模型人まふのぶろぐ

制作歴30年!マルチモデラーまふの日々の記録

フィギュア

火炎(ほむら)制作日誌〜その8 画像公開

『火炎〜ほむら〜』まふオリジナルVer、完成画像です。

KIT239


続きを読む

火炎(ほむら)制作日誌〜その7 組立て〜完成

前回までで全パーツの塗装が終わっているので、あとは組み上げていくだけです。

このキット、部品精度が高いことは以前書きましたが、そのおかげで組み上げていくうえでのストレスはほとんどありません。

ほぼ全ての接合部がピタリと合ううえ、頭部、胴体、四肢などの大きなパーツは接合面にブロック状の大きなダボがあるので軸打ちなしでもしっかり固着させることが出来そうです。

とはいえ重量があるので念のために金属線を通しておくのが望ましくはありますが・・。

ただ一ヶ所だけ右脚のビキニラインと左脚大腿部にほんのわずか0.1〜0.2mm程度の隙間が出来ます。コスチュームとの境目なのでほとんど気にはなりませんが、ひとつ上の完成度を望む場合はしっかり埋めておくとよいでしょう。(今作では埋めてあります。)

全てのパーツを接着したら、あとはベースに固定して完成となるのですが、なんとここで重大な問題が発生してしまいました!!

続きを読む

火炎(ほむら)制作日誌〜その6 クリーチャーの頭

今日は右手に掴んだクリーチャーの頭部を塗装します。

あらかじめベース色に黒を塗装してあるので、そこに肌などの色を重ねて欲しい色味を立ち上げていきます。

これは以前ガンプラで行われていた「マックス塗り」という方法に近いもので、黒をベースにすることで色のトーンを落とし重量感を出す効果があります。

続きを読む

火炎(ほむら)制作日誌〜その5 フェイスの塗装

ここからは頭部の作業です。まずやることは髪の毛の塗装。顔の部分をマスキングしますが、耳の際から塗料が吹き込み易いので入念にマスクしておきましょう。

髪の塗装が出来たら一体でモールドされている眼帯の紐を塗装します。別パーツとなっている眼帯前部もここでいっしょに塗装します。

眼帯も革製のようなのでコスチュームと同じ色でよいでしょう。

続きを読む

火炎(ほむら)制作日誌〜その4 小物の制作

前回の記事で右手の話が出ましたが、このキットは右手がコンパチになっていて、「敵の頭を掴んでいるタイプ」と「小刀を持っているタイプ」が選べます。

KIT236
これと・・

KIT237
これね

今回の制作では女性とクリーチャーの質感の対比が面白いので頭掴みバージョンを選択しましたが、それにより少々困ったことがおきてしまいました。


続きを読む
livedoor プロフィール
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ