初めて読んだ道尾秀介の作品、「骸の爪」(幻冬舎)。「背の眼」に続く、霊現象探求家・真備庄介シリーズの第二弾だ。




 ホラー作家の道尾が訪ねた滋賀県の仏像工房・瑞祥房。彼はそこで恐怖の体験をする。不気味に笑う千手観音に頭から血を流す鴉枢沙摩(うずさま)明王。そして、工房の仏師の一人の行方が分からなくなった。道雄は霊現象探求家の真備とその助手凜と再び瑞祥房を訪ねる。そこには20年前の事件の因縁が潜んでいたのだ。

 この作品の特徴のひとつは、ホラー作家の道尾すなわち作者自身が語り部だということである。主人公は真備だが、さしずめワトソン役を作者自身が務めているということか。

 もう一つの特徴は、大小多くの謎が散りばめられているということだ。最大の謎は消えた仏師の謎であるが、その他にも、不気味に笑う千手観音や血を流す鴉枢沙摩明王の謎、返品された仏像の謎、男ながら美貌の庵主に関する謎など多くの謎が複雑に絡んで、濃淡の差はあってもそれぞれが事件と結びついている。

 「むくろ」とはモグラという意味もあるらしい。人里離れた仏像工房で、もぐらのように外界と隔離された生活を送っていた人々の間で起こったおぞましい事件とそれに端を発した20年後の悲劇。短い文を連ねる特徴的な文体で描きだされた、ホラーな味付けたっぷりのミステリーである。 
 
○読書ブログに興味のある方は押してみてください
人気ブログ

●当ブログ本館「時空の流離人」はこちら
(本記事は「時空の流離人」と同時掲載です。)

○関連ブログ記事
コースケのミステリな日常
木の葉郵便
じっちゃんの誤読日記
igaigaの徒然読書ブログ