マゴットセラピーとは、壊死した皮膚をハエの幼虫(うじ虫)に食べさせ腐敗した部分を食べ、傷をきれいにするとともに、幼虫の唾液に含まれる物質が微生物を殺す役目を果たし、傷の回復を早める治療方法です。

マゴットセラピー治療の効果


糖尿病などで足が壊死する難治性潰瘍で、切断しか治療法のない患者にマゴットセラピーを行ったところ、9割の患者が足を切断せずにすむなど高い効果が認められています。

マゴットセラピーの第一人者と言える三井講師は、平成16年にオーストラリア留学中にこの治療法を知り、60代の女性に日本で初めて実施したときに、潰瘍が1週間で半分の大きさになり、患者の痛みも軽減し、傷が完治し3ヶ月で退院したそうです。

マゴットセラピーはこれまで国内27カ所で約100例が行われ、このうち三井講師は66例を手がけました。

患者はいずれも他の医療機関で「即足切断か足切断の可能性有り」と診断されたが、マゴットセラピーで治療をした結果58例で傷が完治し、足切断を免れたそうです。

マゴットセラピーの費用


マゴットセラピーは費用が高く、金銭的負担が大きいのが現状のようです。

治療に使うヒロズキンバエの幼虫は、当初オーストラリアから輸入していたため完治までに約30万円かかったそうですが、現在は自前で育てたものを使うので費用は12〜18万円ですむようになったそうです。

それでも保険適用される足の切断手術(1カ月の入院で自己負担約8万円)に比べると患者の金銭的負担はかなり大きいです。

マゴットセラピーの発見


すごい話ですが、戦場で負傷して放置されても、傷口にマゴット(maggot.ハエの幼虫=うじ)が沸いていれば治りやすいことは昔から知られていました。

ヨーロッパではルネッサンス以降に記録があるそうで、ナポレオン軍の軍医の報告もあるそうです。

アメリカでも1930年代(第一次世界大戦以後)には治りにくい傷の治療に用いられたそうですが、1940年代の抗生物質(ペニシリン等)の発見以来使われていませんでした。


日本マゴット治療推進協会は、広く医療関係者(医師、看護師、その他)に、マゴットセラピーを日本国内で普及させる目的で、ワークショップを年4回開催しています。

1回の定員は10名なので興味のある方は早めに申し込んでみてはいかがですか?