2005年12月10日

■ribbon「More Delicious 〜Best II〜」

0693c88b.jpgQlairの「Archives」を買って、盛り上がっている昨今ですが、「乙女塾出身」と言う事では、このグループも忘れてはなるまい!ってことで、ribbonのアルバムから1枚。

後期 ribbon のベスト盤「More Delicious ribbon ~Best II~」。
シングル曲を中心に収録されているこのアルバム、聞き所は、何と言っても「Do You Remember Me?」でしょう!
岡崎友紀のカバーで、ribbonの他にも、木村恵子やキタキマユなどカバーバージョンが数々発表されている曲。
加藤和彦が書いたメロディーの良さも、もちろんあるのだけれども、オリジナルよりも更に増したフィル・スペクター〜ナイアガラ的なアプローチが、メロディーのポップさを引き立たせている。
ribbon のボーカルのキュートさはもちろん、流麗なストリングスのラインなど、かなりのクオリティで、シティポップ好きにも、十分に通用する1曲。
アレンジは、その後の永作のソロ作や、平井堅やスピッツのプロデュースを手がける亀田誠司。

他の聞き所としては、楠瀬誠志郎が作曲とコーラス・アレンジを手がけた「Be My Diamond!」も、楠瀬っぽい爽やかなメロディーが心地よいナンバーで、ストリングスのラインの「キラキラ感」が、80'sアイドル・ポップの王道と言う感じが良い。
久保田洋司作曲の「"S"ENSATIONAL WIND」は、ドラムのパターンとリッケンバッカー風のギターの音色が、ほんのりとマージービートの影響を受けてるかな?と言う感じがする1曲
谷村新司の提供曲である「愛のダイアリー」は、ちょっと謎だが、「太陽に火をつけて」や「それは言わない約束」、「Deep Breath」など、夏っぽい雰囲気のするナンバーは、まさにアイドルポップの王道と言える佳曲。

やっぱり、このアルバムは「Do You Remember Me?」に尽きる!
ナイアガラーやスペクター・ファンは、チェックしてみる価値あり!

この記事へのトラックバックURL