風竜胆の書評

コミックスから専門書まで、あらゆる本を読みます。元エネルギー企業の専任部長。現在は、ライター・書評家を標榜する自由人w 時に書評が過激になるのは、長州人の血? 現在「シミルボン」と「本が好き!」でも活動中。 執筆依頼、献本等歓迎します。右欄のメッセージ機能にてご連絡ください。 旧ブログ名:本の宇宙(そら)

ビジネス書

感動を創造する海外添乗員で世界すべての国に行く働き方4


・感動を創造する海外添乗員で世界すべての国に行く働き方
・梁瀬昌宏
・セルバ出版

 本書は世界170カ国を添乗員として訪れたという著者が、自分の体験、添乗員になる方法、添乗員の魅力や心構えなどを綴ったものだ。

 海外添乗員はいろいろな国に行けて、そのうえ給料までもらえる。実際にはいろいろと厳しいこともあるのだが、世界をあちこち回るのが好きな人にはなんとも魅力的な仕事だろう。これは60台後半になっても年間250日の海外添乗をこなしている浅野さんという方のコラムに書いてあるのだが、若ければめちゃめちゃもてるらしい(笑)(p88)。

 本書にはツアーコンダクターの資格として「旅程管理主任者」という。これは3日の研修を受ければ、合格率90%以上で簡単に取得できると書かれていた(正確には+実務経験)。実は私は「国内旅行業務取扱主任者」(現国内旅行業務取扱管理者)を試験で取った。これは旅行業務に関するお目付け役のような資格で、営業所毎に法に定める通りに置かなければならないようだ。

 一方「旅程管理主任者」とは、旅行業法が改正されたときに定められた資格で、これがないと添乗はできない(サブで添乗する場合を除く)ということなのだが、言葉が似ているのでなんだかややこしい。ただ私の場合は旧旅行業法での資格を取ったので、研修は終了しているとみなされるようで、後は実務経験を積めば晴れて国内旅行に限り添乗できるのだが今のところその予定はない。

なにしろ、この本には、
<海外添乗員に向いているのは、お世話好きな方です>(p66)

とか
<添乗員は、いわば現役アスリートのようなものです。勿論、本当のアスリートの方とは違いますが、体力がないと添乗はできません。この10年、毎年1回はフルマラソンに参加しています。>(p83)


なんて書かれている。この時点で、自分には添乗員の仕事は向かないことが分かる(笑)。

 また、海外添乗員になるためには、英語は必須ではないらしい。
<意外のようですが、英語が全くできなくてもお客様の心を掴む添乗をしている添乗員が多々います。>(p68)


 これはお客様と話すときに一番使うのはやはり日本語だからということのようだ。しかし、トラブルを考えると英語ができるに越したことはない。次のページにもあるように、添乗員が一人で業務するようなケースだとトラブル処理は添乗員がすべて英語でこなさなければならないからだ。(p69)

 本書は添乗員としての仕事などが記されており、旅行が好きで添乗員を目指している人には大いに参考になるだろう。また、添乗以外の仕事を目指す方にとっても参考になるところは多いと思う。

あなたと子どものお金が増える大金持ちの知恵袋303


・あなたと子どものお金が増える大金持ちの知恵袋30
・菅井敏之
・集英社

 本書の内容を一言で言えば、子供へのお金教育ということだろう。確かにお金はあればいいというものではないが、無いといろいろ困るのは事実だ。本来は子供のころからきちんとした教育が必要だと思うが、学校ではあまり教えられないものの一つだ。だから家庭できちんと教育するしかない。

 著者は、子供に与えるお小遣いの定額制は大問題だという(p37)。定額制というのは、何もしなくともお金が入るということだ。だから著者の家では、「働きに応じて」お小遣いをあげていたらしい。しかし、高校生になってからは、部活が忙しくなったので、「定額制+報酬制」に変えたということだ(p89)。子供たちは、何もしていないのにお金がもらえることに最初は少しむずむずしていたということだが、ちょっと疑問がわく。別に部活なんかしなくともいいと思うのだが。自分の好きなこととお金とどちらがいいかを選択させるというのも教育ではないだろうか。

 面白いと思ったのは、どうしても欲しいものが出たような場合には、「家族の経営会議でプレゼンテーションさせる」(p134)というものだ。子供のうちからプレゼン力を鍛えるということは、塾などに行くよりはよほどよい教育になると思う。しかし、親の方にもそのプレゼンを判断する能力が求められるので、なかなか大変だろうと思う。

 もちろん子供に教育をするのなら、親の方にもしっかり芯があることが必要だろう。お父さんが、いつも酔っぱらって、休みになればパチンコ三昧では、教育もなにもあったものではない。自分に自信があり、子供にお金教育をしたい人には参考になることも多いものと思う。

 なお、本書は、オトバンクさまからの頂き物です。ありがとうございました。



続きを読む

100%集中法3


・100%集中法
・藤野敬介
・フォレスト出版

 みなさんは集中力に自信があるだろうか。私の場合恥ずかしながら、少し一つのことを続けると、飽きてしまって、すぐ次のことをやりたくなる。よく言えばマルチタスクに適しているということだろうが、心があちこちに飛んで、「集中力」という意味からは心もとない。

 本書は、その集中力をつけるための方法について述べたものだ。著者が「ニュートラル」と呼んでる状態。これに入ることにより、フローそしてゾーンと呼ばれる状態に移行していく。

 なお、フローとは、取り組み対象に集中している状態であり、ゾーンとはその先にある神がかり的な状態を言うようだ。

 本書に述べられているのは主に自己催眠から、ニュートラル状態に入る方法。本書で紹介されている「ニュートラル・エクササイズ」を行うことにより心身がリラックッスして、集中しやすくなる。エクササイズ自体は簡単にできるものなので、まずは試してみるのもいいだろう。

 ただ、このニュートラル状態からフロー状態への移行の仕方がよく分からない。何度か読み直してみたが、やっぱり分からない。改版等のチャンスがあれば、このあたりをもっと詳述するのもいいかもしれない。

 なお、本書は、フォレスト出版さまからの頂き物です。ありがとうございました。

続きを読む

「一緒にいたい」と思われるリーダーになる。 人を奮い立たせる50の言葉4



・「一緒にいたい」と思われるリーダーになる。 人を奮い立たせる50の言葉
・サイモン・シネック、(イラスト)イーサン・M・アルドリッジ、(訳)こだまともこ
・ダイヤモンド社

 著者のサイモン・シネックは2009年にTEDに登場して以来その再生回数が4000万回を超えているという。なお、知っている方も多いと思うが、TED(Technology Entertainment Design)とは、色々な分野の専門家を招いて講演会を開いている非営利団体のことで、その様子はネットで公開されている。

 本書の内容を一言で言えば、大人の絵本というようなもので、公園が舞台だ。その公園には王様がいる。要するにガキ大将なのだが、端的な言葉(アフォリズム(aphorism)と言ってもいいかもしれない)とイラストで読者に大切なことを示してくれる。書かれている言葉は短いが深い。いくつか紹介してみよう。

<リーダーシップとは、争って勝ち取る階級や地位のことではない。リーダーシップとは、仲間のために奉仕することを言う。>(p019)

<素晴らしいアイデアじゃないか。だったらおしゃべりをやめて、とにかく動いてみないか>(p025)

 本書から学べることは次の二つだろう。まず、本当のリーダーとはどんな人かということ。多くの人はメンバーをぐいぐい引っ張るようなことをリーダーシップだと思ってないだろうか。これは学校や企業などでそのような教育が行われることが多いことも影響しているように思う。しかし本当のリーダーとはメンバーが生き生きと活動することに対して環境を整えるのである。

 もう一つは、いいと思ったらとにかく初めて見ること。どんなに良いアイデアでも、考えているだけでは何も生まれない。まずは試行してみて、そこから改善点などを見出すことが大事だろう。

 なお、本書はダイヤモンド社さまからの頂き物です。ありがとうございました。

働きアリからの脱出: 個人で始める働き方改革3


・働きアリからの脱出: 個人で始める働き方改革
・越川慎司
・集英社

 「働き方改革」という言葉をよく聞くが、あまりうまくいったという話は聞いたことはない。それはおそらく上から押し付けの改革が多いことによるのではないだろうか。本書は、個人が「生産性」を向上させながら「働きがい」を感じるようになるヒントになるだろう。

 日本人は「社畜」という言葉があるように、長時間労働が揶揄されている反面、それが一種の美学のように思われているのではないか。会社自体に問題があるブラック企業の場合も多いのだろうが、従業員同士で足を引っ張りあっていることもあると思う。

<「早く帰社することは推奨されているけれど、同僚の目が気になって先に帰ることができない」というような声を聞くことがあります。>(p24)

 「あります」とあるが、実はこれがダラダラ残業が行われる一番の理由ではないかと思う。日本人は「横見の意識」が強い。先輩や同僚が残業をしていると、自分の仕事に区切りがついていてもなかなか帰れない人間が多いのである。

 私が現役管理職の時は、誰がどの程度の仕事をしているかを把握できるので、ダラダラ残業をするような人間は能力が不足していると評価していた。同じ仕事を与えても人より時間をかけないとできない人間は確かにいる。

 自分が、ダラダラ残業をするだけならともかく、仕事をさっさと片づけて早く帰る人の悪口をいったりするのだ。仕事はチームワークだとかいう一見もっともな理屈を自分の能力不足の隠れ蓑にして、他人の足を引っ張る。だからいくら自分の仕事が早く終わっても帰り難くなる。また、さっさと帰らずにそんな同僚・先輩の仕事を手伝うようにいうビジネス書も結構読んだが、いったいなにを言っているのやら。

 これが管理職に見る目が無いと、ダラダラ残業をしていても「彼はいつも遅くまでがんばっている」と180度違うんじゃないかという評価をしてしまうかもしれない。また、「あんたは能力不足」だとはなかなか言いにくいところがあるだろう。こういう時には割り切って、自分に仕事が無ければさっさと帰るようにすればかなり残業は減るものと思う。

 もちろん、上が無茶なノルマを押し付けてくるような場合もあるだろうが、こういった労働者側の問題も、日本で生産性が低い理由の一つであることは間違いないだろう。そんな風土が職場にあると、いくら上から働き改革なんて言ってもうまくいくわけはない。

 そういった意味で次の主張には賛成だ。

<働く時間数で評価される時代は終わりました。歳をとれば自動的に給与が上がる仕組みも有名無実化し、深夜残業をしても成果が出なければ、効率の悪い社員というレッテルが貼られます。汗をかいていることをアピールしても評価されません。>(p43)

 出来の悪い管理職や経営者はよく「汗をかけ」というが、私など「汗をかいても臭いだけだと思う」。同じかくなら体でなく頭に汗をかけといいたい。

 また、なぜこんなことをやっているのか摩訶不思議なのだが、前例踏襲でやっているような仕事も結構あるのではないだろうか。

 一例を挙げると、私が現役会社員の時に、業務替えで、そんなものが回ってきた。データを役員向けに整備する仕事だが、やるのに数日程度かかっていた。しかし、実際に利用状況を調査すると、まったく使われていないことが判明したのだ。当時の上司と相談してきっぱり止めたのだが、どこからもクレームはつかなかった。

 こういったものを一つ一つつぶしていくだけでも大分身軽になると思う。くだらない仕事を削り余った時間を本質的なものに向ける。これこそが本来の働き方改革だろう。

なお、本書は、オトバンクさまからの頂き物です。ありがとうございました。

余計なことはやめなさい!: ガトーショコラだけで年商3億円を実現するシェフのスゴイやり方3



・余計なことはやめなさい!: ガトーショコラだけで年商3億円を実現するシェフのスゴイやり方
・氏家健治
・集英社

 本書は新宿御苑前でケンズカフェ東京というガトーショコラの専門店を経営している著者がこれまで行ってきた経営について纏めたものだ

 ケンズカフェ東京は、元々イタリアンレストランで著者はそのオーナーシェフだった。しかし利益は出ず、自分の貯金も使い果たし倒産寸前だったという。それが、余計なことをやめたことで、収益が大幅にアップしたという。

 それでは著者は何をやめたのか。まず夜の時間帯は宴会に特化して、予約が入らない時は営業をやめた。そして次第に、ガトーショコラに力点を移していった。最後は、ランチや喫茶、宴会をやめて、ガトーショコラ一本に絞ったのである。ネット通販もやっていたが、これもクレーマー対応など手間ばかりかかるのでやめてしまった。

 著者は、色々なことをやめていった結果、様々ないいことがあったという。例えば、一つの商品しか扱わないため、商品を磨き上げられるし、データ分析も容易、廃棄ロスや販売機会ロスをなくせる。製造工程がインプルになる。またネット販売をやめて高値で販売しているため、客筋が良くなったという。

 著者の戦略を一言で表せば、ガトーショコラに経営を特化するというものだろう。本書でも触れているが、マーケティングの4Pのうち3つのP、すなわちPlace(流通)、Product(商品)、Price(価格)を徹底的に絞ったものだ。そして最後に残っPであるPromotionn(宣伝)には徹底的に力を入れる。

 ただし、これは東京などの大都会でのみ成り立つ戦略だということは指摘しておきたい。例えば、地方の万事屋(よろずや:今でもあるのか?)のようなところで、一つの商品に特化したら客が怒り出すと思うし、まずそれだけで経営が成り立つだけの需要があるとは思えない。

 大都会のように他に必要なものを売る店がいくらでもあるようなところでは有効だろうが、どこででも成り立つわけではない。だから地方でうっかり真似をすると大失敗することだろう。ただ、それぞれが置かれている環境の中で、色々な戦略を考えることは有効だろうと思う。本書にはそのための知恵が詰まっているように思える。

 なお、本書はオトバンクさまからのいただきものです。ありがとうございました。続きを読む

自分を最高値で売る方法3


・自分を最高値で売る方法
・小林正弥
・クロスメディア・パブリッシング

 最近は不況とも相まって、企業は従業員に払う給与をカットしている。この対策として副業を解禁する企業も多いという。もっともいくら副業を禁止していても、法的にはツッコミどころがあるようだ。

 しかし、なかなか収入が増えないと悩んでいる人は多いだろう。例えば、今現在、月給20万円の人間が、いくら頑張っても次の年に月給100万円になる企業というのは殆どないと思う。(もしかするとあるかもしれないが、歩合制の営業職でない限りまず考えられない。)

 本書での主張は、一言で言えば、自分というものは高額商品に化けるということ。そのためには、モノを売るのではなく、やり方を売れということである。つまり、魚を売るのではなく、魚の釣り方を売れということだ。

 ただし、すべての業務について当てはまるとは思えない。仕事の中には、中に入らないと分からないものも結構あるからだ。また習熟の必要なものだと、いくらやり方を覚えても、それだけではなかなかうまくいかないだろう。おそらくこのビジネスモデルは汎用性の高い仕事の方が向いているものと思う。

 次の主張には賛成だ。

 <安売りの人は、働きがいだけで満足する。
  最高値の人は、働きがいと高額収入の両方で満足する。>
(p222)

 「働きがい」とか「やりがい」というのは、だいたいが「洗脳」の第一歩。ビジネス書にも多いが、この言葉にごまかされて安い賃金でこき使われるのは目に見えている。「自分が上役になったつもりで」というのも危ない。それをいうなら給料も上役と同じだけ払えばいい。そうでないとなんのために上役がいるのか分からない。


 なお、本書は著者さまからのいただきものです。ありがとうございます。
livedoor プロフィール

風竜胆

記事検索
Archives
訪問者数
  • 累計:

メッセージ
Recent Comments
Blogチャート
メディア掲載等

H23.3:書評コミュニティ「本が好き!」より「免許皆伝」称号を受ける

H23.3.16:読売新聞朝刊“読者のホンネ”に「カラスと髑髏―世界史の「闇」のとびらを開く」の100字書評掲載

H25.10.26発売の図書新聞(3132号、2013年11月2日号)に「泥棒は几帳面であるべし」の書評掲載

H26.6,28発売の図書新聞(3165号、2014年7月5日号)に、「市場主義のたそがれ―新自由主義の光と影」の書評掲載

H28.8頃より「シミルボン」への投稿開始

H29.7.4「彗星パンスペルミア」の書評が「新刊JP]に掲載

H29.10.19「ハンナ・アーレント - 「戦争の世紀」を生きた政治哲学者」の書評が「新刊JP」に掲載

H29.11.24「ペンギン・ハイウエィ」の書評が「新刊JP」に掲載

H29.12.26.「ニッポンの奇祭」の書評が「新刊JP」に掲載

H30.1.18.「問題解決大全――ビジネスや人生のハードルを乗り越える37のツール」の書評が「新刊JP」に掲載

H30.4.26.「メゾン刻の湯」の書評が「新刊JP」に掲載

H30.7.20.「極道ピンポン」の書評が「新刊JP」に掲載

H30.7.26.「シミルボン」にインタビュー記事掲載

H31.2.23.「本が好き!」×「書店フェア」で「あなたの街で本と出会う Vol.2」に「こころを彩る徒然草」のレビュー掲載
本が好き!免許皆伝レビュアー風竜胆
  • ライブドアブログ