magaminの株と歴史の雑感

株と戦前の昭和史について考えます  

カテゴリ: 民俗学

江戸時代最末期、今の岩手県の太平洋岸南部地域花巻市近辺の命助なる人物の伝記みたいな話。  命助は1820年、栗林村の有力家の分家の長男として生まれる。10歳ごろから17歳まで、、読み書きを習うために遠野まで通ったという。習った内容は四書。17歳から19歳まで秋田の院内銀山で出稼ぎをする。1853年、命助が34歳の時、釜石地方で大規模な一揆が起こり、命助はその一揆の主導的役割を果たす。その影響で、命助35歳のとき、南部藩に拘留されるが、出奔し出家する。3年後、京都の二条家家来の資格を得て、再び栗林村に戻るが、南部藩により拘束され、そのまま1864年、獄死、45歳。  波乱万丈といえばそうだろう、奇妙といえば奇妙だ。   昨日も書いたように、日本の近代というのは江戸末期から始まっている。18世紀の後半ぐらいから、日本世界は傾いてきたと思う。命助は17歳まで読み書きを遠野で学んでいたのだけれど、その内容が四書だという。  四書というのは、大学、中庸、論語、孟子、のことで、中国南宋時代に、学ぶべき最高の書物として朱子が選定したものだ。読み書きを学ぶだけなら、別に何でもいいはず、戦国策でもいいし、十八誌略でもいい。それが何故孟子なのかということ。この時点で、当時の日本はもうすでに傾いている。命助はさらに南部藩内で不利な状況になれば、京都の権威を使って、南部藩の上からなにものかをかぶせようとする。京都公家の影響力を信じて、命助は故郷での不利を覆そうとする。  結局失敗に終わった命助の試みだが、失敗したから忘れられていいというものでもないだろう。現にその何年か後に明治維新が起こっている。  朱子学が明治維新を善導したというと、ちょっと突飛な感じがするとは思うのだが、実際孟子を読むとそう不思議でもないなと思う。  孟子とはまったく驚くべき書物であって、それは世界を傾ける力を持つ。  嘘だと思うなら実際に読んでみればいい。命助もそれで傾いたのだろう。




宮本常一「忘れられた日本人」という本の中に、土佐の山奥に住む乞食の老人にインタビューしたものがあります。
これがすばらしいのです。
どうすばらしいのかというと、女を語らせたら川端康成より上、告白させたら太宰治より上、というものです。文学的に見ても出来がいいので、このインタビューは宮本常一の創作ではないのか、という噂があったぐらいです。

これを原文を交えて紹介していきましょう。太字は原文です。

この老人のインタビューは文庫本で30ページ、全編老人の独白形式になっています。
独白の時間は昭和15年くらいでしょうか。高知の山奥、四万十川に架かる橋の下に80を越えた乞食で盲目の老人は、60年連れ添っている老婆とともにみすぼらしい小屋に住んでいるのです。
この盲目で乞食の老人にも、もちろん若い時代はありました。生まれは伊予の喜多郡。土佐との国境に近いところです。ててなしごとして生まれ、村の枠組みからこぼれ落ちて、15の時から「ばくろう」の見習いとして働き始めます。「ばくろう」とは西日本においては牛を売り買いする職業を指します。ポジション的には農民の下、盗人の上ということらしいです。二十歳のころばくろうの親方が殺されて、この老人は二十歳にしてばくろうとして独り立ちするのです。明治20年ですね。殺された親方には妾がいたのですが、その妾はこの老人が引き継いだのです。妾には12才の娘がいて、二十歳のころの老人はこの娘と出来てしまうのです。

おっかあのねている間にものにしてしもうた。それからわしは娘をつれてにげた。雪のふる山をこえてはじめて伊予からここまできた
わしも一人前の人間になりたいとおもうた。

紙の原料になる木の売買をして3年ほど暮らしました。しかしその木を管理する役人の嫁さんに惚れてしまうのです。職業柄、その役人の家に出入りするようになるのです。

その嫁さんがええひとじゃった。眉の濃い、黒い目の大けえ、鼻筋の通った、気のやわらかな人でのお。

ドキドキしてきますね。

それでも相手は身分のある人じゃし、わしなんどにゆるす人ではないと思うとったが、つい手がふれたときに、わしが手をにぎったらふりはなしもしなかった。

秋じゃったのう。

この後、山の中腹にあるお堂の中であいびきをするのです。

「わしのようなもののいうことをどうしてきく気になりなさったか」
「あんたは心の優しいええ人じゃ、女はこういうものが一番ほしいんじゃ」

このあと何回かあいびきをしたのですが、老人は相手に迷惑がかかってはまずいと思い、一人で伊予に戻ったのだそうです。

明治25年ごろでしょうか。その青年は伊予に戻ってまたばくろうを始めます。牛の取引の関係で、村の有力者である県会議員の家に出入りするようになります。家のことは女の仕事でしたから、その県会議員の嫁と知り合いになります。

ああいう女にはおうたことがなかった。色が白うてのう、ぽっちゃりして、品のええ、観音様のような人じゃった。

牛の事でその家に通っているうちに、県会議員の家で飼っている牛の種付けの話が出るのです。そして実際に種付けをします。牡牛は事が終わった後牝牛のお尻をなめるそうです。

おかたさまはジイッと牛の方を見ていなさる。そして
「牛の方が愛情が深いのかしら」
といいなさる。
「おかたさま、牛も人間もかわりありませんで。わしならいくらでもおかたさまの・・・」
おかたさまは何もいわいだった。わしの手をしっかりにぎりなさって、目へいっぱい涙をためてのう。

わしは納屋のワラのなかでおかたさまと寝た。

このおかたさまはこれから二年も立たないうちに肺炎でポックリ死んだそうです。その後青年はばくろうとしてあちらこちらを渡り歩きます。50の時に病気で目が見えなくなったそうです。おそらくなんらかの性病でしょう。盲目になって、昔のつれあいのところにもどります。その後30年以上、四万十川の上流に架かる橋の下で乞食生活です。

この盲目の乞食の独白はすばらしいものがあります。
こんな事をいうとなんなのですが、渡辺純一や辻仁成の文章はこの乞食の独白の足元にも及ばないです。なぜなら、渡辺純一や辻仁成の描く女は男から見た女だからです。乞食が描く女は女そのものだからです。

この物語には「落ち」があるのです。乞食が女にモテる秘訣をレクチャーしてくれるのです。

聞きたいですよね。

わしわなぁ、人はずいぶんだましたが、牛はだまさだった。牛ちゅうもんはよくおぼえているもんで、五年たっても十年たっても、あうと必ず啼くもんじゃ。なつかしそうにのう。牛にだけは嘘がつけだった。女も同じでかまいはしたがだましはしなかった。

牛も女も自分も同じ扱いなわけです。ここまでやらないと真の女は描けないわけですね。これは常人にはムリ。女を描いた日本文学は多いですが、おそらくこの四万十川の乞食がその最高峰でしょう。
辻仁成は女を描きたいなら、フランスに行くのではなく四万十川に行った方がいいね。


日本は明治維新以降国民国家として立ち上がり、太平洋戦争後も統一国家日本として経済発展に邁進してきました。
戦後も、日本は単一民族とか、均質な思考パターンの国とか、瑞穂の国、海に囲まれた島国とかその統一性を強調するような言辞にあふれていました。

ペリー来航以降ウエスタンインパクトにさらされた日本は、結局強く固まって、日本の独立を守るための苦難の歴史を歩んだのです。そんな歴史のテクストのなかでは日本人均質論というのが必要だったのでしょう。
しかしバブル崩壊から25年。低成長が必然となる中、一つの日本というものを強調する必要がなくなってくれば、多くの日本というものを語る余裕が出てきているのです。網野善彦の東日本と西日本の根源的な違いについての指摘とか、赤坂憲雄の東北学なるものとかは、このような歴史の流れの中にあると思います。

一つの日本というイデオロギーの霧が晴れてくれば、多元的な日本が姿をあらわしてきたという事なわけで、こういうことは日本の成熟だと思います。

日本は苦難の歴史を乗り越えつつある、という楽観的な認識を私は持っています。しかし世界はそうではないですね。西欧とイスラムの対立というのは、現状厳しいものがあります。世界のために日本とアジアの智恵を生かすときが来る事もあるのではないでしょうか。

遠い未来には。



遠野は岩手県の中部、北上川の東にある町らしいですよ。

遠野物語は遠野地方に伝わる伝承みたいなものをまとめたものです。その中からいくつかインパクトのあるものを紹介していきましょう。遠野物語の原文は文語体で書かれていますから、私が読みやすく口語に変換していきましょう。

川にはカッパが多く住んでいた。村の家でカッパの子を身ごもった女がいた。生まれた子供は切り刻んで樽に入れて土の中に埋めた。
それはとても難産で、その子の手には水掻きがあった。その娘の母親もカッパの子供を産んだことがあるという。二代や三代の因縁ではないという者もある。

別の話。

貧しい百姓がいた。妻はもういなくて美しい娘がいた。この家は一匹の馬を飼っていて、娘はこの馬を愛し、夜は馬と一緒に寝て、ついにその馬と夫婦になった。父はその事を知り驚愕し、馬を連れ出して桑の木に吊り下げて殺した。娘はそれを悲しんで、馬の首にすがり付いて泣いた。父はこれを憎んで、斧で馬の首を切り落としたら、娘は馬の首に乗って天に昇って去った。

この生々しさ。心を空っぽにして、遠野物語だけを感じて欲しい。そうすれば何かが分かる気がするのです。
日本人はかつて自然と一体となって生活していたのでしょう。日本人の魂に歴史は伝承となって食い込んでいたのです。

遠野は北上川の東にあるらしいですよ。



天皇制度というのは、もう千何百年も続いています。これは間違いなく日本の伝統です。「天皇」という言葉が現れたのが7世紀ですから、厳密な天皇制度は1400年続いているという事になります。これが天皇的制度となるともう何百年か遡ることになるでしょう。

しかし、この日本古来の天皇制度というものが存在し続けているとしても、明治維新以降、明治政府によって天皇制度には何らかの付加価値みたいなものが追加されてきたと思うのです。時代の要請としてしょうがない面もあるでしょう。19世紀末は日本が強固な独立国にならないと、西洋に侵略されてしまいかねない状況でした。当時のヨーロッパの戦略は「弱いところを削る」みたいなことでしたから。

明治政府が崩壊して70年です。1400年以上も続いている天皇制度を日本の伝統として大事にするというのは私も賛成です。しかし、明治政府が付加した偽天皇制度というのは、もう必要ないのではないでしょうか。現在のところどこかの文明に日本が侵略されるという心配もないですし、偽天皇制度なるものまで使って、日本の中に一体感を醸し出す必要はないでしょう。

ここで問題なのは、何が本来の天皇制で何が後で付け加えられた天皇制なのか分からなくなっているということなのです。

その事を知るためには、明治以前の日本の国の形とはどのようなものだったかというのを知る必要があります。根本を知る事によって、伝統的天皇制を知る事が出来るわけです。

ここにおいて網野善彦は驚くべき主張をします。

ざっくり言ってしまえば、日本というのは歴史的に東日本と西日本の連合国家だというのです。ここで言う東日本と西日本の境目はフォッサマグナの少し西、例えば尾張は西、三河は東です。
東日本というのは家父長的で父親の権威が強いです。西日本は母系社会で女性が強いのです。
東日本は被差別部落が少なく、西日本は多いのです。
いろいろな差異あるらしいですよ。
そして、西日本における権威は天皇で、東日本の権威は幕府なのです。

これは参りましたね。ある種の人々に網野善彦の評判がよくないわけです。
いいですか、この網野理論を突き詰めていけば、天皇というのは西日本のマッタリとした世界に浮かぶ権威であって、東日本は遠慮してもらえるかな? 東日本の家父長制度、父親が偉いなんていう制度は天皇制度とは何の関係もないから、東日本の人が家父長制度を維持したいと思うのなら、それは個人の能力でやっちゃってください、みたいなことになります。

私は西日本に生まれましたから、この感じ、分かるような気がします。ただ西日本にもマッチョなやつはいますから、統計的に断言できるわけではないですが。家族国家観みたいなものを天皇制度がフォローしてくれると思ったら間違いで、伝統的天皇制と明治国家的天皇制は区別していかなくてはいけないと思います。



この本は、昭和18年に宮本常一の故郷である山口県大島における明治以降の記憶みたいなものを綴った本です。

私は岡山生まれで、いま川崎に住んでいるのですが、西日本が本当に懐かしい。

この本によると、昭和18年現在、日本農村共同体なるものも、文明の影響を受けてかなり解体されつつあったそうです。島に小学校が出来て子供が学校優先の生活になったり、経済体制が流動化して人の往来が激しくなり、村の伝統というものも維持しにくくなりつつあったのです。しかし大東亜戦争が始まり「非常時」ということになり、まあ日本全体が収縮して防御体制をとったと言うことなのでしょう、昭和18年の時点で、農村共同体なるものがかなり復活していたそうです。

日本的な共同体というものは、ある意味で人生をトータルとして非常に幸せにするものであるとは思います。子供には子供の仕事があり、青年になれば男ならば「若者組み」、女ならば「娘仲間」に所属し村の掟を習い、大人になれば村の一員としての役割をはたし、老いれば村の柱石となる。貧しいけれども死ぬまで仕事をし、必要とされる存在でいられるのです。
現代はどうでしょうか。
団塊の世代はどうするつもりなのか。会社に入ってそこが村社会で、定年まで幸せに働きました。しかし定年というのは運がよくても65なんですよね。村落共同体は死ぬまで個人を必要としてくれましたが、会社共同体は65歳までしか必要としてくれないのです。
朝早くに、スーパーの店先や街中の公園に老人の集会を見かけたりしたことはないでしょうか? あれは即席の共同体みたいなものです。あんなことで魂の空白を癒すことはできないでしょうね。結局、戦後農村共同体を拒否して個人の独立みたいなものを選択したわけですから、孤立した老後を生きるしかないのです。

しかし、一つだけ団塊世代が共同体願望を満たす方法があります。
それは戦争をするということです。
戦争になれば日本社会は収縮し、全ての日本人に日本人としての役割が振り分けられます。団塊世代には団塊世代の。やりがいのある社会に参加することが出来るのです。

もちろんこんな事を許してはダメ。やるべきことをやらなかった人間は、トータルとしてその責任を取るべきなのです。孤独の中で死んだからといって、誰を責めることも出来ないのです。

日本はどうなるんだろう。子供達に希望がありますように。



太字は本文です。

明治40年ごろでしょうか。その青年は伊予に戻ってまたばくろうを始めます。牛の取引の関係で、村の有力者である県会議員の家に出入りするようになります。家のことは女の仕事でしたから、その県会議員の嫁と知り合いになります。

ああいう女にはおうたことがなかった。色が白うてのう、ぽっちゃりして、品のええ、観音様のような人じゃった。

牛の事でその家に通っているうちに、県会議員の家で飼っている牛の種付けの話が出るのです。そして実際に種付けをします。牡牛は事が終わった後牝牛のお尻をなめるそうです。

おかたさまはジイッと牛の方を見ていなさる。そして
「牛の方が愛情が深いのかしら」
といいなさる。
「おかたさま、牛も人間もかわりありませんで。わしならいくらでもおかたさまの・・・」
おかたさまは何もいわいだった。わしの手をしっかりにぎりなさって、目へいっぱい涙をためてのう。

わしは納屋のワラのなかでおかたさまと寝た。

このおかたさまはこれから二年も立たないうちに肺炎でポックリ死んだそうです。その後青年はばくろうとしてあちらこちらを渡り歩きます。50の時に病気で目が見えなくなったそうです。おそらくなんらかの性病でしょう。盲目になって、昔のつれあいのところにもどります。その後30年以上、四万十川の上流に架かる橋の下で乞食生活です。

この盲目の乞食の独白はすばらしいものがあります。
こんな事をいうとなんなのですが、渡辺純一や辻仁成の文章はこの乞食の独白の足元にも及ばないです。なぜなら、渡辺純一や辻仁成の描く女は男から見た女だからです。乞食が描く女は女そのものだからです。

この物語には「落ち」があるのです。乞食が女にモテる秘訣をレクチャーしてくれるのです。

聞きたいですよね。

わしわなぁ、人はずいぶんだましたが、牛はだまさだった。牛ちゅうもんはよくおぼえているもんで、五年たっても十年たっても、あうと必ず啼くもんじゃ。なつかしそうにのう。牛にだけは嘘がつけだった。女も同じでかまいはしたがだましはしなかった。

牛も女も自分も同じ扱いなわけです。ここまでやらないと真の女は描けないわけですね。これは常人にはムリ。女を描いた日本文学は多いですが、おそらくこの四万十川の乞食がその最高峰でしょう。
辻仁成は女を描きたいなら、フランスに行くのではなく四万十川に行った方がいいね。








「忘れられた日本人」の本の中に、土佐の山奥に住む乞食の老人にインタビューしたものがあります。
これがすばらしいのです。
どうすばらしいのかというと、女を語らせたら川端康成より上、告白させたら太宰治より上、というものです。文学的に見ても出来がいいので、このインタビューは宮本常一の創作ではないのか、という噂があったぐらいです。

これを原文を交えて紹介していきましょう。太字は原文です。

この老人のインタビューは文庫本で30ページ、全編老人の独白形式になっています。
独白の時間は昭和30年くらいでしょうか。高知の山奥、四万十川に架かる橋の下に80を越えた乞食で盲目の老人は、60年連れ添っている老婆とともにみすぼらしい小屋に住んでいるのです。
この盲目で乞食の老人にも、もちろん若い時代はありました。生まれは伊予の喜多郡。土佐との国境に近いところです。ててなしごとして生まれ、村の枠組みからこぼれ落ちて、15の時から「ばくろう」の見習いとして働き始めます。「ばくろう」とは西日本においては牛を売り買いする職業を指します。ポジション的には農民の下、盗人の上ということらしいです。二十歳のころばくろうの親方が殺されて、この老人は二十歳にしてばくろうとして独り立ちするのです。明治35年ですね。殺された親方には妾がいたのですが、その妾はこの老人が引き継いだのです。妾には12才の娘がいて、二十歳のころの老人はこの娘と出来てしまうのです。

おっかあのねている間にものにしてしもうた。それからわしは娘をつれてにげた。雪のふる山をこえてはじめて伊予からここまできた
わしも一人前の人間になりたいとおもうた。

紙の原料になる木の売買をして3年ほど暮らしました。しかしその木を管理する役人の嫁さんに惚れてしまうのです。職業柄、その役人の家に出入りするようになるのです。

その嫁さんがええひとじゃった。眉の濃い、黒い目の大けえ、鼻筋の通った、気のやわらかな人でのお。

ドキドキしてきますね。

それでも相手は身分のある人じゃし、わしなんどにゆるす人ではないと思うとったが、つい手がふれたときに、わしが手をにぎったらふりはなしもしなかった。

秋じゃったのう。

この後、山の中腹にあるお堂の中であいびきをするのです。

「わしのようなもののいうことをどうしてきく気になりなさったか」
「あんたは心の優しいええ人じゃ、女はこういうものが一番ほしいんじゃ」

このあと何回かあいびきをしたのですが、老人は相手に迷惑がかかってはまずいと思い、一人で伊予に戻ったのだそうです。



続きはまた明日書きます。







宮本常一は山口県大島出身の民俗学者です。

第二次長州征伐のころの話もこの本にはのっています。第二次長州征伐を長州では四境戦争と呼ぶのですが、宮本常一のおじいさんの世代は武士以外の人間も四境戦争に多く参加し、この四境戦争はある意味祖国防衛戦争だったというのです。

そういわれればそうだよね。

第二次長州征伐のときの長州藩主は毛利敬親(もうりよしちか)です。毛利敬親という人物は、すべて家臣任せで家臣集団の中でヘゲモニーを握った集団を承認するという感じでした。
藩の主流を握ったところの代表者がしずしずと毛利敬親の前に進み出て、これからの長州藩の行動指針を毛利敬親に説明すると、毛利敬親は首をガクッと斜め前に折り、
「そうせい」
と一言いうそうです。ですから毛利敬親のあだなは「そうせい候」、言うなれば愛すべきバカ殿みたいなものです。
長州はこの毛利敬親の元で四境戦争を戦い抜き勝利するわけです。

これは明治国家の原型ではないでしょうか。山県有朋や伊藤博文は明治天皇を「そうせい候」として作り上げたのではないでしょうか。明治時代というのは、日本が西洋の圧力の中で独立というものを維持できるかどうかのギリギリの時です。明治の支配者層は四境戦争という祖国防衛戦争での成功体験を、明治国家に拡大して当てはめたのではないでしょうか。

明治国家における天皇は決断をしない。それは明治憲法における立憲君主制を忠実に実行した結果であるといわれたり、天皇制そのものの伝統であると言われたりしますが、案外毛利敬親に由来しているのではないのかな。

伝統といわれているものが、案外歴史が浅かったりすることは往々にしてあることです。

天皇とはなんなのでしょうか。天皇制度は、なぜ日本の古代以降続いているのでしょうか。
網野善彦の天皇制に切り込む「魂の刃」みたいなものは、尊敬に値します。

日本の中世においては、農村共同体同士の間に中立地帯みたいなものが存在していました。それは海岸べりであったり川原であったりするわけです。そこには農村共同体に所属しない自由の民が存在し、その中立地帯には市が立ち、農村共同体同士の交易が行われていたのです。

ここで重要なことは、天皇とは農村共同体を支配するのではなく、農村共同体同士の間の中立地帯を支配するものであるということです。天皇は農業民に結びつくものではなく、共同体の中立地帯に存在した人々、すなわち悪人、河原者、勧進聖、乞食、商人などのアウトサイダーの人々と結びついていたのです。

このようなアウトサイダーの人々と結びつく事により、天皇は千何百年も生き延び続ける事のできる根源的な力を得ることが出来たのです。



正義とはなんなのでしょうか?


ラディカルにいえば、正義とは個体間の利害関係を調整するものです。多くの個体を支配するものが大きな力を得るのではなく、多くの個体間の利害関係を調整するものが、正義の名の下に大きな力を得るのです。

天皇はそのような種類の正義として、いつの時代にも蘇るのです。

私個人は、自分のモラルは自分で決める人間ですから、天皇を必要とはしていません。しかし、日本に多くの天皇を必要とする人がいるとするのなら、天皇制を否定する事もないでしょう。

このページのトップヘ