2005年11月11日

発表! 10月のクリックカウント比

10月のクリックカウントグラフ"


遅くなりましたが、10月のクリックカウント比の発表です。
先月に比べてわずかですが、
「変えるべき」が減って「変えるべきではない」が増えています。

先日、深夜から明け方までやっているテレビ番組で、
憲法改定がテーマだったので、つい夜明けまで見てしまいました。
この番組の冒頭で、会場に観覧にきている若い男女
(50名ぐらいでしょうか)に対して、
司会者が「憲法を変えた方がいい人?」と尋ねると、
ほとんどの人の手が挙がりました。
つづいての「自民党の新憲法草案を読んだ人?」には、
パラパラと数人の手が挙がりました。

変えた方がいいと手を挙げた人の全員が、
自民党案に賛成だとは思いませんが、
それにしても発表されたばかりの、
草案の中身も読まずして、
積極的に改憲に賛成の理由って、いったい何なんだろう、
と思ってしまいました。

どこか選挙から続いている「改革をストップするな!」といった
ムードや気分で「変えたい」と思うのでしょうか。
変えた方が“なんとなく新しくて時代に合っている”
と感じるからでしょうか。

もしそうだとしたら、そんな”気分で改憲”を選んでしまったら、
とんでもなく大きな後悔をすることにはならないでしょうか。
だって憲法なんですよ!!

私自身、憲法が何であるか、ということをもっともっと知りたいし、
憲法への関心が今より多くの人に広まっていけば、
9条への理解も深まるのでは、と思う今日このごろです。

とうことで・・・
今週より新連載となりました「伊藤真のけんぽう手習い塾」
是非、読んでくださいね。ご意見やご感想もお待ちしてます。

(水島さつき)

  

Posted by magazine9 at 01:16TrackBack(4)

2005年10月06日

発表! 8月と9月のクリックカウント比

8月9月のクリックグラフ
久しぶりの「クリックカウント」の発表です。
8月、9月とまとめてやっちゃいます。
(さぼっていただけです、すみません。)
これまで、「変えるべきではない」は、ずっと微細な右肩上がりだったけど、
8月で、はじめて、70%を越えた。
そして、9月でまた戻っちゃった。なんでだろう。
ちなみに、3月にスタート以来、9月のアクセス総数は、過去最高記録となりました!


ところで、10月5日の毎日新聞に、

[<憲法世論調査>9条改正「反対」は62%]
の記事がありましたよね。
すでにこの記事、読まれた方も多いと思いますが、
記事の一部を抜粋してみると、
「男女別では、男性は改憲派62%、護憲派33%であるのに対し、
女性は改憲派54%、護憲派36%だった。
世代別では30、40代で改憲派が各65%と最も多く、
20〜60代の各年代で5割を超えた。
70代以上では賛成44%、反対40%と拮抗(きっこう)している。

同時に、9条改正について聞いたところ
「変えるべきでない」との答えが男性で57%、女性は67%に達した。
「変えるべきだ」は、男性が38%、女性は23%にとどまった。
世代別では、20代の70%が9条改正に反対したのをはじめ、
30、50、70代以上の各世代で6割を超えた。
改正賛成派は40代の36%が最高」

つまり、毎日新聞の世論調査によると、
憲法を変えるということには賛成だが、
9条は変えたくないと思っている人の方が、
多いということ。
となるとあながち、
マガ9のクリックカウントは、
世間とそんなにかけ離れているわけではない、のでは?

今、「9条変えるか、変えないか?」の国民投票をやったら、
9条は明らかに守られるし、
むしろこれまで国民に充分な説明のないまま
なし崩し的にやってきた、
拡大解釈もできないように、国を縛り直すことだって可能なのだ。
となると、与党はいくら2/3以上の議席を持っていようが、
怖くて発議なんてできないはず。

それにしても、自民党がこれだけ改憲を持ち出してきているのは、
ただ9条を変えたいからというのは、もう見え見え。
それだけに、環境権やら、知る権利とやらと、
9条削除をセットにしようとしているのだ。
そこを、だまされては本当にイケナイ。


そのためにも、これからも、”9条アピール”を、
マガジン9条はがんがんやっていきます!

(水島さつき)

  
Posted by magazine9 at 15:01TrackBack(3)

2005年08月03日

発表! 7月のクリックカウント比

7月のクリックグラフ

恒例の7月のクリックカウント比の発表です。

『マガ9』の入口にある3つの選択。
読者の皆さんがどれを選ばれているか、
そのクリック数を毎日カウントさせていただいております。
その7月分の統計が上の円グラフです。

先月から、ほぼ変化なしといったところです。

ところで、この8月1日に、自民党の新憲法起草委員会による、「新憲法第一次案」が
発表になりましたね。
ツッコミ人が夏休み中のこの期間に、こんなツッコミどころ満載の、自民新憲法草案のたたき台が発表されるなんて!
さぞかし、「今週のツッコミ」ファンの読者は、がっかりしていることと思いますが、
たぶん、ツッコミ人も南の島で、新聞を手に歯軋りしていることでしょう。

それにしても、これはおそろしいことです。真夏のホラーです。
9条は全面書き換えです。
「戦争の放棄」の章が、「安全保障」の章に名前を変えて、
自衛隊は軍となり、海外での武力行使ができるようになっています。
マジですかぁ? これが与党、第一党の案ということは、ほんとうにまずい。
詳しいことは、後日のツッコミ人にゆずるとしますが。

今、編集部では、来週更新の終戦記念特大号のコンテンツ、
「戦争のはなし」の取材を進めています。
お聞きするお話、集められたレポート、
その中でいかに戦争が、
悲惨で無意味でばかばかしいものであったかが、綴られています。

そうして、終戦後、戦争で疲れきった市民たちが、
新しい憲法に書かれた「戦争の放棄」の文字を見たときに、
どんなにうれしくて安堵したか。

戦争を経験していなくってもわかります。
私たちには、先人の話を聞く耳も、読む目も、
想像する頭もあるのですから。

ほんとうに一人ひとりに聞いてまわりたい気持ちです。
憲法9条が平和憲法でなくなってもいいのですか?


(水島さつき)

  
Posted by magazine9 at 16:43TrackBack(0)

2005年07月01日

発表! 6月のクリックカウント比

0506円グラフ
ふう、お暑うございます。
さてさて、6月のクリックカウント比の発表です。
『マガ9』の入口にある3つの選択。
読者の皆さんがどれを選ばれているか、
そのクリック数を毎日カウントさせていただいております。
その6月分の統計が上の円グラフです。

またもや微妙な変化あり。
「変えるべき」派が20.6%から19.13%にと
2割を割り込む減少を見せ、
「変えるべきではない」派が66.2%から69.87%と、
7割に届くいきおいで増加となっています。
さてこれをどう分析するか? 

『マガジン9条』の読者が、サイトを読んでいるうちに、
やっぱり9条は変えないほうがいいな・・・と考えを変えた人が増えた、
とみるべきなのでしょうか? (それならうれしいのですが)
それとも、憲法を変えた方がいいと思ってた読者は、
なんだ、おもしろおくないな、って思って訪れなくなったのでしょうか?
(それならちょっとさみしいな)

読者の皆さんが、どんなきっかけでこのサイトを開き、
どんな風に読んでくれているのか、とっても気になる今日このごろです。

ところで、つい昨日送ってくださった、読者の方のこんなコメントに、
おおいに励まされました。
「毎日読ませていただいております。
お気に入りに入れているこのページを開けるのが、楽しみになっています。
著名な方々の色々な意見や、知らない事を教わる楽しみなどが、
そうさせているのだと思います。
それとキュウちゃんが、親しみやすいデザインで気にいっております。」

ページを作っている私たちも、いろいろな分野の専門家の方、
そして読者の皆さんの意見に触れるにつけ、知らないことを知る面白さや、
歴史をひもとく好奇心がかきたてられ、
わくわくすることがたくさんあるんですよ! 

ところで最後の一文には、
イラスト係のトミウカが涙を流さんばかりによろこんでおりました。
ありがとうございました!

水島さつき
  
Posted by magazine9 at 16:56TrackBack(0)

2005年06月08日

発表! 5月のクリックカウント比

0405円グラフ
じゃ〜ん。
5月のクリックカウント比の発表です。
『マガ9』の入口にある3つの選択。読者の皆さんがどれを選ばれているか、そのクリック数を毎日カウントさせていただいてます。そして、その5月分の統計が上の円グラフ。
ちなみに4月はこちら。
なんと! 「変えるべき」派が26.3%から20.6%に大幅減少!
「変えるべきではない」派が61.2%から66.2%にアップ!
これだけの結果を見れば、憲法改定のことなんて、あんまり心配することもないのですが・・・。

『今週のツッコミ』の“ツッコミ人”が、くら〜くなってきているように、
現実は、どんどん「きな臭く」、なんだか厳しい状況になってきています。

ともあれ、どの入り口を選ぶかは、あなた自身のチョイス。
憲法9条があなたにとってどんな存在なのか? もちろん揺るぎない考えの方もたくさんいらっしゃると思いますが、ほんの一瞬でも、考えたり、迷ったり。9条に向き合うきっかけにしてもらえたらと思っています。

ところで先々週から大募集をかけている「学生レポーター」。
今のところ応募者ゼロ! えっ? ゼロっ? はい、ゼロ。
ということで、ご応募お待ちしております。ペコリっ。
詳細は、『マガ9もくじページ』の「みんなのレポート」のコーナーから、どうぞよろしくお願いします。
(水島さつき)

  
Posted by magazine9 at 10:00TrackBack(2)

2005年05月18日

発表! 「マガ9」読者はこう考えている!?

0504円グラフ

 記念すべき初書き込みは、いきなりですが『マガジン9条』の入口にある

“憲法9条は、「変えるべき」「変えるべきではない」「わからない」”

 の3つの選択が、どれだけの割合でクリックされているかのデータを初公開! 
4月の1ヶ月間の合計をグラフにしてみました。

 これまで「どれをクリックしても同じじゃん」と思われていたアナタ。
 実は、どの選択肢がどれだけ選ばれているかを集計させていただいていたんです。

 毎度毎度真剣にクリックされる方はそんなに多くはないかもしれませんが、読者のみなさんが
9条の改定問題をどう思っているかが、なんとなくわかるのではないかと思います。

 5月3日の憲法記念日には、新聞各紙が一斉に世論調査の結果を掲載していましたが、その結果と比べると、
「マガ9」読者は「9条を変えるべきではない」という意見が圧倒的に多いようですね。

さてこの結果、みなさんはどうとらえますか? 
ご感想などありましたら、opinion@magazine9.jp にぜひメールをお寄せくださいね。

 そうそう、ちなみに、集計結果を操作しようと連打をされた場合は、数値に反映されない仕組みとなって
おりますので、ご了承ください。

 今後、毎月1回、1ヶ月分のデータをこのようなグラフにして公開していきます。
この数字、これからどのように変化してゆくのでしょう。
みなさんもどうか注目していてくださいね!

(水島さつき)

  
Posted by magazine9 at 05:13TrackBack(8)