模型人まふのぶろぐ

制作歴30年!マルチモデラーまふの日々の記録

2010年09月

雷電21型制作日誌その3〜胴体、主翼の接着

さてコクピットが出来上がったら、次はそのコクピットを挟みこんで胴体を接着します。そして主翼上下も接着します。この2か所は接着後に継ぎ目消しの必要があるので早めに接着しておくに越したことはありません。

この段階でのコツはとにかく焦らないことです。

続きを読む

雷電21型制作日誌その2〜コクピットの制作

雷電も零戦と同じ三菱製の戦闘機なのでコクピットも当然同じ色です。

Mrカラーに三菱系コクピット色があるのですが、実機の写真を見ると
もう少し黄緑がかった感じに見えます。

そこで、以前零戦を作った時に同Mrカラーの中島系コクピット色をブ
レンドして明るめの色調のコクピット色を作りました。

その塗料が残っていたので今回もそれを使うことにします。

続きを読む

雷電21型制作日誌その1〜パーツを見てみよう!

さぁいよいよ制作に入りますが、まずはパーツを見ていきましょう。

さてこのキットの特徴として、まずエンジンがありません?!

正確には他の機体のように別パーツ化されておらず正面から覗く部分のみが機首にモールドされているということです。

これはメカニズム上ほとんどエンジンが見えないためで、このスケールなら必要にして十分な処理だと思います。とりあえずメタルブラック系で塗っておきましょう。

pla261

しかもエンジンの前にこの「冷却ファン」が付くので、それによりエンジンはほぼ見えなくなるのです(´▽`)

pla262

pla263

続きを読む

やっとこさ雷電・・

6月に告知したっきりいろんな事情で延び延びになってた雷電ですが、
ほむらちゃんも無事完成したと言うことで、やっとこさ出番が回ってきました!

というわけで今回のブツは「ハセガワ1/48雷電21型」です(^∀^)

ときに・・僕のブログを見るとフィギュアを作ったかと思えば次は飛行機、はたまたガンプラと作品に一貫性がありませんよね。

プロのモデラーさんなどは皆それぞれ専門分野があって、それにより「飛行機モデラー」とか「フィギュアモデラー」とか呼ばれますけど、僕はプロではないのでジャンルには囚われずその時その時作りたい模型を作ってるわけです。

「二兎追うものは一兎も獲ず」ではないけれど、1つのジャンルを掘り下げるほうがより技術の向上が図れるのでは?という向きもあるかと思いますが、僕は強ちそうとばかりも言えないと考えています。

1つのジャンルにおける基本的な技術をしっかり身につけることは大切な事ですが、そこから先は色々な経験を積むことも重要だと思うのです。

たとえばフィギュアを主に作っているモデラーでも飛行機やAFVなどスケールモデルを作ってみる。ガンダムなどのメカ物も作ってみる・・。そうすることで模型制作と言うものを多面的に見る事が出来るわけです。

畑違いと思われるジャンルの技術が意外なところで役立つことが少なからずあるのです。フィギュア一辺倒では気付かなかった表現方法が他から見つかることだってよくあることです。

つまり

「自分がした経験にムダな物はひとつもなく、いつかどこかで必ず役に立つ。」

ということ。

これが僕の持論です。まぁこれは何も模型に限ったことではなく人生そのものにもあてはまるんですけどね(´▽`)

さて話を雷電に戻しますが、この雷電と言う機体は日本機の中でも特異な機体で、そのフォルムをはじめシステムや内部構造などにも独自のものがあり好き嫌いがはっきり分かれると言えるでしょう。

pla260

それでは次回いよいよ制作に入ります。

 
ランキングに参加してます。応援(ポチっと)していただけるととてもうれしいです!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

火炎(ほむら)制作日誌〜その8 画像公開

『火炎〜ほむら〜』まふオリジナルVer、完成画像です。

KIT239


続きを読む
livedoor プロフィール
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ