコメント

1. Posted by isamu   2006年12月22日 00:21
こんばんは。TBどうも有難うございました。
超展開でしたね(苦笑)。私も感想が上手く思い浮かびません。
ただ言えることは面白くなかった。それだけです……。
達哉は生き返るとは思ってませんでした。あのまま死んでたほうが良かったんじゃないかなーなんて思ってしまいました。
そしてまさかそこで達哉の親父が出張ってくるとは……。このアニメって、どうでもいいキャラが結構出張っているような気がしました。

作画が悪すぎましたね。後半のあの感じで全て行けばよかったのですが。全てはあのキャベツから始まりましたね(笑)。シナリオも駄目で、どうしようもない作品だったと思います。
声優さんは頑張ってたと思います。その点は評価できますよね。
2. Posted by nekonii@ねこにこばん   2006年12月22日 13:33
私の地域ではまだ最終回放送してないんですが,最後まで怪作だったようですね…ほんとうに,だれがこのアニメをこんなにしてしまったのか.いまの声優さんは往々にして作画がまだでき上がっていない段階で声を入れるといいますけれど,変な話,このアニメに関しては,その方が良かった気もしますね.あの絵じゃ笑っちゃって仕事にならなかったのではないかと.
3. Posted by まふぃん   2006年12月22日 18:19
>isamu様

いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。

超展開な上に間違いなく面白くなかった。
達哉が死んだままであれば、まだマシだったと思うし、
フィアッカによって生き返ったなら納得できたのですけどね〜。
あの宇宙人をなぜ出したのか、問いつめてみたいところです。

キャベツに始まり、そしてキャベツの時点で終わったアニメでしたね(笑)
あそこまでどうしようもないと頑張っている声優さんが可哀想になってきます。
4. Posted by まふぃん   2006年12月22日 18:28
>nekonii様

いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。

>最後まで怪作だったようですね

ぶっちゃけて言ってしまえばただの駄作なのですが、
その一言で片付けられないほど面白くなかったですね・・・。
ブログを書くネタとしては悪くなかったのですけども。

アレを見ながら声を入れるのは厳しいでしょうな。
私だったら笑う・・・と言うより、失笑してしまいそうです(笑)
まぁその辺、プロは仕事と割り切るのでしょうけど、
いくら良いお仕事しても、出来上がった作品がこれでは浮かばれないですね。
5. Posted by maharia   2006年12月24日 00:37
こんばんは、中濃甘口のmahariaと申します。TBどうもありがとうございました。
なんかこちらからのTB反映されないので、コメントにて失礼させていただきます。
え〜私は基本的に「甘口」なんでいちおアレコレ言わない事とします。察していただければ幸いですw
声優さんは普通にがんばったなぁ〜とは思います。あとブスは三日で慣れるという言葉もあります。楽しみ方を見つければ、楽しめない事も無いと思います・・・って、あんまり甘口じゃないですねw
とりあえず、お疲れさまでした。また、宜しくお願いします。
6. Posted by まふぃん   2006年12月24日 20:33
>maharia様

いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。
livedoorブログのせいかもしれませんので、こちらこそ申し訳ありません。

そうですね〜。ただ文句を言うのは簡単かも知れませんが、
良いところを探す努力も大事かも知れません!
ただ良いところを見つけやすい作品だと良いのですがね(笑)

こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔