magaminの株と歴史の雑感

株と戦前の昭和史について考えます  

カテゴリ:純文読書日記 > 北一輝



今から30年ほど前、私が小学校三年ぐらいのとき、担任の先生が、
「総理大臣というのは飾り物で、それを後ろから操る人がいる」
と言ったのを聞いて、子供なりに衝撃を受けた事を覚えています。今から考えると、総理大臣を後ろから操る人物というのは田中角栄の事でしょう。私は、日本という世界は公平で合理的なものだと思っていたので、この小学校の先生の言葉に世界が崩れるような強烈な不安感を覚えました。

帝国憲法が民主的だったか専制的だったか、というのはよく議論になるところです。大正デモクラシーも帝国憲法下で成立したわけですから、簡単に考えると帝国憲法も運用によっては民主的なものになりうると考えるのが普通でしょうか。
しかし、松本健一は帝国憲法さらには明治国家を鵺(ぬえ)的体制であると言っています。すなわち、国家権力の中心に近ければ民主的になり、遠ければ専制的になるような類のダブルスタンダード体制なのです。これは国家権力の中枢に近ければそれだけ人間の価値が上昇するかのような時代の空気を醸成します。戦前の立身出世熱というのは、明治国家のダブルスタンダード体制から来ているのでしょう。このような前近代的空気は最近急速に薄くなってきましたが、25年位前までは、日本をかなり厚く覆っていました。

盧溝橋事件以前は、国家権力から遠くにある人たちには皇国史観が強制され、国家権力の中心に近いエスタブリッシュメントには天皇機関説が適用されるという具合です。戦後は皇国史観がアメリカ型民主主義に変わっただけで、権力の中枢に近づくにつれて民主主義がないがしろにされるという日本的構造は変わらなかったのです。
私が子供のころ「大人になる」ということは、権力の中枢に少しでも近づいて民主主義や法治国家を軽く見れるようになることを意味していました。一般市民なんていうのは、例えば交通違反を警察に頼んでもみ消してもらったり、市会議員なんかに頼みごとをして何かの受付の順番を早くしてもらったりということで大人になったことを実感するわけです。
今から見れば、このような国家システムは非合理的ではあると思いますが、明治の初期においては何らかの合理性があったのでしょう。しかしこのような非合理的システムを抱えては、日本は世界との軍事的経済的総力戦に勝つことは出来ません。第一次世界大戦以降、列強間の戦争は国家総力戦になる事が明らかになりました。明治国家の鵺的体制を合理化する運動が、満州事変であり226事件です。神風特攻隊もその系列上にあると思います。

私は小学三年のとき、自由の国だと思っていた日本が醜いダブルスタンダードの国だと知った時、世界が崩れるような衝撃を覚えましたから、例えば226事件で処刑された人の気持ちがよく分かります。安藤や磯部などは醜い日本のシステムがどうしても許せなかったのでしょう。彼らは「大人」なんていうものにはなれませんでしたが、自らの主義を貫いて立派に歴史に名前を刻んだと思います。

太平洋戦争って、何であんなやけっぱちの戦争をやってしまったのでしょうか。中国や韓国はなんでいまだに怒っているのでしょうか。私達は何でこんなに戦前のことを知らないのでしょうか。

太平洋戦争の直接の原因は、昭和16年12月6日の真珠湾攻撃です。真珠湾の原因は昭和16年9月にあった御前会議で、
「日米交渉がうまくいかなければ重大な決意をする」
という決定があったからです。

当時の日米交渉とは、日本が今のベトナムに軍を進めたためにアメリカが日本に対して石油の禁輸をしたという、そんな状況を正常化するための交渉です。

何で日本がベトナムに侵攻したかというと、当時日本と中国は戦争をしていて、中国内陸部に立てこもっていた中国軍の兵糧ルートを絶つためです。

何で中国と戦争をしていたかと言うと、それは昭和12年の第二次上海事件です。中国軍の先制攻撃により戦線が拡大、日中戦争という大戦争になります。

昭和6年満州事変が起こり、日本は中国北東部に満州国という国をつくります。満州占領だけなら国際的にギリギリ認められることもありえたのですが、日本軍は勢力圏を中国本土に広げようとして、中国国内で激しい反日運動を引き起こします。昭和12年の第二次上海事変の時にはすでに、中国軍は日本に対して宥和的な態度をとることが出来なくなっていたのでしょう。

満州事変の原因は日本軍の謀略です。自分で満州の鉄道を爆破して、それを中国の責任にして、中国軍を攻撃しています。で、その満州事変には予行演習みたいな事件があって・・・・・・・

もういいでしょう。このように太平洋戦争の原因というものを直接的にさかのぼっていくと、話がどんどん拡散してしまうのです。太平洋戦争について考えるためには、事実関係を知るだけでは足りないと言う事です。何か別のアプローチが必要です。日本人の精神史みたいなものの理解が必要です。

私達は多くのことを感覚で語っていないでしょうか。人と人との会話というのはどちらが多く自己主張ができるかという優勝劣敗のゲームなのでしょうか。そんな場所から抜け出すためには、太平洋戦争を知って日本人の精神史を知って、それぞれが自分の内面を凝視するしかないと思うのです。

このページのトップヘ