NEWGAME01


 
アキバ総研のアニメポータル「あにぽた」にて開催されていた「これを見なきゃソン! 2016夏アニメ実力人気投票」が2016年8月19日に締め切られた。その結果をお伝えしよう。 

気になる投票結果だが、ベスト10は下記の10タイトルとなった。 

1位:「planetarian~ちいさなほしのゆめ~」(931票) 
2位:「ReLIFE」(888票) 
3位:「タイムトラベル少女~マリ・ワカと8人の科学者たち~」(482票) 
4位:「この美術部には問題がある!」(451票) 
5位:「NEW GAME!」(347票) 
6位:「orange」(323票) 
7位:「ラブライブ!サンシャイン!!」(301票) 
8位:「斉木楠雄のΨ難」(230票) 
9位:「おなら吾郎」(229票) 
10位:「甘々と稲妻」(168票) 

1位に輝いた「planetarian~ちいさなほしのゆめ~」であるが、本作は、通常のTVアニメではなくWebでの配信作として、この7月に全5回が配信されたもの。 
Webアニメ作品としては珍しく1位を獲得するに至った。なお、本作は、Keyが2004年に発売した同名ゲーム(キネティックノベル)を12年の歳月を経て蘇らせたもので、原作ファンからも非常に評価の高い仕上がりとなっている。 

2位につけたのは「ReLIFE」だ。本作は、comicoで連載しているwebマンガを原作としたアニメ作品。主人公のニート青年が高校生へと若返り、1年間を高校生として過ごす社会復帰プログラム「リライフ」に参加するというストーリーだ。その設定の面白さ、トムス・エンタテインメントによるしっかりした作画、豪華声優陣など、総合力で評価されたものと思われる。 

続く3位になったのは、意外なダークホース作「タイムトラベル少女~マリ・ワカと8人の科学者たち~」。土曜日早朝に放送される、子ども向けアニメ作品であるが、構成がかなりしっかりしていて大人でも楽しめるという評価を得ての3位ランクインとなった。声優陣も豪華で、人気声優ユニット「スフィア」のメンバーが勢揃いしている点も、人気の底上げにつながったものと思われる。 

面白いのは、ベスト3に入った作品はいずれも、近未来あるいはタイムリープ的な要素を含んだSF作品ばかりであることだ。6位に入った、人気マンガを原作にしたアニメ作品「orange」も、タイムリープ的な要素が盛り込まれており、今期のアニメでは、こうしたSF・タイムリープ作の人気が高いという傾向が出ている。 

https://akiba-souken.com/article/27646/



 
 
まあ、プラネタリアンはいい作品だったよね



 
 
あれ? Keyのアニメって他にもあったような気がしたんだが? 
そっちの評価はどうなんだ? 



 
 
個人的には日常萌え系と見せかけて仕事と成長がテーマのNEWGAME!を推したいな 
可愛くて楽しいけど中身が濃いし、前期のクマものなんかと違って原作がキチッと組み立てられてるから安心して見れる



 
 
NEW GAME!はエロ成分も多いし見る人を選ぶ作品だよ



 
 
この中だと甘々だけ、まだ見ている



 
 
この中だと斉木楠雄しか見てねえお



 
 
Relifeもweb配信がメインだろう。



 
 
NEWGAMEなんてぞいぞい言って百合百合してるだけの中身のないアニメだろw



 
 
>>22 
ぞいって1回しかで出てこないんだが。



 
 
あのプラネタリウムのロボット役の声優さんは新人さんなのかな? 
ロボットらしいウザさが出てて良かったな。



 
 
鍵っ子は多いからな



 
 
>>53 
マジレスすると鍵っ子はそこまでこのゲームを評価してないよ 
keyでランキングしたら智代アフターより下の扱いだろうし 
関係ない新規層からの評判が良かったんじゃないの?



 
 
>>54 
ONEと似たような立ち位置だと思う 
昔から知ってる人は好き、クラナドから入った人はやってもない



 
 
まずアニメの実力ってなんだという疑問がだな