例によって、うちの子の本棚から召上げた「氷菓」(米澤穂信:角川書店)。話題の「古典部シリーズ」の第1作目となる。廃部寸前の神山高校古典部に集まった4人の1年生が、学校に関係したちょっとした謎解きに挑むと言う話である。

 古典部の面々がなかなか個性的で面白い。主人公である折木奉太郎は、浪費としか思えないようなもには手を出さないことをモットーとする省ネエ主義者。古典部部長を務める千反田えるは、一見おしとやかなお嬢様だが、実は好奇心の権化。折木の友人で、減らず口がトレードマークのエセ粋人の福部里志。毒舌で、人に厳しく自分にももっと厳しい、折木の天敵のような伊原麻耶花。ちなみに、里志は裁縫部、麻耶花は漫研との掛け持ちだ。この個性的な面々が挑むのは、古典部の先輩だったえるの叔父に33年前に起こった出来事。当時彼に何があったのか。神山高校の文化祭はなぜカンヤ祭と呼ばれるのか。古典部の文集は、なぜ「氷菓」と名付けられたのか。

 通常のミステリーのような殺人事件などは起こらない。それでも、古典部の面々が色々と調査をして、少しづつ真相に近づいていく過程は読み応えがあり、単なる学園小説ではなく、ミステリとして十分に楽しむことができるだろう。また、えるの叔父の高校時代の世相というのが、謎の背景として大きく関わってくるのだが、これなど、最近の若い人には意外に思えるかもしれない。

 ところで、古典部って、本来どんな活動をするところなんだろう?文集は出していたようだが、別に古典に関係があるような感じでもなかったし、源氏物語とか枕草子なんていった話題も全然でなかったし・・・。


○読書ブログがたくさん集まっています
br_decobanner_20101123214358


○姉妹ブログ
文理両道
時空の流離人