2017年12月31日

地方の旅の味

この時期にネット上をはじめささやかな話題になるのが、雑煮の地方性のことである。

この話題が出始めると、最近は年末になったなと思うようになった。

大まかに分けて餅の形は西日本では丸餅、東日本では角餅と分けられるが、こと味付けや具になってくるとそれこそ都道府県によって様々で、さらに地区によっても異なるものだと。
広島県では名産の牡蠣が具に入るのが一般的だが、福山市辺りでは鰤を入れるのだと、先日あるローカル番組で言っているのを見た。

雑煮は現在でも各家庭での手作りが基本なので、地方性・地域性が残ったままなのだろう。

今やコンビニや複合型商業施設に象徴される全国画一化された店舗網のなかで、食の地方性などなくなっているようにも一見感じられるが、実際はまだまだそうではない。

例えば麺類の店も、私などは東京などで蕎麦屋の多さに驚くように、東日本ではそばが中心であるのに対し、西日本ではうどんが優勢で、店のうたい文句も西日本では「うどん・そば」とうどんが先に立つ。出雲そばなどが名産の山陰地方や九州などは違っているのかもしれないが、少なくとも近畿から山陽、四国については間違いないところだろう。

またカップめん等にしても東西に出荷するものでは若干味付けを変えているものもあると聞く。

そのような地域ごとの小さな特徴は、意識しなかったら全く気付かないものなのかもしれないが、少なくとも旅をする際には地方性を感じる重要な要素となる。

地方の旅の味も、大きな収穫になりまた土産ともなる。
今一度意識してみたい。

mago_emon at 19:11│Comments(0)食と酒 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字