腐まじめにヒトリゴト

テツヤのわりとセキララなブログです

百合・GL

ごきげんよう

名称未設定 1















↑冬コミ新刊の一場面のペン入れ状態
ここから百合っぽく展開していくところデス。

長い間、BLこそ”至上の関係性”だと思っていたのですが、
いつしか百合の方がさらに”至上の関係性”だと思うようになりました。
LOVEとしてのプラトニックな”心”の繋がりは女性同士の方が深い
ともすれば男女関係以上に
そんな気がするんですよね。
あとはやっぱ、
ビジュアル的にキレイ
これは男性同士だとほぼ超えられない壁かなと。
あとこれは個人的に思うことですが、
現実とファンタジーの境界線がある意味曖昧
で、それがさらに魅力をひき立ててるんじゃないかなと。

まあざっくり言うと
BL=カラダを求め合う 心はその延長線上
百合=心を求め合う カラダはその延長線上
ノーマル=生物学的本能
みたいな。
個人的見解バリバリですけどね。


そういや最近マイラバのハローアゲインがカバーされてますが、
これ、今聴くと歌詞がすげー百合です。オトナ寄りな切ない系の。
テーマは少年らしいんですけども。

記憶の中でずっと二人は生きてゆける
君の声が今も胸に響くよ
それは愛が彷徨う影
君は少し泣いた?
あの時 見えなかった

とか、もうなんかいろいろ滾りますわ。


♪ギタドラ!今日の一曲
こなもん屋人情歌 / 天下茶屋子 / fromV6
クリップがよろしいのであります(*´ω`*)
ああいう変に連想させないレベルの淡~い百合っぽさはイイもんだ。
あと、ショッチョー曲のこういう路線は大好物です。
なんかこうノスタルジックなのよね。体が曲についていっちゃう様な感じ。
V5の『真夏の恋はちゅらちゅらLove☆』とかも「みんなのうた」っぽくてイイ。

百合の花と少女漫画

節約中だけど、どーしても欲しいマンガが出てたので買ったよ。

●レンアイv女子課(1) / 森島明子
森島先生の百合姫コミックスは本当に素晴らしい!!
高年齢の恋愛を少女のように、いや少女以上にかわいく描かれていて
オトナなピュア度満点!2巻も楽しみです♪

個人的百合作家さん”四天王”の一人が森島先生です。
●森島明子先生=かわいい系、ピュア系
●袴田めら先生=せつない系、学生もの系
●林家志弦先生=ハイテンション系、ファンタジー系
●天野しゅにんた先生=アダルティ&エロス系、リアル系

この4名の作品からは、他の作家さんには無い”匂い”を感じます。
他にも志村貴子先生、森永みるく先生、玄鉄絢先生、秋山はる先生、等々
百合漫画作家では著名と言える方々もいますし、作品も素晴らしいのですが、
”四天王”の作品にはそれを”ひとつ突き抜けた何か”を感じます。
漫画の技術とか才能とかじゃない”何か”が。
まあざっくり例えると”センス”なのかなあ。


もう一冊買ったのは
●しゅごキャラ!(12)<完> / PEACH-PIT
結末が気になってたんですが、最後は「少女漫画」って感じでした。
なぎひことりまのお話しで満足!この2人まじ天使たちや。
あと、唯世くんは僕がもらいます(`・ω・´)

レンアイ・女子課 1巻 (IDコミックス 百合姫コミックス)レンアイ・女子課 1巻 (IDコミックス 百合姫コミックス)
著者:森島 明子
一迅社(2010-09-18)
おすすめ度:5.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



しゅごキャラ!(12) <完> (講談社コミックスなかよし)しゅごキャラ!(12) <完> (講談社コミックスなかよし)
著者:PEACH−PIT
講談社(2010-10-06)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

ひらりとそこにいたダークホース

今までいろんな百合関連の本を読んできたけれど、
『百合姫』 『つぼみ』 の2大勢力以外はグッとくるものが無かった。
しかし、何気なく手に取ったアンソロジー『ひらり、』が凄く良かった。
でもなんかいかにも『つぼみ』を意識しましたっていう空気ムンムンで
ある意味2番煎じっぽいんだけど、内容は良いです。かなり。
作家陣も新鮮味ある感じがして(個人的には)、まさにダークホースでした。
百合好き要チェック(`・ω・´)

ひらり、(2)ひらり、(2)
新書館(2010-08-25)
おすすめ度:4.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

百合界の”エロス”代表か?

ども。コミケのカタログ買いました。

百合姫コミックス7月の新刊2冊だけ購入。良かったです。
天野しゅにんた先生の作品がスゴくいいです。わりと直球系だとは思うのですが、
先生の”百合(女性)に対する感性”は、森島明子先生、袴田めら先生といった
まさに百合界のな方たちのものと通ずる、と個人的には思いました。

今作は着眼点とその表現がもーしゅにんたワールド炸裂で素敵です。
ゆっりゆりにされたい方は読むべし(`・ω・´)

sweet guilty love bites (IDコミックス 百合姫コミックス)sweet guilty love bites (IDコミックス 百合姫コミックス)
著者:天野 しゅにんた
販売元:一迅社
発売日:2010-07-17
おすすめ度:5.0
クチコミを見る



瑠璃色の夢 (IDコミックス 百合姫コミックス)瑠璃色の夢 (IDコミックス 百合姫コミックス)
著者:森島 明子
販売元:一迅社
発売日:2009-08-18
おすすめ度:5.0
クチコミを見る



わたしの大切なともだち(3) (アクションコミックス)わたしの大切なともだち(3) (アクションコミックス)
著者:袴田 めら
販売元:双葉社
発売日:2010-04-12
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

かわいいは正義ってレベルじゃない

ども。茹でたえだまめに塩を効かせすぎて軽く凹んでます。

そろそろ夏コミの原稿について本気出して考えてみる時期なので、
はりきりモードになりつつある感じです。
ここんとこ百合っぽいお話しがジャスティスになりつつあるのですが
”百合はシチュエーションが命!!”というMYこだわりがあるので、
自分のマンガスキルと格闘してます。上手くなりたい(´・ω・`)
近況とか、またブログに書こうと思います。 

そもそも自分が百合にハマッた(というか目覚めた)きっかけは、
アニメのもやしもん8話の、武藤と及川の絡みです。何かが弾けた。
今思えば、わりとおバカなシチュだったんですけどね。
その後、雑誌『百合姫』に衝撃を受け、アンソロとかも読み漁りました。
特に好きなのは百合姫コミックスの『マーメイドライン』

金田一蓮十郎先生の、心を深く刻みこむ素晴らしい名作です。
この作品はある種ボクのバイブルです。
あとアンソロの『つぼみ』は毎号欠かさず買ってます。
何かオススメがあれば是非ご教授いただきたいです(`・ω・´)

今では本棚にBL・GL(百合系)・NL(ノーマルカップリング)・男性向
等々が入り乱れるカオス状態が形成されてます\(^o^)/
まあ何はともあれ、キレイならよし。

マーメイドライン (IDコミックス 百合姫コミックス)
マーメイドライン (IDコミックス 百合姫コミックス)
著者:金田一 蓮十郎
販売元:一迅社
発売日:2008-02-18
おすすめ度:4.0
クチコミを見る
つぼみ VOL.6 (まんがタイムKRコミックス GLシリーズ)
つぼみ VOL.6 (まんがタイムKRコミックス GLシリーズ)
著者:カトウハルアキ 玄鉄絢 吉富昭仁 森永みるく
発売元:芳文社
発売日:2010-05-12
おすすめ度:4.5
クチコミを見る
ブログ内記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ