magaminの株と歴史の雑感

株と戦前の昭和史について考えます  

カテゴリ:純文読書日記 > 山之内靖



太平洋戦争って何で起こったのか不思議に思ったことはないでしょうか。第一次世界大戦の時のように、勝ちそうなほうに乗っておけばそれで十分だったのに。
よくある考えは、「当時の日本人は間違いを犯した。すなわちちょっと頭が足りなかった」というものです。しかしこの考えは違う。昭和初期に書かれたものは、今読んでも読むに耐えるものが多いです。彼らの頭がちょっと足りなかったなんて信じられない。
団塊ジュニアにとってのおじいさんとは、実際に太平洋戦争に行った人たちだと思いますが、彼らは頭が足りなかったでしょうか。事実は逆ではないでしょうか。彼らの人間としての重みのようなものから、現代の私達は世界にはどうにもならないことがあるということを悟るべきではないでしょうか。

社会の秩序はどのようにしてあるのか? ということを考えてみましょう。
私は昔トマス・アクイナスの神学大全というのを読んだことがあります。そこにあるのは美しい思想のカテドラル。ヨーロッパの中世において、秩序とははるか高みにある神から与えられたもうたものであり、その結果この世界は形式がみっしりと積み重なったものであるということなのでしょう。
近代においては、秩序の根源がもっと近いものになります。ヘーゲルにおいては市民社会の無秩序さは上は国家、下は家族によって制御されているとされました。この世界に秩序を与えるものが神から国家や家族に変換されています。この世界に意味を与えるのははるか遠くにある神ではなく、この世界に隣接する国家や家族なわけです。意味の根源は近くに引き寄せられました。マルクスは社会的下部構造が上部構造を決定する言いましたが、これも市民社会はその隣接する外部から秩序の根源が与えられているいうことなわけで、話の構造というのはヘーゲルと変わらないと思います。

日本も、大正まではこのような「秩序はこの世界に隣接する外部から与えられる」という近代国家だったとおもいます。ところが満州事変が起こり、日本はより合理的な国家を創る必要に迫られます。近代国家より合理的な国家とは何なのでしょうか。結果からいうと、今まで秩序というのは隣接する外部から与えられているという考えを、秩序というのは社会の内部から発生するという考えに転換するということです。

これは驚くべき転換なのです。

それまでの日本国家は形式的強制によって国民からそのエネルギーを吸い上げてきました。しかしこれからは国民の自由意志をコントロールすることによってより大きなエネルギーを調達しようというのです。例えば年金というものは戦中に制度化されました。これも老後のことは心配せず今を一生懸命戦ってくれという、国家による自由意志コントロールの一つの顕現だと思います。

秩序の根源が世界の外側にあるのではなく、世界の内側にあるというのが現代日本の真理です。これはきわめて重大なことで、現代日本においては生きる意味というのは自分の外側にあるのではなく、自分の内側にあるというとになります。倫理は自分の外にあるのではなく、自分の内にあるということです。このことは戦時中の日本人が勝ち取ったものであり、戦後の日本人がその記憶を抹消しようとしたとしても、もうすでに不可逆的なものなのです。

知識人という人たちがいました。戦後の知識人なる人たちは大なり小なりある種のピエロです。世界の外側から秩序の意味を大衆なるものに与えようというのですから。考え方が100年古いんだよね。生きる価値というのは誰かに教えてもらうものではなく、この世界に内在して実存するものなのです。



戦中の総動員体制が日本社会を合理化して、それが戦後も継続して戦後日本を高度経済成長に導いたとしたらどうでしょう。

明治維新以降の日本は、より多くの日本人を国家システムの中に取り込んで、日本を巨大化させようという歴史だったと思いますが、どうしても取り残される人というのは存在します。権力に参画できた人間と取り残された人間との対立というものが存在しました。例えば、資本家と労働者とかいうものです。

取り残された人たちも文明開化の中で徐々に国家システムに参画するようになるのですが、そのことを決定的に推し進めたものが、満州事変以降の「国家総動員体制」です。

日本ファシズムというのは否定的なイメージがありますが、私はそれを肯定的に考えたいです。なぜなら、今まで社会的に必要とされなかった人たちが、必要とされるようになるわけですか。

想像してください。

今まで誰からも相手にされなかったような私。自分にどんな可能性があるのか、そんなことを考えることもできなかった。そんな自分に国家が語りかけてくれるのです。
「私が助けてやるから、あなたはあなたの戦場に行け」と

こういうことを「救われる」と言うんじゃないのかな。

戦後もこの総動員体制が巧妙に継続して、日本国民全てを巻き込み、そのエネルギーを吸い上げ、経済というものに注ぎ込んでいく。

そのような状況の中で、戦後左翼知識人は言うのです。
「階級闘争を再開しようではないか。私達のヨーロッパ風の物言いであなた達を自由にしてあげましょう」

うーん、これはボランティアの押し売りではないですか。開放されつつある民衆を総動員体制以前の状態に押し戻すものではないですか。

戦後リベラルの根拠というものは、太平洋戦争という悲劇を繰り返してはいけない、というスローガンにあったと思います。しかしこの論理があまりにも薄っぺらい。時が経つにつれて現実との乖離が大きくなってきます。当たり前ですよね、歴史的事実と異なる主張をしているわけですから。

私の父親は岡山の田舎で八百屋をやっていました。無口な人で、20年前に死にました。ただ選挙のたびにこう言うのです。
「社会党はやっちもねえ。あいつらの言うこたーわからんし、おれらのこともあいつらにはわからんじゃろう」

私は無知の父親というのがあまり好きではなかったですが、かれもそう間違った事を言っていたわけでもなかったのだと思います。



現代の日本のこの世界が、何故このようにあるのかと考えたことはないですか? 

大正デモクラシーまで日本は順調だったのですが、満州事変以降、日本は正規のルートから外れてファシズムに迷い込んだ。敗戦後は自由主義のレールに復帰して経済発展、そして今に至る。

というのが教科書的な歴史の論理なのですが、これってどことなくおかしくないですか。戦前の日本人は頭が足りなかったのか、狂気にとりつかれていたのか、どちらかという事になってしまいます。本当にそんなことがありえるのでしょうか。

明治維新は四民平等という理想を掲げましたが、実際に精神が解放された人々というのは下級士族まででしょう。何十年かの文明開化の後、大正デモクラシーや普通選挙の施行などで、自分で考え自分で行動するという「近代人」も徐々に増えてきたでしょう。
人間というのは強制されてやるよりも自発的にやる方がより多くのことができるのです。こんなものは気持ちの問題であって、自発的にやってると民衆に思わせることが出来さえすれば、国家としてのトータルの生産力は上がりますね。
階級社会であった戦前よりも、総動員体制であった戦中の方が民衆のエネルギーを引き出す仕組みというのが形成しやすくなるというのはあったと思います。国家自体が働きやすい環境をつくって民衆を誘導すればトータルで国家のプラスになるという合理的思考です。

例えば「年金」というのは戦中に始められました。働いた後の老後の生活が不安では、労働の効率が上がらないであろうという戦中総動員体制思考から、年金制度というのは生まれました。

全ての日本人が役に立つ、全ての日本人が開放される。戦中総動員体制というのは明治維新に始まる近代化のある種の到達点なのです。
このように便利で合理的なシステムを戦後、継続しないなんていうことはありえないですよね。国民全てのエネルギーを吸い上げようという合理的システムは、より巧妙になり現代にまで継続しているとこの本は言うのです。

それはそうでしょう。その辺りに真実はあるでしょう。

二二六事件に参加した湯川康平は、戦後このように語っています。

「226の精神は大東亜戦争の終結でそのままよみがえった。 あの事件で死んだ人の魂が、終戦と共に財閥を解体し、重臣政治を潰し民主主義の時代を実現した」

湯川康平はほぼ真理をついていたのではないかな。


このページのトップヘ