magicianotokoのblog

ありがとうございました。3学期の準備に入ります!!

3学期は確率の授業が楽しみです。

http://blog.livedoor.jp/magicianotoko/preview/edit/8663487038ce74773a6e9d89761d045d
↑モンティーホール問題とか・・・(カットアンドペーストで)

カジノ法案が可決されたので,ルーレットや大小(ダイスー)等も扱いやすくなるのでしょうか??

1黒


↑ある時,訪れたマジックバーに置いてあって,それから確率の授業で使うようになりました。

班に1つわたし,確率の問題を考え,それを実験で確認するというながれ。

・最初にあたる確率を調べるグループ
・2回連続同じ場所があたる確率を調べるグループ
・穴に番号シールをつけてどこも同じ確率か,何度も刺すグループ
・メンバーで順番に刺していき確率が等しくなるのか調べるグループ

それぞれです。それぞれで良いのです。きっと。



これでこの冬休みの投稿を終わります。明日から生徒が登校(テスト5時間・弁当持参)です。



3学期は卓球部員の強化(夏に県大会出場を),数学の強化(Aテスト・Bテスト昨年以上の結果を出したい!!),自分の体力強化(フットサルは2017年間得点王を目指したい(小声):現在2ゴールで同率タイ)に励みます!


今年の第①問

水槽に200匹の魚がいます。今,99%はグッピーです。では,水槽にいる魚の98%をグッピーにするには,何匹のグッピーを水槽から取り除けばいいでしょうか?計算で出しても良いですし,直感でも良いですよ。

①1匹 ②2~3匹 ③4~10匹 ④11~99匹 ⑤100~199匹


正解は


⑤です。

200匹×0.98=198匹(これがグッピー)



100匹のグッピーを減らすと

全体は100匹,グッピーは198-100=98匹

よって98%になります。




このような,答えが直感と異なる問題が好きで,授業で取り上げ甲斐があります。

本年もどうぞよろしくお願いします!!!



今年の第①問

水槽に200匹の魚がいます。今,99%はグッピーです。では,水槽にいる魚の98%をグッピーにするには,何匹のグッピーを水槽から取り除けばいいでしょうか?計算で出しても良いですし,直感でも良いですよ。

①1匹 ②2~3匹 ③4~10匹 ④11~99匹 ⑤100~199匹


正解は後日

栗岡誠○先生をお招きして,「ウミホタルの採集+観察」

しかけ(スーパーで買ってきたイカの刺身をビンに入れ)を投げて数分待ち,ひきあげる。

とってもきれいでした。やはり「生徒に生で見せたいなあ・・・」という感想。
あとでネットで調べてみると栗岡先生,いろいろと精力的に活動されてて驚き!!

ア33

                           ↑これがしかけ
ア35

                       ↑きれいに光っています。昔は軍事目的にも使用したとか。
ア34

                      ↑実際はこう。ウミホタルはミジンコのように甲殻類だそうです。

ある教材で

酸化された鉄(酸化鉄)の性質を,選択肢から選ぶ問題があったそうです。

その中の1つ。「磁石にひっつかない」

私もこう思っていました。この日まで恥ずかしながら・・・。

正しくは「磁石にひっつかないとは限らない」 (最近は誤解を生むので避けられているそうです。)

で業者に問い合わせたそうで,その返事・対応がさまざまだったというお話。

返事の文を見せていただき,教材政策の向こう側に,きちんと理科について真摯に専門的に対応されてるという実感もあり,興味深いことでした。

5月某日,理科教員たちで蛍(ほたる)を見に行きました。ちょうど最盛期ってことで。

蛍を守るために車の規制が行われています。堤防に向かって上がっていくと,堤防の頂上から川を見るとそれはそれは素晴らしい光景が・・・。たくさんの蛍がきれいに飛んでいました。

結局約20名程度の理科教員やそのお連れ様,お子様が集まっていました。

そして蛍と反対側を見るとちょうどスーパーマーズ。(火星が約2年ぶりに地球に再接近)こちらもめちゃくちゃきれいでした。

ある先生は蛍を撮影,ある先生はスーパーマーズを撮影と,同日同時刻,理科教員にとってはこの上ない感動の日でした。

許されるなら生徒に生で見せてやりたい!きっと好きな生徒は感動し,理科の道に進みたいと思う生徒も増えるだろう・・・と。

右見ても左見ても理科教員なので互いに聞けるのが楽しいです。「あの星は?」「あれが木星であれが土星・・・」等。

印象に残ったのが当日夜空に光っていた赤い星「アンタレス」の名前の由来のお話。火星(これも赤い)はギリシア語で『アレース』。火星と赤色を競い合っているという意味をもつので,アンチ+アレースで「アンタレス」だと・・・。

感心している場合でなく,こんな話をいっぱいできる理科教員にならなくては・・・。

今年もどうぞよろしくお願いします。
1

チームメートとつくりました。今度は生徒とつくりたいです。私は2の2番目です。


さて,2015年に出会った素晴らしい数学の問題は,「該当者なし」。
ということで2015年に出会った素晴らしい理科の問題を紹介します。

~今年の第一問~

水素が入った風船を台車につけ浮かし,風の影響を受けないよう透明の屋根つき
囲いをかぶせます。台車を前に動かす瞬間,風船はどうなりますか。

①そのまま
②後ろに倒れる
③前に倒れる


正解発表は1月3日に・・・・


~アイワイサークル~
実験好き(実験をうまくやりたい)理科教師の集まりです。
知識のなさも恥ずかしがらずに自由に意見交換が出来ます。
時間と興味があればどなたでも参加可能♪

某日
テーマ  『酸化還元反応』 (イオン編)
1.前回に引き続き・・・「CO2から酸素を奪い取るMg」 (vol2)
2.電池を理解するために必要な実験とその解釈
3.水に電子を押し付ける金属;Na / 水の電気分解にNaOHを用いる本当の理由
4.イオンを原子に戻す反応 (原子に戻りやすい金属Ag、Cu…)
番外編:ミカヅキモの顕微鏡観察

(参加者の感想の一部)
・ドライアイスを使ってMgパワーを実感する実験は,はじめて見てきれいで心おどりました。花火のように火花が飛び,ドライアイスの中でほのかな明かりに変わる姿は幻想的で,目に見えてMgがCO2からOを奪ったのだということがよくわかりました。他にも,イオン化傾向を考える実験を紹介していただき,子どもの思考の流れが分かりました。
・人類が使えるようになった金属の順と酸素との結びつきの強さ(弱さ)の順が同じという話や歴史の新しいアルミニウム,マグネシウムに漢字がない話は理科が苦手な生徒でも食いつきやすいと思いました。ナトリウムの実験により,理解の幅がグーンと広がると思いました。
・ドライアイスの中で燃えるMgが成功してきれいな反応が見れて感動しました。たくさんの先生方が集まると心強く,色んな実験にチャレンジしてみようと思います。
グラフィックス1

確率の授業で取り扱う『モンティ・ホール問題』

 ペアワークで実際に何度も試行させ,確率を出させます。




~ルール~
1.ドアが3つあります
2.その中に 当りが1つ、ハズレが2つ あります
3.あなたは、ドアをひとつ選べます 
4.あなたが選んでいないドアを司会者が開けます
5.開けられたドアは 必ず「ハズレ」です
6.あなたは、ドアを選びなおす権利があります
7.選びなおさない権利もあります
(司会者はあなたがどこのドアを選ぼうとも,必ずはずれのドアを1つ開けることは
最初から決まっています。=重要)

問い・・・あなたはドアを選びなおしますか?
 ※選びなおした方が、勝率が上がると思いますか?



~ウィキペディアより~

ニュース雑誌Paradeにて、マリリン・ボス・サヴァントが連載するコラム欄「マリリンにおまかせ」において上記の読者投稿による質問に「正解は『ドアを変更する』であると答えた。なぜなら、ドアを変更した場合には景品を当てる確率が2倍になるからだ」と回答したところ、読者から「彼女の解答は間違っている」との約1万通の投書が殺到したことにより、この問題が知られるようになった。投書には1000人近い博士号保持者からのものも含まれており「ドアを変えても確率は五分五分(2分の1)であり、3分の2にはならない」と主張。同年12月2日、サヴァントは数通の反論の手紙を紹介した。
ジョージ・メイソン大学 ロバート・サッチス博士「プロの数学者として、一般大衆の数学的知識の低さに憂慮する。自らの間違いを認める事で現状が改善されます」
フロリダ大学 スコット・スミス博士「君は明らかなヘマをした(中略)世界最高の知能指数保有者自らが数学的無知をこれ以上世間に広める愚行を直ちに止め、恥を知るように!」
   
       以下略
PAGE001


実際に授業をしてみての追記
   ・・・①単純にあてる・あたらないなので,ゲーム感覚があり,すべての生徒が笑顔になった。
     ②予想の段階で,生徒が理由をつけて説明するのがおもしろいし,学習効果がある。
     ③ゲームの途中で本質を見抜く生徒が出てきた。
     ④きちんと解説出来た(っぽい)生徒がいたのに驚き・尊敬!!
     ⑤学年の試行回数520回で,見事ほぼ計算(理論)どおりの実験結果が得られた!!
      

みなさん、解けましたか? 私は初見で無理でした。もう少し考えませんか?もしくは、補助線1本のヒントから後を考えませんか?
1

辺AB上にCB=CFとなる点Fをとる。△BCFで,CB=CFより,∠CFB=∠FBC=80° ∠FCB=20°

△FCDで,∠BCF=20°より,∠FCD=60°-20°=40° ∠CFD180°-80°=100° 
∠FDCは180°-(40°+100°)=40° 
よって△FCDは2つの角が等しいのでFC=FDの二等辺三角形である。・・・①

△CBEで,BCE=80° ∠CBE=50° 残る∠CEB=180°-(80°+50°)=50° 
よって△CBEはCB=CEの二等辺三角形・・・②

△CEFで,②と点Fの条件よりCE=CF ∠ECF=80°-20°=60° 
よって△CEFは正三角形である。・・・③


①③よりFC=FE=FD,∠FDE=∠DEF。
∠EFD=180°-(80°+60°)=40°
∠EDC=(180°-40°)÷2-∠FDC=70°-40°=30°

(答え)∠EDC=30°

1
本年もよろしくお願いします!!!


さて,上の図形。この問題は,中2末までの内容で解けるまじめな数学の角度の問題です。単純なようで難問です。

なぞなぞやズルではありません。


~問題~
二等辺三角形ABCを,∠Aが20°かつ頂点になるように描く。
辺AB上に点Dを,∠DCBが60°になるようにとる。
辺AC上に点Eを,∠EBCが50°になるようにとる。

∠EDCは何度ですか?

    (答えは3日にUPします!!)



    ヒント 
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓

 



 補助線をひきます!!

参加者が2回連続で14名となり盛り上がりました。

前回は理科の実習生を連れて行ったのですが,別の先生も実習生を
連れて行っていました。みなさん同じことを考えるのですね。

テーマ・・圧力・大気圧をどう見せるか
①上昇すると膨張する大気
 簡易減圧器(テニスボール・マシュマロ・風船・圧力計つき腕時計)
 断熱膨張をイメージさせるには
②押しつぶされるアルミ缶(スチール缶)
③牛乳瓶から落ない水の不思議 ストローの穴とホースの穴
  サイフォンの原理
感想
○間違った考え方も含めて大気圧の考え方がいろいろ飛び交いおもしろかったです。
○限界シリーズ(何mまでとか)という発想は1つのテーマになり興味をそそりました。
○話がどんどん広がりその都度実験をしてすすめられました。

夏休みにもう1回あります。興味のある理科の方はご連絡ください。




修了試験は10時~10時50分でした。最初に60分,必修教科の試験です。

レポートもここで提出です。

持ち込み,途中退出は認められません。

試験会場に『選択教科だけの受験の方はこちらの部屋でお待ちください』と案内があり
ました。(どういう意味かわかりませんでしたが,もしかすると一部不合格の場合このよ
うになるのかも・・・)

15分前に集合完了で試験についての説明が試験官からあります。

基本的に○×か択一問題です。

「私は○が好きです。」とおっしゃった教授のことばをふと思い出し笑ってしまいます。

1時間目、必修のテストが終わったら20分休憩の後11時10分~12時10分が選択教科の試験です。

11時5分~試験についての説明が試験官からあります。試験開始後20分で途中退
出が可能です。

まず5つの選択問題が1冊になった問題用紙が配られるます。ココからが合否の最大
のポイントかもしれません。

『自分が選んだ・受講した科目・先生をチェックして選ぶ』のです。

もしオンデマンド講習で申し込みだけして,講義を受けずに試験を受けるとココでチェッ
クが出来ないことでバレます。

5種類のうち1講座のものは,長く記述させる問題がありました。他は○×問題と択一問
題です。

試験の結果は東京○来大学より3週間後に送られてきます。

旅の途中で本人の番組『ZIP』を見ていると本が紹介されていました。

学級文庫に加えようと思いました。

『理系アナ桝太一の 生物部な毎日 :岩波ジュニア新書』

1


さっそく手に入れました。

これを読むと,本当に学者のような人だ,このような人が理科の先生になるべきだと感じました。

『徹底的にやるとはどういうことなのか』『数学嫌いだけど理系に進むためやるしかなかった体験』
などクラスの生徒に読ませたいです。

理科好きな生徒がはまっていくのが楽しみ。

このページのトップヘ