2006年01月07日

■L⇔R「Lefty in the Right〜左利きの真実〜」

lefty in the right「Laugh + Rough」について書いたら、やっぱりL⇔R熱に再び火がついた!
ってことで、L⇔Rの1stアルバム「Lefty in the Right」。
自分がL⇔Rと最初に出会った、想い出のアルバムであります。
当時、彼らがやっていたFM番組「L⇔R MONDAY STEREO MAGIC」で、このアルバム収録の「Lazy Girl」を聞いて、即座にレコ屋に走ったと言う1枚。

そんなL⇔Rの代表曲の一つ「Lazy Girl」。
イントロでは、フォーシーズンスの「Walk Like A Man」のドラムをサンプリングし、バースの部分ではロイ・オービソンの「Pretty Woman」もチラつくなど、オールディーズのファンにも評価が高い1曲。
そして、アウトロでは、The Who の「Sell Out」からのサンプリングがあるなど、60'sポップへのオマージュがたっぷり詰まっている。
だからと言って60'sポップからの引用の嵐、というワケではなく、L⇔Rならではのポップワールドを形成していて、ライヴでは初期から後期にかけて人気のあるナンバーだった。

そんな「Lazy Girl」と双璧をなすポップソングが「Bye Bye Popsicle」。
ポップスターへの皮肉を含んだ歌詞とは裏腹に、L⇔Rのめくるめくポップワールドが体感できる1曲。
間奏で挟み込まれる、ラスカルズの「Rainy Day」が、とても効果的で、この曲の印象を更に華やかなものにしている。
「L⇔Rってどんなバンド?」と聞かれたら、この「Bye Bye Popsicle」と「Lazy Girl」を聞いてもらえれば分かるだろうな、と思えるような、バンドを代表する1曲。

そして、L⇔Rのロックンロールサイド支えるのが「Motion Picture」。
本人たちも指摘していたように、デイブ・クラーク・ファイブのラウドなナンバー「Anyway You Want It」を下敷きにしたような曲で、ポップなロックンロールを展開した1曲。
ライヴだと、更にエネルギッシュな演奏になり、ライヴ映えのする曲だった。

そして、肝の1曲が「Love Is Real?」。
転調に次ぐ転調が、不思議な印象を残すナンバーで、黒沢健一の中期ビーチボーイズ(=ブライアン・ウィルソン)へのリスペクトが現れた曲と言えるかもしれない。
当時、この手の曲を演奏しているグループが日本に無く、デモテープを聞いたプロデューサーが、「作品として残すべきだ!」と思い立ったのがデビューへのきっかけとなったと言う話。
この曲もライヴで聞くと、更に味わい深かった。健一の歌の上手さが光る曲だったし。

個人的な話をすると、自分は、このアルバムに収録の「Lazy Girl」と「Bye Bye Popsicle」に頭を打ち抜かれて(当時19歳)現在に至るって感じで、ある意味で自分の音楽ライフの基礎を作り上げたのがL⇔Rだったと言って過言ではない。
やっぱり「渋谷系」の諸氏とはちょっとズレた「60's指向」が、自分のフィーリングとあっていたんだろうな。
その後、マージービートにハマり、モッズにハマり、オールディーズにハマり、ソフトロックにハマり、とその手の音楽を聴く基礎になったのは、このL⇔Rというバンドがいたからこそだろう。
現在では、当時の4人はそれぞれの活動をしているワケだけれども、あの頃にこの4人が集まって作り上げた「ポップスのマジック」は、未だに自分の中に生き続けているように思う。

この記事へのトラックバックURL