風竜胆の書評

コミックスから専門書まで、あらゆる本を読みます。元エネルギー企業の専任部長。現在は、ライター・書評家を標榜する自由人w 時に書評が過激になるのは、長州人の血? 現在「シミルボン」と「本が好き!」でも活動中。 執筆依頼、献本等歓迎します。右欄のメッセージ機能にてご連絡ください。 旧ブログ名:本の宇宙(そら)

このブログの特徴

 このブログは、私の読書記録のようなものですが、感想文でも、ビジネス本の書評ブログによくみられるような定型的なものでもなく、なるべくきちんとした書評になるように書くようにしています(例外も多いですが(汗))なお、いただきものでもちょうちん持ちのような評はしません。あくまでも思った通り書きます。ちなみに、単なる精神論には厳しめかもしれませんw

 ビジネス専門、小説専門といったジャンルを限った読書ブログは多いですが、このブログの一番の特徴は「全方位系」というところでしょうか。専門書(自然科学・工学、社会科学、人文科学)、小説(名作から、ミステリー、SF、官能小説等)、ラノベからコミックスまで、あらゆるジャンルが網羅されていますので、中には「これ自分も読んだよ」というのがあるかもしれません。

 なお、★の数の意味は、一応以下の通りです。(もちろん私の趣味で独断と偏見に基づいて付けています。他の人が読んで同じ評価になるとは保証いたしません。)

★:クソ本、読む時間が無駄。めったにない。
★★:もう少し工夫が必要。あまり興味が湧かない。
★★★:普通〜面白い。
★★★★:かなり面白い、興味深い。
★★★★★:上記+どこかがツボにハマった。

 ただし、読んだ時の体調やその日の気分などで多少のブレはあるため、あくまで目安ということです。



H30.02.27追記
 本日自分勝手な妄想で人を誹謗中傷した書き込みを行うという常軌を逸した鳥頭がいましたが、私も相手をするのが面倒くさいので、そういう人間はこの世に存在しないものとして扱います(完全無視)。どうも昔から、自分の身の程を知らないバカな連中に言いがかりをつけられる体質のようです。皆さまのお目汚しになるので、現時点では公開はしませんが、しつこいようなら次からは卑劣かつ稚拙な文章を晒すことにします。なお、このような書き込みをした人間は、それをどのように扱われても、承諾しているものとします。

2021.4.2追記
 現在50肩の痛みに苦しんでおり、長い文章を書くのが苦痛なので、更新は調子のよいときになると思います。

ダムマンガ 35


・ダムマンガ 3
・井上よしひさ
・少年画報社

 青年誌でアダルトな漫画を描いている井上さんの作品。井上さんには、アダルトな漫画家としての顔の他に、熱心なダムマニアと言う面もある。最初に断っておくが、この漫画にはエロシーンはない。ただし、百合風味の調味料はかかっているが。

 舞台は私立荒玉女子高(略して玉女)。八田かなんは玉女一、女子にモテる女子だ。いや同じ学校だけではない。修学旅行先では他校の女子、果てはお婆さんから外国人観光客まで。俗に言う「お姉さまキャラ」というやつである。

 ヒロインは、男の子にダム子と呼ばれるのがいやで玉女に進んだ黒部弓見と言う少女。なんとこの学校には八田かなんが部長を務めるダム部と言う部がある。この巻では、このダム部が廃部の危機に。敵は生徒会の部活仕分け人田原野英梨。セーラー服の襟をいつも立てているためエリマキトカゲと呼ばれている。決めゼリフは「部活動じゃなければダメなんですか!? 同好会じゃダメなんですか!?」(どこかで聞いたようなセリフだ)

 作者のダム愛がそこかしこに感じられるうえ、絵柄も綺麗なので私の好みだ。

 ところで、「ダムカレー施工技術士認定証」なるものがでてくるが、調べてみると、本当にあるようだ。ダムカレーにも色々な種類があり、巻末には食べられる場所の一覧(2015.10.31現在)が載っているので、食べてみたいという人は参考にするといいだろう。


続きを読む

わたし、探偵になっちゃいました1


・わたし、探偵になっちゃいました
・オーサキ・コー
・幻冬舎

 本書は著者が探偵業に登録するまでを書いたものだ。実話のような作り話と銘打っているので、どこまでフィクションが盛り込んであるかは分からない。著者は、捕鳥、警備員を経て探偵業に登録しているが、本書はそのいきさつを記したものだ。

 ユーモラスなんだが、ノリと勢いで書かれた文章のような感じを受ける。何かギャグがスベッっている観がするのだ。

 著者は、「北斗の拳 イチゴ味」(以下イチゴ味と呼ぶ)のファンのようで、登場人物は北斗の拳のキャラの名前で呼ばれる。この登場人物のニックネームの出所がイチゴ味と書かれているが、イチゴ味は、北斗の拳のパロディ的なスピンオフ作品である。イチゴ味独自の登場人物という訳ではないので、イチゴ味に出てくるキャラというより、北斗の拳に出てくるキャラクターとした方が適切だと思う。

 もう一つ気になるのは少年時代に行ったという置石や放火のことが取りようによっては自慢げに書かれていること。
<アパートの屋上から物置小屋の屋根に飛び降りて、屋根に穴をあけたり、社宅の庭に生えている木に火をつけてぼや騒ぎを起こして、・・・(中略)・・・線路に石を置いて・・・(以下略)。>(pp10-11)

そして、その前にある言葉が元気が良すぎる子供ではあった。(p10)だ。 これは完全に元気が良いを越えているだろう。いくら子供の頃と言ってもかなりの重罪だ。特に置石は、それが原因で列車が脱線して死者が出れば大人なら死刑になってもおかしくないくらい罪が重い。子供だってそれなりの罰があるし、親は莫大な賠償金を支払わなくてはならない。もし少しでも反省の気持ちがあるのなら、絶対にこんなことはしてはいけないと書くべきだろう。自分が子供のころはこんなこともやったんだぜというノリで書いたのなら何をか言わんやである。


 
続きを読む

一流の人は知っている ハラスメントの壁4


・一流の人は知っている ハラスメントの壁
・吉田幸弘
・ロングセラーズ

 今は何でも○○ハラということを言われる。でも、何がハラスメントになるのかという境界が曖昧なものだから、扱いが難しくなる。例えばセクハラを例にすると、恋人とそうでない人から同じことをやられても後者の行動だけがセクハラと言われることがある。私が研修会などで聞いたのは、受け手がどう思うかが重要だということだ。このように○○ハラには明確な基準はないのである。

 残念なことに、中には調子に乗って、明らかに違うのに自分の気に入らないことにはなんでもハラスメントではないかと言ってくる輩がいる。その場合にはこちらも断固とした対応を取る必要がある。しかし、何がハラスメントになるかよく理解していないと、なかなか難しいだろう。

 本書には、ハラスメントにならないようにするには、どんなことに気をつければ良いのかということを教えてくれるだろう。社会人、特に管理職は自分の行動が、○○ハラではないかと言われたときに、違うと思えば根拠ある否定をしないといけない。

 なお、本書は著者様からの頂き物です。ありがとうございました。



続きを読む

世界で学ぶ、働くことは生きること4



・世界で学ぶ、働くことは生きること
・生田博子
・書肆侃侃房

本書は、世界を舞台に働いている11人の体験記を1冊に纏めたものだ。本書中に結構「九州大学」と言う文字が目に入ってくると思ったら、九州大学で2016年から開校されている「世界が仕事場」と言う人気講義を書籍化したものらしい。(P158)

とはいえ、本書に登場するのは、学者ばかりではない。例えば最初の話し手は村井さんという料理人である。

 面白いと思ったのは、辰野まどかさんの体験。17歳の誕生日のとき、誕生プレゼントとして、母親からスイスの国際会議に3週間一人で参加する権利を貰ったという。その時は、意味がよく分からなかった辰野さんだが、これが彼女の視野を広げる良い経験になったようだ。しかし、こんなプレゼントをするとは、お母さんもやるもんだ。

 各人の話の終わりにQ&Aが付いており、「おすすめ本」も紹介されているので、理解を深める助けになるだろう。

 若い人には、このような話をたくさん聞いて、目を世界に向けて欲しいと思う。
続きを読む

赤毛の文化史:マグダラのマリア、赤毛のアンからカンバーバッチまで3




・赤毛の文化史:マグダラのマリア、赤毛のアンからカンバーバッチまで
・ジャッキー・コリス・ハーヴィー、(訳) 北田絵里子
・原書房

 最初に一つ誤解があったことを報告したい。「赤毛」というから燃えるような色を想像していたのだが、本書に収録されている写真を見る限り、いわゆる「茶髪」の範疇に入っているように見えるものも多い。正直私にはどこまでが「茶髪」でどこからか「赤毛」なのかまるで区別がつかない(みんな茶髪に見える)のだが、どうやって区別しているんだろう。光の加減でなにかのときに赤く見えるのだろうか。本書にもキャロットやストロベリーブロンドと言ったものが出てくるので、赤毛にも色々種類があるようだが、インターネットで検索してみても私にはその差異がよく分からなかった。

 さて、本書は自らも「赤毛」だという著者が、「赤毛」が、歴史の中でどのよう取り扱われていたかを纏めたものだ。今は大分流れが変わっているようだが、「赤毛」は昔のヨーロッパにおいては偏見と差別の象徴だった。男の赤毛は粗野の象徴。女の赤毛は性的なものと結びつけられた。血液型と同様、何の根拠もないのだが、人間とは、少しの差異を見つけて、差別したがるものだ。「赤毛」は、外見からもわかるので、差別しやすかったのだろう。

 ただ、文化史と銘打っている本としては、分かり難い印象を受けた。
続きを読む

二重のまち/交代地のうた4




・二重のまち/交代地のうた
・瀬尾夏美
・書肆侃侃房


ぼくの暮しているまちの下には
お父さんとお母さんの育ったまちがある
ある日、お父さんが教えてくれた
(p11)


 2011年3月11日東北を大きな揺れと、それに続く大津波が襲った。俗に言う東日本大震災である。

 東日本大震災というと、原子力発電所の事故があった福島が取り上げられることが多いが、東北の太平洋沿岸はどこも大きな被害を受けた。あれから10年も経っているのに、各地にはまだ爪痕が残っている。本書は、その東日本大震災について書かれたものだが、大きく4つのパートに分かれている。

 「二重のまち」「交代地のうた」「歩行録」「”二重になる”ということ」であるが、それぞれ詩、エッセイ、2018年3月28日〜2021年2月1日の日々の記録、あとがきのようなものとなっている。「二重の町」とは、復興工事に伴って、土地のかさ上げが進み、それまで住んでいた場所の上に、新しい町ができることのようだ。本書の舞台は岩手県陸前高田市だが、東北全体に対しても同じようなことが成り立つだろう。

 著者は東京生まれであるが、仙台在住で、2012年から3年間岩手県陸前高田市で暮らし、対話の場つくりや作品制作をしたあと、2015年には、仙台市で土地との協働を通じた記録活動をする一般社団法人NOOK(のおく)を立ち上げている。

 本書を読んで感じたのは、いつどこで突然それまでのいとなみが断ち切られるかわからないということだろう。そして人のレジリエンス能力の偉大さ。あんな大災害があっても全体的に見れば人間は着実に立ち直っていく。

 なお、本書は映画化もされているということなので、もし近くで上映されれば観てみるのもいいと思う。
livedoor プロフィール

風竜胆

記事検索
Archives
訪問者数
  • 累計:

メッセージ
Recent Comments
Blogチャート
メディア掲載等

H23.3:書評コミュニティ「本が好き!」より「免許皆伝」称号を受ける

H23.3.16:読売新聞朝刊“読者のホンネ”に「カラスと髑髏―世界史の「闇」のとびらを開く」の100字書評掲載

H25.10.26発売の図書新聞(3132号、2013年11月2日号)に「泥棒は几帳面であるべし」の書評掲載

H26.6,28発売の図書新聞(3165号、2014年7月5日号)に、「市場主義のたそがれ―新自由主義の光と影」の書評掲載

H28.8頃より「シミルボン」への投稿開始

H29.7.4「彗星パンスペルミア」の書評が「新刊JP]に掲載

H29.10.19「ハンナ・アーレント - 「戦争の世紀」を生きた政治哲学者」の書評が「新刊JP」に掲載

H29.11.24「ペンギン・ハイウエィ」の書評が「新刊JP」に掲載

H29.12.26.「ニッポンの奇祭」の書評が「新刊JP」に掲載

H30.1.18.「問題解決大全――ビジネスや人生のハードルを乗り越える37のツール」の書評が「新刊JP」に掲載

H30.4.26.「メゾン刻の湯」の書評が「新刊JP」に掲載

H30.7.20.「極道ピンポン」の書評が「新刊JP」に掲載

H30.7.26.「シミルボン」にインタビュー記事掲載

2019.2.23.「本が好き!」×「書店フェア」で「あなたの街で本と出会う Vol.2」に「こころを彩る徒然草」のレビュー掲載

2019.04.28.【本が好き!×カドブン】コラボレビュー!第4回『皇室、小説、ふらふら鉄道のこと。』の書評が掲載

2020.01.24.「貧乏大名“やりくり”物語 たった五千石! 名門・喜連川藩の奮闘」が「新刊JP」に掲載

2020.02.04.「どんなことからも立ち直れる人」の書評が「新刊JP」に掲載

2020.04.28.「半自伝的エッセイ 廃人」の書評が「新刊JP」に掲載

2021.01.12.『「池の水」抜くのは誰のため?~暴走する生き物愛』の書評が「新刊JP」に掲載

2021.02.12.「龍は眠る」の書評が「新刊JP」に掲載
本が好き!免許皆伝レビュアー風竜胆 グッドレビュアー 100作品のレビュー 80%
  • ライブドアブログ