風竜胆の書評

コミックスから専門書まで、あらゆる本を読みます。元エネルギー企業の専任部長。現在は、ライター・書評家を標榜する自由人w 時に書評が過激になるのは、長州人の血? 現在「シミルボン」と「本が好き!」でも活動中。 執筆依頼、献本等歓迎します。右欄のメッセージ機能にてご連絡ください。 旧ブログ名:本の宇宙(そら)

民俗学

周防大島昔話集4


・周防大島昔話集
・宮本常一
・河出文庫

 山口県が産んだ偉大な民俗学者である宮本常一が集めた、彼の故郷・周防大島で語られてきたという昔話集。本書は著者の母親が77歳を迎えた記念にまとめられたもので、話の採集は、昭和5年〜15年頃にかけて行われたようだ。

 収められているのは、全部で134の昔話。中には、九尾の狐の話や、俵藤太のムカデ退治の話など、他地方の話も入っている。また、お馴染みのサルカニ合戦の話やわらしべ長者、カチカチ山の話なども伝わっている。

 周防大島は、今でこそ本土と橋で結ばれているが、この大島大橋が作られたのが1976年(昭和51)であり、それまでは、訪れる手段は、船便しかないような瀬戸内海の孤島だった。

 私も田舎育ちだが、自分の故郷に伝わる昔話はほとんど聞いたことがない。よく周防大島にこれだけ多くの話が伝わっていたものだと感心するが、考えてみればテレビなどのない昔のこと。古老が話してくれる昔話は、子供たちにとっての大きな娯楽だったのだろう。また、孤島だったからこそ、一度入った話は、大事に語り継がれてきたのかもしれない。

 時代が進むにつれて、昔のものは次第に忘れ去られていく運命だ。そのような中で、このような記録を残すことの意義は大きいと思う。

○姉妹ブログ
文理両道
時空の流離人

 続きを読む

鬼神曲 考古探偵一法師全の不在3




 考古探偵一法師全シリーズのうちの、「鬼神曲 考古探偵一法師全の不在」(化野燐:角川文庫)。前作の「葬神記 考古探偵一法師全の慧眼」に続いて、これが2作目に当たる。一法師全シリーズとはなっていても、本作では、副題にあるように、出来事の大半には彼は登場せず、出てくるのは終盤になってからだ。

 変わって主役を務めるのが、前作で遺跡発掘のアルバイトをしていた古屋。半ば強引に、先輩学芸員の呉によって、「鬼の墓」と呼ばれる古墳があるという出雲市に近いD町に連れてこられたのだが、そこにあったはずの「鬼の頭蓋骨」が消え失せてしまった。これが、その後起こった恐ろしい事件の幕開けとなる。

 彼らは、呉のネットでの知り合いである山陰文理大学の古代史同好会の面々と大学のセミナーハウスに泊まることになるのだが、セミナーハウスから外部に続く橋が落とされ車も破壊されてしまう。そして、まるで鬼の仕業のような手口で次々に同好会のメンバーである学生たちが殺されていく。付きまとうのは、元同好会員だという眼帯の男の影。まるで一種の絶海の孤島もののような設定になっているのだが、実はこれはある殺人トリックの結果であり、セミナーハウスを孤立させることが本来の目的ではなかったというのだから面白い。その他、密室殺人トリックや森博嗣ばりの力技建築トリックなど、ミステリーとしての色々な要素が取り込まれておりなかなか楽しめる。

 しかし、いったいどこに行くのか分からないというのがこのシリーズの特徴だ。巻数は前後するが、以前読んだ「火神録考古探偵一法師全の記憶」では、<和菓子屋の紙袋に入った、手作り感満載の「中性子爆弾」>なんてものが出てきた。この作品では古代から蘇ったいわくつきのインフルエンザウィルスが出てきたり、人類が絶滅した時に備えてのシェルターがあったり、人類が滅びないようにあらかじめ「つがい」となるものが決められていたりと、話はどんどんすごい方向に行ってしまう。

 だからこの作品をミステリーとして読むと、犯行動機の方はかなりリアリティが薄くなってしまうことは否めない。しかし主人公たちが悪の組織と闘っているような作品として読めば、なかなか面白いだろう。ただ考古学探偵と銘打っているにも関わらず、関係者が考古学に関わっているというだけで、謎解きにはあまり考古学は関係ないし、考古学上の謎を解いている訳でもないというところが少し残念ではある。「出雲國風土記」の鬼の話などが挿入されて、ある程度の雰囲気は出されてはいるのではあるが。でもこの話のモチーフ、どちらかと言えば考古学というよりは民俗学か。


○姉妹ブログ
文理両道
時空の流離人


続きを読む

江戸の妖怪絵巻5





 最近では、妖怪と言えば水木しげるを連想してしまう。妖怪が、これだけポピュラーな存在となったことについて、彼の功績が大きかったことは言うまでもないだろう。しかし、現代に負けず劣らず、妖怪が人気者だった時代がある。江戸時代だ。「江戸の妖怪絵巻」(湯本豪一:光文社新書)は、当時描かれた多くの資料を示しながら、江戸時代、いかに妖怪文化が花開いていたかを教えてくれる。

 この時代に、妖怪がブームになったのは、木版印刷技術の発達によるところが大きい。絵師による肉筆画だと、美術館というものの無い時代に、多くの人が目にするという訳にはいかなかっただろう。印刷という工業技術が進歩したからこそ、庶民が妖怪画を気軽に見ることができ、江戸時代の多彩な妖怪文化が生みだされたのである。

 このような技術的進歩を背景に、妖怪関係の出版物が生みだされていく。中でも、鳥山石燕の「画図百鬼夜行」は、妖怪を図鑑スタイルで表した記念碑的な作品だ。これには、説明はほとんど記されてなかったが、続く「今昔画図続百鬼」打は、それぞれの妖怪について解説が加えられている。これが、一つの妖怪本のパターンとして定着していったらしい。また、妖怪は草双子にも多く登場し、錦絵にも描かれるようになった。月岡芳年や河鍋暁斎は、妖怪絵師として知られているが、他にも多くの絵師たちが、妖怪を描いていた。

 それだけではない。遊びの中にも妖怪は取り入れられ、おもちゃ絵、双六に描かれ、狂歌の題材にもされるようになる。鍔、印籠、キセル、根付といった妖怪グッズも人気だった。広島三次藩では、「稲生物怪録」という、記録に残る大事件も起きている。お江戸はまさに妖怪花盛り。生物進化におけるカンブリア大爆発のように、江戸時代は、妖怪文化が一気に爆発したのだ。

 ところで、口絵に、「神農化物退治絵巻」が掲載されているが、これが爆笑ものである。神農は農業や漢方の神さまであるが、妖怪を退治するために攻撃が、なんと放屁なのだ。妖怪に尻を向けて黄色い毒ガスを放出している様は、なんともユーモラスである。

 本書は、このように江戸時代の妖怪文化の豊かさを、豊富な挿絵や写真と共に教えてくれる。妖怪ファンや民俗学に関心のある方には外せない一冊だろう。


○姉妹ブログ
文理両道
時空の流離人



 

江戸の妖怪事件簿4





 江戸時代は、現代から見ると驚くようなことがいっぱいだが、妖怪たちも大活躍していたようだ。当時、妖怪は、漫画の中の人気者ではなく、人々に実在感を持った存在として捕えれていた。妖怪たちが起こしたとされる事件もたくさんあったのだ。本書は、そんなお江戸の妖怪事情を解説したものである。

 正に江戸時代は、妖怪たちのパラダイス。あちらこちらで、妖怪が事件を起こした記録が残っている。例えば、貝原益軒が、宝永6年1709に編纂した筑前国続風土記には、本木村に化け物が現れ、若い男に化けて婦女をたぶらかして孕ませたり、人々を苦しめたと記載されている。面白いのは、この化け物は、生き物だから神仏に頼る方法ではだめで、殺すしかないと考えられたこと。そう言えば、洲天童子も九尾の狐も鵺も、みんな武力で退治されている。人に仇なす妖怪は、神や仏の力で退治するのではなく、伝統的に武力が通じる相手として考えられていたのだろう。

 狐も大活躍していた。南町奉行跡部良弼が、人に取り付いた狐を、しかりつけて、落とそうとした話。狐をつけたとされた者は、牢内で拷問を受けて命を落としたらしいが、現在の観点からは、とんでもない濡れ衣だ。この時代、狐付きというのは、そこらに溢れていたらしい。幕末になると、コレラの流行までが、アメリカ狐のせいだと噂されたという。

 面白いのは、当時の化け物に対する考えかただ。化け物は信じても幽霊は信じず、あれは狐狸のしわざだと考える人も珍しくなかった。近代合理性に慣れきってしまった目から見ると、とてもヘンな理屈だが、当時の人たちにとっては、それなりの合理的な理由があったのだろう。

 ものの考え方は、時代とともに変化していく。妖怪といった切り口からも、当時の人の考え方を知ることができ、それは、その時代の文化を理解するうえでもとても有効なのではないかと思う。それにしても、江戸時代は、妖怪に限らず、現代人の目から見れば、驚くようなことがたくさんある。正にワンダーランドだ。


○姉妹ブログ
文理両道
時空の流離人


彼女と僕の伝奇的学問3




 「不思議系上司の攻略法」で知られる水沢あきとの「彼女と僕の伝奇的学問」(メディアワークス文庫)。主人公・能見啓介が、所属する民間伝承研究会のメンバーと共に、民俗学的事件に挑むという話である。

 今回、民間伝承研究会の面々は、12年に一度行われるという祈年祭(としごいのまつり)を現地調査するためにG県S郡葦加賀村に赴く。その祭りでは、五穀豊穣、子孫繁栄を祈念して、巨大な金精様5本を大地に突き刺す。聞いただけで、かなり淫猥な感じがするが、ここまでなら、そんな祭りもありそうだ。しかし、それはあくまでも表の祭り。この祭りには、巫女の血を引く女性が、選ばれた5人の男たちと、次の巫女を生み出すための行為を行うという裏の儀式があったのだ。そして、その巫女役は、この村出身で啓介の友達の弓立桜花。啓介は、なんとか桜花を救いだそうとするが。

 どこか、仲間由紀恵主演の映画・「トリック」にでも出てきそうな設定だが、今時よほどの田舎でも、こんな儀式が残っているとは思えない。いったい作者の田舎に対するイメージはどんなんだと、頭の中を覗いてみたくなる。

 ところで、この儀式に対して憤る啓介に、研究会会長の風守楓は、それはこのコミュニティの文化だから他所者が口を出す事ではないと、一度は見て見ぬふりをしようとするが、メンバーの早池峰雪希に、楓は「研究者の倫理的不整合」に陥って混乱しているとたしなめられる。しかし、異文化の風習を知って「研究者の倫理的不整合」に悩むのは、あくまで他国の文化に対してだろう。この出来事は、同じ日本の中だ。そこには、おのずから共通の約束事のようなものがある。明らかに公序良俗に反する行為に対して、「研究者の倫理的不整合」といった概念を出すまでもないだろう。

 しかし、全体としては、民俗学的要素だけでなく、ちょっとしたラブコメ要素も織り込まれ、なかなか面白い。


○姉妹ブログ
文理両道
時空の流離人


邪馬台洞の研究4




 「邪馬台国」ならぬ「邪馬台洞の研究」(田中啓文:講談社)。民俗学をネタにした、連作短編ミステリーだ。「私立伝奇学園シリーズ」の2作目に当たる。

 主人公は、田中喜八学園高校の民俗学研究会に所属する、諸星比夏留という女子高生。表紙イラストの人物だが、作品を読み始めるまでは、男子かと思っていた。このイラストは、どう見ても女子には見えない(笑)。設定の方もすごい。巻末の解説によれば、イラストのように、すらりとした体形にも関わらず、体重はなんと220キロもあるらしい。別に身長が3m位ある訳でもないようなので、本当に地球人かと疑いたいところだ。その体のせいか、極端な大食いで、いつも何か食べている。彼女は古武道<独楽>の達人なのだが、この技もすごい。高速で自分の体を回転させ、その威力で相手を倒すというものだが、あまりにも回転の威力がありすぎるので、使った後は目が回って、ゲロを吐いてしまう。ちなみに、勉強の方は、限りなく後ろの方に張り付いているらしい。この作品は、そんな比夏留が、民俗学研究会の仲間と、彼らが遭遇する不可思議な事件に挑むと言うのものだ。

 この民俗学研究会の仲間というのが、変わり者揃いだ。部長の伊豆宮竜胆は、「神には髪が宿る」というポリシーで、普段はくくっているリボンをほどくと、披露宴の新婦のドレスのように髪が床を引きずる。犬塚は14歳まで女の子として育たれたため、姿かたちや行動様式も女の子そのものの男の娘だし、白壁は、相撲部屋の息子で、ちょんまげを結っている。他にも秘教団体に所属しているという浦飯という部員もいるようだ。顧問の薮田は、よれよれの外見だが、意外にもフルートの名手である。そして、比夏留が頼りにしているのは、保志野という男子。部員かどうかは、本作ではよく分からなかったが、民俗学の専門誌に投稿できるほど、その方面の専門知識を持っているという。

 収録されているのは、「邪馬台洞の研究」、「死霊洞の研究」、「天の岩宿の研究・序説(一)」、「人喰い洞の研究」の4編。最初の3編は、校長が所有している<常世の森>で起こる事件に関係したものだ。この<常世の森>というのが、不思議なところで、横縞のシマウマがいたり、始祖鳥がいたりともうハチャメチャ。校長は、森の周辺に厳重にフェンスを張り巡らし、立ち入るのを禁じている。この森には何かヤバい秘密がるようで、上空をハングライダーで飛んだ生徒がライフルで撃たれたりしている。薮田は何か知っているようで、彼の言動にはきな臭い臭いがぷんぷんする。最後の「人喰い洞の研究」は、民俗研究会の夏休みの合宿で長安村というところを訪れた時のできごとだ。ここも変な村で、わんこそば大食いチャンピオンが一番権力を持っている。

 作中では、いろいろと不穏な事件が起こるのだが、全体を通じてどたばたコメディタッチでユーモラスな雰囲気が漂っているので面白く読むことができるだろう。最後もまさかのダジャレオチで、「あほかいな!」と思いながらも、つい笑ってしまう。初めて読むはずなのに、この雰囲気にどこか既視観がと考えたら、少し仲間由紀恵の主演した「トリック」の世界に近いかなと思い当たった。なお、この作品は、作者は伝奇小説かSF小説のつもりで書いているようで、民俗学はネタにはしているが、民俗学的になるほどと思うような考察などはないのでそのつもりで読んで欲しい。

○読書ブログがたくさん集まっています
br_decobanner_20101123214358


○姉妹ブログ
文理両道
時空の流離人




神隠しと日本人4




 人が突然いなくなるという、現代では単に「失踪事件」と呼ばれるような出来事。少し前の時代までは、人ならざる者により異界へ連れて行かれたのだと考えられ、「神隠し」と呼ばれた。もちろん、そのような考え方は、近代合理性とは相容れないものであり、現代ではこの言葉は死語となってしまったかのように思える。この「神隠し」を民俗学的な視点から解き明かそうとしたものが本書、「神隠しと日本人」(小松和彦:角川書店)である。

 「神隠し」を行う者は、「隠し神」と呼ばれ、それは天狗だったり、狐だったり、鬼だったりする。面白いことに、それぞれに目的が違うらしい。天狗は特に目的もなく人を連れまわすため、狐は人を化かすため、そして鬼は人を食うためと考えられていたそうだ。しかし、この「神隠し」の主体、今の感覚では、どれをとっても、「神」などではなく、「妖」と言う概念のなかに含まれそうである。一神教の世界なら、間違いなく「悪魔」の方に分類される者たちだろう。このあたりは、「神」と「人」と「妖」の境界があいまいな我が国の民俗文化の特徴のようで、極めて興味深い。

 著者は、「神隠し」には4つのパターンがあると述べている。まず失踪者が無事に発見される場合でこれは本人が失踪中のことを覚えている場合と覚えていない場合の2つに分けられる。3つめは、行方不明のまま発見されない場合。そして4つ目は、死体となって発見される場合である。本書は、色々な文献に記されている「神隠し」の物語を取り上げ、その後ろに潜んでいるものについて考察を加えながら、最後に現代的視点から、「神隠し」を覆っているヴェールを引きはがす。

 ヴェールをはがして見た「神隠し」は、自発的な失踪だったり、誘拐事件や殺人事件だったり自殺だったりと、人間社会のどろどろとした真相を私たちに見せつける。著者は<神隠しとは、こうした実世界の様々な現実をおおい隠すために作りだされ用いられた言葉であり観念だったように思われる>と述べている。「神隠し」は、失踪事件に対する解釈であり納得であり言い訳であったのだ。それは、現実の過酷さを和らげる緩衝装置の役割を果たしていたのだろう。かっての民俗社会自体が、「神隠し」というものを必要としていたのだ。

 近代合理性だけに支配される世の中は味気ない。著者は最後の方で、<現代こそ実は「神隠し」のような社会装置が必要なのではないか>と括っている。しかし、「神隠し」に代るようなものを現代社会に見出すことができるのだろうか。


○読書ブログがたくさん集まっています
br_decobanner_20101123214358


○姉妹ブログ
文理両道
時空の流離人


livedoor プロフィール

風竜胆

記事検索
Archives
訪問者数
  • 累計:

メッセージ
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Blogチャート
メディア掲載等

H23.3:書評コミュニティ「本が好き!」より「免許皆伝」称号を受ける

H23.3.16:読売新聞朝刊“読者のホンネ”に「カラスと髑髏―世界史の「闇」のとびらを開く」の100字書評掲載

H25.10.26発売の図書新聞(3132号、2013年11月2日号)に「泥棒は几帳面であるべし」の書評掲載

H26.6,28発売の図書新聞(3165号、2014年7月5日号)に、「市場主義のたそがれ―新自由主義の光と影」の書評掲載

H28.8頃より「シミルボン」への投稿開始

H29.7.4「彗星パンスペルミア」の書評が「新刊JP]に掲載

H29.10.19「ハンナ・アーレント - 「戦争の世紀」を生きた政治哲学者」の書評が「新刊JP」に掲載

H29.11.24「ペンギン・ハイウエィ」の書評が「新刊JP」に掲載

H29.12.26.「ニッポンの奇祭」の書評が「新刊JP」に掲載

H30.1.18.「問題解決大全――ビジネスや人生のハードルを乗り越える37のツール」の書評が「新刊JP」に掲載

H30.4.26.「メゾン刻の湯」の書評が「新刊JP」に掲載

H30.7.20.「極道ピンポン」の書評が「新刊JP」に掲載

H30.7.26.「シミルボン」にインタビュー記事掲載

2019.2.23.「本が好き!」×「書店フェア」で「あなたの街で本と出会う Vol.2」に「こころを彩る徒然草」のレビュー掲載

2019.04.28.【本が好き!×カドブン】コラボレビュー!第4回『皇室、小説、ふらふら鉄道のこと。』の書評が掲載

2020.01.24.「貧乏大名“やりくり”物語 たった五千石! 名門・喜連川藩の奮闘」が「新刊JP」に掲載

2020.02.04.『どんなことからも立ち直れる人』の書評が「新刊JP」に掲載
本が好き!免許皆伝レビュアー風竜胆
  • ライブドアブログ