トップマジックソープとは>マジックソープとは

ヴォーグ誌が絶賛!



マジックソープは、アメリカの一流ファッション雑誌「ヴォーグ:VOGUE」で大きく取り上げられた石鹸として有名です。

ヴォーグ誌:VOGUE ヴォーグ記事


地味で品質の良さだけ、しかも広告を1度も出した事がないマジックソープですが、映画「プラダを着た悪魔」のモデルになった様なファッショナブルなスタイルを最優先としているヴォーグのスタイルとは全く合わないのに、何ページものスペースを使って誌面でマジックソープを紹介しました。

これは、まさにマジックソープが本物であるという証です。


マジックソープってどんなもの?



マジックソープ(Magic Soaps)=魔法の石鹸 と言う商品名です。
アメリカのブロナー博士(ドクターブロナー:Dr.Bronner)が開発した製品がマジック・ソープです。
ブロナー博士

他にも「王様の石鹸」「ブロナー石鹸」「Dr.ブロナーのマジックソープ」など、呼び名は様々です。


マジックソープの成分



マジックソープは、全て天然素材で作られています。一般的な石鹸は、界面活性剤や合成添加物等の、化学的に合成された成分が原料に含まれていますが、マジックソープには合成添加物(合成界面活性剤・合成保存料・合成着色料等)が一切使われていません。 また、オイルの原料も100%天然、しかも有機栽培(オーガニック)のものを使用しています。 赤ちゃんから敏感肌の方にも「肌に優しいマジックソープ」として人気があるのもうなずけます。
天然素材

オーガニック認定書は、アメリカの認定機関 Oregon Tilth Inc. が発行しています。

USDA Organic Oregon Tilth Certified


マジックソープは、オリーブ油(オリーブオイル)とヤシ油(ココナッツオイル)をベースとして、さらにヘンプ油(ヘンプオイル)や保湿効果のあるホホバ油(ホホバオイル)をブレンドして作られます。
オリーブ ココナッツ ホホバ


ヘンプ油は、麻種子油ともいい、麻の種から採れるオイルで、肌を形成するのに重要な栄養素であるリノール酸、アルファリノレン酸、ガンマリノレン酸、オメガステアドリン酸を非常に豊富に含んでいます。
そのヘンプ油をホホバ油と混ぜる事で美肌効果がさらにアップするという近年注目されている成分です。
ヘンプ


ドクターブロナーのマジックソープは、このオイルの配合率が絶妙で、この配合で「マジックソープ」を作れるのは、世界中でドクターブロナーだけです。しかも、天然素材100%の原材料を使ったリキッドタイプは現代では希少と言えます。また、昨今の輸入品の化学汚染問題とも関係なく、非常に人体への安全性が高い、それがマジックソープです。


マジックソープの源流はカスチール石鹸



マジックソープのラベル※クリックで拡大します

マジックソープのパッケージやラベルに一番大きな字で書いてある「PURE-CASTILE SOAP」というのは、マジックソープの属する石鹸の種類「カスチール石鹸」の事です。

カスティリア王国

カスチール石鹸(CASTILE SOAP)は、スペインのカスチール地方にあった旧カスティリア王国で中世の頃から製造されて来た「天然の植物油を原料とした石鹸」の事で、
ヨーロッパの王侯貴族が愛用していた事で有名です。
カスチール石鹸の製造



アメリカで大人気のマジックソープ!



メークアップアーティスト ハリウッド スーパーモデル

マジックソープは、ヴォーグ等の一流雑誌で紹介されただけでなく、アメリカ国内ではカリスマメイクアップアーティストやハリウッドのセレブスター、スーパーモデル達も愛用しています。

マジックソープの販売 マジックソープの販売

アメリカではスーパーマーケットに行くと必ず売られているぐらい普及しています。


マジックソープの成分と効果



マジックソープは、オーガニックの天然素材100%のオイルが原料です。

主な成分は、水、ヤシ油、グリセリン、麻の実油、オリーブ油、ココナッツ油、ローズマリーエキス
※ローズマリーエキスは、酸化防止の為に加えられています。

これらの天然成分だけで作られているから、顔だけでなく髪の毛や全身の洗浄に使えます。
洗い上がり感は非常にマイルドで、肌がつっぱらない上に、とてもさっぱりとしています。洗顔だけでなくメイク落としとしてもバッチリ使えますし、毛穴に詰まった黒ずみなども綺麗に洗い流してくれます。
天然素材を原料としていて、界面活性剤が含まれていない石鹸には、泡立ちがあまり良くないものが多いですが、マジックソープは、界面活性剤が含まれていないのに普通の石鹸以上の泡立ちです。


マジックソープの用途



マジックソープは合成添加物を一切使っていないので、顔や髪、身体を洗うだけでなく、食器洗いや洗濯にも使えます。 界面活性剤を使っていないので、水質汚染等を起こさず、自然環境にも優しい為、世界中の登山家やキャンパーにも支持され、野外活動でもこのマジックソープが多く使われています。
「マジックソープは自然に優しい」という証明です。


マジックソープのフレーバー(香り)



日本で手に入れやすいものは、以下8種類です。

 ■ペパーミント  ペパーミント精油
  穏やかな刺激があります。夏のお風呂上がりにはスッキリ気分爽快。

 ■ローズ     
  優雅で大人の女性を髣髴とさせるバラの香りで今日もご機嫌。

 ■ベビーマイルド 基本成分のみ ※無香料
  泡立ちがやわらかく、とてもお肌にマイルド。誰でも安心して使えます。

 ■ラベンダー   ラバンディン精油、ラベンダー精油
  ラベンダーのエッセンシャルオイルが含まれていて、心身をリラックス。

 ■ティートゥリー ティーツリー精油
  強力な殺菌力があるので毎日の入浴の他にも、軽い切り傷やスリ傷の消毒にも。

 ■ユーカリ    ユーカリ精油
  ユーカリの爽やかな香りが憂鬱な気分を吹き飛ばします。ペット用にも人気。

 ■アーモンド   アーモンド油
  甘い杏仁の香りの湯気を胸いっぱいに吸い込めば、気分リフレッシュ。

 ■シトラス    シトラス精油
  柑橘系の爽やかな香りで、ストレスを吹き飛ばしましょう。


ドクターブロナーとマジックソープ



ブロナー博士は、代々続いたドイツの石鹸業者の家に生まれました。
そして1929年にアメリカに渡り、カスチール石鹸をベースにした「マジックソープ」を作り始めました。

マジックソープのパッケージ包装紙には「モーゼ」「孔子」「マザーテレサ」など世界でも信念を貫いたことで有名な人々の言葉が印刷されています。
それは、ブロナー博士が「世界はひとつ」という哲学的信念を持っていた事が理由となっているようです。

この石鹸の製造である「All-One-God Faith」という会社の社名もその信念に基づいてつけられたものです。
石鹸を売るよりも哲学を売りたいと思っていたというブロナー博士は、目先のお金にとらわれて会社を大きくする事よりも、社会的活動に貢献したいと、多くの社会活動に自社の利益を寄付・提供しました。

1997年に98歳で亡くなった後は、その遺産の広大な土地はブロナー博士の遺志により青少年の活動団体に寄贈されました。
それは、これまでカリフォルニア州に個人から寄付されたものとしては前例のない大規模の寄付として、今でも多くの人々の心に残っています。