前々からちょっと気になっていた“文学少女”シリーズ。その6巻目に当たる、「“文学少女”と月花を孕く水妖」(野村美月:ファミ通文庫)。なぜ、第1巻ではなく6巻なのかというと、「特別編」と書かれていたからだ。「特別編」なら、きっと独立した話だと思い、6巻目当たりなら、作者の方も、かなり油が乗った頃だろうと思って、お試しのつもりで読んでみることにした。

 聖条学園2年生の井上心葉(このは)は、文芸部の“文学少女”こと天野遠子先輩と、学園理事長の姫倉光圀の所有する別荘で夏休みを過ごす事になる。彼らを呼んだのは光圀の孫娘の麻貴先輩だ。ところが、その別荘では80年前に惨劇が起こっており、今また不気味な出来事が彼らを襲う。

 この遠子先輩というのが、なかなか魅力的なキャラだ。年上のお姉さんだが、可愛くって、華奢で、天然いや天真爛漫で、無防備で、怖がりで、おまけに色々と振り回されて。もし私が高校生のころに戻れたら、きっと胸キュンものだろう。ただ一つの問題は、物語を文字通り食べてしまうというところ。まるで山羊さんのように、物語が書かれている紙が大好物なのである。おかげで、心葉は、彼女のおやつとして、毎日3題話を書かされているらしい。

 このシリーズの特徴は2つあるようだ。一つ目は、本書で起こるような、ミステリアスな事件を、遠子が名探偵役になって、ワトソン役の心葉とともに解決するということ。もう一つは、ストーリーの中に、有名な文学作品を上手く織り込んでいること。この作品に織り込まれているのは、泉鏡花の草迷宮や天守物語など。ちょっと気になるシリーズがまた増えたが、目の前の積読の山が・・・orz


○読書ブログがたくさん集まっています
br_decobanner_20101123214358


○姉妹ブログ
文理両道
時空の流離人