風竜胆の書評

コミックスから専門書まで、あらゆる本を読みます。元エネルギー企業の専任部長。現在は、ライター・書評家を標榜する自由人w 時に書評が過激になるのは、長州人の血? 現在「シミルボン」と「本が好き!」でも活動中。 執筆依頼、献本等歓迎します。右欄のメッセージ機能にてご連絡ください。 旧ブログ名:本の宇宙(そら)

このブログの特徴

 このブログは、私の読書記録のようなものですが、感想文でも、ビジネス本の書評ブログによくみられるような定型的なものでもなく、なるべくきちんとした書評になるように書くようにしています(例外も多いですが(汗))なお、いただきものでもちょうちん持ちのような評はしません。あくまでも思った通り書きます。ちなみに、単なる精神論には厳しめかもしれませんw

 ビジネス専門、小説専門といったジャンルを限った読書ブログは多いですが、このブログの一番の特徴は「全方位系」というところでしょうか。専門書(自然科学・工学、社会科学、人文科学)、小説(名作から、ミステリー、SF、官能小説等)、ラノベからコミックスまで、あらゆるジャンルが網羅されていますので、中には「これ自分も読んだよ」というのがあるかもしれません。

 なお、★の数の意味は、一応以下の通りです。(もちろん私の趣味で独断と偏見に基づいて付けています。他の人が読んで同じ評価になるとは保証いたしません。)

★:クソ本、読む時間が無駄。めったにない。
★★:もう少し工夫が必要。あまり興味が湧かない。
★★★:普通〜面白い。
★★★★:かなり面白い、興味深い。
★★★★★:上記+どこかがツボにハマった。

 ただし、読んだ時の体調やその日の気分などで多少のブレはあるため、あくまで目安ということです。



H30.02.27追記
 本日自分勝手な妄想で人を誹謗中傷した書き込みを行うという常軌を逸した鳥頭がいましたが、私も相手をするのが面倒くさいので、そういう人間はこの世に存在しないものとして扱います(完全無視)。どうも昔から、自分の身の程を知らないバカな連中に言いがかりをつけられる体質のようです。皆さまのお目汚しになるので、現時点では公開はしませんが、しつこいようなら次からは卑劣かつ稚拙な文章を晒すことにします。なお、このような書き込みをした人間は、それをどのように扱われても、承諾しているものとします。

2021.4.2追記
 現在50肩の痛みに苦しんでおり、右手1本で入力している状態なので、長い文章を書くのが苦痛です。更新は調子のよいときになると思います。

2021.9.12追記
 50肩の痛みはほとんどなくなりましたが、左手の可動域はかなり制限をうけています。でもリハビリをかねて、パソコンは両手で打っています。

2021.10.28追記
 「本が好き!」から「ブランド」に関して、ものすごく失礼な文面のリライト要求が来たので、もうあそこにはほとんど投稿しないし、よほど読みたくない限り本のプレゼントに応募もしないことにする。そもそも、自分より読解力のないものに上から目線で審査されるというのは好きではないし本来はおかしいと思う。規約をみると、「掲載基準」うんぬんとあるが、肝心の「掲載基準」はどこにもオープンにされてないので、結局は、担当が暴走しても、利用者は分からないことになる。
 まあ、これまでも色々思うところがあったので、最後の藁になった感じだ。これは、アカデミックな世界でも、論文のレフリーに選ばれる人によってはそういうことがあると何かの本で読んだことがある。しかし、自分の文章が失礼だと気づけない奴の相手はもう沢山だということ。メッセージを読む度に腹立たしい思いが湧く。あとは自分のブログと「シミルボン」でやっていくつもりだが、自分を「シミルボン」に誘ってくれた人も退職したし、あそこも立ち上げ時と大分変ったからなあ。最悪、自分のブログだけでやっていけばいいか。

2022.7.8追記
 酷い寝違えがあったが、50肩が再発したような感じ。前ほどの痛みはないが、それでも腕が痛い。まあ、前のように、痛みで目覚めるようなことは、今のところないので、しばらく様子を見ていよう。

2023.12.16追記
 何とか頑張って、2日に1回の更新を心がけてきましたが、忙しいのでとうとう限界となりました。当分の間、不定期更新になります。落ち着いたら、元のペースに戻したいと思います。




天野為之:日本で最初の経済学者3


・天野為之:日本で最初の経済学者
・池尾愛子
・ミネルヴァ書房

 本書を一言で表せば天野為之と言う人の伝記である。私は寡聞にして天野為之と言う人を知らなかったのだが、表紙カバーには「日本で最初の経済学者」とある。

 私は電気工学が主専攻だが、放送大学で色々と勉強している。経済学についても副専攻くらいには勉強しており、有名どころの名前くらいは、一応押さえていると思う。しかし、どれだけ頭の中をひっくり返してみても天野為之という名前は出てこないのだ。だからどんな人だろうと興味が湧いたというわけである。

 天野は佐賀県は唐津の人である。ただし生まれたのは江戸。つまり東京生まれという訳である。父が、唐津小笠原藩の藩医だったからだ。しかし、その後明治維新の頃に、父が病死したので、一家で唐津に引き上げ、その後東京大学(その前身を含む)へ入学するために再び上京することとなる。

 天野は、東京大学の文学部に進んだ。当時は経済学部というのはなかったようだ。明治の初め頃の大学教育に活躍したのは、いわゆるお雇い外国人だ。天野もお雇い外国人から教わり、教科書には英語の本を使った。そのようなお雇い外国人の一人にあの有名なフェノロサがいる。フェノロサというと、私の記憶には、岡倉天心とともに、狩野芳崖の悲母観音を描く話くらいしかない。でも天野がフェノロサから学んだのは経済学。

 そして、彼の学位は法学博士。経済学博士でないのは、当時は経済学と言う学問が独立していなかったためだろう。彼の文筆活動などが評価され、博士推薦会で博士に推薦されたようだ。これについては、現在の博士論文を出してそれにもとづいて学位が与えられるというシステムと大分違うと思ったが、近代日本の黎明期はそんなものかもしれない。

 その他彼は教育の分野でも活躍した。東京専門学校(のちの早稲田大学)の設立に尽力し、初代商科長を務めている。

 巻末には年表もあるので、いつ天野が何をしたのかが分かりやすい。

 ここで持論を一つ披露したい。
 博士、修士、学士などの学位は、各大学もしくは学位授与機構が与える。
 教授、准教授、助教などの職位は各大学等で与える。
 それでは学者という二つ名は誰が与えるものなのだろう。学位があるから学者なのだろうか。大学等で教えているから学者なのだろうか。どちらも満たしていなくても、あの人は学者だと言えるような人がいる。例えば、地方の非常にミクロな歴史などは、ほとんど注目されないが、地道に研究している人はいるのだ。要するに学者とはその人の生きざまにも大きく関わってくるのではないだろうか。もっとも、政治や経済に関するような社会科学の場合は、その判定はなかなか難しいのではあるが。ただそういった意味からは、天野は経済人・教育者かもしれないが「学者」と呼ぶことには「?」が頭の周りを飛び交ってしまう。続きを読む

落日のパトス 154

・落日のパトス 15
・艶々
・秋田書店

 これは、漫画家の藤原秋(♂)と秋の高校時代の教師仲井間(旧姓祐生)真(♀)の繰り広げるラブコメである。NTRラブコメというとかなり重い感じなのだが、ラブよりコメディの要素の方が強い気がするのでそこらで笑えてしまう。

 この巻では、秋が風邪をひいて高熱を出してしまう。連載終了の打ち上げで盛り上がって、気が付いたら公園で寝ていた。それも雨の中でだ。熱を出すのは必然。

 秋が高熱で寝込んでいると、真が看病に来てくれる。もう来てくれないと思っていた秋は泣き出す。真はそんな秋に母性を刺激されたらしく、秋のことを可愛いと思って抱き着いてしまう。

 秋は、熱による夢うつつの中で、真に赤ちゃんプレイ。真は秋に吸い付かれて完全にママの気分。でも後で思い出すとものすごく恥ずかしいのは二人共。もちろん、秋は熱を出しているので体力はない。吸いつくのに疲れたらそのまま寝入ってしまった。

 この作品も他の艶々さんの作品のように引っ張る引っ張る。でも最後にはそういうことになるんだろうなあと思うが。

ホーンテッド・キャンパス 黒い影が揺れる4

・ホーンテッド・キャンパス 黒い影が揺れる
・櫛木理宇
・KADOKAWA

 このシリーズももう21巻目。この出版不況の中で21巻も出版されるというのだから、如何に人気が高いか分かるというものだ。第1巻が出版されたのが2013年1月だから、それからもう10年以上も人気シリーズであり続けたことになる。

 内容は、雪国にある雪越大のオカルト研究会(以下オカ研)のみんなが怪異な事件に挑むというもの。本巻に収録されているのは次の短編。「ショコラな恋人たち」、「あなたのマグネット」、「かどわかしの山」の3つだ。オカ研部員の中には、3人ほどいわゆる「視える人」がいる。ただし、彼らは視えるだけで、浄霊するような力はない。

 そんな彼らがどうやって、怪異な事件を解決するのかというと、そういった現象が起きる原因を調査して、もし認識が間違っていればこれを正すのである。以下に収録されている話を簡単に紹介すると、

〇ショコラな恋人たち
 ショコラトリー&カフェー「KUKKA」に起きる不気味な事件。明らかになった事実を通じて、クズのような男たちの存在が分かる。

〇あなたのマグネット
 八神森司と鈴木瑠依は、元銀行支店長の大河内鉄朗を助ける。彼は霊を引き付ける体質だったが、亡き妻が守っていた。

〇かどわかしの山
 雪越大OBの香月朔(はじめ)は30年前に行方不明になった伯父を探そうとして、オカ研に相談を持ち掛けた。伯父は46年前、婚約者の井桁鏡子といっしょに実家近くの鷺羽山に行ったが、鏡子はそれっきり行方不明。伯父は保護されたが、それ以来おかしくなってしまい、とうとう30年前に行方不明になってしまった。そして最後にはとんでもない真実が明らかになる。

 そしてもうひとつのこの物語のキモは、八神森司と灘こよみのラブコメである。高校の同窓生で先輩・後輩の間柄なのだが、森司は1浪して雪越大に入り、こよみは現役で入ったので、大学では同級生なのだが、なぜかこよみは森司のことを先輩と呼ぶ。登場人物の紹介に二人は「両片思い中」と書かれていたが、正にその通り。要するにヘタレということである。オカ研部員たちも二人が好き合っているのは知っているので温かい目で見ているが、やっと手を繋いだり、森司がこよみの額にキスしたりという仲になったようだ。思えば長かったなあ。続きを読む

オフ会で出会ったおねえさんと同棲をはじめた: 34

・オフ会で出会ったおねえさんと同棲をはじめた: 3
・小祭たまご
・Amazon Services International LLC

 「オフ会で出会ったおねえさん」シリーズもこれが最終話(たぶん)。ゲームのオフ会で出会った二人の恋愛物語。彼氏がかなり年下だが、そこは大人の女性の包容力で、二人はラブラブ・イチャイチャ。この巻では、おねえさんが会社で、後輩女子に惚気ている場面が目立つ。

 別に二人はまだ結婚しているわけではないが、おねえさんは結婚指輪をつけている。その理由は、二人で早くつけたかったけど、婚約指輪だとお姉さんしか付けないということらしい。いずれにしても、二人の結婚は秒読みらしい。まだ結婚していないのは、彼氏の方が、福岡に住むおねえさんの親にリモートでしか挨拶していないからだというから、結婚はそう遠くないことになるだろう。

 おねえさん、彼氏のことが可愛くって仕方がないようだ。会社では後輩に惚気るし、家に帰ると二人でイチャイチャ。心なしか、おねえさん、だんだん若くなっているようだが、これは年下の彼氏と付き合っているからか。まあこういったラブストーリーがあってもいいんじゃないかな。続きを読む

聖くんは清く生きたい(3)4

・聖くんは清く生きたい(3)
・朝賀庵
・講談社

 このお話は、美騨良学園(みだらがくえん)2年で生徒会長の土御門聖くんを中心として、彼とヒロインたちが繰り広げるラブコメである。いやこれをラブコメと一言で言っていいのだろうか。登場するヒロインたちは、どれも特殊な性癖をお持ちだ。でもエロいというより、笑えて来るのはどういう訳だろう。

 出てくるのは、ドSキャラの佐渡美月(サドみずき:生徒会庶務)と、縛られるの大好きなドMキャラの真園日葵(マゾのひまり:生徒会副会長)。二人とも聖くんのことを自分にあったパートナーだと思っている。すなわち佐渡さんはMだと思っているし、真園さんはSだと思っている。でも聖くんの性癖は普通。でも彼女たちの期待?に応えようと、あるときはM男になり、あるときはS男を演じる。彼もなかなか大変だ。

 前巻では3人目の変な人が出てきた。西園寺さんという美術部員で芸術のために大量のディルドを持っている。夢は西園寺's 秘●館をつくること。ところで3巻の表紙はこの西園寺さんなのだが、アブナイものを手に持って、完全に目が行っちゃってる(笑)。帯に「変態学園群像劇」とあるが、「これは健全な漫画です。」とも書かれている。確かにエロさより笑えるのだから健全なのだろうな。

 この3巻ではとうとう教師が出てくる。養護教諭の妻夫木花先生だ。この人の性癖は、エロい自撮りをしてSNSにアップするというもの。先週彼氏に振られ、周りの友人はどんどん結婚していくので、かなり結婚を焦っているようだ。ちなみに妻夫木先生31歳。でも、みんなが「綺麗」「可愛い」と言ってくれるので自分にも女としての価値があると安心しているらしい。聖くんも、妻夫木先生のことをかわいいと思っている。

 次の4巻では、5人目の特殊な性癖の人が出てくるようだ。果たしてどんな性癖なのか。

〇参考過去記事
聖くんは清く生きたい(2)
聖くんは清く生きたい(1)続きを読む

イジらないで、長瀞さん 94

・イジらないで、長瀞さん 9
・ナナシ
・講談社

 この作品の本質は、草食系男子の八王子直人(センパイ)と肉食系ドS女子の長瀞早瀬(ハヤっち、トロちゃん)が繰り広げるラブコメである。表紙イラストを見ると、長瀞さんは邪悪な感じだ。確かにセンパイをいじり倒すドSな面もあるが、実はそれはセンパイ大好きの裏返し。少し前から可愛さが目立っている。そう長瀞さんは誤解されやすいが優しい娘なのだ。

 長瀞さん、ネットで「男子がドキッとする女子の仕草ランキング!!」なる記事を読んで、1位の袖をひっぱるをしようとする。何回もやるので、うっとうしくなった先輩が逆襲をしようとすると、思わず手を繋いでしまう。それもいわゆる恋人繋ぎというやつだ。思わず赤面する二人だが、それを運が悪いことに長瀞フレンズたちに見つかってしまう。来れは袖釣り込み腰の練習をしているんだと言い訳する長瀞さんだが、フレンズたちに無理があるとひやかされる。いや誰が見ても無理があると思うが。

 センパイが風邪で寝込んだときのこと。長瀞さんが看病に来てくれた。センパイは夢うつつに長瀞さんと結婚している幻覚を見る。そして普段は長瀞と呼んでいるのに「ありがとう はやせ」と呼んでしまう。長瀞さんは、もう一度聞きたかったようだが、残念なことにセンパイはそのまま寝入ってしまう。

 クリスマスのこと。センパイは長瀞さんにプレゼントを渡すのだが、なんと長瀞さんからもプレゼント。それがどちらもマフラー。二人はもう以心伝心という感じである。そのプレゼントを渡すときが大変。どこに行っても人がいる。美術部室で渡そうとしたときのこと。美術部長が部室に入ってくる。それも全裸でだ。なんでも部室の空気を肌でかんじたかったらしい。ちなみに、部長は長身美女だが、脱ぎ癖があるようで、ここでも期待に違わず癖全開という感じだ。果たして二人の仲はどうなっていくのか。いろいろと気になるところだ。

〇関係過去記事
イジらないで、長瀞さん(1)(2)
イジらないで、長瀞さん(3)
イジらないで、長瀞さん (4)
イジらないで、長瀞さん (5)
イジらないで、長瀞さん(6)
イジらないで、長瀞さん(7)
イジらないで、長瀞さん(8) 
イジらないで、長瀞さん(16)
イジらないで、長瀞さん(17)
イジらないで、長瀞さん(18)
livedoor プロフィール

風竜胆

記事検索
Archives
訪問者数
  • 累計:

メッセージ
Recent Comments
Blogチャート
メディア掲載等

H23.3:書評コミュニティ「本が好き!」より「免許皆伝」称号を受ける

H23.3.16:読売新聞朝刊“読者のホンネ”に「カラスと髑髏―世界史の「闇」のとびらを開く」の100字書評掲載

H25.10.26発売の図書新聞(3132号、2013年11月2日号)に「泥棒は几帳面であるべし」の書評掲載

H26.6,28発売の図書新聞(3165号、2014年7月5日号)に、「市場主義のたそがれ―新自由主義の光と影」の書評掲載

H28.8頃より「シミルボン」への投稿開始

H29.7.4「彗星パンスペルミア」の書評が「新刊JP]に掲載

H29.10.19「ハンナ・アーレント - 「戦争の世紀」を生きた政治哲学者」の書評が「新刊JP」に掲載

H29.11.24「ペンギン・ハイウエィ」の書評が「新刊JP」に掲載

H29.12.26.「ニッポンの奇祭」の書評が「新刊JP」に掲載

H30.1.18.「問題解決大全――ビジネスや人生のハードルを乗り越える37のツール」の書評が「新刊JP」に掲載

H30.4.26.「メゾン刻の湯」の書評が「新刊JP」に掲載

H30.7.20.「極道ピンポン」の書評が「新刊JP」に掲載

H30.7.26.「シミルボン」にインタビュー記事掲載

2019.2.23.「本が好き!」×「書店フェア」で「あなたの街で本と出会う Vol.2」に「こころを彩る徒然草」のレビュー掲載

2019.04.28.【本が好き!×カドブン】コラボレビュー!第4回『皇室、小説、ふらふら鉄道のこと。』の書評が掲載

2020.01.24.「貧乏大名“やりくり”物語 たった五千石! 名門・喜連川藩の奮闘」が「新刊JP」に掲載

2020.02.04.「どんなことからも立ち直れる人」の書評が「新刊JP」に掲載

2020.04.28.「半自伝的エッセイ 廃人」の書評が「新刊JP」に掲載

2021.01.12.『「池の水」抜くのは誰のため?~暴走する生き物愛』の書評が「新刊JP」に掲載

2021.02.12.「龍は眠る」の書評が「新刊JP」に掲載

2021.06.07 【本が好き!×カドブン】に「傷痕のメッセージ」の書評が掲載
本が好き!免許皆伝レビュアー風竜胆 グッドレビュアー 100作品のレビュー 80% サトシン絵本まるっとレビューキャンペーン NetGalley.JPベスト会員2022
  • ライブドアブログ