風竜胆の書評

コミックスから専門書まで、あらゆる本を読みます。元エネルギー企業の専任部長。現在は、ライター・書評家を標榜する自由人w 時に書評が過激になるのは、長州人の血? 現在「シミルボン」と「本が好き!」でも活動中。 執筆依頼、献本等歓迎します。右欄のメッセージ機能にてご連絡ください。 旧ブログ名:本の宇宙(そら)

このブログの特徴

 このブログは、私の読書記録のようなものですが、感想文でも、ビジネス本の書評ブログによくみられるような定型的なものでもなく、なるべくきちんとした書評になるように書くようにしています(例外も多いですが(汗))なお、いただきものでもちょうちん持ちのような評はしません。あくまでも思った通り書きます。ちなみに、単なる精神論には厳しめかもしれませんw

 ビジネス専門、小説専門といったジャンルを限った読書ブログは多いですが、このブログの一番の特徴は「全方位系」というところでしょうか。専門書(自然科学・工学、社会科学、人文科学)、小説(名作から、ミステリー、SF、官能小説等)、ラノベからコミックスまで、あらゆるジャンルが網羅されていますので、中には「これ自分も読んだよ」というのがあるかもしれません。

 なお、★の数の意味は、一応以下の通りです。(もちろん私の趣味で独断と偏見に基づいて付けています。他の人が読んで同じ評価になるとは保証いたしません。)

★:クソ本、読む時間が無駄。めったにない。
★★:もう少し工夫が必要。あまり興味が湧かない。
★★★:普通〜面白い。
★★★★:かなり面白い、興味深い。
★★★★★:上記+どこかがツボにハマった。

 ただし、読んだ時の体調やその日の気分などで多少のブレはあるため、あくまで目安ということです。

H30.02.27追記
 本日自分勝手な妄想で人を誹謗中傷した書き込みを行うという常軌を逸した鳥頭がいましたが、私も相手をするのが面倒くさいので、そういう人間はこの世に存在しないものとして扱います(完全無視)。どうも昔から、自分の身の程を知らないバカな連中に言いがかりをつけられる体質のようです。皆さまのお目汚しになるので、現時点では公開はしませんが、しつこいようなら次からは卑劣かつ稚拙な文章を晒すことにします。なお、このような書き込みをした人間は、それをどのように扱われても、承諾しているものとします。

事故物件に住んでみた!4


・事故物件に住んでみた!
・森史之助
・彩図社

 あなたは、「事故物件」というのをご存知だろうか。何かの原因で先住者がお亡くなりになった住宅物件のことだ。「心理的瑕疵物件」とも呼ばれる。これが自然死ならまだしも、自殺や殺人事件のあったところなら、なかなか次の借り手がつかないという。だから家賃は相場より安くなる。

 独立行政法人都市再生機構(UR)の案件では半額が2年(最近は1年に変更)、民間だと相場の7〜8割位らしい。思ったよりは高い。元々関東地区は相場が高いので、事故物件でこれかという気もしないではないのだが。

 私に言わせれば、空室で遊ばせておくより、固定資産税や修繕費が賄えるくらいの金額で貸し出せばよいと思うのだが、貸し出す方も、なんとも欲深いこである。

 それはさておき、著者が事故物件に入居したのも、前の住居を出ていかなくてはならなかったため、家賃の安いところを探したからのようだ。著者の先住者は風呂場で自殺したらしい。時々夢に出てきたというから、無意識に気にしてはいたんだろうが、事故物件の居住体験を本にするとは、まさにライターの鏡である。

 もっとも著者は、交通違反の罰金が払えなくって50日ほど服役(日当5000円らしい)して、その経験を逞しくも本にしてしまうような人だ。もちろん事故物件に住んでみたら、その経験をもとに一冊の本にするのは当然。

 皆さんも、都会で住居費を安く抑えようと思ったら、事故物件を探してはいかが?最も、何があっても自己責任で(笑)。特に視える人には辛いかも。

続きを読む

ヘンな論文4


・ヘンな論文
・サンキュータツオ
・角川文庫

 新聞で読んだのだが、今年ノーベル生理・医学賞を受賞した本庶さんは、「一流の雑誌に載った論文でも10年たてば9割がウソ」だという趣旨のことを言っていたとのこと。世の中にはヘンな論文が溢れるのもしかたがない。ましてや査読が緩かったりなかったりしたらなおさらだろう(もっとも読んで面白いのはそういったものの方が多いが)。

 本書に紹介されているのもそんなヘンな論文ばかり。はっきり言ってこれ何かの役にたつのだろうかと思わないでもないのが多い。例えば「「浮気男」の頭の中」や「「あくび」はなぜうつる」といった研究だったり。これって全然役に立たないだろうと思っても著者のユーモラスなコメントとも相まってなかなか楽しい。

 この本に収められている論文の中で、一番興味をひいたのが、「「おっぱいの揺れ」とブラのずれ」に関する研究。元々のタイトルは日本家政学会誌に掲載された「走行中のブラジャー着用時の乳房振動とずれの特性」というものだ。なんでも乳房の5点にマーキングをして、CCDカメラで撮影して振動を測定したものらしい。計測対象は、20〜26歳の健康な標準体型の11名の若年女子で、カップが、B70が6名、C70が5名と全国平均と優位な差は認められなかったという。

 あれって重さによって揺れ方は、かなりかわるんじゃないかな。BカップとCカップばかり測定して平均的な動きを出すよりは、Dカップ以上も考察に加えて、大きさによる動き方の違いも計測した方がいいと思う。また、ブラの種類によっても動き方はかなり変わると思うんだが。論文中では、スポーツブラとフルカップブラの2種類しか出ていなかったが、同じ名前がついていてもメーカーによる差があるはず。学術論文というなら、A社、B社、C社と、会社間の比較も欲しかったし、ハーフカップとか3/4カップなんかはどうなんだと思ってしまう。ブラの形状にも、実用的なものも、勝負用の(何の勝負だ!?)セクシーなものもある。いろいろなケースでもっと揺れ具合を比較するといいと思うのだが。

 でも、著者がずれ具合を把握するため自分で男性用ブラを付けてみたというのには爆笑した。ここに芸人魂を見た感じだ。実は、著者のことをよく知らなかったのでググってみた。もしかするとお相撲さんのような体形で胸も立派なのだろうかと思ったからだ。しかし、検索結果から考えると、まず胸は揺れないよね。

 続きを読む

果糖中毒 19億人が太り過ぎの世界はどのように生まれたのか?4




・果糖中毒 19億人が太り過ぎの世界はどのように生まれたのか?
・ロバート・H・ラスティグ、(訳)中里京子
・ダイヤモンド社

 よく太っている人は自己管理ができてないと言われる。ダイエットをしようとしてくじけてしまい、自分はなんて意思が弱いんだと思ったことはないだろうか。そんな人はこの本を読むといいかもしれない。何しろ、太っているのは本人の責任ではないと断言しているのだ。それはひとえにホルモンの働きによる。

 例えばインスリンは脂肪を蓄える指令を出す。だからこれが沢山あると太ってしまうのだ。脂肪細胞ではレプチンというホルモンがつくられ、脂肪をエネルギーに変える働きをするのだが、血中のインスリン濃度が高いと、レプチンへの抵抗性が増し、脂肪がたまる一方なのである。

 コルチゾールというホルモンはストレスに対処するために分泌される。しかし、このホルモンが増やすのは内蔵脂肪なのだ。コルチゾールは、体をインスリン抵抗性にする。その結果血中のインスリン濃度が増し、エネルギーは内蔵脂肪として蓄積されるということらしい。骨、筋肉、皮下脂肪が増えるのはいいが、内臓脂肪が増えるのは良くない。そして、果糖は、高い率で脂肪に変換されるのである

 確かにアメリカには、びっくりするような肥満の人がいる。自分では動けないくらい太っているのだ。日本ではそんな人をあまり見たことがない。ただ、食生活が洋風になり、ファストフードを今より頻繁に食べるようになると油断はできないと思う。

 たまたま本書を読んでいる時、テレビで、BMIとは、保険会社が肥満の基準を作り金儲けのために引っ張り出した数字で、医学的根拠がないということを言っていたが、本書でもBMIに対しては否定的である。

 BMIとは体重(圈/身長(m)^2で表されるものだが、健康診断でこの値を聞いた人も多いだろう。そもそも、骨太の人や筋肉モリモリの人は、太っていなくても、BMIが大きくなるというのがその理由だが、ものすごく納得性が高い。どうしてこんな単純なことに皆踊らされているのか不思議だ。

 ちなみに私はメタボ基準にも懐疑的だ。この基準の一つにウエストサイズが入っており、男性85cm以上、女性90cm以上だという。どうして身長要件が入ってないんだろう。例えば身長160儖未凌佑肇丱好吋奪箸筌丱譟璽棔璽襪料手で2mくらいの身長がある人が同じ基準だと言われても、ちょっと信じがたい。

 大食いタレントと言われる人たちがいる。彼ら、彼女たちは概してスマートだ。あれだけ食べるんなら体重が200埀曚┐任睇垰弋弔箸六廚錣覆い砲盥瓦錣蕕困砲澄その一方では少し食べただけで太ってしまう人もいる。こういった例をみていると肥満は決して自己責任だけではないように思えてくるのだが。

 なお、本書は、ダイヤモンド社さまからのいただきものです。ありがとうございました。

贋作4



・贋作
・ドミニク・スミス、(訳) 茂木健
・東京創元社

 17世紀のオランダはチューリップ・バブルに湧いていた。この時代を生きた女流画家サラ・デ・フォスは、画家のギルドである聖ルカ組合(ギルド)に参加を許された最初の女性である。この物語は彼女の描いた「森の外れにて」が大きな役割を果たすことになる。

 そして時代は下って1950年代後半となる。舞台はアメリカ。コロンビア大学の大学院生であるエリー(エレノア)・シプリーは絵画修復のアルバイトをしていた。そんな彼女のもとに、画商から「森の外れにて」の模写の仕事が持ち込まれる。絵画の窃盗に巻き込まれたエリーだが、元々の持ち主である資産家の弁護士マーティ(マルティン)・デ・グルートが私立探偵を雇ってまで彼女のことを突き止め接触してくる。結局は、彼がエリーを騙した形で男女の関係を持ってしまうのだ。

 そして40年以上の時が過ぎ、エリーは祖国オーアストラリアのシドニー大学において美術史の教授になっている。そんな彼女がニュー・サウス・ウェールズ州立美術館で行われる「17世紀オランダの女性絵画展」のキュレーターを務めることになった。そこには、あの「森の外れにて」も展示される。おまけにその作品は、オランダの個人美術館とマーティの持っているもの(こちらが本物。後でマーティが盗まれたこの絵を取り返している。)のどちらもが持ち込まれるという。おまけにマーティは自分でこの絵画を持ち込むのだ。

 エリーには、若いころに自分が描いた贋作と再び再開することになる。そして絵を持ち込んでくるマーティは彼女にとって過去からの亡霊のようなものだろう。大学から辞任することも覚悟したエリーだが、話は意外な展開を見せる。

 この作品のテーマは「後悔」と「贖罪」だろうか。エリーは、若いころ贋作をつくってしまい、絵画窃盗事件に加担してしまったことに対する後悔。そして「贖罪」のため、大学を辞任しようとする。一方で、マーティの方は、騙した形で彼女と関係を持ってしまった「後悔」、そして彼の行った行動は「贖罪」としての面が大きいと思う。

 しかし、どうしてこの絵が窃盗犯に狙われたのだろうかという疑問が残る。1950年代では、それほど有名でもない。知る人ぞ知るといった作者ではなかったのか。

心理学概論 (放送大学教材)4


・心理学概論 (放送大学教材)
・森津太子、向田久美子
・放送大学教育振興会

 本書は、2018年度1学期に実際に私が放送大学で使った教材である。同じタイトルの授業はそれまでもあったが、この学期から装いを新たにしてスタートした。実はそれまでは試験が2択だったので殆ど勉強しなくても試験に合格できるだろうと思っていたのだが、新しくなって4択になってちょっと焦ったのは余談。

 それはさておき、本書は「概論」と銘打っているように、心理学の初学者に役立つように、色々な分野を紹介したものである。まず心理学とはなにかや研究法について概説し、「知覚心理学」、「学習心理学」、「生理心理学」、「比較心理学」、「教育心理学」、「発達心理学」、「臨床心理学」、「パーソナル心理学」、「社会心理学」、「産業・組織心理学」、「文化心理学」などについて紹介している。

 もちろん各分野についてはそれだけで一冊の教科書となる内容であり、1章でおさまる訳はない。現に私自身もこの中のタイトルのついた科目をいくつか取得している。もっとも心理学の分野はこれに留まる訳ではないようで、頭に何かをつければそれだけで新しい心理学の分野ができてしまいそうだ。もしこれまでに誰もやっている人がいなければすぐに第一人者になれるかもしれない(保障はしないが)。

続きを読む

絶滅危惧の地味な虫たち4


・絶滅危惧の地味な虫たち
・小松貴
・ちくま新書

 私が子供の頃は身の回りは昆虫たちであふれていた。本書中にも記載があるが、ミズスマシやタガメ、ゲンゴロウといったものは昔はよく見られたものだ。しかし今はよほどの田舎でも見ることができない。現に私の故郷もどんどん過疎化が進んでいるが、これらの昆虫にお目にかかることはなくなった。子供のころには、なんでもないような側溝にもドジョウやタガメ類などのいろいろな生き物を見つけることができたというのに。

 大きな美しい昆虫は人目を引くので、保護しようという機運が高まる。しかし、大部分の絶滅危惧種は、体調がわずかに数ミリしかないという本当に地味な虫なのである。これでは一部の研究者を除くと、一般の人の関心はなかなか引かないのだろう。本書はこのような絶滅の危険がある小さな虫たちを扱ったものだ。もっとも小さいからこそ、移動距離が小さいため、実質的に孤島に生息しているのと同じような状態になり、独自の進化を遂げた結果、他には生息していない珍しい虫になってしまったということもあると思う。

 例えば、アヤスジミゾドロムシやヨナクニウォレスブユなんて知っている人はほとんどいないだろう。本書に紹介されている虫たちについては、私自身も初めて聞いたようなものが多かった。

 虫の種類というのはものすごく多い。だから、環境の変化に伴って、私たちが知らないうちに、ひっそりと滅んでいった虫たちも結構いるのではないかと思う。もちろんすべての虫を保護することは実際問題として不可能だ。せめて本書を読んで、そんな虫たちもいたことに思いをはせて欲しい。

livedoor プロフィール

風竜胆

記事検索
Archives
訪問者数
  • 累計:

メッセージ
Recent Comments
Blogチャート
メディア掲載等

H23.3:書評コミュニティ「本が好き!」より「免許皆伝」称号を受ける

H23.3.16:読売新聞朝刊“読者のホンネ”に「カラスと髑髏―世界史の「闇」のとびらを開く」の100字書評掲載

H25.10.26発売の図書新聞(3132号、2013年11月2日号)に「泥棒は几帳面であるべし」の書評掲載

H26.6,28発売の図書新聞(3165号、2014年7月5日号)に、「市場主義のたそがれ―新自由主義の光と影」の書評掲載

H28.8頃より「シミルボン」への投稿開始

H29.7.4「彗星パンスペルミア」の書評が「新刊JP]に掲載

H29.10.19「ハンナ・アーレント - 「戦争の世紀」を生きた政治哲学者」の書評が「新刊JP」に掲載

H29.11.24「ペンギン・ハイウエィ」の書評が「新刊JP」に掲載

H29.12.26.「ニッポンの奇祭」の書評が「新刊JP」に掲載

H30.1.18.「問題解決大全――ビジネスや人生のハードルを乗り越える37のツール」の書評が「新刊JP」に掲載

H30.4.26.「メゾン刻の湯」の書評が「新刊JP」に掲載

H30.7.20.「極道ピンポン」の書評が「新刊JP」に掲載

H30.7.26.「シミルボン」にインタビュー記事掲載
本が好き!免許皆伝レビュアー風竜胆
  • ライブドアブログ