普段、樹木や草花など余り関心を向ける事は正直少ない私も、秋は多少例外がある。
初秋の彼岸花、その後の金木犀の香り、そして晩秋の紅葉だ。

紅葉に関しては、ほぼ毎年定点観測的に足を向けている場所がある。今日そこに行ってきた。

毎年同じようなものだろうと思われるかもしれないが、紅葉の状態は毎年異なっていて、秋になってからの気温や降水量の条件によって随分違ってくる。実際、昨年は色づき始めたかと思うと落葉し、見頃がなかったようだが、今日は堪能することが出来た。

その一方、去年に比べて、何年前よりはと思いをめぐらせるうちに、いとも簡単に1年、そして数年が過ぎ去るものと思い知らされて愕然とする。

紅葉が終われば冬枯れになる。
1年の終り、時の経過の速さを感じるものとしては象徴的なものだから、もしかすると、やがては忌まわしきものと感じるようになってしまうのだろうか。

しかし、そんなことはないだろう。なぜなら紅葉はそんな感慨を抱く前に、まずは美しいからだ。そしてその美しさの質は、色んな条件により左右される繊細なものだ。
その奥ゆかしゆえに毎年定点観測せずには居られないのだろう。

P1200747