三話を終えて、こっから俺の考察。
やってる人にしか分からないだろうから見ても構わないが結構ネタバレ風味。
俺はいつも平気でネタバレするけど、それぐらい逆転裁判4がおもすれーのだ!
トランプの考察。流石マジシャンが頻繁に出てくるゲームですね!
黒が男性、赤が女性なのはやっぱり鉄板?
春が嫁、ザックの嫁ってことは多分みぬきの母。
夏が娘、これはみぬき。彼女は見たまんまだよね。
秋が自身、事務所にある写真の彼。結構良く見ると四葉。
冬が友人、これがバラン。三話で登場、それだけって事はないので四話のキーパーソン。
トランプ以上、春と冬に確証は無いものの普通に考えればそれが正解じゃないかな。

被告人考察
成歩堂は一話の被告人なので、まずないであろう。
そうなると弟?赤が見えない人の事を考えると犯人説も有力か。
けどまぁ兄弟揃ってなんて事はなかろう。
この流れなら関係ない第三者って可能性もあるかな?

オドロキの言う一本道のロジック
ポーカーは未だ殺害した理由が不透明なんだよね。
ポーカー自体にお金はかかってなかったけど有力な情報をかけていたとか?
そこんところがはっきりしてくれれば何とかなると思うんだけどね。
二話と三話って関係してんの?明らかに関係なさそうな事件なんだけど。
あるとすれば「マユ」ぐらいかなぁ、二話は本気で繋がりが分からない。

七年前の事件
証拠品の捏造、そんな事をするのは成歩堂が冤罪を防ぐためか。
メディアは「それはそれこれはこれ」と叩いたようだけど、流石の成歩堂も赤の他人にそこまでするか?
事件の陰にはやっぱりヤハリなんて事には流石にならないと思うけどな。
多分になるけど七年前に「アルマジキ」事件が起きたんじゃないかと。
証拠品捏造、でも無罪は証明できず。
そいで成歩堂が依頼人の娘の面倒を見た、なんか罪滅ぼし的な意味で。
この流れが一番シンプルで結構有力だと思うんだけどな。
とりあえず一旦寝て起きたら再会しようかな、続きが早くやりたいもんだ。