久方ぶりに書いてみる。

地元の市議会を見てて、ふと思った。
議会って何だ、何するところ?。
議会って、「みんなが寄り集まって、話し合うところ。」だと思ってた。
でも議会って、集まってるけれど、話し合ってはいない。言い合ってるだけの様だ。
議員は、言い争う事しかしてない様に見える。

議会って、ある議題について話し合う時に議長は
「これより審議を始めます。」
と言い、続けて先ず、
「質疑に入ります、質疑は有りませんか。」
と言う。議場を見渡して質問者が有れば指名して議員は質問を言う。
質問が無ければ、次に、
「これより討論に入ります、討論はありませんか。」
と言う。そして各々の議員は賛成意見と反対意見を言う。
意見が出尽くした頃、議長は、
「これより採決に入ります。」
と言って、議題の賛否を決める。
議事は、質疑→討論→採決 と進む。
この手順、当たり前と思ってました。
でもある議題の審議を見てて、「あれ?、変だ。」何でもっと話し合わないのかと思いました。
一手順が抜けてると思われます。質疑→討論→協議→採決 と進むべきでは無いのか。

例えば、八百屋の店先に大根が売られていたとしよう。
そこへお客が来て
(質疑)
「これ幾ら」
「1本120円だよ」
「120円高いわよ、こんなもの100円よ」と言ったとする。
店は「これは120円の価値が有るんだ」。
(討論)
「葉っぱも萎れてるし、色も悪いは」
「萎れてなんかいない、普通だよ。色もそうだ。」
「無い無い、100円よ」と、100円か120円か言い争う。
(協議)
「じゃー110円に負けるから買っとくれ」というのが協議だ。
(採決)
双方が歩み寄って「110円で買うわ」と言う事は、善ですか悪ですか。
有りですか?。無しですか?。
協議抜かして、双方自分の意見を曲げず、100円か120円か言い合うだけが
議論でしょうか?。
議員には、妥協しない権利が有る。そして協調する義務も有ると思われる。
議事に、協議が無いのは、手順に誤りが有るのじゃないか。

話し合いというのは、合意を目的に喋り合い、考え合う事を言い、
言い合いというのは、合意を目的とはせず、喋り合う事じゃないのか?。
議会はただ、意見の押し付け合いをしてるだけの様に思われた。

議会とは、言い合うところか、話し合うところか。