風竜胆の書評

コミックスから専門書まで、あらゆる本を読みます。元エネルギー企業の専任部長。現在は、ライター・書評家を標榜する自由人w 時に書評が過激になるのは、長州人の血? 現在「シミルボン」と「本が好き!」でも活動中。 執筆依頼、献本等歓迎します。右欄のメッセージ機能にてご連絡ください。 旧ブログ名:本の宇宙(そら)

社会科学

分断した世界 逆転するグローバリズムの行方4


・分断した世界 逆転するグローバリズムの行方
・高城剛
・集英社

 本書によれば、現在は再び分断の時代を迎えたという。書かれているのは、持てる者と持たざる者の分断。そして、アメリカファーストやイギリスのEU離脱という国の分断。深刻化する移民問題。これと対応するように台頭する極右政党のことなど。

 本書は前後編に分けられ、今回は前編に当たるという。時間のレンジとしては1989年から2019年まで。後編は今後30年後の再び一つになる世界が描かれるようだ。

 しかし、ここにひとつ疑問がある。国の分断だが、世界から孤立して、果たしてやっていけるのだろうか。いま世界は好むと好まざるに関わらず、グローバル化が進んでいる。

 アメリカのトランプ大統領は日本からの自動車や部品に対して、25%の関税をかけると息巻いているが、グローバルな部品調達が当たり前となっている現代で果たしてそれがうまくいくのかは疑問である。おまけに目新しいものは、たいてい特許で守られているのではないだろうか。

 関税を大幅に上げれば、コストプッシュによるインフレを呼び、製品は古臭くなり、アメリカ経済を混乱させるだけの結果に終わるだけのような気がしないでもないのだが。

 面白かったのは、トランプ旋風の原因は、よく言われているようにラストベルト(Rust Belt)の人々ではなく、本質はアメリカにおける「百姓一揆」であるという指摘だ。

 この他にも興味深い話題が満載。実際の現場を見てきた著者による渾身のルポだろう。

 なお、本書は「オトバンク」さまからの頂き物です。ありがとうございました。
 続きを読む

ミクロ経済学の力4


・ミクロ経済学の力
・神取道宏
・日本評論社

 本書はタイトルの通り、ミクロ経済学の教科書である。対象は大学2回生程度であるというが、学部の中・上級から大学院の初級レベルまでをカバーしているという。

 現代の経済学は、数学モデルをつくって、本来は定性的なことをいかにも定量的であるかのような錯覚を持たせて説明するというのが大きな特徴であり、本書にも、数式を使った説明があふれている。しかし、経済学的な概念はさておき、使われている数学はそう高度なものではなく、高校生でも理系に属している生徒なら理解できるレベルだろう。もっとも、経済学の慣例で、単なるラグランジュの未定乗数法の式をラグランジアンと記しているのは違和感がある。多分物理学を少しでも学んだ者なら、ラグランジアンというと別のものをイメージするのではないだろうか。

 私たちの頃は文系に進んだ人間でも数B(普通高校の場合)までは履修していた。だから、経済学が文系だといってもそう違和感はなかったのかもしれない。しかし今はどうだろう。高校のときに数学をほとんど勉強しなかったのに、大学の経済学部に進学した者は、その内容に少し面食らうのではないかと思う。

 最近は、ゲーム理論を経済学のツールとして使うことが流行しているようだ。本書にもゲーム理論に関する部分に多くのページが割かれている。ゲーム理論そのものは大昔からあり、私が学生のころは、難しい数式がたくさん並んだ専門書が売られていたものだが、経済学の教科書にゲーム理論に関する話題が載っていた覚えはない。しかし、今ではミクロ経済学にはかなり重要なツールらしい。

 経済学を学ぶ目的は、経済学者に騙されないためと言ったのは、異端の女性経済学者であるジョーン・ロビンソンだが、私たちも本書に書かれていることくらいは知っておいたうえで、彼らの言論をうっかり信じないように気を付けたいものである。


続きを読む

暗号が通貨になる「ビットコイン」のからくり2


・暗号が通貨になる「ビットコイン」のからくり
・吉本佳生、西田宗千佳
・講談社ブルーバックス

 最近何かと話題の仮想通貨。実はジェネレーションギャップのためか、私にはその価値がよく分からない。ということで、仮想通貨の代表のようなビットコインについて経済面と技術面の両方から解説したという本書を読んでみた。

 本書を読めば、ビットコインは暗号化技術などに支えられていて、よく聞くマイニングというのは、取引履歴を纏めたブロックを承認するための鍵を見つける作業だと言ったような技術的側面はなんとなくわかった。しかし、どうにもすっきりしない。

 通貨的な側面についていろいろとビットコイン寄りの解説がされているのだが、どうもこの部分がすんなり頭に入ってこないのだ。本書にも書かれているのだが、通貨の機能としては決済手段、価値尺度、価値保蔵といったことがよく言われる。確かに決済手段としては仮想通貨を使える場面が増えてきた。しかし、後の二つはどうだろう。

 ちょうど、2月14日付の中国新聞のオピニオン欄に、仮想通貨に関する解説記事が掲載されていたが、その中で、10年に初めて1万ビットコインが、ピザ2枚と引き換えられたことが書かれてあった。ところが同じ日のレートをネットで確認してみると、1ビットコインがなんと90万円を超えているではないか。びっくりするようなハイパーインフレ率である。

 これだけ振れ幅が凄いと、価値尺度、価値保蔵なんて無理だろう。結局は投機のひとつではないのか。マウントゴックスの事件もあったし、リスクを考えるととても手を出す気にはならない。

 新聞記事の方には、通貨は、みんなが価値があると信じているから価値があるのだと書かれていたが、その通りだと思う。そして仮想通貨に価値があると考えているのは、結局リアルの世界の通貨と交換できる手段を備えているからではないのか。これがリアルの世界の通貨と一切交換できなかったら、果たしてこれだけ仮想通貨が話題になるだろうか。

 この仮想通貨に対するうさん臭さが抜けないのは、私がデジタルネイティブ世代ではないからということもあるのかもしれない。まあ、これからも私は、仮想通貨に手を出すことはないと思うが。 

○姉妹ブログ
文理両道
時空の流離人




続きを読む

幸せとお金の経済学4


・幸せとお金の経済学
・ロバート・H・フランク、(訳)金森重樹
・フォレスト出版

 本書の教えるところによれば、財には、「地位財」と「非地位財」の二つの種類があるようだ。私は元々は電気工学が専門だが、経済学関係の本も割と読んでいる。しかし、他書であまりこの概念について書いてあった覚えはない。

 ここで、「地位財」はコンテクストの影響を受ける財のことだ。要するに相対的な位置づけが重要だということである。本書に載っている例としては、家の広さがある。他の人が6000平方フィートの家に住んでいる中で、自分だけ4000平方フィートの家に住むのと、他の人が2000平方フィートの家に住んでいる中で、自分だけが3000平方フィートの家に住むのとではどちらが良いかというものだが、絶対値でいえば前者の方が家が広いにも関わらず、ほとんどの人が後者を選ぶという。

 これに対して、「非地位財」というのは絶対的な位置づけが重要な財のことだ。これも本書に載っている例だが、他の人が、年間6週間の休暇をもらえる中で、自分だけが4週間の休暇しかもらえないのと、自分は年間2週間の休暇がもらえるのに、他の人は1週間しかないのとどちらが良いかというものだが、これはほとんどの人が絶対数の長い前者を選択したのである。

 アメリカでは、近年所得格差がどんどん広がっているという。そして、高所得層は、可処分所得が増えるので、例えば、もっと広い家を持つようになる。この割を食うのが中間所得層以下である。家は、「地位財」だから、高所得層に近接している中間所得層は、その影響で自分たちもより広い家を求めるようになり、それが次々に下位の層に伝搬していく。これでは、少しばかり所得が伸びても、決して生活は豊かにはならない。

 考えてみれば、これは日本でも似たようなことはある。例えば勤めている会社の給与水準が、世間一般では平均よりかなり高くても、同期の人間より100円でも給料が安いと、ものすごく不満を持つのではないか。これは、コンテクストの中で、満足、不満足を判断してしまうからだ。

 要するに、金をたくさん使えるようになっても、それは、基準が上方にシフトするだけで、決して幸福にはつながらないのだ。本書には面白い例が載っている。経済学者のリチャード・レナードの言葉のようだが、「豊かでない国では、夫の妻への愛情表現は1輪のバラですが、豊かな国ではバラの花束が必要です」(p209)というものである。しかし、いつも花束を贈っていては、それが当たり前になって、ありがたみも薄れるかもしれない(笑)。

 著者はアメリカの経済学者なので、アメリカを例に語られているが、これは日本についてもあまり変わりはないように思える。「吾唯足知」、「われただ足るを知る」という禅の言葉がある。京都の竜安寺のつくばいに記されていることでも有名だが、私達はこの言葉をもっと噛みしめなければいけないのではないだろうか。

 なお、本書は、フォレスト出版さまからのいただきものです。ありがとうございました。

○姉妹ブログ
文理両道
時空の流離人
続きを読む

いまさら聞けない! 「経済」のギモン、ぶっちゃけてもいいですか?4


・いまさら聞けない! 「経済」のギモン、ぶっちゃけてもいいですか?
・高橋洋一
・実務教育出版

 本書は、経済数量学者だという著者が、焼き鳥屋で出会った家具メーカー勤務の経子の疑問に、経済学的な観点から答えていくというものだ。さわりの部分がマンガ形式で、その後は焼き鳥屋の大将や従業員の金田も含めた対話形式で進んでいく。

 解説されているのは、「三面等価の原則」やGDPと景気や失業率の関係、市場での需要と供給の関係、外部経済や外部不経済と言った概念、銀行の役割や信用創造のプロセス、日銀の金融政策や、比較優位による国際分業の考え方など。本書には、マクロ経済学の初歩的な部分はほぼ網羅されているものと思う。

 著者は、巻末の略歴を見ると、最初に数学を学んだ後に、経済学に鞍替えしたようだ。旧大蔵省出身で、現在は株式会社政策工房代表取締役会長、嘉悦大学教授も務めているという。

 元々は数学出身ということからだろうか、感覚的な話ではなく、数量的なことを大事にしているようだ。我が国は国の借金が莫大だとか、年金が破たんするとかよく言われるが、本書によれば前者は、収入と支出のみを見ても仕方がなく、どのくらいの資産を持っているかといういわゆるバランスシートも併せて見ないといけないという。また後者については、破たんしないような制度設計をしているから大丈夫だということらしい。どちらも、増税をしたいお役人(財務省)に騙されてはいけないということのようだ。

 確かに、あれだけの天下り先が用意されている国なんて、そうあるものではない。増税よりは、あれを始末する方が筋だという論調には賛成だ。ただ、示されているバランスシートは、通常の企業でいえば債務超過状態にあるので、あまり安心という訳にはいかないのだが。

 著者は、元官僚だが、お役人には厳しい。確かに、著者の言うように、許認可だけ行っているお役人に、まともなビジネス活動ができる訳がない。だからこそ「民活」などという言葉ができるのだろう。

 なお、本書は、「本が好き!」さまを通じてのいただきものです。ありがとうございました。

○姉妹ブログ
文理両道
時空の流離人



「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法5


・「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法
・中室牧子、津川友介
・ダイヤモンド社

 複数のデータ間に何らかの関係があるとする。例えばある数字が増えると、別の数字も増えていく。あるいはその逆で、ある数字が減っていくと、別の数字が増える。粗忽者はすぐにそれらの間に因果関係、すなわち原因と結果があるものと早合点してしまいがちだ。実際に新聞などでも結構同様の事象を目にする。

 しかし、データ間に何らかの関連性が見られるからといって、それが直ちに原因と結果である因果関係にある考えるのは早計というものだろう。確かに因果関係がある場合もあるが、実は全くの偶然だったり、互いに関連はあるが、因果関係にはないただの相関関係に過ぎない場合や、原因と結果が逆であるような場合もあるから、データの解釈は慎重に行う必要がある。本書は、そのような見かけの関連性に惑わされずに、どのようにすれば、データーから真実を見抜くことができるかを解説したものである。

 それではどうすれば因果関係があることが分かるのだろうか。本書が教えるのは現実と「反事実」を比較することだという。「反事実」とは、仮にあることをしなかったらどうなっていたかということだ。

 「反事実」と比較するために、まず思いつくのは二つグループの間で行う比較実験だろう。特定の条件のみ変えて、その他の条件は同じになるように選んだ二つのグループの間で結果がどうなるかを調べてみる。しかし実際には実験を行うことが難しいような分野もある。その場合には、「疑似実験」という方法もあるのだ。

 本書はこれらの比較を行う場合の注意事項を解説するのみならず、そこから導かれた驚くべき研究結果も併せて紹介している。

 本書を一読すれば、これまで通説だったものがいかに根拠がない物か分かると同時に、何かのデータの関連性を報道するようなニュースに接した場合でも、それは偶然か、因果関係ではなく単なる相関関係ではないのかなどと懐疑的な目で見ることができるようになるだろう。それが、人の言うことを鵜呑みにせず、自分の頭で考えることの第一歩なのだと思う。
 
 なお本書は、「ダイヤモンド社」さまからのいただきものです。ありがとうございました。


○姉妹ブログ
文理両道
時空の流離人
続きを読む

わかる現代経済学4


・わかる現代経済学
・根井 雅弘
・朝日新書

 現代の経済学は、一般の人には敷居が高いだろう。それは、数学を駆使することにより、いかにも深淵な学問であるかのように、装っているからだ。

 元々、現代の経済学は、物理学をモデルにして、科学的体裁をつけようと、数学で武装を進めたものだ。しかし、物理学と違って、扱っているのは、普遍的な法則が成り立ちうる自然ではない。時代や社会構造によって変化する人間の営みなのだ。

 社会科学の常として、そこには必ず、価値判断というものが入ってくる。それは、一歩間違えれば、イデオロギーとなって、我々を思考停止に追い込む。このことは、世界を混乱させたマルクス経済学の例を挙げれば十分だろう。

 だからこそ、経済学を学ぶに当たっては、現在主流派となっているものだけでなく、幅広くいろいろな考え方に触れたうえで、自分の頭で、何が納得性が高いのかといったようなことを考えていく必要があるのだ。もともと経済学とは、多様性を持った学問なのだから。

 本書は、ケインズ革命以降の経済学の発展を鳥瞰し、その背後にある思考法がどのように変化をしたのか、主流派経済学以外にどのような経済学があり、どのような思考法の違いに基づいて対立が生じているのかを解説したものである。

 本書の構成は以下のようになっている。
・第一章 ケインズ革命
・第二章 ワルラスの一般均衡理論
・第三章 ポスト・ケインズ派経済学
・第四章 マクロ経済学のミクロ的基礎
・第五章 ニュー・ケインジアンの経済学
・第六章 制度と進化の経済学
・第七章 反主流の経済学

 ここでいう主流派とは、「新古典派」経済学のことだと思えばよい。ケインズは、新古典派の支持する「セーの法則」に挑戦して、失業は社会全体の有効需要が不足してるために生み出されるという「有効需要の原理」を唱えた。これがケインズ革命のキモだ。

 ワルラスは新古典派経済学者の一人であるが、彼の唱えた一般均衡理論とは、すべてのモノの価格は、市場メカニズムにより、それぞれの需要と供給が等しくなるように同時に決まるというもの。

 一時は隆盛を誇ったケインズ経済学だが、最近は新古典派経済学に押され気味のようだ。それは、ルーカス批判により、経済学者の中に、マクロ経済学はミクロで基礎づけされなければならないという強迫観念が蔓延しているかららしい。

 確かに物理学の世界では、熱力学などのマクロを扱う物理学は、統計力学のようなミクロを扱う物理学で基礎づけられる。しかし、普遍的な法則に基づく物理学と社会システムにより変化する人間の営みからモデルを抽出してくる経済学を同じように扱えるかは疑問である。

 しかし、ケインズ派の経済学者たちは、なんとかケインズ経済学にミクロ的な基礎づけをしようとしたようだ。そこから、ポスト・ケインズ派経済学やニュー・ケインジアンの経済学といったようなものが生まれて来る。

 経済学のもう一つの流れは、ヴェブレンらによって提唱された制度と進化の経済学だ。これも一旦は力を失ったものの、主流派の中から再発見されることになる。

 このように、本書からは現代経済学全体の見通しは得られるものの、その一方で、読めば読むほど、経済学というものに疑問符が付いてくるのはどういうわけだろう。

 これが、一般相対論なんかの専門書なら、単にこちらの理解力が不足しているだけとおもえるのだが、経済学の場合はあながちそうでもないように見える。経済学で主張されている理論は、その後ろに必ず何らかの人為的なモデルが仮定されていることは認識しておくべきだろう。しかし、そのモデルが絶対普遍性を持っているわけではない。

 だから、我々は、その時折の社会情勢に当てはまるようなモデルを選び取っていかなくてはならないのだ。教科書に書かれていることが無批判に妄信するのではなく、柔軟な心で、経済を見るということが求められるのだろう。

※本記事は、「シミルボン」に掲載したものです。


○姉妹ブログ
文理両道
時空の流離人
livedoor プロフィール

風竜胆

記事検索
Archives
訪問者数
  • 累計:

メッセージ
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Blogチャート
メディア掲載等

H23.3:書評コミュニティ「本が好き!」より「免許皆伝」称号を受ける

H23.3.16:読売新聞朝刊“読者のホンネ”に「カラスと髑髏―世界史の「闇」のとびらを開く」の100字書評掲載

H25.10.26発売の図書新聞(3132号、2013年11月2日号)に「泥棒は几帳面であるべし」の書評掲載

H26.6,28発売の図書新聞(3165号、2014年7月5日号)に、「市場主義のたそがれ―新自由主義の光と影」の書評掲載

H28.8頃より「シミルボン」への投稿開始

H29.7.4「彗星パンスペルミア」の書評が「新刊JP]に掲載

H29.10.19「ハンナ・アーレント - 「戦争の世紀」を生きた政治哲学者」の書評が「新刊JP」に掲載

H29.11.24「ペンギン・ハイウエィ」の書評が「新刊JP」に掲載

H29.12.26.「ニッポンの奇祭」の書評が「新刊JP」に掲載

H30.1.18.「問題解決大全――ビジネスや人生のハードルを乗り越える37のツール」の書評が「新刊JP」に掲載

H30.4.26.「メゾン刻の湯」の書評が「新刊JP」に掲載

H30.7.20.「極道ピンポン」の書評が「新刊JP」に掲載

H30.7.26.「シミルボン」にインタビュー記事掲載

2019.2.23.「本が好き!」×「書店フェア」で「あなたの街で本と出会う Vol.2」に「こころを彩る徒然草」のレビュー掲載

2019.04.28.【本が好き!×カドブン】コラボレビュー!第4回『皇室、小説、ふらふら鉄道のこと。』掲載

2020.01.24.「貧乏大名“やりくり”物語 たった五千石! 名門・喜連川藩の奮闘」が「新刊JP」に掲載
本が好き!免許皆伝レビュアー風竜胆
  • ライブドアブログ