模型人まふのぶろぐ

制作歴30年!マルチモデラーまふの日々の記録

2010年04月

一式陸攻制作日誌4〜エンジンプロペラ他小物

さて接着後放置してあった胴体の継ぎ目を処理するわけですが、ペーパーを掛けてみると案の定と言うかなんと言うか・・これだけ長いパーツが一度でしっかり接着できるわけもなく、当然のように所々にわずかな隙間が出ていました。

そこで出来てしまった隙間にラッカーパテを擦り込んで再度放置。ただし今度は接着剤ほど乾燥に時間はかからないので一昼夜ほどで良いでしょう。

pla232

前回書き忘れていたのですが、胴体を接着した時ついでに主翼部の上下分割となっているエンジンナセルも接着しておきました。

ここもやすってみると隙間が出たので胴体と共にパテを擦り込んで放置です。

pla231

続きを読む

一式陸攻制作日誌3〜胴体接着から細部の工作

いやいやいや・・またしても1週間余り間が空いてしまいましたね。

前回書いたように今一つ体調がシャキッとしないところに加えて先週はすることが変に多くて全然時間が取れませんでした。

で、昨日からやっとすこし模型をいじるヒマができたのでおもむろに作業を再開します。

前回までで機体内部の塗装までは済んでいるので左右胴体を接着しますが、その前に機首と胴体左側面にある小窓を内側から取り付けておきましょう。

小窓は機首に14枚と側面に2枚の計16枚ありますが、機首の小窓は2〜3コイチになっているため実際のパーツ数は8個となります。ここは完成後に外れると修復が困難なのでしっかりと接着したいのですが、クリアパーツなので接着剤のはみ出しには十分気を付けたいところです。

続きを読む

一式陸攻制作日誌2〜謎多き機体・・

またしてもずいぶんご無沙汰してしまいました(;´Д`)最近今一つ体調が悪くて更新も滞りがちです・・。と言っても大病とかではなくCMでやってる「未病」って感じですね。

さて前回の最後に書いた、作業ストップの原因となった疑問とは何なのか・・?

それは、「機体内部の色について」です。

この一式陸攻、キットのマニュアルにはコクピットも含めて機体内部は全て「RLMグレー」の指定になっています。

まずこの指定が疑問でして、海軍機でしかも三菱製であれば当然コクピットは「コクピット色」ではないかと思うのです。

さらに月光などでは青竹色となる脚収納庫までもがコクピットと同じ色となっています。

続きを読む

一式陸攻制作日誌1〜制作スタート!

さて、前回「次は一式陸攻!」と告知してからはや5日・・なかなか時間が取れず作業は遅々として進みません。

まずは箱を開けてパーツの点検(観察?)から入るわけですが、よく出来た模型だとこれだけで2〜3日は楽しめてしまいますね(^∀^)

で、この一式陸攻なんですが、第一印象が・・

「デカい!!」

7人乗りの攻撃機で、しかも1/48だからデカいのは当たり前なんだけど、一式はこれまで1/72のしか作ったことがなかったので、頭でわかってはいても実物を見るとやっぱり圧倒されてしまいます。

pla234
右主翼・・

とはいえ大きさからくる迫力や存在感は小スケールでは味わえないものがあるのでこれはこれでOKとして飾るスペースの事は今は考えずに作り始めます。

ほとんどの飛行機キットと同じく制作はコクピットからですが、戦闘機などとは違って3座のコクピットから床続きで機体中央辺りまで内部が再現されていますので順を追ってパーツをくっ付けていきます。

と言ってもわりと簡単な再現なので実際はテーブル?と背もたれなしのイスを4つほど付けるだけなんですが完成後はほとんど見えないのでまぁこれくらいでいいと思います。

と、またしてもここまでの写真を撮り忘れてしまいましたので、ここはさらっと流してくれると嬉しいですm(_)m

各パーツを接着したら塗装に入るわけですが、ここである疑問により作業中断となりました。それは・・    つづく!!


ランキングに参加してます。応援(ポチっと)していただけるととてもうれしいです!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

livedoor プロフィール
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ