愚論

愚か者の呟き

或る市の議長に手紙する。

 さる7月の市議会に於いて、採決に疑念を感じこれを送らせて頂きます。
疑念というのは共産党市議団の投票対応についてであります。
 共産党市議団は表決に先んじる討論や、その前の委員会審議に於いても
党の消費税に反対する立場から反対する、と述べられていました。これはおかしな理由です。政党は市民ではありません。市議会議員は市民から選ばれた議員です。そして議員は個人名で当選証書を受けられたと思います。政党として受けられたのでしょうか?。当選証書と言うのは契約書です、当選者は個人として市民と契約したのだと言える。その当選者が市民ではない部外者の支持・意向や党議拘束に沿って投票するというのは、市民に対する背任行為だと思えます。この議員が若し政党から便益供与を受けていたとするなら、それは贈収賄罪に相当するかと思われます。国政政党は適用除外でしょうか、政党ではない会社や団体に所属するならどうなりますでしょうか。例えば或る会社の社員が議員になって、会社の意向に従って投票したと公言して、それは許されるのでしょうか?。

 もし国政政党なら良しとするなら、
市議会には共産党だけではなく他の政党もお見受けします、国政の場で対立する者同士が市議会の場でも対立して代理戦争を始める可能性も否定は出来ないでしょう。それは、地方自治でしょうか?。市議会は市民の代理と市民の代理が市政について話し合う場で国政の代理者が割り込まなくても良いのではと思われます。

 議員は個人として市民の信託に答え投票すべきではないのでしょうか。同じ答えだからとカンニングと思しき投票をするべきとは思えない。
 政治倫理とはなんでしょうか。お金の使い方ばかり監視しないで政治家としての行動も見直して見られたら如何でしょうか。

韓国は言う、日本のホワイト国除外を第2の侵略だと?。
物を売らない事が何で 侵略 になるのか。
どういう理屈だ?。
物を買えなかったら、思い通りに買えなかったら、侵犯だというのか?。
自分が損する事は皆悪者なのだろう。
これって誹謗だろ。
声高に何度も何度も叫んで、恰もそれが真実の様に喚いて、
いつかそれに騙される。
誹謗の濡れ衣を着せて烙印を押そうとしている。
又かもな。
言論の自由に乗っかって、言論の勝手を吐き通すか。

選挙って勝負事なのか?。政治って只のゲームか?。
選挙の度に思う。何で勝ち負けの争い事にしてしまうのか。
信託とはどういう意味か。
与党が日本人なら野党も日本人だろう、同じ日本人同士で何故争わなければいけないのか。
それぞれのさして意味の無い特異性ばかり比べる必要が有るのか。
仲良く出来る筈の家族の中で、犬も食わない夫婦喧嘩を見せられてる子供の気分だ。
議会とは仲良く話し合いをするところだと思う。
仲違いの為の言い合いをするところかな。
つまらぬ勝ち負けなど考える必要はないと思う。
勝ち負けを決める言い合いより、引き分ける決める話し合いを
すべきじゃないかと思う。

夫婦喧嘩なんて小さい頃より飽き飽きした。

↑このページのトップヘ