模型人まふのぶろぐ

制作歴30年!マルチモデラーまふの日々の記録

2009年07月

完成作品の劣化

先日より十数年前に完成させた作品群の再生を進めているのですが、それに関連してガレージキット(レジンキャストキット)の完成後の劣化について書いてみたいと思います。

模型に限らずどんな物にも時間の経過による劣化はあるものですが、模型、ことにガレージキットの劣化は塗装表面と接着部分に集約されると言ってかまわないでしょう。

塗装面の劣化とは光線による変色や退色、空気中の埃や湿気、カビなどによる汚れで、これらはプラモデルであっても起こる可能性はあるものです。

続きを読む

体調不良・・

ここ数日体調不良で更新が滞ってしまいました・・。

なんていうんでしょう・・天候不順と言うか異常気象と言うか、いつまでたっても梅雨は明けないし、シャレにならないくらい雨降るし・・あげくに竜巻?!

そのせいかどうかわかりませんが、どうにも調子がよくありません・・。本調子に戻るまではもう少しかかるかな?というところです。

セーラー戦士再生計画 〜その9 完成!!

いよいよ各パーツの接着、これが終われば完成となる最後の工程です。

ガレージキットの場合、プラモデルのようにはめ込み固定できるようなダボはなく、作り手側がしっかり固着させるよう処置をしなくてはなりません。

接着には瞬間接着剤、またはエポキシ系接着剤を使いますが、レジンキャストはスチロール樹脂のように溶剤系接着剤を用いて溶着させることもできないので、より接合強度を得るための措置として接合部にアルミや真鍮などの金属線を埋め込む方法が一般的です。

接合するパーツ同士を金属線で繋ぐことでプラモデルのダボと同じ効果を持たせると共に接着する面を増やして接着剤の効果を高める狙いもあります。

このとき注意すべきは塗布する接着剤の量で、以前の記事でも書いたようにガレキは「塗装後に接着することがほとんど」のため接着剤のはみ出しはリカバーできませんので、多すぎず少なすぎない適量を覚えることが必要です。

この接着剤のはみ出しを軽減する方法がありまして、金属線を埋め込むための穴を開けたら表面を一回り大きくザグっておくんです。たとえば2mmの穴を開けたら表面から1mm位の深さまでその穴を3mmに広げるということ。こうしておくとその部分が接着剤溜まりになり、はみ出しが防げる場合がありますので覚えておくとよいでしょう。

続きを読む

セーラー戦士再生計画 〜その8

昨夜は夕食時についつい飲んでしまって・・といっても泥酔するほど飲んだわけじゃないんですが、コップ一杯くらい発泡酒をキュ〜〜ッといっただけなのになぜかこれが気持ち良〜くなってそのままうたた寝してしまったのでした。

というわけで気を取り直して今日は再生計画を進めます!!

前回の記事に書いた髪の塗装に待っている難関、それはご丁寧にウラヌス、ネプチューン双方に存在していて、しかもそれぞれ違う手間なのです。

続きを読む

わけわからんウチのパソ・・

さっきパソを立ち上げたらなんかまた変なメッセージが出ておかしな動き。もしかして!?と思いタスクバーの日付をポイントしてみたら・・
なぁにぃ〜〜??!!6042年7月23日?なんだそりゃ??????
案の定、日付が狂いまくり!月日は合ってるけど西暦6000年て・・(TT)

案の定と言ったのは、今のパソは買ってからこれまでにも2回ほど日付が狂ったことがあったからで、そのたび直してネットの時刻と同調させるように設定してるんだけどそれでもやっぱり2〜3ヵ月に一度おかしくなっています。

しかもおかしくなるたびにサーバーと同調エラーが出るようになっていって、今ではいくつかあるサーバーのうち上から二つは同調できなくなってしまってます。

現在は三つ目のサーバーに同調できてますけど、今後も定期的に狂ったらしまいにゃどのサーバーとも同調できなくなるんではないかと不安です・・。

パソコンなんざトラブるもんだ!なんてよく言いますけど詳しくない僕なんかは何かあるたびにどん〜より気が滅入ってしまうのでした・・。

というわけで今日は模型やる気が失せてしまいました・・すみませんヽ(TдT)ノ


ランキングに参加してます。応援いただけるととてもうれしいです!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

livedoor プロフィール
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ