風竜胆の書評

コミックスから専門書まで、あらゆる本を読みます。元エネルギー企業の専任部長。現在は、ライター・書評家を標榜する自由人w 時に書評が過激になるのは、長州人の血? 現在「シミルボン」と「本が好き!」でも活動中。 執筆依頼、献本等歓迎します。右欄のメッセージ機能にてご連絡ください。 旧ブログ名:本の宇宙(そら)

このブログの特徴

 このブログは、私の読書記録のようなものですが、感想文でも、ビジネス本の書評ブログによくみられるような定型的なものでもなく、なるべくきちんとした書評になるように書くようにしています(例外も多いですが(汗))なお、いただきものでもちょうちん持ちのような評はしません。あくまでも思った通り書きます。ちなみに、単なる精神論には厳しめかもしれませんw

 ビジネス専門、小説専門といったジャンルを限った読書ブログは多いですが、このブログの一番の特徴は「全方位系」というところでしょうか。専門書(自然科学・工学、社会科学、人文科学)、小説(名作から、ミステリー、SF、官能小説等)、ラノベからコミックスまで、あらゆるジャンルが網羅されていますので、中には「これ自分も読んだよ」というのがあるかもしれません。

 なお、★の数の意味は、一応以下の通りです。(もちろん私の趣味で独断と偏見に基づいて付けています。他の人が読んで同じ評価になるとは保証いたしません。)

★:クソ本、読む時間が無駄。めったにない。
★★:もう少し工夫が必要。あまり興味が湧かない。
★★★:普通〜面白い。
★★★★:かなり面白い、興味深い。
★★★★★:上記+どこかがツボにハマった。

 ただし、読んだ時の体調やその日の気分などで多少のブレはあるため、あくまで目安ということです。



H30.02.27追記
 本日自分勝手な妄想で人を誹謗中傷した書き込みを行うという常軌を逸した鳥頭がいましたが、私も相手をするのが面倒くさいので、そういう人間はこの世に存在しないものとして扱います(完全無視)。どうも昔から、自分の身の程を知らないバカな連中に言いがかりをつけられる体質のようです。皆さまのお目汚しになるので、現時点では公開はしませんが、しつこいようなら次からは卑劣かつ稚拙な文章を晒すことにします。なお、このような書き込みをした人間は、それをどのように扱われても、承諾しているものとします。

2021.4.2追記
 現在50肩の痛みに苦しんでおり、右手1本で入力している状態なので、長い文章を書くのが苦痛です。更新は調子のよいときになると思います。

2021.9.12追記
 50肩の痛みはほとんどなくなりましたが、左手の可動域はかなり制限をうけています。でもリハビリをかねて、パソコンは両手で打っています。

2021.10.28追記
 「本が好き!」から「ブランド」に関して、ものすごく失礼な文面のリライト要求が来たので、もうあそこには投稿しないし、本のプレゼントに応募もしないことにする。そもそも、自分より読解力のないものに上から目線で審査されるというのは好きではないし本来はおかしいと思う。規約をみると、「掲載基準」うんぬんとあるが、肝心の「掲載基準」はどこにもオープンにされてないので、結局は、担当が暴走しても、利用者は分からないことになる。
 まあ、これまでも色々思うところがあったので、最後の藁になった感じだ。これは、アカデミックな世界でも、論文のレフリーに選ばれる人によってはそういうことがあると何かの本で読んだことがある。しかし、自分の文章が失礼だと気づけない奴の相手はもう沢山だということ。メッセージを読む度に腹立たしい思いが湧く。あとは自分のブログと「シミルボン」でやっていくつもりだが、自分を「シミルボン」に誘ってくれた人も退職したし、あそこも立ち上げ時と大分変ったからなあ。最悪、自分のブログだけでやっていけばいいか。



どうやら私の身体は完全無敵のようですね(1)4



・どうやら私の身体は完全無敵のようですね(1)
・さばねこ、(原作)ちゃつふさ、(キャラクター原案)ふーみ
・KADOKAWA

 ヒロインのメアリィ・レガリアは剣と魔法の異世界の公爵家の長子。銀髪ではかなげな女の子だ。彼女には、この世界での前世の記憶がある。前世では病弱だったため、寿命がつきるとき「もし生まれ変わることができるのなら・・・その時は━どんなモノにも絶対負けない丈夫な体に生まれますように━」と願う。その願いが叶えられるのはいいのだが、神様の辞書に「自重」という言葉はないようで、剣と魔法の世界でどんなモンスターにも負けない体になってしまった。おかげで、身体能力と魔力は並ぶものなし。物理攻撃も魔法攻撃も無効という伝説の勇者のようになってしまった。でも、本人は平凡な人生を希望。だからなんとか自分の力を隠そうとする。

 これはそんなヒロインの物語。しかし、彼女の仲間として、第一王子や武術のエレクシルの息子で脳筋のザッハ、宮廷魔術師のフトゥルリカ公爵家の娘マギルカと仲間になる。果たしてメアリィは平凡な人生を送ることができるのか。


続きを読む

デスマーチからはじまる異世界狂想曲 (1)4




・デスマーチからはじまる異世界狂想曲 (1)
・あやめぐむ、(原作)愛七ひと、(キャラクター原案)shri
・KADOKAWA/富士見書房

 デスマーチとは、そのまま訳せば「死の行進」という意味だが、特にIT業界における労働環境の過酷さを表す言葉として使われる。私はIT業界で働いたことはないが、いろいろと書かれたものから判断すれば、特に製品の納期前にはそうらしい。

 さてこの物語の主人公は鈴木一郎(どこかで聞いたような名前だが)という29歳のプログラマ。開発していたゲームを納品して一安心。これで眠れると思ったのはいいが、目を覚ますとゲームの世界の竜の谷というところに転移していた。それも15歳に若返って。
なお、このゲーム世界は魔法もあれば、獣人などもいるというファンタジー世界だ。

 そこで、蜥蜴人族の精鋭300人に襲われ、救済技の流星雨を使って迎撃。おかげでレベルは1から310に爆上がり。ステイタスもカンスト。そして戦利品で大儲け。

 一郎はこの世界では行商人のサトゥーと名乗っている(鈴木も佐藤もその名字の人が沢山いるよね。)。

 この巻では、ワイバーンと闘っていた美少女魔法兵のゼナを助けたり、獣人奴隷を助けたりとまだ序盤ながら、活躍の片鱗を見せる。しかし、いったい誰が何の目的でサトゥーを召喚したのか。よくある異世界もののように、転移する際に神様が出てくるわけでもなく、トラックにひかれるわけでもないがチートな能力はしっかり持っているようである。彼の異世界での冒険はまだまだ始まったばかり。

 

ふたりの距離の概算4


・ふたりの距離の概算
・米澤穂信
・角川書店

 高校までは、学校でマラソン大会があった人も多いだろう。私の場合もあった。さすがに大学ではそんなものはなかったが。走るのが好きで、歳をとっても走っている人もいるが、私のように走るのが好きでははない人間にとっては、ほんと迷惑この上ない催しものだった。

 さて本書であるが、古典部シリーズの5作目にあたる。もちろん主人公は、折木奉太郎をはじめとする古典部の面々。彼らが通う神山高校は文科系部活が盛んなことで知られるが、この迷惑なマラソン大会があった。正式には「星ヶ谷杯」というらしいが、その名で呼ぶ人はほとんどおらず、単に「マラソン大会」と呼ばれることが多い。ちなみに、20キロを走るので、正規のマラソンの約半分を走ることになる。

 今回のテーマは、古典部に仮入部していた大日向友子という侵入生が、本入部しないといった理由を推理するということ。それも奉太郎がマラソン大会で走っている最中に考えるのである。

 大日向はその際、部長の千反田えるのことを、「千反田先輩は菩薩みたいに見えますよね」と言った。「外面似菩薩内心如夜叉」という言葉がある。要するに菩薩のように見えるということは、心は夜叉のように恐ろしいということだ。なぜ大日向はそんなことを言って本入部しなかったのか。

 一応は謎解きを主体にしたミステリーに分類されるのだろうが、別に殺人事件のような大きな事件が起きる訳ではない。どちらかというと古典部員たちの高校生活を描いた青春小説としての色彩が強いだろう。しかし20キロも走るとなると、ため息が出るなあ。



続きを読む

俺のメガネはたぶん世界征服できると思う。エイルの奇妙なメガネ生活 14



・俺のメガネはたぶん世界征服できると思う。エイルの奇妙なメガネ生活 1
・草壁レイ、(原作) 南野海風、ネコメガネ
・アース・スター エンターテイメント

 これは異世界のお話。この世界では、15歳になると、素養を調べるのだ。これが成人の儀式にもなっている。そして、珍しい素養があれば、王都に行って使い物になるようなら城で雇われる。主人公はエイルという少年だが、彼の素養は、なんと「メガネ」。彼は狩人になっていたのだが、師匠の屁の直撃(威力だけでなく臭いもすごかったらしい)により斜面を転がり落ちて目が悪くなっていたので、「メガネ」という素養が現れたのかもしれない。

 「メガネ」が素養ってなんだよと、突っ込みたくなっても、突っ込んではいけない。実はこの能力は、メガネを償還できるという能力。そして、この召喚されたメガネが、よく見えるようになるというばかりではなく、暗闇で敵の位置を知ることができたりする優れもの。この世界では「魔術師」は当たり素養のようで、メガネを償還できるということは、物理償還ができるということで、一応魔術師系に分類されるらしく、彼も一応王都に行くことになる。

 実はエイルには、ホルンという姉がおり、「闇狩りの戦士」というものすごく強そうな素養が発言して、2年前に王都に行っている。王都で目にしたのは、姉の、よく言えば天衣無縫、悪く言えばボケボケダメダメぶり。

 姉が所属する「夜明けの黒鳥」というチームに迷惑をかけていないか心配なエイルだが、やっぱり迷惑をかけていたようだ。でも、そこにもホルンに負けない問題児がいた(笑)。

 この1巻では、メガネの優れものぶりと姉の奔放ぶりが分かったが、この後どうなっていくのか楽しみ。


 
続きを読む

佐伯さんは眠ってる(3)4


・佐伯さんは眠ってる(3)
・小菊路よう、(原作)春原ロビンソン
・講談社

 佐伯さんは、今日も元気で?惰眠を貪っている。美少女なんだけど、眠るのが大好きな佐伯さん。何しろ憧れは、机につっぷして眠ること。一見才色兼備の完璧美少女だけど、特に5時間目は眠る時間と決めている。そんな佐伯さんの真の姿に気づき、佐伯さんが惰眠を貪るのに協力する時宮君(本名時宮スグル)。

 この作品は、佐伯さん大好きの時宮君と、眠るのが大好きで時宮君のことも気になっている佐伯さんの二人が織りなすラブコメである。ただし、特に大きな事件は起こるわけではなく、佐伯さんがいかに惰眠を貪るかということが中心になっている。

 佐伯さんの言うことには、小学校3年のころは、人前で寝ることが恥ずかしくなく、眠い時に眠っていたアマチュア時代だそうだ。これに対して時宮君は、心の中で「今はプロなの?」と突っ込んでいる。さすがに時宮君、好きな女の子に、口に出して突っ込むことは無理なようだ。

 佐伯さんが、学校惰眠を貪るために使うあの手、この手がなんともいえず笑える。実際にやろうとすると無理かなあと思うが、出てくる惰眠のためのアイデアには関心してしまう。

〇参考過去記事
佐伯さんは眠ってる(2)

短歌表現辞典 草木花編4




・短歌表現辞典 草木花編
・飯塚書店編集部
・飯塚書店

 まず、お断りしておかなければならないが、本書は、父の遺品なので、私が買った訳ではない。父は確か退職してからだったと思うが、なぜか短歌に目覚め、昔の勤務先のOB新聞の短歌欄の常連だった。どこかの自治体で募集していた短歌大会で入選したこともある。地元の短歌会にも所属していたようだ。もっとも亡くなる前には、昔に比べると大分元気がなくなったためか、短歌会の参加者が少なくなったためか、ほとんど活動はしていなかったが。

 さて、本書の方だが、645種類の植物が、その植物を簡単に紹介した後、読み込んだ現代歌人の歌とともに紹介されている。よほど変わった植物でない限りは、この本でまにあうだろうし、そもそも変わった植物を謳った短歌も少ないのではないかと思う。もっとも同じ植物でも、表記方法はいろいろあるようで、例えばサボテンの場合は、サボテンと書かれている歌が多いが、仙人掌と書いて(サボテン)とルビをふっていたり、シャボテンと書いていたりする。この草木花編の他に、天地季節編、鳥獣虫魚編、生活文化編もあるので、短歌を趣味にしている人は手元に置いておけばいろいろと参考になるのではないかと思う。
livedoor プロフィール

風竜胆

記事検索
Archives
訪問者数
  • 累計:

メッセージ
Recent Comments
Blogチャート
メディア掲載等

H23.3:書評コミュニティ「本が好き!」より「免許皆伝」称号を受ける

H23.3.16:読売新聞朝刊“読者のホンネ”に「カラスと髑髏―世界史の「闇」のとびらを開く」の100字書評掲載

H25.10.26発売の図書新聞(3132号、2013年11月2日号)に「泥棒は几帳面であるべし」の書評掲載

H26.6,28発売の図書新聞(3165号、2014年7月5日号)に、「市場主義のたそがれ―新自由主義の光と影」の書評掲載

H28.8頃より「シミルボン」への投稿開始

H29.7.4「彗星パンスペルミア」の書評が「新刊JP]に掲載

H29.10.19「ハンナ・アーレント - 「戦争の世紀」を生きた政治哲学者」の書評が「新刊JP」に掲載

H29.11.24「ペンギン・ハイウエィ」の書評が「新刊JP」に掲載

H29.12.26.「ニッポンの奇祭」の書評が「新刊JP」に掲載

H30.1.18.「問題解決大全――ビジネスや人生のハードルを乗り越える37のツール」の書評が「新刊JP」に掲載

H30.4.26.「メゾン刻の湯」の書評が「新刊JP」に掲載

H30.7.20.「極道ピンポン」の書評が「新刊JP」に掲載

H30.7.26.「シミルボン」にインタビュー記事掲載

2019.2.23.「本が好き!」×「書店フェア」で「あなたの街で本と出会う Vol.2」に「こころを彩る徒然草」のレビュー掲載

2019.04.28.【本が好き!×カドブン】コラボレビュー!第4回『皇室、小説、ふらふら鉄道のこと。』の書評が掲載

2020.01.24.「貧乏大名“やりくり”物語 たった五千石! 名門・喜連川藩の奮闘」が「新刊JP」に掲載

2020.02.04.「どんなことからも立ち直れる人」の書評が「新刊JP」に掲載

2020.04.28.「半自伝的エッセイ 廃人」の書評が「新刊JP」に掲載

2021.01.12.『「池の水」抜くのは誰のため?~暴走する生き物愛』の書評が「新刊JP」に掲載

2021.02.12.「龍は眠る」の書評が「新刊JP」に掲載

2021.06.07 【本が好き!×カドブン】に「傷痕のメッセージ」の書評が掲載
本が好き!免許皆伝レビュアー風竜胆 グッドレビュアー 100作品のレビュー 80% サトシン絵本まるっとレビューキャンペーン
  • ライブドアブログ