風竜胆の書評

コミックスから専門書まで、あらゆる本を読みます。元エネルギー企業の専任部長。現在は、ライター・書評家を標榜する自由人w 時に書評が過激になるのは、長州人の血? 現在「シミルボン」と「本が好き!」でも活動中。 執筆依頼、献本等歓迎します。右欄のメッセージ機能にてご連絡ください。 旧ブログ名:本の宇宙(そら)

ビジネス書

電通さん、タイヤ売りたいので雪降らせてよ。3




・電通さん、タイヤ売りたいので雪降らせてよ。
・本間立平
・大和書房

 タイトルは、一種の冗談だが、売り手は雪を降らせる代わりに、色々な手を使って、客に今買い逃したらいけないという気にさせる。本書は、人間心理をうまくついたマーケティング、言い換えれば、売り手側がものを売るために仕掛けてくるあの手・この手について述べたものだ。

 ところで、ちょっと気になる部分があった。店のルールを客に強いている人気モツ焼き店について以下のように述べている。

<「こだわり」を伝えたいからルールがある。ときには客を叱咤する。わからない人には、客になってもらわなくても構わない。「指導」は売り手の熱意を伝え、買い手の共感を獲得します。客に従う時代から、客に従わせる時代へ。「指導」が効果を発揮する場面は、これからも増えていくでしょう。>(p51)


 私ならまったくそういうこだわりに「共感」できないし、これからは、店側からの一方的な「指導」に対して、そんなものに従順に従う必要はないと考える人が増えていくだろう。なぜなら、現状では、日本人の「個」の意識はとても高いとはいえないが、しだいに「個」というものが確立されていくように思えるからだ。

 私は、上から目線のもつ焼き店(p47)などといった店にはまったく行きたいとは思わない。なぜ嫌な思いまでした飲食店で食べなくてはならないのか。同じ金を払うなら、もっとまともでうまい店は沢山あるだろう。

 人の好みは千差万別。客が店側のこだわりに合わせてやる必要はまったくないのである。まあ、店側のこだわりに合わせたい人がいれば、それはそれでいいのだが、私には自分というものがない残念な人に思えてしまう。

 もう一つ本書にあるような、飢餓商法、品薄商法というのは、賢い消費者にはまったく効かない。売り手はとにかく売って利益を上げたいものだ。しばらく待っていればやがては十分な量が出回る。しかも最初より安くなることがあるから待つ甲斐はあるだろう。もっともいち早く手に入れて自慢したい人がいることも事実だ。そんなに売り手側に乗せられてどうするのと思わないでもないのだが。

 飢餓商法、品薄商法を続けるような売り手があれば、客が相手にしなければいいだけだと思う。そんなものに踊らされるのはなんともアホらしいではないか。

 面白いと思ったのは、「インスタ映え」ならぬ「インスタ蠅」という言葉があることだ(p173)。インスタ映えするものを撮ることだけを目的にしている人たちのことを指すらしいが、ネットの世界には、ヘンな人間が多いものだ。まあ蠅はともかくゴキブリはうろうろしている気がするが(笑)。

 今はまだ消費者が啓蒙されてないから通用するのだろう(永遠に啓蒙されない可能性もあるが)。売る側はあの手この手で購買意欲を高めようとする。とにかく焦って物を買わないことにつきるというのが、本書から学び取れることだろう。とにかく安易に売り手側の商法に引っかからないこと。自分の頭で考えること。これが賢い消費者になるための第一歩だと思う。

1万2000人を見てわかった! お金に困らない人、困る人3


・1万2000人を見てわかった! お金に困らない人、困る人
・松尾昭仁
・集英社

 本書は、「考え方」、「働き方」、「コミュニケーション」、「ブランディング」、「魅せ方」の5つの観点から、10年後に「食えない人」、「食える人」にわけて、今どのような行動をしているかを述べたものだ。俗に「来年のことを言えば鬼が笑う」というので、10年後のことなど分かるわけはないと思うが、書かれていることには納得できるものも多い。

 例えば10年後に食えない人は、コツコツ努力を重ねるが、食える人は努力しても今までの延長線上に劇的な変化はないと考えるというのだ。確かに本書に書かれているように自分がいくら希望の年収に向かって努力を重ねても、その会社の給与体形がどんなに出世をしたところでそれに届いていないのなら努力しても無駄だろう。それよりはあっさり転職を考えた方がいい。最も日本では、転職をして、今より食えなくなる可能性も高いのだが。

 また、食えない人は「完璧」になるまで打席に立たないが、食える人はとりあえず打席に立ってフルスイングするというのもある。あまりに「完璧」を求めると、結局いつまでも何もできないということになりかねない。それよりは、とりあえずのアウトプットをしてみて、周りの反応を取り入れた方がずっと完成度の高いものができるだろう。

 本当にここにあるような行動をすれば、10年後に食えなくなるかどうかはよくわからないし、10年後に食えるかどうかも保障の限りではないが、参考になることも多いのではないだろうか。

 なお、本書は、オトバンクさまを通じての頂き物です。ありがとうございました。

起業3年目までの教科書 はじめてのキャッシュエンジン経営3



・起業3年目までの教科書 はじめてのキャッシュエンジン経営
・大竹慎太郎
・文響社

 著者は、最初サイバーエージェントに入社し、いくつかの会社を経て現在はトライフォートの代表を務めている人だ。本書は、著者の経営方法についてまとめたものである。

 本書の肝は、「キャッシュエンジン経営」ということだ。要するに事業のベースとして金の成る木を持っておいて、そこから得られるキャッシュを使って新しい分野にチャレンジしていくというのである。新しい分野では当たり外れがある。成功すればリターンは大きい代わりに失敗する確率も決して低くはない。キャッシュエンジンを持っていれば、たとえ失敗しても会社に与えるダメージを抑えられるというものだ。

 確かに、金のなる木を持っていれば日銭は入る。しかしそれだけでは夢はない。新たな分野に投資してチャレンジすることが大切なのだ。日銭を稼げる事業を持つということには賛成なのだが、幾つか気になる部分がある。列挙してコメントしていこう。

 採用で、「うちの社員はやる気がない」と嘆く会社の代表者について、
<採用の時点で「やる気のありそうな人」を採ろうとしていないのだ。>(p76)
 これは、採用する側の見る目にも関わってくると思う。見る目のない人間が「やる気のありそうな人」を採用すると、体育会系の組織になってしまい、パワハラの温床に・・・。そんな会社、私は嫌だな(笑)。

<高学歴の人材は確かに暗記型の勉強に慣れ親しんでいる>(p115)
  これは著者の偏見に過ぎない。高学歴で暗記の嫌いな人はいくらでもいる。私なども世間の標準から見れば高学歴だとみなされると思うが、昔から暗記は苦手だ。学生時代に、自分の周りにも暗記力がすごいと思った人はいなかった。理系の人間は結構暗記が苦手だと思う。そもそも理系では暗記力しかない人間は周りから評価されない。

<その上司(評者注:サイバーエージェントの新人マネージャー時代の上司)はビジネス書やセミナーに影響されやすい人で、何かをインプットすると、すぐに言動ががらりと変わる人だった。>(pp155-156)
 著者の場合は、これがいい方に行ったようだが、これってダメ上司の典型やん。私も会社勤めをしていた頃に経験があるが、本社の企画部門あたりがこれをやると、やたらとくだらないことを全社に押し付ける。その被害は甚大だろう。当然何の効果もないので、初めは威勢がいいが、そのうち尻すぼみになって消えてしまう。人に影響を受けやすい人間には、「あんた、その頭はなんのために付いているのか。」と小一時間問詰めたくなってくる。

 こんな記述もある。社員の中にビジョンを浸透させることについてだ。
<トライフォートの場合の答は、「朝礼で唱和させろ」でも「高価な額縁に入れて飾れ」でも「たまに各社員がいえるかどうかの抜き打ちチェックを行え」でもなかった。そういった頭ごなしの命令形のスタイルで、人に何らかの考え方が受け入れられることは難しい。>(p104)
 この考えかたには賛成だ。とにかく上の方から何かが押し付けられてくると、意味がよく分からない現場の方ではそんな対応をしがちだろう。納得感がなければ、そしてどんなにいいビジョンでも、神棚に飾ったり、意味も分からず唱えるお経のようになってしまいかねない。

 また経営学の教科書によく出てくるPDCAサイクルについて、次のように言っている。
<だから業務は、「PDCAではなくCPDAの順番で回せ!」が正しい回答なのである。>(p392)
それはPを頭の中でウンウン考えて的外れなものとするより色々な人の知恵を借りた方がいいということのようだ。しかし、これは、Pをどう定義するかの問題だろう。そもそもPがないのにどうチェックするんだとツッコミたくなるし、まともなところなら、色々と調査したうえでPを立てるはずだ。

 本書全体を通して、著者が最初に就職したサイバーエージェントの藤田晋氏に心酔しているように思える。それではどうして転職や独立をしたのか。おそらく最初の目標が起業するということだったのだろうが、そのあたりをもっと知りたいところだ。特にトライフォートを起業して1年で多くの社員が退職したことが辛い体験(p397)だったのならなおさらだ。人が辞めるのは辛いが自分は辞めてもいいというのは説明不足だと感じてしまう。

 しかし、キャッシュエンジン経営の例として「電通」を挙げている(p58)のはかなり気になる。あれだけ世間で騒がれた会社だ。キャッシュエンジン経営をするには社員の多大な犠牲が必要なのかとつい思ってしまう。トライフォートの労働条件(賃金、勤務時間、休暇など)をちゃんと最初に示したうえでないと、どうも眉に唾をつけて話を聞くようになってしまうのだ。

 本書を読んだ感想としては総論は賛成なのだが、各論を見ると気になる点が色々あるというところか。

3秒決断思考 やるか、すぐやるか。3



・3秒決断思考 やるか、すぐやるか。
・金川顕教
・集英社

 本書の内容を端的に表せば、「思い立ったが吉日、迷うような時間があったらまずやってみよう。失敗してもいいじゃないか。何かをそこから学べるから。」ということだろうか。

 著者は、大学は2浪して立命館に入ったそうだ。ちなみに、著者が通った高校で過去20年間で立命館に通ったのは自分だけだということである。しかし、大学入学と同時にダブルスクールを初めて、大学在学中に公認会計士試験に合格したという。このあたり、若干自慢になっているようなそうでないような・・・。

 著者は「考えるな」という。どうせ天才以外は考えても無駄だからというのがその理由だ。「下手の考え休むに似たり」という諺もある。これは、ウジウジ迷っているくらいならまず手をつけなさいという意味だろう。最初はそうでなくともやっているうちに同時どんどん興味が湧いてくることもある。しかし本当に自分の頭で考えなくなってはいけないと思う。それは単なる前例踏襲主義になってしまうからだ。

 「守破離」という言葉があるが、最初は先人を模倣しするのが効率的だが、いつの段階からはそこから離れて自分で考えていかなくてはならないのだ。

 44ページにある<「やらない」ことを決める>というのは賛成だ。人生は短い。これは自戒もあるのだが、あれもこれもと手を出していると全部中途半端で終わってしまいかねない。やりたいこと全部ができるわけではないのだ。

 100ページにある「うまくいったら他人のおかげ、うまくいかないのは自分のせい」というのは多くの人が心にとどめておくべきだと思う。失敗したことを、他人のせいにしてもそこからは何も生まれない。それよりはそこからなにかを学んで少しでも前に進んだ方が建設的だというものだ。

 なお、本書はオトバンク様からのいただきものです。ありがとうございました。


誰でもすぐ使える雑談術 ―初めのひとことがうまく言えるコツ3


・誰でもすぐ使える雑談術 ―初めのひとことがうまく言えるコツ
・吉田幸弘
・さくら舎

 実は私は雑談というのが苦手である。元々口数は少ないが、何か話す目的があればともかく、あまり世間話というものはしない方だ。別にそれで困ったことはなかったが、職種によっては、雑談を行うためのテクニックは身に着けておいた方がいいだろう。例えば営業職などは、ある程度の雑談ができた方がいいと思う。

 本書は、「雑談は元々のセンスではなく、トレーニングと思考次第でうまくなれる」(p3)ということについて詳細に解説したものだ。雑談の糸口は色々ある。本書の教えるところによれば、例えば相手と交換する名刺でも雑談のネタになるのだ。その他雑談のための注意事項がいっぱい詰まっている。たかが雑談と軽んじてはいけない。雑談の内容ひとつで相手の受けとり方はかなり違ってくるのである。

 ただ、本書を読んで得られるのは、様々なヒントや注意事項である。雑談名人になろうと思えば、色々な場面で実践あるのみだろうと思う。一冊本を読んだからといって、すぐにその道の名人になれるというような虫のいい話はどこにももころがってないのだ。

 ただ、雑談も時と場合による。これは私の経験したことだが、郵便局の窓口で、待っている人がいるにも関わらず、延々と雑談のような話をしている。これなど、他の人の迷惑にしかならない。このような場合は、必要なことをさっさと済ませるべきだろう。

 なお、本書はさくら舎さまよりにいただきものです。ありがとうございました。

心を休ませるために今日できる5つのこと マイクロ・レジリエンスで明日のエネルギーをチャージする4


・心を休ませるために今日できる5つのこと マイクロ・レジリエンスで明日のエネルギーをチャージする
・ボニー・セント・ジョン、アレン・P・ヘインズ、(訳)三浦 和子
・集英社

 本書は、マイクロ・レジリエンスについて述べた本である。マイクロ・レジリエンスという言葉は聞きなれないかもしれないが、そのまま日本語に訳した通り、「小さな回復法」という意味になる。要するに、本書に書かれている回復法を使えば、もっと心が活性化され、効率的な知的活動ができるというのである。具体的な話については、以下の5つになるが、それぞれ1章を割いて、詳しく解説している。

1.脳の使い方を切り替える
2.原始的な恐怖をリセットする
3.思考のクセを見直す
4.体をリフレッシュする
5.心を活性化する

 そして章としては扱われてないが、最後に「すべてをまとめて実践する」ということで纏められている。

 書かれていることは、実行するために難しくはない。ちょっとした時間に、ちょっとしたことを行うだけで、活力が回復するというのである。例えば、活動の合間にちょっとした運動を挟むとか、腹式呼吸による瞑想をするとか、水分や糖分をうまく摂ろう、適度な休憩を取れといったようなことだ。行うには大した手間もかからないし、お金もかからない、ましてや壺を買うようなこともない。書かれていることを、実際に試してみても損はないものと思う。

 なお、本書は「オトバンク」さまからの頂き物です。ありがとうございました。

続きを読む

失敗を生かす仕事術4



・失敗を生かす仕事術
・畑村洋太郎
・講談社現代新書

 本書の名前を一言で言えば、「失敗に学べ」もしくは、「失敗を活かせ」ということだろうか。もちろん致命的な失敗をしてはいけないが、致命的ではない失敗の中には、多くの学ぶべきことがあるという。

 今までは「成功例」に学んでいた。しかし、それが行き過ぎると極度に失敗を恐れるようになり、前例踏襲ばかりをやって、新しいことにチャレンジしなくなる。これでは世の中の発展は望めない。

 失敗をしないように作られるのがマニュアルだ。マニュアルを別に否定するわけではないし、何事も初期段階においては、マニュアルに従うというのも重要だろう。しかしどこまでもマニュアル通りでは、創意工夫もないし、進歩もしない。本書にはこのマニュアルに関して面白いことを言っている。対象は某ファーストフード店だ。

<そこにはレストランで働く料理人に観られるような工夫、創造、仮想演習などはないに違いありません。想像力などは必要とされないので、当然〇〇〇〇〇〇でハンバーガーを何万個焼いても料理人になれません。(〇部は評者置き換え)>(p175)

まあ、ファーストフード店で働いている人で、料理人になろうと思っている人は、そもそも少ないだろうが・・・。

 それはさておき、最近は、昔に比べて、失敗に許容性が無くなってきたように感じる。とにかく社員は失敗しないようにするという前提で教育が行われる。しかし、人は失敗してこそ大きく成長するのだ。もちろん致命的な失敗はしてはならないが、そうでないような失敗は、その原因を自分で考え、同じ失敗を二度としないように工夫する。これこそが、何かを確実に身につけるための最も効果的な方法だろう。そして小さな失敗に対する創意工夫の積み重ねが、致命的な失敗の予防にも繋がるのである。しかし現在はそういった余裕が日本社会から失われている。一度失敗すればそれっきりなのだ。まるでどこかの悪の組織化が進んでいるようである。

 また、本書には次のようなことも書かれている。

「組織に属していると、ときに上司から法律違反のような不正を半ば強制されることもあるから困りものです。「いざとなったら会社が全部責任を負うから」などと言葉巧みに説得され、実際に問題が発覚したときは、「下の者が勝手な判断をした」と偽ってトカゲのしっぽ切の問題解決が行われることも珍しくはありません。」(p119)

 典型的な例は、時折テレビなどで報道されている談合問題だろう。談合は完全な独禁法違反なのだが、業界によっては、またかと思うくらい摘発される。あれで逮捕されるのは大体が直接関係したもの(せいぜいが担当役員クラスまで)で、社長まで逮捕されたというのはあまり聞かない。でもあれは絶対にトップ層まで関係しているのではないか(もしくは黙認している)と思うのだが。


 本書に紹介されている「思考展開図」というのは、なかなか興味深い。シナリオを分かりやすく図の形に展開していくものだが、色々応用が多そうな気がする。




livedoor プロフィール

風竜胆

記事検索
Archives
訪問者数
  • 累計:

メッセージ
Recent Comments
Blogチャート
メディア掲載等

H23.3:書評コミュニティ「本が好き!」より「免許皆伝」称号を受ける

H23.3.16:読売新聞朝刊“読者のホンネ”に「カラスと髑髏―世界史の「闇」のとびらを開く」の100字書評掲載

H25.10.26発売の図書新聞(3132号、2013年11月2日号)に「泥棒は几帳面であるべし」の書評掲載

H26.6,28発売の図書新聞(3165号、2014年7月5日号)に、「市場主義のたそがれ―新自由主義の光と影」の書評掲載

H28.8頃より「シミルボン」への投稿開始

H29.7.4「彗星パンスペルミア」の書評が「新刊JP]に掲載

H29.10.19「ハンナ・アーレント - 「戦争の世紀」を生きた政治哲学者」の書評が「新刊JP」に掲載

H29.11.24「ペンギン・ハイウエィ」の書評が「新刊JP」に掲載

H29.12.26.「ニッポンの奇祭」の書評が「新刊JP」に掲載

H30.1.18.「問題解決大全――ビジネスや人生のハードルを乗り越える37のツール」の書評が「新刊JP」に掲載

H30.4.26.「メゾン刻の湯」の書評が「新刊JP」に掲載

H30.7.20.「極道ピンポン」の書評が「新刊JP」に掲載

H30.7.26.「シミルボン」にインタビュー記事掲載
本が好き!免許皆伝レビュアー風竜胆
  • ライブドアブログ