風竜胆の書評

コミックスから専門書まで、あらゆる本を読みます。元エネルギー企業の専任部長。現在は、ライター・書評家を標榜する自由人w 時に書評が過激になるのは、長州人の血? 現在「シミルボン」と「本が好き!」でも活動中。 執筆依頼、献本等歓迎します。右欄のメッセージ機能にてご連絡ください。 旧ブログ名:本の宇宙(そら)

このブログの特徴

 このブログは、私の読書記録のようなものですが、感想文でも、ビジネス本の書評ブログによくみられるような定型的なものでもなく、なるべくきちんとした書評になるように書くようにしています(例外も多いですが(汗))なお、いただきものでもちょうちん持ちのような評はしません。あくまでも思った通り書きます。ちなみに、単なる精神論には厳しめかもしれませんw

 ビジネス専門、小説専門といったジャンルを限った読書ブログは多いですが、このブログの一番の特徴は「全方位系」というところでしょうか。専門書(自然科学・工学、社会科学、人文科学)、小説(名作から、ミステリー、SF、官能小説等)、ラノベからコミックスまで、あらゆるジャンルが網羅されていますので、中には「これ自分も読んだよ」というのがあるかもしれません。

 なお、★の数の意味は、一応以下の通りです。(もちろん私の趣味で独断と偏見に基づいて付けています。他の人が読んで同じ評価になるとは保証いたしません。)

★:クソ本、読む時間が無駄。めったにない。
★★:もう少し工夫が必要。あまり興味が湧かない。
★★★:普通〜面白い。
★★★★:かなり面白い、興味深い。
★★★★★:上記+どこかがツボにハマった。

 ただし、読んだ時の体調やその日の気分などで多少のブレはあるため、あくまで目安ということです。

H30.02.27追記
 本日自分勝手な妄想で人を誹謗中傷した書き込みを行うという常軌を逸した鳥頭がいましたが、私も相手をするのが面倒くさいので、そういう人間はこの世に存在しないものとして扱います(完全無視)。どうも昔から、自分の身の程を知らないバカな連中に言いがかりをつけられる体質のようです。皆さまのお目汚しになるので、現時点では公開はしませんが、しつこいようなら次からは卑劣かつ稚拙な文章を晒すことにします。なお、このような書き込みをした人間は、それをどのように扱われても、承諾しているものとします。

思考を鍛えるメモ力3



・思考を鍛えるメモ力
・斎藤孝
・ちくま新書

 本書は「三色ボールペン」で有名な著者が、メモを取ることの効用や、メモの取り方について述べたものだ。

 まずメモを取ることにはいろいろな効用がある。本書で述べられているのは、忘却防止、伝達の行き違いや漏れの防止、考えの整理、要約力やコミュニケーション力などの能力向上など。

 本書では、まずメモを取ることの効用について述べたあと、メモ初級者から上級者や達人に至るまでの方法が述べられている。キーワードは「守りのメモ力」から「攻めのメモ力」へ。

 確かに、メモを取らずに頭の中だけで考えようとしても、いろいろと取り落としが多いのは事実だ。また頭にふと浮かんだアイディアなどを直ぐにメモしないと、ちょっと時間が経つと忘れてしまうだろう。メモを取ることは色々な場面で欠かせないのである。最近は面倒くさいのであまりメモを取らないようになったが、やはり頭の柔軟さを保持するためにはメモは必須なのだろう。反省、反省。

 また本書には、「本にメモを書き込んで読書ノートにする」ということで、メモを書き込んだ著者の本が紹介されている。(pp073-075)私も結構書き込みはする方だが、これだけ見開き2頁の中に書き込むと、かえって何を書いたか忘れてしまいそうな気がする。それよりは章末に要約でも書いた方が役に立つと思うのだが。

 もちろん本書にあることが絶対ではない。本書を参考に、各自が工夫して自分なりのメモの取り方を確立すればいいと思う。少なくとも、まったくメモを取らないよりはましだろう。

倭の五王 - 王位継承と五世紀の東アジア4


・倭の五王 - 王位継承と五世紀の東アジア
・河内 春人
・中公新書

 倭の五王とは、中国の歴史書に現れる日本の王のことだ。中国の歴史書には、讃、珍、済、興、武とあるこの5人が、果たして日本の古代天皇の誰に当たるかは謎が多い。讃が仁徳天皇、珍が反正天皇、済が允恭天皇、興が安康天皇、武が雄略天皇だというのが代表的な説だが、異論も多い。済、興、武についてはほぼ定まっているというのが定説だが、これとて決定的なものはない。

 本書は、中国の歴史書に見える倭の五王について解説したものだ。従来の定説にも異を唱える意欲的なものである。例えば、武を雄略天皇(ワカタケル)とした従来の説にも色々と根拠を示したうえで、疑義を呈している。

<武とワカタケル、471年前後の王の問題は今後の課題として残される。>(p205)

 しかし、残念なことに、倭の五王が日本の古代天皇の誰に当たるのかということについては、あまり踏み込んではいない。

<天皇系譜は五世紀以来、政治的変動や歴史書の編纂のなかで追加や削除が繰り返されてきたものものである。それをふまえずに誰に当てはまるかを議論しても、それは実りのある結論を生み出すことはない。倭の五王は、記・紀に拘泥せずにひとまずそれを切り離して五世紀の歴史を組み立ててみる作業が必要なのであり、本書はそのための露払いである。>(p206)

 これは研究者としては明確な証拠がない限り、深入りはできないということだろうが、読者の立場からは少し物足りないかもしれない。

 歴史の定説というのは、よくひっくり返る。例えば鎌倉幕府の成立年だ。私たちが高校で日本史を履修した時には1192年ということになっており、「いいくにつくろう」という語呂合わせで覚えていた人も多いだろう。今は色々な説があるようだ。また、聖徳太子や足利尊氏の絵だとされていたものが、現在は異論ありとされている。

 歴史の真実は、作為的なものが入る文献的なものよりは、考古学的な成果に期待したい。しかし、これとて、モノが現在まで残っている必要がある。何と言っても大昔のことだ。残っている方が不思議なくらいである。ともあれ、学会の大ボスが言っうことが絶対だと、安易に迎合することのないようにしてほしい。

周五郎少年文庫 殺人仮装行列: 探偵小説集3




・周五郎少年文庫 殺人仮装行列: 探偵小説集
・山本周五郎
・新潮文庫

 山本周五郎と言えば、私には、「樅ノ木は残った」などの時代小説の大家という認識だった。実は、今まで彼の作品を読んだことがなかったのだが、まさか少年向きのミステリーを書いていようとは。

 本書は、著者が戦前に少年少女向けに発表した短編を18編収録したものだ。だから発表された当時の時代というものを感じてしまう。総じてレトロな感じなのだ。文体だけでなく、独逸(ドイツ)、仏蘭西(フランス)、加奈陀(カナダ)、桑港(サンフランシスコ)と国名や地名が漢字表記にルビがふってある。

 また、いわゆる横文字の表記が、今ならストレート、チューインガム、ヘンリーと書くものが、それぞれ、ストレイト、チュウインガム、ヘンリイとなっているのだ。金剛石と書いてダイヤモンドとルビを振るのは当たり前。手皮包と書いてハンドバッグとなっているのはなるほどと思った。しかし、材料が皮以外だったらどうするんだろうと、ふと思ったのは余談。

 登場人物の名前もなんともレトロだ。何しろ「〇〇吉」という登場人物が多い。例えば、名探偵の名前が「三吉」なのだ。私の親族、親戚にも、戦前生まれの者に、「〇〇吉」という名前の人はいないのだが。おまけに新聞記者が普通に拳銃ぶっ放しているし。戦前は銃規制が今よりずっと緩やかだったのだろうか。

 最後に一つ突っ込んでおきたい。「覆面の歌姫」という作品だ。覆面をした歌姫が世間の話題になっているのだが、その歌姫を評して「姿も稀に見るほど綺麗である。」(p128)とあるが、覆面をしているのに、どうして綺麗だということが分かるのだろう。ルビはマスクとふってあるのだが、仮面じゃなくって覆面だよ。なんだか笑える場面しか想像できないのだが。



続きを読む

余計なことはやめなさい!: ガトーショコラだけで年商3億円を実現するシェフのスゴイやり方3



・余計なことはやめなさい!: ガトーショコラだけで年商3億円を実現するシェフのスゴイやり方
・氏家健治
・集英社

 本書は新宿御苑前でケンズカフェ東京というガトーショコラの専門店を経営している著者がこれまで行ってきた経営について纏めたものだ

 ケンズカフェ東京は、元々イタリアンレストランで著者はそのオーナーシェフだった。しかし利益は出ず、自分の貯金も使い果たし倒産寸前だったという。それが、余計なことをやめたことで、収益が大幅にアップしたという。

 それでは著者は何をやめたのか。まず夜の時間帯は宴会に特化して、予約が入らない時は営業をやめた。そして次第に、ガトーショコラに力点を移していった。最後は、ランチや喫茶、宴会をやめて、ガトーショコラ一本に絞ったのである。ネット通販もやっていたが、これもクレーマー対応など手間ばかりかかるのでやめてしまった。

 著者は、色々なことをやめていった結果、様々ないいことがあったという。例えば、一つの商品しか扱わないため、商品を磨き上げられるし、データ分析も容易、廃棄ロスや販売機会ロスをなくせる。製造工程がインプルになる。またネット販売をやめて高値で販売しているため、客筋が良くなったという。

 著者の戦略を一言で表せば、ガトーショコラに経営を特化するというものだろう。本書でも触れているが、マーケティングの4Pのうち3つのP、すなわちPlace(流通)、Product(商品)、Price(価格)を徹底的に絞ったものだ。そして最後に残っPであるPromotionn(宣伝)には徹底的に力を入れる。

 ただし、これは東京などの大都会でのみ成り立つ戦略だということは指摘しておきたい。例えば、地方の万事屋(よろずや:今でもあるのか?)のようなところで、一つの商品に特化したら客が怒り出すと思うし、まずそれだけで経営が成り立つだけの需要があるとは思えない。

 大都会のように他に必要なものを売る店がいくらでもあるようなところでは有効だろうが、どこででも成り立つわけではない。だから地方でうっかり真似をすると大失敗することだろう。ただ、それぞれが置かれている環境の中で、色々な戦略を考えることは有効だろうと思う。本書にはそのための知恵が詰まっているように思える。

 なお、本書はオトバンクさまからのいただきものです。ありがとうございました。続きを読む

じみけも マヌルネコ5




・じみけも マヌルネコ
・ジミケモイインカイ
・ハーパーコリンズ・ ジャパン

 本書は地味で可愛い獣を紹介しようとして発売された「じみけも」シリーズの一冊である。クオッカやナマケモノを紹介した本といっしょに発売された。

 本書の主人公であるマヌルネコは、一見普通のそのへんにいる家ネコのように見えるが、立派な野生動物だ。普通のネコよりはずんぐりした感じだが、そこが可愛い。マヌルというのはモンゴル語で、「小さなヤマネコ」を表すようだ。住んでいるのは主にシベリア南部からチベット、アフガニスタンらしい。

 マヌルネコという動物がいることは本書を読むまで知らなかったが、その表情やしぐさに、猫好きの自分としては、いっぺんで魅了された。その表情の豊かさは見ていて飽きない。これはマヌルネコの瞳孔が、普通のネコとは違い、丸く収縮するという性質によるようだ。

 瞳が小さくなっている時は、こちらを睨んでいるようで、威圧感があり、やっぱり野生の動物だと実感するし、大きくなっている時は、真ん丸お目目でなんとも可愛い。ついているキャプションもなんともユーモラスで、写真によく合っている。

 本書を一読すれば、きっとあなたもマヌルヤマネコに魅了されることだろう。

 

黒いピラミッド3


・黒いピラミッド
・福士俊哉
・KADOKAWA

 本書は、「ピラミッドの怪物」というタイトルで、ホラー大賞を受賞した作品に加筆修正して単行本としたものだ。

 一言で言えば、呪いのアンクの物語。アンクというのはエジプト十字のことだ。分からなければちょっとググって見ればいい。いくらでも画像が出てくるから。サッカラで見つかったというこのアンクを持つ者は、次々に誰かを殺す。時にその相手は自分かもしれない。そして浮かび上がる黒いピラミッド。

 主人公の聖東大学講師日下美羽は、自らもアンクの呪いを受けながら、父の大学時代の友人戌井耕平といっしょにこのアンクを元の場所に返そうとする。向かうは、エジプト。

 日本とエジプトを股にかけたホラーだが、残念なことにそれほどの恐怖は感じない。最後の方はアドベンチャーもののようになっていたし。

 いくつかツッコミたいところがある。大学の組織についてだが、いくらなんでも、常勤の講師の解雇通知を教授名では出さないだろうと思う。

<大学から封書が届いた。なかには事務的な書面があった。”文学部古代オリエント学科講師 二宮智生 上記のものを解雇とする。理由、本学にあるまじき行為が確認されたことによる。定められた規定に則り解雇とする。文学部教授 高城達雄”>(p26)

 このあるまじき行為というのが、二宮と大学院に進む予定でエジプトで事故死した佐倉麻衣という学生との間の非常に親密な関係。これは講師から事務局に異動になったという設定の矢野という男が、准教授候補の二宮を失脚させようと、たまたまみつけた二人の親密な写真を事務局に転送したからだ。しかし家庭の事情で自ら希望して事務局に異動した矢野が、いまさら二宮を失脚させてどうしようというのだろう。家庭の事情が好転している訳でもないのに。

 別に、講師と大学院進学を控えた女子学生が親密な仲になってもいいじゃないか。お互い独身の、成人同士だし。不倫とかじゃなければ、結婚するつもりと言えばそれまでだと思うが、いくら講師と学生(中高生の未成年ならともかく)が親密な仲になったからといって、いきなり解雇通知を送るというのはまず考えられない(そんなことをしたら労基や組合なんかからかなりきついお灸をすえられるぞ!)。いくら高城教授がこの大学の文学部の大ボスでも、こんなことがまかり通るのなら、黒い(ブラック)のはピラミッドではなくこの大学の職場環境ということだろうか。

 矢野の所属している事務局という組織の詳細はよく分からないが、一般に大学の事務方というのは、各研究室からは独立していて、大学内の事務(各種証明書の発行等)をやるのではないかと思う。それとは別に各研究室に事務作業を行う秘書だとか助手のような人がいる場合はあるが。それに、矢野が、高城の「お前は研究室の総務に向いている」(p108)という鶴の一声で、研究室の下働きのようなこともやっているのはちょっと変だ。

 また、一度事務方になったものが、研究室のメンバーに対して言っている事もおかしい。例えば矢野が、佐倉麻衣の事故死により中止になったギザ発掘の資料を整理しようとした、日下美羽に言ったセリフ。

<教授が何をいったか知らないが、この箱は俺が整理する。いいか?>(p46)

 事務方の人間が、研究資料を勝手に整理するというのはあり得ないだろう。そして矢野が自分を「矢野さん」と呼ぶ修士課程の学生である橘花音に言ったセリフ。

<お前、修士の橘だったな。ひとつ言っておく。俺は事務局にいるが、古代エジプト研究者としてのキャリアは一番長いんだ。お前らが俺を呼ぶ時は、矢野さんではない。先生だ。矢野先生。いいか、覚えておけ>(p104)

 勝手に事務方が研究職のように振舞っていいのだろうか? 作者はあまり大学の組織については詳しくないのだろうか。それとも事務方にいても、俺はベテランの研究者なんだという矢野のアンビバレントな心を反映しているのだろうか。

 この矢野の家がアンクの呪いで、火事になっているときに、たまたま通りかかった同じ研究室の日下美羽と橘花音。矢野の家にあったアンクを花音が掴んだ後、美羽へ言ったセリフ。

<ああ、先生、早く、早く逃げましょう!>(p117)

 特に警察や消防に通報した気配もない。他人の専有物であるアンクを取ったうえ、通報もせず逃げだしたのは、君たち人間としてどうよ。


livedoor プロフィール

風竜胆

記事検索
Archives
訪問者数
  • 累計:

メッセージ
Recent Comments
Blogチャート
メディア掲載等

H23.3:書評コミュニティ「本が好き!」より「免許皆伝」称号を受ける

H23.3.16:読売新聞朝刊“読者のホンネ”に「カラスと髑髏―世界史の「闇」のとびらを開く」の100字書評掲載

H25.10.26発売の図書新聞(3132号、2013年11月2日号)に「泥棒は几帳面であるべし」の書評掲載

H26.6,28発売の図書新聞(3165号、2014年7月5日号)に、「市場主義のたそがれ―新自由主義の光と影」の書評掲載

H28.8頃より「シミルボン」への投稿開始

H29.7.4「彗星パンスペルミア」の書評が「新刊JP]に掲載

H29.10.19「ハンナ・アーレント - 「戦争の世紀」を生きた政治哲学者」の書評が「新刊JP」に掲載

H29.11.24「ペンギン・ハイウエィ」の書評が「新刊JP」に掲載

H29.12.26.「ニッポンの奇祭」の書評が「新刊JP」に掲載

H30.1.18.「問題解決大全――ビジネスや人生のハードルを乗り越える37のツール」の書評が「新刊JP」に掲載

H30.4.26.「メゾン刻の湯」の書評が「新刊JP」に掲載

H30.7.20.「極道ピンポン」の書評が「新刊JP」に掲載

H30.7.26.「シミルボン」にインタビュー記事掲載
本が好き!免許皆伝レビュアー風竜胆
  • ライブドアブログ