2005年01月31日

「SMiLE」ツアー、日本公演初日!

ロックンロール最高っ!って感じで。

ブライアン・ウィルソンの「SMiLE Tour」日本公演の初日だったワケです。

今回一番感じたのは、ロックンロール最高ってことかな?
「SMiLE」の部分よりも、それ以外のビーチボーイズのヒットソングの方に、盛り上がりを感じてしまった自分がいるワケです(でも、それも間違ってないとは思うけどね)。

今回、アコースティックセットから始まるって言うのは、事前情報で聞いていたけれど、いきなり「Surfer Girl」ですか。
アコースティックで、色々な曲やったけど、個人的に嬉しかったのは「Please Let Me Wonder」かな。単純に、好きな曲なんで。
あと、自分の人生のテーマ曲とも言える「Add Some Music To Your Day」も嬉しかったな、あと「Wendy」とかも。

その後「Sloop John B」から、バンド・サウンドに変わるのだけれど、アカペラから、徐々にバンドのメンバーが、楽器の定位置についていって、バンド・サウンドを形作っていく様は、かなりカッコ良かったなぁ。
「Sail On Sailer」も、デカイ音量で聞くと、かなり迫力のある曲だったし、「Dance, Dance, Dance」とか「I Get Around」とかのロックンロールも、単純にカッコ良かった。

あと「カールとデニスに捧げる」と前置きをして「Forever」を歌ったことに、ちょっと「ジン」ときたな‥‥。

で「SMiLE」の部分なんですが、演奏が上手いのは確かだし、アルバムの音を再現してる事はスゴイとは思うけど、自分的にはそれ以上のスリリングさ、って言うのは得られなかったかも‥‥(って書くと、スゴイ偉そうだ‥‥)。
これは、前回の「Pet Sounds Live」でも感じてしまったことなんだけども。

でも、改めてライヴで聞くと、「SMiLE」ってヘンなアルバムだなぁ、って思った。
CDで聞いてる以上に、なんだろう、この見た事のない(聞いた事のない)ヘンテコな世界は、って思ってしまった。
野菜持ったり、消防士のヘルメットかぶったりの「小ネタ」もあったりで。

まぁ「SMiLE」を生で、大音量で体験した、って言うのが、大きな事だった、って言うのは、後々感じて来る事なのかもしれない。

それにしても、1部、2部通して思ったのは、バックバンドのコーラスの強力な事だろうなぁ。
頭のアコースティックセットの部分は、もちろんそうだけれど、それ以外の所でも、あのブ厚いコーラスが、曲の肝を支えているんだろうなぁ、なんて思ったりした。
本当に、ブライアンが、あのメンバーたちに巡り会えたのは、本当に幸福な事だったんだろうなぁ、と改めて思った。


というワケで、2ちゃんからのセットリストのコピペ

Surfer Girl
Wendy
Add Some Music To Your Day
Good To My Baby
Please Let Me Wonder
Drive In
And Your Dream Comes True
You're Welcome
Sloop John B
Desert Drive
Dance, Dance, Dance
California Girls
You Are So Good To Me
God Only Knows
Forever
Soul Searchin'
I Get Around
Sail On Sailor
Marcella

Our Prayer/Gee
Heroes And Villains
Roll Plymouth Rock
Barnyard
Old Master Painter/You Are My Sunshine
Cabin Essence
Wonderful
Song For Children
Child Is Father Of The Man
Surf's Up
I'm In Great Shape/I Wanna Be Around/Workshop
Vega-Tables
On A Holiday
Wind Chimes
Mrs. O'Leary's Cow
In Blue Hawaii
Good Vibrations

Do It Again
Help Me Rhonda
Barbara Ann
Surfin' U.S.A.
Fun Fun Fun

Love And Mercy



セットリストを見ようと持って2ちゃんを見たら、

 バンドにデューク更家が参加していた件について。

って書き込みがあったのは、笑った(ベースの人が、微妙に似てて、オレもそう思った)。  

Posted by magical_pop at 01:48Comments(4)TrackBack(0)