2017年12月05日

出張で旅館に泊る

この秋は出張が多かった。

宿泊を伴うものも多かったが、私は一部を除いて旅館に宿を求めた。
それは旧市街にある古びた旅館であったり、また温泉旅館であったりした。

ほとんど私単独の出張だったので、宿ももちろん夜の食事も私の自由だった。
個人的な探訪では、地場の居酒屋などで地物を食するのを心がけているが、出張中の身ではそういうわけにはいかないので、夕食はチェーン店などの単価の安い店で外食か、スーパーやコンビニで惣菜と酒類を買い込んで持ち込むかのどちらかだ。
ホテルの場合はそうなるし、旅館でも1人客は受けても素泊まりということが多いのだが、最近は2食付ビジネスプランなどと称して、安く泊れる旅館も多い。

もちろんツアー客を受け入れるような大型旅館は、1人客やビジネス客は受け入れていないところも多いが、そのような旅館以外では、ネットでも簡単に予約できるところも少なくない。

実際ある温泉旅館に泊ったとき聞いてみたのだが、ビジネスの客が一定の割合を占めているとのこと。
失礼ながら昭和時代には団体さんなどで賑わったが、設備がやや陳腐に感じられる宿だった。
リーズナブルに食事・温泉付きを希望するビジネス客の需要というのは、少ないものではないと思うので、取り込むことはひとつの生き残りの策ともいえるかもしれない。

わたしは探訪を趣味としていることもあって、出張であってもどこかに探訪要素を入れようと思案する。(もちろん業務優先だが)そのことで出張にも張り合いがでてくるので、全体ではプラスに働いていると思っている。

KIMG1068

この旅館では源泉掛け流しの浴場が貸切状態だった。




mago_emon at 23:24│Comments(0)旅と鉄道 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字